THE BRIDGE

タグ OpenBCI

「OpenBCI」を使って作られた「脳波で操作」するロボット

SHARE:

アメリカ、バーモント州に住むChip Audette氏が、「OpenBCI」を利用して脳波で操作するロボットを製作したことを、自身のブログで紹介している。 「OpenBCI」は、Arduino互換のミニコンピューターと脳波センサーによる低価格なオープンソースプラットフォームで、2014年の1月にKickstarterで10万ドルを集めた注目のプロジェクトだ。 「Hexbug Spider」と名付け…


「OpenBCI」を使った作られた、脳波で操作するロボット

アメリカ、バーモント州に住むChip Audette氏が、「OpenBCI」を利用して脳波で操作するロボットを製作したことを、自身のブログで紹介している。

OpenBCI」は、Arduino互換のミニコンピューターと脳波センサーによる低価格なオープンソースプラットフォームで、2014年の1月にKickstarterで10万ドルを集めた注目のプロジェクトだ。

「Hexbug Spider」と名付けられたAudette氏のロボットは、OpenBCIのキットにノートPCをつなぎ、コードをカスタマイズして製作された。

公開されている動画では、2分割されたノートPCの画面の左右に異なる周波数の点滅が表示されており、Audette氏が右の点滅画像を見るとロボットは右を向き、左の点滅画像を見ると左を向く。Audette氏が目を閉じると、ロボットが前進する様子が紹介されている。左右の点滅画像により生じる脳波は異なり、それによってロボットに命令する内容が判断されるという。

OpenBCI
OpenBCIのキットは、現在予約受付中で399ドルから購入することができる。発送は2014年10月を予定している。Kickstarterのキャンペーンで早期に手に入れた人々に加えて、OpenBCIのキットを一般に手に入れることができるようになり、面白い活用例が出てくることが期待される。

----------[AD]----------