BRIDGE

タグ okaji

ハンズフリーの自撮りドローン「Lily」は本当にできるの?を解説します【ウェビナー】

SHARE:

THE BRIDGEウェビナーはニュースや新しいトレンドを詳しく解説するウェブセミナーです。 Lilyは「自撮りドローン」という異名を持つ、これまでにないコンセプトで話題になった機体です。今年5月に予約開始となり、現在699ドル(正式価格は999ドル予定)でプレオーダー受付中のこのドローンの可能性と、実際に製品化するにあたっての課題を解説してみたいと思います。ガジェット、IoT関連はいつもの岡島康…

THE BRIDGEウェビナーはニュースや新しいトレンドを詳しく解説するウェブセミナーです。

Lilyは「自撮りドローン」という異名を持つ、これまでにないコンセプトで話題になった機体です。今年5月に予約開始となり、現在699ドル(正式価格は999ドル予定)でプレオーダー受付中のこのドローンの可能性と、実際に製品化するにあたっての課題を解説してみたいと思います。ガジェット、IoT関連はいつもの岡島康憲さんの解説でお送りします。(岡島さんのこれまでの解説はこちらから

聞き手の平野
今回はLily、2カ月ほど前に話題になった自撮りドローンですね。
IoTに詳しい岡島さん
全長約26cmの円板状で、重さは1.3Kgとコンパクトです。サイトを確認すると2時間充電して20分飛行できるとあるので自撮りには十分ですね。
lily_007
Image Credit : Lily Camera on YouTube
IoTに詳しい岡島さん
おばあちゃんでも投げるだけで…
lily_002
Image Credit : Lily Camera on YouTube
IoTに詳しい岡島さん
ほらこの通り。こんな集合写真が撮影できちゃいます。
聞き手の平野
そもそもドローンって何に使うのかあんまりよく分かってなかったんですが、撮影用だったんですね。
IoTに詳しい岡島さん
大体の人はカメラを載せて撮影とかしてますね。後はレースとか。
聞き手の平野
正直、撮影するものがないと飽きるんじゃないですか?空撮っていっても綺麗な空とか一回で十分、というか見る方が楽しいし。
IoTに詳しい岡島さん
ということでセルフィーなんですよ。
聞き手の平野
セルフィーにしては大掛かりですよね…。まあいいでしょう、改めてどうやって撮影してくれるんですか?
IoTに詳しい岡島さん
サイトのこの映像にある通り、放り投げると勝手に投げたユーザーの周りを飛んでくれて、例えばスノボしてる様子を追いかけて撮ってくれたりしてくれます。
lily_009
Image Credit : Lily Camera on YouTube
IoTに詳しい岡島さん
水の中に放り投げても大丈夫な防水仕様で、ユーザーが取り付けるブレスレット型のセンサーを目指して追いかけてきます。
lily_008
Image Credit : Lily Camera on YouTube
IoTに詳しい岡島さん
