THE BRIDGE

タグ OneConnect

中国のブロックチェーン関連企業は10万社に

SHARE:

中国のEコマース大手「Alibaba(阿里巴巴)」、Ping Anのフィンテック部門「OneConnect(金融壹账通)」、国営通信事業者「China Unicom(中国聯合通信)」が中国のブロックチェーン特許保有数で上位を占めたことが、11月20日に発表されたブロックチェーン・アナリティクス企業Block Dataの調べで明らかになった。 重視すべき理由:最近、習近平国家主席が国内でブロックチェ…

blockchain advertisement
Photo by Launchpresso on Pexels.com

中国のEコマース大手「Alibaba(阿里巴巴)」、Ping Anのフィンテック部門「OneConnect(金融壹账通)」、国営通信事業者「China Unicom(中国聯合通信)」が中国のブロックチェーン特許保有数で上位を占めたことが、11月20日に発表されたブロックチェーン・アナリティクス企業Block Dataの調べで明らかになった。

重視すべき理由:最近、習近平国家主席が国内でブロックチェーンの発展を加速させる重要性について言及したことを受けて、中国のブロックチェーン業界に対する関心は急速に高まっていた。なお、ブロックチェーン関連事業を展開する中国企業数は第3四半期に10万社の大台を超えている。

  • ブロックチェーン技術に関して市場で楽観的な見方が広がり、多くの大企業が技術開発に相当のリソースを投入しているものの、中国におけるブロックチェーン技術の商用化はまだ始まったばかり。
  • 中国政府はブロックチェーンの開発に協力的であるが、未だ具体的な経済政策支援は定まっていない。

詳細情報:Alibaba、OneConnect、China Unicomの3社は、中国でブロックチェーン機能を提供している企業上位トップ3位にランキングされた。調査レポートでは、ブロックチェーン特許の申請・承認件数のほか、特許権保護の程度、特許引用数などをもとに企業を順位付けしている。上位10社に入った大手企業には「Baidu(百度)」や「Tencent(腾讯)」、中国の保険会社「Ping An Group」、マイニングリグメーカー「Bitmain」などが名を連ねる。

  • フィンテック関連のブロックチェーン特許でみるとOneConnectがトップとなり、これにAlibabaとChina Unicomが続いた。上位10社にはTencentのほか、デジタルバンク関連会社「WeBank」、JDの金融部門「JD Digits」のほか、複数の国営企業が入った。
  • ブロックチェーン関連事業を展開する中国企業数は第3四半期に10万社の大台を超えた。
  • 中国におけるブロックチェーン関連プロジェクトの過半数は金融サービスのアプリケーションとなっている。
  • 中国で申請されたブロックチェーン特許のうち、決済システム関連は34%、インフラ関連は30%、情報セキュリティ関連は27%、デジタル通貨が5%を占めている。
  • ブロックチェーン関連特許の申請数でみると中国は世界一だが、その93%がいまなお審査中となっている。さらに、承認された特許の大半は使用ライセンスが供与されていない。
  • ランキングに際しては、世界知的所有権機関(WIPO)と中国国家知識産権局(CNIPA)が保有する10月31日時点のデータを用いて集計、分析された。

背景:中国政府は、ブロックチェーン技術の発展が国内の技術力向上に欠かせない要素とみている。

  • 中国国務院の承認を受けて設置された国家標準化管理委員会(SAC)は20日、ブロックチェーン技術に関する国家レベルの標準化委員会を設立したと発表した。これにより、中国のハイテク技術のイノベーションが加速するとみられる。
  • ブロックチェーン関連特許の申請数でみると、中国はアメリカ、日本、韓国といったライバル国を上回っている。日本の調査会社Astamuseが最近発表したレポートによると、中国の企業と政府機関は、2009年から2018年にかけて7,600件のブロックチェーン関連特許を申請した。

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------

香港金融管理局、中国の金融大手Ping An(平安)系と組んでブロックチェーンベースの貿易金融を展開へ

SHARE:

香港金融管理局がフィンテック企業の OneConnect(金融台帳通、中国を本拠とする Ping An Group=平安集団の子会社)とのパートナーシップでブロックチェーンを活用した貿易金融システムをローンチした、とフィナンシャル・タイムズが報じている。 香港金融管理局はすでに HSBC や Standard Chartered を含む銀行21行から、8月に稼働開始となるこの新システムへの参加を集…

Image credit: strippedpixel / 123RF

香港金融管理局がフィンテック企業の OneConnect(金融台帳通、中国を本拠とする Ping An Group=平安集団の子会社)とのパートナーシップでブロックチェーンを活用した貿易金融システムをローンチした、とフィナンシャル・タイムズが報じている

香港金融管理局はすでに HSBC や Standard Chartered を含む銀行21行から、8月に稼働開始となるこの新システムへの参加を集めている。本システムはブロックチェーン上にあるので、貿易金融やサプライチェーンの金融取引に関する処理時間や書類手続きが簡素化されることが期待されている。なぜならプロセスの各ステップにおける認証や関与する当事者の信用確認が容易になるからだ。

このプラットフォームは香港金融管理局と提携した銀行らが所有することになる。

9兆米ドル規模の世界貿易金融業界のアップグレードを狙った政府主導プロジェクトとしてはこれが最初にして最大の事例となるが、一部の大手銀行はすでにブロックチェーンベースの貿易金融プラットフォームを開始している。そうした銀行には HSBC、Deutsche Bank、Rabobank などがある。

Ping An 副最高経営責任者の Jessica Tan 氏は次のように話している。

個々の銀行が取り組む代わりに、金融管理局が中心となって銀行をまとめようとしているということです。

OneConnect はユーザ認証システムとしてインターネット金融口座管理プラットフォームを構築した。ユーザグループは、銀行、保険、証券、ファンド、ローン、ウェルスマネジメント、支払い、ヘルスケア、革新的なインターネットなどの分野を扱うことができる。迅速な顧客獲得と高精度のマーケティングを狙い、同社はオンラインバンキングレベルのセキュリティアカウント認証サービスを提供する。

Tan 氏によれば、OneConnect の主な特徴の1つは、中小企業に対して貿易金融とサプライチェーンファイナンスへより優れたアクセスを可能にすることだという。

【via e27】 @E27co

【原文】

----------[AD]----------