THE BRIDGE

タグ Nuzzel

ソーシャル・ニュースキュレーションのNuzzelが170万ドルを調達、ソフトバンクのニケシュ・アローラ氏ら著名個人投資家も参加

SHARE:

ソーシャルニュースアグリゲーターのNuzzelが170万ドルの資金調達を実施した。ここには多くの個人投資家たちが参加しており、セールスフォースのマーク・ベニオフ氏、Googleのマット・カッツ氏、ソフトバンク副社長のニケシュ・アローラ氏らが含まれている。 この発表には同社のソーシャルアグリゲーター製品に関するものも含まれており、この段階から誰でもこのサービスが利用可能になる。つまり、Twitter…

Screen-Shot-2015-11-19-at-7.41.22-AM

ソーシャルニュースアグリゲーターのNuzzelが170万ドルの資金調達を実施した。ここには多くの個人投資家たちが参加しており、セールスフォースのマーク・ベニオフ氏、Googleのマット・カッツ氏、ソフトバンク副社長のニケシュ・アローラ氏らが含まれている。

この発表には同社のソーシャルアグリゲーター製品に関するものも含まれており、この段階から誰でもこのサービスが利用可能になる。つまり、Twitterのアカウントが必要ではなくなったということだ。

この新たな調達資金はプロダクトのスケールに使われることになる。エンジニアの採用、そしてニュースレタープラットフォームとしての機能のような追加開発のためだ。また、これまであまり注力されてこなかったパブリッシャーとの統合などの模索にもリソースが投入されることになるということだった。

Friendsterというソーシャルネットワークの創業者、Jonathan Abrams氏によって創業されたNuzzelは関連している人がシェアしているニュースをまとめるサービスだ。

以前は個々をつないでパーソナライズするためにTwitterアカウントを必要としていた。例えば私は上司のハリソン・ウェイバーをフォローしているが、そのようにすると、私は彼が今日書いたりシェアしたニュースを知ることができるようになる。

screenshot

Nuzzelの2.0バージョンはウェブ、iOS、そしてAndroidでリリースされ、誰もがソーシャルキュレーションの恩恵を受けることができる。Twitterアカウントのオーソライズの結果によるパーソナライズの代わりに、ユーザーは関連したフィード情報やそれらをお気に入りに追加したり、購読することができるようになっている。

その他のアップデートとしては、検索機能が含まれており、フィード情報やストーリーの発見が改善されることになるそうだ。また、メールやプッシュによる購読アラートの受け取りを許可することもできるようになっている。

ところでNuzzelによる170万ドルの調達は2012年の調達と同等の金額であることも付記しておいたほうがいいだろう。Abrams氏はVentureBeatに「単なる偶然だよ」と回答しており「ずっと100万ドルから150万ドルを調達しようとしていて、結局集まりすぎて終わらせようとしたんだけど最終的に170万ドルほどになった、ということだね」とコメントをくれた。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

フレンドスター創業者の作ったソーシャルニュースサービスNuzzel、2012年公開からようやく一般公開へ【ピックアップ】

SHARE:

【ピックアップ】は世界のテク系スタートアップの資金調達やトレンド記事を概要と共にお届けします Friendster Founder’s Social News Service Opens to Public 気になっていたサービスなのでピックアップ。国産ソーシャルネットワークといえばmixiですが、これのお手本となったサービスが元祖ソーシャルネットワークの「フレンドスター」です。現在も…

Nuzzel_-_News_From_Your_Friends

【ピックアップ】は世界のテク系スタートアップの資金調達やトレンド記事を概要と共にお届けします

Friendster Founder’s Social News Service Opens to Public

気になっていたサービスなのでピックアップ。国産ソーシャルネットワークといえばmixiですが、これのお手本となったサービスが元祖ソーシャルネットワークの「フレンドスター」です。現在も確か東南アジア方面(というかフィリピン)でまだ活躍してるという話題をちらちらみますが、こちらの創業者の方が立上げたソーシャルニュースがついにパブリックになったそうです。

Nuzzelは2012年頃にフレンドスターの創業者、Jonathan Abrams氏が開始したソーシャルニュースサイトで、しばらくクローズドで運用されていました。あまりにも話題にならなかったので放置していたのですが、本当に久々にこの名前をみて「まだあったのか」という感慨と共にログイン。

なんのことない、ソーシャル上で自分に関連した話題を持ってくるという、今となってはアレな感じのニュースサービスでした。こう、なんというのでしょうか。一時代を築いた起業家というのは過去の成功体験に引きずられるのでしょうか。そういう視点でこのサービスを舐め回すとなかなか味わい深いと思います。

Google翻訳でざっくり読む

via Mashable

----------[AD]----------