BRIDGE

タグ Ola

インドの配車アプリ「Ola」がソフトバンクから追加で3.3億ドルを調達するも、バリュエーションは2年前から30%超下げて35億ドルに

SHARE:

インドの配車アプリで、Uber の競合でもある Ola は再び、ソフトバンクからの支援を勝ち取り、3.3億ドルを調達した。本件の詳細に精通した人物が Tech in Asia に語った。 しかし、新たな資金調達には犠牲を伴ったようだ。今日(原文掲載日:2月27日)、Business Standard が伝えたところでは、Ola のバリュエーションは30%以上も下げて35億ドルとなった。Ola のバ…

Image credit: Ola

インドの配車アプリで、Uber の競合でもある Ola は再び、ソフトバンクからの支援を勝ち取り、3.3億ドルを調達した。本件の詳細に精通した人物が Tech in Asia に語った。

しかし、新たな資金調達には犠牲を伴ったようだ。今日(原文掲載日:2月27日)、Business Standard が伝えたところでは、Ola のバリュエーションは30%以上も下げて35億ドルとなった。Ola のバリュエーション低下は、インドの投資家が自信を失っていることを意味しえいる。

今回の調達やバリュエーションについて、Ola は Tech in Asia からのメールでの問い合わせに回答していない。

2015年11月の調達直後、Ola のバリュエーションは約50億ドルだった。一方、Uber のバリュエーションは現在、約600億ドルである。

Ola がバリュエーションを下げたことで、ソフトバンクは昨年、Ola に対して評価損を計上した。しかし、このことが今回の新規出資を遠ざける理由にはならなかったようだ。

政府を巻き込み、Uber の挑発に非難を続ける

Ola は過去6ヶ月にわたり市場で資金を調達しているが、当初のバリュエーションでの調達は失敗に終わっている。投資家たちは、Ola や Amazon 的なサービスをインドで展開する Snapdeal のような会社への投資を警戒している。Uber や Amazon に比べ、実損が多く市場シェアが低下しているからだ。Ola も Snapdeal も、ソフトバンクの出資先としてよく知られている。

そんな中でも依然として Uber に戦いを挑み続けている Ola にとって、今回調達した資金は救いとなるだろう。ソフトバンクは Ola 株式の22.5%を保有しており、2番目の株主である Tiger Global は約20%を保有している。

昨年12月、Ola の CEO Bhavish Aggarwal 氏は、Uber との戦いをを政府にまで持ち込んだ。Flipkart とともに、彼は、海外プレーヤーの豊富な資金で作られた不公平な競争条件だとして非難した。やり玉に挙げたのは Uber だ。

Ola は、アメリカからのライバルとの激しい競争に立ち向かうべく、数十億ルピーもの資金を〝燃やし〟続けている。Ola はこれまでに約12億ドルを資金調達している。

最近では、Ola から上層部の退任もいくつか見受けられている。直近では、CFO の Rajiv Bansal 氏が今月初めに同社を去っている。

ソフトバンクはこれまでにインドで20億ドル近くを投資しており、その大部分の13億ドルが Ola と Snapdeal に対するものだ。ソフトバンクはホテル予約プラットフォームの Oyo、食料品配達アプリの Grofers、不動産クラシファイド の Housing に出資している。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

----------[AD]----------

ソフトバンク、インドのOlaとSnapdealに対する出資で、両社のバリュエーションを切り下げ

SHARE:

日本の投資家であるソフトバンクは、インドにおける最大スタートアップ投資の2つである Ola と Snapdeal の評価額を切り下げた。ソフトバンクはこれまでに、2社の株式に対して約5.5億ドルの拠出を確約している。 今回の修正の結果、インドの国内市場における両社のバリュエーションも下落するだろう。 今回の修正は円高の影響もあるが、Ola や Snapdeal が最も恐れていたパニックボタンが押さ…

skydiving-fall-crash
Photo credit: Pixabay

日本の投資家であるソフトバンクは、インドにおける最大スタートアップ投資の2つである Ola と Snapdeal の評価額を切り下げた。ソフトバンクはこれまでに、2社の株式に対して約5.5億ドルの拠出を確約している

今回の修正の結果、インドの国内市場における両社のバリュエーションも下落するだろう。

今回の修正は円高の影響もあるが、Ola や Snapdeal が最も恐れていたパニックボタンが押された形だ。Ola や Snapdeal は、それぞれの競合にあたる Uber や Flipkart からの圧力に直面する中で今回の修正がなされたことになる。Tech in Asia から Ola とソフトバンクに送られた質問のメールには回答が得られていない。Snapdeal は回答を拒否し、「我々の投資家の会計実務について、コメントすることはできない」とした。