撮影飛行が終わったら、こんな感じで手乗り着地までしてくれるようです。ここまでくると「ドローン」というより「ハンズフリー自撮りシステム」ですよ。
聞き手の平野
さすがに街中のカップルがこれでセルフィーってわけにはいかなさそうですね。
IoTに詳しい岡島さん
ドローンって色々なメーカーが色々なスペックで出してますが、普通の人がドローンを買うには利用用途の提案があんまりなかったんです。
聞き手の平野
確かに。商用ではAmazonの配達などが話題になりますが、一人一ドローンはさすがに想像しにくい。
Lily_-_The_Camera_That_Follows_You
Image Credit : Lily Camera
IoTに詳しい岡島さん
一方でLilyは「自撮り」という強烈なアプリケーションを乗せたドローンと言えますな。「ハンズフリーで自撮りしたいけどどうやって実装しよう」という課題をドローンで解決した。いい課題をいい方法で解決した、と言えるプロダクトだと思います。
聞き手の平野
岡島さん、ベタ褒めですけどLilyからお金もらってたりしませんよね?
IoTに詳しい岡島さん
だがほんとにちゃんと飛んで自撮りしてくれるのかは買ってみないとわからない。
聞き手の平野
えっ
lily_005
Image Credit : Lily Camera on YouTube
IoTに詳しい岡島さん
なんだかんだでドローンの姿勢制御って難しいんですよ。投げ飛ばしたり水につけたり、そういうエクストリームな状況にまんべんなく対応できるよう、姿勢を検知するためのセンサーや態勢を立て直すためのローターなど、Lilyならではの技術が盛り込まれているはずなんです。
聞き手の平野
動画みる限りではできてるっぽいですけど…。
IoTに詳しい岡島さん
ただこのシステムを作るのは簡単じゃないはず。もちろんそこを解決できる見込みがあるからLilyを開発しているんだろうけど。
聞き手の平野
なるほど。
IoTに詳しい岡島さん
あとはユーザーの位置特定。Lilyの場合はブレスレット型のセンサーをユーザーが身に付けることで、Lilyがユーザーの位置を特定してるんですね。でも実際に飛ぶ画面になると電柱から建物、他の人も検知しながら飛ばないとうまくいかない。
聞き手の平野
確かにこのムービー、よく見たら周囲の障害物ほとんどない前提ですね…。
lily_004
Image Credit : Lily Camera on YouTube
IoTに詳しい岡島さん
設計段階で「ユーザーの位置をきちんと特定できるか」「乱暴に投げられても態勢を立て直せるか」など技術的にハードルの高いと思われる部分があるのでそれらの機能を限られたコスト内で実現できるかがこのドローンビジネスのポイントになります。
聞き手の平野
大変そう。
IoTに詳しい岡島さん
Lilyの製品版において、姿勢制御とユーザーの位置特定を解決してくれるのであればLilyは最強の自撮りデバイスの一つになるんでしょうな。ほんとうまくいってほしい。これはほんとにすごいアイディアだしね。
聞き手の平野
ドローンシリーズはいくつか解説続けたいですね。
----------[AD]----------

