THE BRIDGE

タグ opera

あのブラウザ「Opera」がアフリカ市場で拡大、決済軸で生活インフラに

SHARE:

ピックアップ:Opera’s Africa fintech startup OPay gains $120M from Chinese investors ニュースサマリー:アフリカ市場でフィンテック事業を展開する「OPay (Operapay)」は11月18日、シリーズBラウンドにてSoftbank Asiaやその他中国系投資らから合計1.2億ドルの資金調達を行なったと発表した。 同社はOper…

Screenshot 2019-11-19 at 9.14.30 AM.png
Image Credit : OPay

ピックアップOpera’s Africa fintech startup OPay gains $120M from Chinese investors

ニュースサマリー:アフリカ市場でフィンテック事業を展開する「OPay (Operapay)」は11月18日、シリーズBラウンドにてSoftbank Asiaやその他中国系投資らから合計1.2億ドルの資金調達を行なったと発表した。

同社はOperaブラウザで有名なOpera社によって設立され、ナイジェリアのラゴスを拠点する企業。ケニアやガーナ、南アフリカ、その他アフリカ諸国でサービス展開するスタートアップである。

Screenshot 2019-11-19 at 9.21.09 AM.png
Image Credit: Google Play

話題のポイント:OPayは“パーソナル経済”を謳う総合サービス企業。決済サービス「OPay」を軸に交通・フードデリバリー・ビジネス支援などを提供しています。

同社はOPay以外にローンサービス「OKyash」や資産運用サービス「OWealth」を展開。モバイルアプリから簡単にお金を借りたり、投資自動化ツールを用いて資産運用を行うことが可能です。それだけでなく「ORide」や「Otrike」「OBus」などの交通系サービスも充実。フード・デリバリーサービス「OFood」、ビジネス支援サービス「OPay Agents」を提供するなど事業は非常に多角化しています。

Screenshot 2019-11-19 at 9.15.57 AM.png
Image Credit : OBike

OPayアプリから上記サービス全てにアクセス可能であり、Opera社のテクノロジー・サービスがアフリカ地域にて市民の生活・ビジネスインフラとして機能しているといえるでしょう。

事実、ここ4年でOperaブラウザ自体はアフリカ市場において、Google Chromeに次ぎ2番目のシェアを誇るまでに成長しました。市場規模が急拡大するアフリカにおいて、関連企業全体で先行投資を行い、市場シェア獲得に乗り出してきていることがわかります。

Opera社 CEOであり、OPayのチェアマンであるYahui Zhou氏はOPayのアフリカ展開について、以下のようにコメントしています。

OPayは最高のフィンテック・エコシステムとしてナイジェリアやガーナ、南アフリカ、ケニア、その他アフリカ諸国に住む人々を支援しています。私たちはOPayがアフリカ地域の経済に多大な貢献をしているサービスだと自負しており、デジタル時代のビジネスモデルを活用して、ローカル経済を引き続きサポートしていきます。

アフリカ大陸の人口は約12億人、かつ世界で最も銀行口座を持たない人々が存在する市場と言われており、今後こうした層を開拓するべくフィンテック市場がさらに加熱することは間違いありません。一方、プレイヤーの増加により競争が激化していることは事実。その意味でOPayの本調達はシェア獲得を急ぐ一手と言えるでしょう。同社の今後の拡大注目が集まります。

----------[AD]----------

【ブラウザ戦争】VPN搭載で便利すぎるブラウザ「Opera」アフリカ大陸から大逆襲

SHARE:

ピックアップ:Opera browser VPN coming to Android ニュースサマリー:ブラウザプロバイダーのOperaは7日、アンドロイドβ版ユーザー向けにビルトイン型VPN機能の提供を開始したと発表した。同機能は世界中誰でも無償、また制限なく利用が可能。Operaでは3つのロケーション「ヨーロッパ、アメリカ、アジア」からVPNを選択することが出来る。また、Optimalを選択す…

nature lion south africa whitelion
Photo by Piet Bakker on Pexels.com

ピックアップOpera browser VPN coming to Android

ニュースサマリー:ブラウザプロバイダーのOperaは7日、アンドロイドβ版ユーザー向けにビルトイン型VPN機能の提供を開始したと発表した。同機能は世界中誰でも無償、また制限なく利用が可能。Operaでは3つのロケーション「ヨーロッパ、アメリカ、アジア」からVPNを選択することが出来る。また、Optimalを選択すれば、その時点における最速なネットワークへと自動的に切り替わる。

OperaはVPN利用時にユーザーの情報を取得しないとしているため、完全なプライバシーが保護されたままブラウジングが可能。

話題のポイント:Operaは近年ブロックチェーンを利用したサービスを模索したり、これまたビルトインで暗合通貨ウォレットを実装したりと、イノベーティブなソリューションを展開しています。ブログでは以下のように述べられていました。

Opera has a tradition of innovation. We are always thinking about new features that can enhance your online experience.

以前、Operaが暗号通貨ウォレットをビルトインにて実装した際に書いた記事に書いた通り、既存Operaユーザーはほとんどがアフリカ大陸です。以下の図で示されているように、全体の3%にも満たないシェアにも関わらずアフリカ大陸ではChromeに次いで13%のシェアを誇っています。

Capture
Credit: Statecounter
Capture
Credit: Statecounter

その理由として、今多く考えられているのが低価格なAndroidスマホにOperaが初期インストールされている、というのが有力な説です。ただ、最近でもありましたが、政府によるインターネットの遮断が発生している中で、ブラウザ with VPNなOperaの存在感はとても強くなる可能性がある気がします。Operaは昨年、米国NASDAQに上場もしていますし、今後のブラウザ市場における逆襲に期待が高まります。

 

 

----------[AD]----------

iPad版Opera、モバイル優先ユーザ用インターネットブラウザ「Coast」

SHARE:

OperaのCoast担当ヘッドのHuib Kleinhout氏がモバイル用ブラウザーの再設計に取り組んだのはなぜだろうか? Netscapeのような犠牲を過去に出しながらもブラウザー戦争は続いている。モバイル機器の出現によって新しい競争が生まれている。AppleとGoogleは常に競い合い、全ての機器においてユーザが同じようにブラウジングできる方法を提供してきている。一方、Dolphinなどの企…

Coast-Home-Search-Tabs

OperaのCoast担当ヘッドのHuib Kleinhout氏がモバイル用ブラウザーの再設計に取り組んだのはなぜだろうか?