Ola と Snapdeal の両社は2015年の4月から9月にかけて重要な資金調達を行なっていたが、今年は資金調達が困難な時期にあり、さらなる資金を集めることはできていない。

ソフトバンクはこれまでに20億ドル近い資金をインドに投資しており、その投資額の大部分にあたる13億ドルを Ola と Snapdeal に出資している。ソフトバンクはホテル予約プラットフォームの Oyo、食料品デリバリアプリの Grofers、不動産クラシファイドの Housing に出資している。

ソフトバンクは2014年10月、Ola の2.1億ドルの投資、Snapdeal の6.27億ドルの出資のリードインベスターを務めている。両社に対しては、フォローオン(後追い)の投資も実行している。

ソフトバンクは、9月期の6ヶ月連結決算で5.57億ドルの赤字を報告しており、その多くは、インドでの投資に起因するものだ。この赤字のうち、2.84億ドルの損失は年を経ての円高によるものだ。昨年、ソフトバンクは10.8億ドルの黒字を報告していた。

日本円はアメリカドルに対し、今年4月までに10.2%上昇した。

Snapdeal の評価額が今年2月に65億ドルとされた一方、Ola は2015年9月に実施した前回の調達ラウンド後、その企業価値は50億ドルとされている。

インドで最も評価額の高いインターネット企業 Flipkart は、数回に及ぶ評価額修正を経て、バリュエーションは150億ドルから90〜100億ドルに下落した。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

----------[AD]----------

Uberが、中国国外の中国人旅行者向けにAlipay(支付宝)決済の受付を開始

SHARE:

Uber と Alibaba(阿里巴巴)がスピンオフしたモバイル決済サービス Alipay(支付宝)は本日(5月3日)、配車サービスを利用する中国人旅行者が世界中のどこでも Alipay で運賃を支払うことが可能なジョイントプログラムのローンチを発表した。 初めてこの話が出たのは2月、Uber が中国本土のユーザは Alipay アカウントを使って香港、マカオ、台湾で運賃の支払いが可能になると発表…

Image credit: Chinese Tourists.
CC BY-NC 2.0: via Flickr by Chinese Tourists

Uber と Alibaba(阿里巴巴)がスピンオフしたモバイル決済サービス Alipay(支付宝)は本日(5月3日)、配車サービスを利用する中国人旅行者が世界中のどこでも Alipay で運賃を支払うことが可能なジョイントプログラムのローンチを発表した。

初めてこの話が出たのは2月、Uber が中国本土のユーザは Alipay アカウントを使って香港、マカオ、台湾で運賃の支払いが可能になると発表した時だ。今回のニュースでは、Uber がサービス展開している世界の400以上の都市全てへと適用地域が広がった。

Alipay は、Alibaba  が一部所有する子会社 Ant Financial(螞蟻金融)が運営している。4億5,000万以上のアクティブユーザを誇る中国最大の決済アプリで、つい最近シリーズ B ラウンドで45億米ドルという巨額の資金を調達したばかりだ。

以前は、中国人が海外で Uber を利用する場合には海外で発行されたクレジットカードを使わなければならず、もしくはUber ドライバーが現金を受け取るインドなどでは外貨で支払う必要があった。

この提携には2倍の価値がある。Alipay はすでに Uber アプリに統合されているので、中国人ユーザが通常使っている方法で使用できる。また、国外においては Alipay アプリ内で Uber 配車ボタンが表示されるようになる。

長引く争い

今回の Uber と Ant Financial の提携は、Uber とその中国最大のライバル Didi Kuaidi(嘀嘀快的、Ant Financial を支援している Alibaba が投資)との世界的争いの一環だ。両社は中国本土を出て国外のローカルパートナーと提携しているだけではなく、海外を旅行する中国人旅行者にも目をつけている。

Didi は先日、アメリカを拠点とする Lyft との提携を発表し、中国人ユーザは Didi アプリ内で Lyft 配車サービスを利用できるようになった。また、同社はインドの Ola、東南アジアの Grab とも提携している。

一方、Uber は他の配車サービスアプリと直接提携することを避け、海外ユーザのために同社サービスをよりスムーズでシームレスなものにしようと取り組んでいる。最も大きな取り組みの一つが決済であり、この最新の動きはソリューションに向けた一歩である。

海外で運賃の支払いに戸惑っている Uber ユーザは中国人だけではない。同社はまだ計画段階だがインドの Paytm に対するサポート拡大も発表している。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

