THE BRIDGE

タグ oneplus

OnePlusの次世代機「OnePlus 2」がお披露目、8月11日よりアメリカやカナダで販売開始

SHARE:

<ピックアップ>OnePlus 2 launches with 5.5″ full HD display and fingerprint scanner, priced from $329 中国のスマホメーカーOnePlusが、次世代機「OnePlus 2」を正式に発表しました。 OnePlus Oneは、はじめは招待制という販売形態からスタートし、そこからハイスペックなが…

OnePlus 2   OnePlus.net

<ピックアップ>OnePlus 2 launches with 5.5″ full HD display and fingerprint scanner, priced from $329

中国のスマホメーカーOnePlusが、次世代機「OnePlus 2」を正式に発表しました。

OnePlus Oneは、はじめは招待制という販売形態からスタートし、そこからハイスペックながら低価格な機体に高い注目を集め、Xiaomiのライバルとも言われているメーカーとなりました。

今回は、以前にも報じた次世代機のOnePlus 2の全貌が発表されました。OSはOxygenOS(Android 5.1 Lollipopベース)、5.5インチのフルHD(1920×1080)液晶ディスプレイにRAM最大4GBのメモリー、バッテリーも3,300mAh、USB Type-Cポートなど、なかなかの性能。OnePlusとしても、2016年のフラグシップキラーと銘打っています。

販売形態も前回同様に招待制となっており、すでにOnePlus Oneをもっている人には招待がいくつか届いているようです。販売価格は16GBモデルで329ドル。米国やカナダ、インド、EU、中国では8月11日から販売が開始され、その後東南アジアに対しても販売されるとのこと。日本ではまだまだ所有している人は少ないかもしれませんが、日本での本格展開も期待したいところですね。

via TNW

----------[AD]----------

OnePlusの次世代機、セキュリティにフィンガープリントを用いてiPhoneを超えるデバイスを目指す

SHARE:

<ピックアップ>OnePlus Two boasts a fingerprint sensor that’s ‘faster than Touch ID’ Xiaomiに迫る勢いで、いま世界で急成長を図っている中国発スマホのOnePlus。先日、OnePlus2を発表すると報じたなか、次第にその機能が明らかになりつつあります。 今回、OnePlus2の大きな特徴に、USB-…

oneplus_scanner_Forum

<ピックアップ>OnePlus Two boasts a fingerprint sensor that’s ‘faster than Touch ID’

Xiaomiに迫る勢いで、いま世界で急成長を図っている中国発スマホのOnePlus。先日、OnePlus2を発表すると報じたなか、次第にその機能が明らかになりつつあります。

今回、OnePlus2の大きな特徴に、USB-Cポートがありますが、もう一つ、セキュリティ機能でiPhoneを超えるものを出す、とのこと。それは、フィンガープリントをもちいたセンサー認識で、OnePlusいわく、「Touch IDよりも速い」と報じています。

OnePlusの次世代機として注目されているOnePlus2ですが、かなりの研究開発とテクノロジーをつぎ込んだ機種になるようで、OnePlusのブログ上で機種についてさまざまな説明を行っています。7月27日の発表までに、まだまだ情報がでてきそうです。\

via TNW

----------[AD]----------

注目の中国スマホメーカーのOnePlus、次世代機の発表を7月27日に発表。しかもVR上で

SHARE:

<ピックアップ>OnePlus 2: The World’s First Product Launch in VR 中国のスマホメーカーで現在急成長を続けているOnePlus。Xiaomiのライバルと評されているOnePlusが満を持してローンチしたOne Plus Oneは、iPhoneやNexusにも引けをとらない高スペックなスマホにもかかわらず299ドルから販売するなど、安さとス…

vr_Forum

<ピックアップ>OnePlus 2: The World’s First Product Launch in VR

中国のスマホメーカーで現在急成長を続けているOnePlus。Xiaomiのライバルと評されているOnePlusが満を持してローンチしたOne Plus Oneは、iPhoneやNexusにも引けをとらない高スペックなスマホにもかかわらず299ドルから販売するなど、安さとスペック、筐体の完成度などから発売当初から話題を呼んだ機体でした。

そんなOne Plusの次世代機であるOnePlus2が出るのでは、と一部ではすでに話題になっていましたが、このたび正式にOnePlusが公式に7月27日にOnePlus2の詳細を発表するとのこと。また、噂ではUSB−Cポートや QualcommのSnapdragon 810 version 2.1、現在こちらも話題を呼んでいるOxygenOSを搭載したAndroidスマホとされています。

しかも、今回のリリースはただのリリースイベントではなく、VR上でその様子を発表するとのこと。そのためのOne Plus用のcardboardを配布したりと、その戦略はかなり手がこんだ手法を用いています。