スマホで3D写真が撮れるBevel、でもそもそも3D写真って必要?を解説します【ウェビナー】

SHARE:

THE BRIDGEウェビナーはニュースや新しいトレンドを詳しく解説するウェブセミナーです。 Bevelはスマートフォンのイヤフォンジャックに挿して使う3Dスキャナです。2015年7月にキックスターターでのキャンペーンを開始し、約4200人の支援者から30万ドルを集めて無事成立。現在は12月の出荷に向けて準備中となっております。今回も引き続きこのプロダクトの可能性について岩淵技術商事の岡島康憲さん…

THE BRIDGEウェビナーはニュースや新しいトレンドを詳しく解説するウェブセミナーです。

Bevelはスマートフォンのイヤフォンジャックに挿して使う3Dスキャナです。2015年7月にキックスターターでのキャンペーンを開始し、約4200人の支援者から30万ドルを集めて無事成立。現在は12月の出荷に向けて準備中となっております。今回も引き続きこのプロダクトの可能性について岩淵技術商事の岡島康憲さんに解説してもらいます。

聞き手の平野
前回に引き続き岡島さんよろしくお願い致します。
IoTに詳しい岡島さん
今回はBevelですね。最近注目しているガジェットです。スマートフォンやタブレットのイヤフォンジャックに挿して使う3Dスキャナになります。
Bevel002
Image Credit : Bevel / Matter And Form Inc.
聞き手の平野
あの、そもそもなんですが、3Dスキャナって何に使うんですか?
IoTに詳しい岡島さん
いきなり根本的なところにきましたね。まあ、一般的な人にとって3D写真はシェアするためのネタとして面白かったり新鮮だったりというのはひとつあるんじゃないでしょうか。
Bevel008
Image Credit : Seene
IoTに詳しい岡島さん
例えばこのSeeneってアプリご存知ですか?3Dっぽい素材がシェアされてて新しい可能性を感じます。
聞き手の平野
いや、使ったことなかったです。へえ、ちょっと面白い。確かにもう写真共有なんて、って思ったところからいろいろ出てきましたし、Instagramなんてファッション系の流入経路としては鉄板になりましたからね。可能性は否定できません。
IoTに詳しい岡島さん
一方で3Dプリンタ用のデータ作るのって結構大変。特に平野さんとか俺とか人の顔や頭を3Dプリントしようといったらそりゃもう大変。だから3Dスキャナがあるんですね。
聞き手の平野
たまに3Dプリンタでフィギュアとか作ってる人いますね。
IoTに詳しい岡島さん
ああいったデータはSeeneみたいなアプリでもできなくはないんだけど、精度という意味ではやはり低め。このシェア用途の人と、真面目に3Dプリンタ用のデータを作りたい人の間にあるのがこのBevelなんじゃないでしょうか。
Bevel001
Image Credit : Bevel / Matter And Form Inc.
IoTに詳しい岡島さん
サクッと撮ってたまにシェアして遊んで、場合によっては3Dモデルを作ってそれをいじって3Dプリント、ていう流れを作るきっかけになるかもよ、的なプロダクトなんです。
聞き手の平野
3Dスキャンってなんか空港とかで身体検査するときに体に当てられるアレみたいにこう、ぐるぐる周囲を撮らないとダメなんじゃないんですか?
IoTに詳しい岡島さん
さっき取り上げたSeeneっていうアプリはユーザーに、スマホのカメラを微妙に左右に動かして撮影させ、取り込んだ画像を画像処理することで3D画像を生成しているんですね。こんな感じ。
Bevel009
Image Credit : Seene
IoTに詳しい岡島さん
一方でBevelはスマホにレーザー照射と反射して返ってきたレーザーを受光するモジュールをイヤフォンジャック経由で接続することで、レーザーを使った3Dスキャンを実現している。
Bevel006
Image Credit : Bevel / Matter And Form Inc.
聞き手の平野
だから正面からだけ撮影してできるんですね。
IoTに詳しい岡島さん
スマホのカメラで対象物表面の模様を読み取り、レーザーモジュールで形状を読み取ることができ、さらに正確な3Dスキャンが可能になる、というわけです。
聞き手の平野
こう、なんていうんでしょうか、解説聞いてると段々欲しくなってきました…
IoTに詳しい岡島さん
買いましょう。現在こちらプレオーダー状態で79米ドル99セントです。開発元のMatter And Form Inc.は比較的高性能な3Dスキャナも作ってるし、3Dスキャナを手軽にして3Dプリンタを使いやすくする、みたいなことを考えてそうですね。
聞き手の平野
この手のガジェット解説続けると、使わないモノが増えそうで怖くなってきました。解説ありがとうございます。また次回。
----------[AD]----------

「その果物がどれくらい甘いか?」が非接触でわかる携帯スキャナー「SCiO」を解説します【ウェビナー】

SHARE:

THE BRIDGEウェビナーはニュースや新しいトレンドを詳しく解説するウェブセミナーです。 SCiOは食品や薬品などの分子組成を分析できる携帯できるスキャナーで、キックスターターにて2014年8月に公開されるや、大きな話題となりました。 クラウドファンディングでは20万ドルのプレッジゴール(募集予定金額)に対して、10倍以上の約276万ドルを集めて終了しています。今回のセミナーではこちらのプロダ…

THE BRIDGEウェビナーはニュースや新しいトレンドを詳しく解説するウェブセミナーです。

SCiOは食品や薬品などの分子組成を分析できる携帯できるスキャナーで、キックスターターにて2014年8月に公開されるや、大きな話題となりました。

クラウドファンディングでは20万ドルのプレッジゴール(募集予定金額)に対して、10倍以上の約276万ドルを集めて終了しています。今回のセミナーではこちらのプロダクトの可能性について岩淵技術商事の岡島康憲さんに解説してもらいます。