----------[AD]----------

Olaが食品と日用品のデリバリーサービスを終了、Uberは攻勢を強める

SHARE:

輸送テクノロジーは厳しい業界である。特にインドではなおさらだ。Uber や Ola の状況をチェックしてみるとよいだろう。 この市場競争の中で、両社はインドの顧客を呼び込むためにいくつもの異なるサービスやカスタマイゼーションを行った。例えばバイクタクシー、WiFi 対応タクシー、現金支払いなどである。 Ola はここでさらに一歩踏み込み、日用品と食品のデリバリーサービスも提供し始めたが、批評家はこ…

Olaのロゴをつけたインドのタクシー
Olaのロゴをつけたインドのタクシー

輸送テクノロジーは厳しい業界である。特にインドではなおさらだ。Uber や Ola の状況をチェックしてみるとよいだろう。

この市場競争の中で、両社はインドの顧客を呼び込むためにいくつもの異なるサービスやカスタマイゼーションを行った。例えばバイクタクシー、WiFi 対応タクシー、現金支払いなどである。

Ola はここでさらに一歩踏み込み、日用品と食品のデリバリーサービスも提供し始めたが、批評家はこれを、Uber がアメリカで試験的に開始したサービスの猿まねとみていた。

しかし、新たな試みは時には失敗することもある。Ola は木曜(3月10日)に日用品と食品のデリバリーサービスを終了することを発表し、最も得意な分野である輸送ビジネスに集中するとした。

Ola は同社ブログでこう表明している。

当社は10億人の人々を輸送するシステム構築に集中するため、今回この2つの実験的サービスを終了し、お客様により良いサービスを提供すべく、ここから得た教訓を生かしていく所存です。

Uber のプレッシャー

興味深いことに、Ola の発表は Uber がインドにさらに力を入れようとする最近の動きを発表したのと同日に行われた。サンフランシスコ拠点の Uber は、バンガロールにアジアのエンジニアリングセンターを設立した。

バンガロールの交通渋滞. via Flickr by Mr Thinktank
バンガロールの交通渋滞. via Flickr by Mr Thinktank

アジア初のエンジニアリングセンターをバンガロールに設立したことは、当社がインドへの投資に最大限の努力を投じている証です。このチームがインド中で目覚ましく成長しているビジネスをサポートし、そこからイノベーションが生まれることを心待ちにしています。(Uber の技術チーフによる声明より)

Uber は昨年来、一貫してインドでの競争を激化させており、コア技術への投資を集中させている。

それに対して、Ola が多方面に手を出そうとしていることについては、多くの投資家が疑問を投げかけていた。

Ola は過去数ヶ月の間、大規模サービスのローンチで Uber に遅れをとっており(例えばバイクタクシーのように、発表のタイミングでも遅れをとっていた)、業界ウォッチャーは、インドのスタートアップである Ola がこの勝負に敗れるのではないかと予想していた。

メディアに談話を載せる立場でないため、匿名であることを条件に、ある投資家は Tech in Asia にこのように語った。

Uber のような大規模なライバルと争うのであれば、ピンポイントで焦点を絞るべきです。こんなに競争が激化しているのにいくつもの作戦を実行して彼らに勝つのは不可能でしょう。

他の投資家も同意している。

「実験することに問題はありません。しかし、企業のコアとなるサービスに沿ったビジネスに特化すべきです。」ある国際 VC インド部門のチーフはこのように述べている。

Uber がニューヨークで行ったからといって、Ola が食品の配送をインドでやってみるというのは正しくないでしょう。インド特有の事情は何なのかを見つけ出し、それを解決するのが正しく、他社が他国で行った実験をコピーするべきではないのです。

食品サービスには経験が必要

Photo credit: Wikipedia.
Photo credit: Wikipedia.

インドで成功したスタートアップは収益をより高めようと、コア事業以外のビジネスへの参入をこれまでいろいろ試みてきた。

コンサルタント会社 TechnoPak によれば、食品と日用品の売上は小売業の全売上のおよそ3分の2以上を占めており、2020年までには6,860億米ドルに上ると予想されている

また、食品はマージンの高いビジネスであり、利益重視のスタートアップが売上を伸ばそうと安易な選択をすることがある。他の輸送アプリ、たとえばGo-Jekはそこそこの成功を収めているものの、インドではそれが困難であることがわかってきた。