OnePlusOneは、発売当初は販売を招待制とし、限られた人にだけしか発売を行っていなかったが、こちらも現在では公式ウェブサイトにいけば誰でも購入することができ、世界から販売が殺到しているようです。今回のOnePlus2も、まずはOnePlusOneユーザに対して購入の招待状が送られると予想されています。

世界中でスマホが普及してくるなか、安さとスペックを兼ね備えたOnePlusがiPhoneやNexusなどと並ぶ第三極となるのかどうか。まずはその発表を待つばかりです。

----------[AD]----------

中国のスマホメーカーOnePlus、マレーシアの通信事業者Maxisと提携し、マレーシア国内で同社販売機種を展開

SHARE:

<ピックアップ>OnePlus Inks First Carrier Partnership with Malaysia’s Maxis 招待制から誰でも自由に購入が可能になったOnePlus。オンラインでのみの購入がこれまで主でしたが、このたびマレーシアの通信事業者であるMaxisと提携し、4月22日よりマレーシア国内でMaxisの各ショップで機種の購入が可能となりました…

Image by Maurizio Pesce on Flickr (左から、OnePlus One、Apple iPhone 6、Samsung Galaxy Note 4、LG G3)
Image by Maurizio Pesce on Flickr (左から、OnePlus One、Apple iPhone 6、Samsung Galaxy Note 4、LG G3)

<ピックアップ>OnePlus Inks First Carrier Partnership with Malaysia’s Maxis

招待制から誰でも自由に購入が可能になったOnePlus。オンラインでのみの購入がこれまで主でしたが、このたびマレーシアの通信事業者であるMaxisと提携し、4月22日よりマレーシア国内でMaxisの各ショップで機種の購入が可能となりました。

マレーシアは、プリペイドでLTE対応のSIMカードが購入でき、通信環境も比較的整っている国。OnePlusが販売するOnePlus Oneは、中国のスマホメーカーには珍しくLTEに対応したスマホのため、低価格でハイスペックなスマホがマレーシアの人たちにも手軽に購入できるということになります。

今後、通信環境やネットインフラが整ってきた社会では、スマホ自体の低価格化やハイスペック化、利用用途に応じてニッチな機能などを兼ね備えた多種多様な機種がでてくると考えられます。iPhoneやAndroidだけではない、さまざまなスマホを触ってみながら、自分のスマホの利用状況などを踏まえて機種を選んでみるといいかもしれません。

とりあえず、日本の通信事業者もOnePlusを取り扱ってほしいですね。

via TNW

----------[AD]----------

スマホメーカーXiaomiのライバルとされているOnePlus Oneがついに誰でも購入可能に

SHARE:

<ピックアップ>You can now buy a OnePlus One without an invite | The Verge 中国のスマートフォンといえばXiaomiですが、そのライバルとされているのが、OnePlusです。中国のスマホメーカーOPPOの副社長を務めたPete Lau氏が2013年に独立したOnePlus。同社が現在販売しているのが、OnePlus Oneです…

Image by Maurizio Pesce on Flickr
Image by Maurizio Pesce on Flickr

<ピックアップ>You can now buy a OnePlus One without an invite | The Verge

中国のスマートフォンといえばXiaomiですが、そのライバルとされているのが、OnePlusです。中国のスマホメーカーOPPOの副社長を務めたPete Lau氏が2013年に独立したOnePlus。同社が現在販売しているのが、OnePlus Oneです。AndroidベースのOSに、大容量のバッテリーに5.5inchのスマホでは最軽量の同機種は、Nexus5よりも安くてハイスペックなモンスタースマホで、中国で大人気な機種。

あまりの注文の多さに生産が追いつかず、一時期は招待制でしか購入ができなかったほど。しかし、先日の4月20日の発表で、誰でも購入できる体制が整ったと発表しています。たしかに、OnePlusのサイトにいけば購入ボタンがある。しかも、筆者も購入の手続きをしてみたらPayPalのボタンを押す直前までいけたので、おそらく日本にも配送可能なのでしょう。

日本でも、SIMフリー化が義務付けられるようになり、通信事業者間の競争が過熱しはじめてきた昨今。iPhoneやAndroidだけでなく、世界を見ればさまざまなスマホの選択肢があることに気付かされます。

スマホの基本的な操作だけでいいのであれば、ハイスペックで低価格なNexusやOnePlus でもいいのではと筆者は思います。また、OnePlusは今回のOnePlus Oneの購入の壁を下げた先には、OnePlus Twoがあるのでは、とも噂されており、最新機種が欲しいと思う人はTwoを待ってみてもいいかもです。しかし、16GBで299ドル、64GBでも349ドルというのは破格すぎて、とりあえず一台買っておいても損はないのでは、と思ってしまうのは私だけでしょうか。

via TheVerge

----------[AD]----------