聞き手の平野
はい、では岡島さんよろしくお願いします。簡単に自己紹介してもらっていいですか?
IoTに詳しい岡島さん
結構フォーマルな感じで始まるんですね。ええと、みなさん初めまして、岡島です。日本電気(NEC)やNECビッグローブなどでWebサービスとハードウェアビジネスの企画業務を経験してその後独立しました。主にはハードウェアの試作案件やハードウェアベンチャーの支援プログラムなどに関わっています。最近ではDMM.make AKIBAなどで活動してることが多いですね。
聞き手の平野
一言でいうとネット接続型のハードウェアに詳しい人、でよろしいですか?
IoTに詳しい岡島さん
大体合ってます。
yEoaX8
Image Credit : SCiO
聞き手の平野
はい、では今日のお題目の「SCiO」ですが、これってもう話題になったの1年前とかになるんですね。本誌でも軽く取り上げてました。
IoTに詳しい岡島さん
すごくざっくり言うと飲み物に塩がどれくらいはいってるか、とか自分のからだに合わないものが入ってないか、とかが非接触でわかるスマホ連動スキャナです。
聞き手の平野
なるほど。
Scio_013
Image Credit : SCiO
IoTに詳しい岡島さん
例えばこんな感じで果物とか液体とかにスキャナの光を当てると「その果物がどれくらい甘いか?」「その液体に塩分がどれくらい含まれるか?」がスマホのアプリに表示されると。
聞き手の平野
なるほど、でもこれ、よく考えたらレストランとかで食べ物オーダーして出てきたものをスキャンして「何この高カロリー!変えてちょうだい!」とかやり出したらただのクレーマーですね。
IoTに詳しい岡島さん
クラウドファンディングで約276万ドルを提供した約1万3000人の人たちは多分、そういうことには使わないと思います。
scio1
Image Credit : Kickstarter
聞き手の平野
お、この二人が開発者ですね。分析しまくってるんでしょうね。食べたり飲んだりする前に。
IoTに詳しい岡島さん
彼らはイスラエルのスタートアップのConsumer physicsで、代表のDror Sharonは元OPGAL Optronicsの代表をやってた方です。OPGAL Optronicsっていうのはセキュリティや軍用の赤外線カメラの開発をやってる会社で、だから赤外線関係の人材や生産については詳しいんでしょうね。
聞き手の平野
へえ。具体的にどういうテクノロジーなんですか?
Scio_007
Image Credit : SCiO
IoTに詳しい岡島さん
モノに含まれる成分(塩とか砂糖とかミネラルとか、いわゆる化学物質)はどれもこれも特定の波長の光を吸収する性質があるんですね。
聞き手の平野
ああ、小学校の時とかになんか見たことがあるかも。
IoTに詳しい岡島さん
SCiOはモノの表面に「近赤外線光」を当てて、跳ね返ってきた光を分析することで「どの波長の光がどれくらい吸収されたか」を計測して、この吸収された光を分析することでどういう物質が含まれているかがわかる、という仕組みなんです。
Scio_011
Image Credit : SCiO
聞き手の平野
でも、彼らの説明ムービーだとこの分光器っていうんですか、光を分析する機械ってかなり大きいみたいなんですが、どうやってこんな小さくできたんですか。
IoTに詳しい岡島さん
そこでクラウドですよ。デバイスが行うのは「跳ね返ってきた光の性質」を計測するだけで、あとはその情報をスマホ経由でクラウドに送信し、跳ね返ってきた光、吸収された光を分析して結果を出す。
聞き手の平野
おお、IoT。
IoTに詳しい岡島さん
そういうIoTという言葉の使い方はやめてください。雑すぎます。
聞き手の平野
はい…すみません…バズワードなのでつい。ところでこれって人間の分析とかもできるんですか?あなた悪い人とか。
Scio_015
Image Credit : SCiO
IoTに詳しい岡島さん
多分無理ですね。SCiOは定期的に「肉分析用」「野菜分析用」「ドレッシング分析用」と分析する対象物ごとにアプリをリリースするらしいので、そのアプリがカバーするジャンルの物質の範囲しか分析できません。
聞き手の平野
今更なんですけど、これって信用できるんですか?ものすごい精度悪くって「このドレッシングは健康!OK!」って使いまくってたら健康診断でD判定とかあるあるじゃないですか。
IoTに詳しい岡島さん
同じようなロジックを使ったデバイスに「糖度計」があるんですね。SCiOと違って糖分しか測れないものですが、全国の果物市場とかで普通に使われている。しくみの上ではアレと同じ。ただ…
聞き手の平野
ただ?
IoTに詳しい岡島さん
物体に当てる光の生成や跳ね返ってきた光の波長を計測する部分は、光学的に複雑な機構が多いはず。SCIOを開発する会社は「SCiO用に開発した独自の分光器」を使うらしいけど、その分光器が量産に耐えられる設計かどうかが今後のポイント。
Scio_006
Image Credit : SCiO
聞き手の平野
なるほど。いわゆるキックスターターでの出荷は耐えられたけど、その後の量産で痛い感じになるタイプですね。
IoTに詳しい岡島さん
ハードウェアの生産についてはまた別の機会にウェブセミナーを開催して小一時間語らせていただきます。
聞き手の平野
ところでこれ…お高いんでしょう?
IoTに詳しい岡島さん
プレオーダー状態で1台249米ドルですね。
聞き手の平野
正直これが高いのか安いのかはわからないですね…でもなんか欲しくなってきた…。岡島さん、今日は解説どうもありがとうございました。ではまた次回。
----------[AD]----------