このビジネスは容易ではない。それに加えて、インドの消費者は食品や日用品の買い物には Big BasketGrofers といった専門店を今でも好む傾向にある。

Flipkart は同社の食品デリバリーサービス Nearby を先月終了し、Amazonインドのサービスもまた、これといったトラクションは得られていない。

食品販売は T シャツや携帯電話を売るのとは違います。ただインターネットに食品を掲載するだけでは e コマースストアになることはできません。Big Basket ではオフライン店舗で食品販売を何年も運営しており、サプライヤーやローカル販路に関してノウハウがあります。その経験をオンライン販売に生かしているのです。(Big Basket の CEO、Hari Menon 氏)

ある投資家はこう述べている。

これは一か八かのチャレンジであり、多くの資金がこれまでに投じられています。実験は必要でしょうが、自社のコア事業と関連のないものには大金を投じるべきではありません。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

----------[AD]----------

インドの大手タクシーアプリ「Ola」が、オンライン決済アプリ「Ola Money」をローンチし大躍進へ

SHARE:

インドの大手タクシーアプリ Ola は、乗車運賃決済ウォレット Ola Money が単独アプリとして利用可能になったことを本日(原文掲載日:11月13日)発表した。ウォレットの利用者は既に4000万人以上に達している。 Ola Money は、乗車の際と特定のオンラインショッピングサイトの両方で利用することができる。モバイルの残高の補充や送金にも利用することができる。プレス向けの声明でOlaは、…

olamoney_featuredimage

インドの大手タクシーアプリ Ola は、乗車運賃決済ウォレット Ola Money が単独アプリとして利用可能になったことを本日(原文掲載日:11月13日)発表した。ウォレットの利用者は既に4000万人以上に達している。

Ola Money は、乗車の際と特定のオンラインショッピングサイトの両方で利用することができる。モバイルの残高の補充や送金にも利用することができる。プレス向けの声明でOlaは、間もなくウォレットを使って請求書の支払いや実際の店舗での利用も可能になるとしている。

この動きは、中国の Alibaba(阿里巴巴)がまずは自社の Taobao(淘宝)マーケットプレイスのユーザで弾みをつけ、2013年に同社のモバイルウォレットアプリを分社化した際の方法に似ている。

今週初め、AppleのApple Payウォレットのプロモーションで出張中だったCEOの Tim Cook 氏が、ダブリン大学トリニティカレッジの学生に対して、現金には未来がないことを説明している。

皆さんの子供の世代は、お金が何なのかわからないでしょう。(Tim Cook 氏)

この意見は大げさに聞こえるが、かつてないほどに真実味がある。

RNCOS の調査によると、インドのモバイルウォレット市場は2019年までに121億インドルピー(1億8,294万5,345米ドル)にまで増加する見込みだそうだ。Alibabaが支援する Paytm によると、アクティブユーザ数は2,000万人に達し、これはインドの全クレジットカードの利用者数よりも多いという。

アメリカでは、モバイル決済は取引の14%を占めているが、同時に詐欺取引は21%をも占めている。データはこのような決済ウォレットでは、いとも簡単に収集され圧縮されるので、データにアクセスする者にとっては宝の山になってしまう。不正のない決済形式に遭遇したことはないが、顧客の信用を維持するためには、モバイルウォレットがセキュリティに焦点を当てることは重要である。

現金は死んだも同然なのか、それともそれを口にするには時期尚早なのか?

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

----------[AD]----------

インドの配車アプリOlaが相乗りサービスをリリース、対Uberに向けて開発を急ぐ

SHARE:

<ピックアップ>Ola wants passengers to share rides with their mates インドの配車サービスを展開するOla。Uberのインド展開に対して地元発の企業としてローカルなサービスで対応していっています。 そんなOlaが、相乗りサービスを始めました。相乗りサービスは、ドライバーが目的地を入力し、その目的地の途中で拾えそうな乗客がいた場合にピッ…

ola
<ピックアップ>Ola wants passengers to share rides with their mates

インドの配車サービスを展開するOla。Uberのインド展開に対して地元発の企業としてローカルなサービスで対応していっています。

そんなOlaが、相乗りサービスを始めました。相乗りサービスは、ドライバーが目的地を入力し、その目的地の途中で拾えそうな乗客がいた場合にピックアップして乗せてあげるもの。もちろんドライバーは乗客が支払ったお金を受け取ることができます。これによって、Olaが抱えるドライバーだけでなく、ソーシャルな要素をもとにライドシェアを実現しようとしています。

実は、中国などで相乗りサービスを展開しているUberが、インド・バンガロールでもこの相乗りを展開するとのことで、まさにUberに先んじられように先手を打ってサービスを展開しています。インドにおけるOla対Uberの熾烈なシェア争いの形と言えます。

via TNW

----------[AD]----------

インドのタクシー予約アプリ「Ola」がAPIを公開

SHARE:

Ola mobile taxi app releases its API to popular brands and developers 先日、2億2500万米ドルを資金調達したインドのタクシー予約アプリ「Ola」がAPIを公開しました。 公開されたAPIはすでにSamsung、MakeMyTrip、InMobi、Helpchat等のアプリに使用されているそうです。 すでにAPIの導入を決定して…

ola

<ピックアップ>Ola mobile taxi app releases its API to popular brands and developers

先日、2億2500万米ドルを資金調達したインドのタクシー予約アプリ「Ola」がAPIを公開しました。

公開されたAPIはすでにSamsung、MakeMyTrip、InMobi、Helpchat等のアプリに使用されているそうです。

すでにAPIの導入を決定しているサービスは、Olaが開催したAPIハッカソンに参加したことがAPI対応へのきっかけになっています。

via The Next Web

----------[AD]----------

インドのタクシー予約アプリ「Ola」が2億2500万米ドル調達、Uberに対抗

SHARE:

Livemint reportが報じるところによると、インドで好調なタクシー予約アプリOlaは既存株主であるFalcon Edge Capitalをリードにした2億2500万ドルのラウンドを完了したそうだ。 この資金調達はムンバイを拠点とするOlaの5億ドル以上の新規調達ラウンドの一部であり、クロージングも近いと報道では伝えている。 また、このラウンドに参加した既存株主にはTiger Global…

FDF964BA-DFE6-45B4-B65A-C5F88FCEE4EE

Livemint reportが報じるところによると、インドで好調なタクシー予約アプリOlaは既存株主であるFalcon Edge Capitalをリードにした2億2500万ドルのラウンドを完了したそうだ。

この資金調達はムンバイを拠点とするOlaの5億ドル以上の新規調達ラウンドの一部であり、クロージングも近いと報道では伝えている。

また、このラウンドに参加した既存株主にはTiger GlobalやSoftBankなども含まれている。今回の調達はOlaに対し、史上最大の資金調達を成功させているハイヤー予約サービスUberに対抗するための軍資金を与えるものとなる。Uberはもちろんインドだけでなく世界中のあらゆる史上にて操業している。それぞれの申請された書類によれば、Falcon Edgeはおよそ7760万米ドルを投資し、Tiger GlobalとSoftBankはそれぞれ5980万米ドル、5790万米ドルを出資している。

Olaは今年4月にDST GlobalがリードしたシリーズEラウンドで4億ドルを調達している。このラウンドにはGIC、Falcon Edge、SoftBank、Tiger Global、Steadview Capitalと米Accel Partnersが参加していた。

このスタートアップはインドで最大級のローカルタクシーおよび人力車のアグリゲーションサービスで、最近も新たにシャトルサービスの開始を伝えていた。同社はe27に対して、5000万ドルをこの新たなシャトルサービスに投資すると以前伝えており、GurgaonとBangaloreの二箇所で9月21日に開始している。

【原文】
【via e27】 @E27sg

----------[AD]----------

インドの大手タクシー配車会社が、20分以内に届けるフードデリバリーサービスOla Cafeを4都市でスタートし、Uberに対抗

SHARE:

<ピックアップ>Indian Cab Company Ola Now Delivers Meals in 20 Minutes インドの大手配車のOlaが、20分以内に商品を届けるフードデリバリーサービスをスタートしました。サービス名であるOla Cafeは、アプリを起動させメニューをカスタマイズしてオーダーするだけ。あとは、自分がいるいまいる場所に届けてくれる。同サービスは、ムンバイ…

Ola-Cafe-screens

<ピックアップ>Indian Cab Company Ola Now Delivers Meals in 20 Minutes

インドの大手配車のOlaが、20分以内に商品を届けるフードデリバリーサービスをスタートしました。サービス名であるOla Cafeは、アプリを起動させメニューをカスタマイズしてオーダーするだけ。あとは、自分がいるいまいる場所に届けてくれる。同サービスは、ムンバイやニューデリーなど4つの都市で利用ができます。

このサービスは、すでにUberが展開しているUberFRESHに近く、インド内でもUberの利用が広がっている中で、それに対抗しようと作られたのではと思わえます。このOla、同業者のタクシー会社を買収したりしながら、そのネットワークを駆使したことでこのサービスを実現しています。

加熱するフードデリバリーと対Uberサービスの戦いが、世界各地で繰り広げられているようです。

via TNW

----------[AD]----------