Netscapeのような犠牲を過去に出しながらもブラウザー戦争は続いている。モバイル機器の出現によって新しい競争が生まれている。AppleとGoogleは常に競い合い、全ての機器においてユーザが同じようにブラウジングできる方法を提供してきている。一方、Dolphinなどの企業は、ユーザからの異なったニーズに応えようとしている。

OperaやOpera Miniブラウザーで有名なOperaがiPad用に「Coast」という新しいモバイルブラウザーをローンチした。このプロジェクトはOperaのエンジニアでチームマネージャーであるHuib Kleinhout氏が、エンジニア部門のトップにモバイル専用ブラウザーの開発を提案したことから始まった。例えば戻るボタンや進むボタン、そしてURL検索バーに至るまで、デスクトップにおける多くのレガシーがブラウザーによってモバイルに受け継がれてしまうと彼は考えていた。

Kleinhout氏はオランダの人口2,000人ほどの村Varikの出身だ。川から数百メートルに位置していたため、1995年には洪水で流される恐れがあり、村全体が避難せざるを得なかった。Kleinhout氏はEindhovenで学び、技術科学と社会科学という分野で修士号を取得し、Philips Researchで学位論文をまとめた。EindhovenとPhilips Researchでデザインを重視した時期が彼にインスピレーションを与えた。

「この環境では、何千人ものエンジニアが研究開発のプロジェクトに取り組んでいて、新しいものを発明することが全てでした。」

Kleinhout氏は、Philips Researchのマルチタッチの基礎を作った複数の特許の共同発明者でもある。

Coast-navigate-and-share

Operaにて、Kleinhout氏はタブレット向けブラウザーの設計を試みた。そのデザインからすると、Coastはモバイルを優先して使用する人向けのブラウザーのようだ。OperaとGoogleの検索を使うことで、ウェブページはただのページではなく「アプリ」として表示される。同ブラウザーはスピードダイヤル機能、お気に入りのページにすぐアクセスできる一連のビジュアルブックマークを使用している。

このアプリの優れたところは簡易なシェア機能、ウェブへのリンクや写真で、従来の「進む、戻る」ボタンではなく、WWWをナビゲートする動きに高いレベルで依存しているということだ。モバイルユーザは、モバイルオペレーティングシステムと同様のユーザエクスペリエンスを実感できるだろう。

Coastは2週間ほど前にiPad用にローンチされた。アジア太平洋地域担当シニアコミュニケーションマネージャーであるPeko Wan氏は

「Coastは重要な市場であるシンガポール、ベトナム、インドネシア、フィリピンなどの東南アジア地域で、ライフスタイルアプリとして大変好評を頂いています。」

と述べた。Coastはモバイルブラウザー界を牛耳ることができるだろうか?Kleinhout氏は、モバイルインターネットブラウザーへの新しい取り組みに対して前向きであると考えている。

「Operaでは、こんなことだってできるんです。」

Coast-security-and-arrange

OperaのiPad版「Coast」のダウンロードはこちらから。

【via e27】 @E27sg

【原文】

----------[AD]----------

InMobiのSmartpayとOpera Miniが、フィーチャーフォン向けオンライン決済を提供

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 インドのオンライン広告および決済プラットフォームのInMobiは、世界中のフィーチャーフォン利用者によるデジタル商品のオンライン決済を実現するため、人気のモバイルブラウザーOpera MiniをつくるOperaと提携することを発表した。 アジアにはこの比較的シンプルな携帯電話を利用している人が多い。特に、インドとインドネシアではネットに接続する主要な手段だ。…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

インドのオンライン広告および決済プラットフォームのInMobiは、世界中のフィーチャーフォン利用者によるデジタル商品のオンライン決済を実現するため、人気のモバイルブラウザーOpera MiniをつくるOperaと提携することを発表した。

アジアにはこの比較的シンプルな携帯電話を利用している人が多い。特に、インドとインドネシアではネットに接続する主要な手段だ。このことから、ImMobiのSmartPayモバイル決済プラットフォームの拡張はアジアにとって大きな意味を持つ。この展開について、InMobi東南アジアマーケティング責任者のSally Wuuに話を聞いてみた。Sallyは今回の目的について「Operaユーザーが、モバイル上の商取引をスマートフォン、クレジットカード、Paypalなどのプラットフォームがなくてもシームレスに行なえるようにすること」と語った。確かにこれらは新興国市場の人たちに欠けているものだ。

新興国市場におけるオンライン決済の問題は、この提携による「ブラウザー上のユーザー認証」によって解決される。すなわち、Opera MiniブラウザーはInMobiのオンラインパートナーとも協業することになる。パートナーであるサイトやアプリ開発者は、代わりにこのノルウェーのウェブブラウザーを信頼するわけだ。つまり今回のパートナーシップによって、InMobiのプラットフォームパートナーは世界の1億6000万人のMiniブラウザー利用者へのアクセスが可能になる。

現在のところ、InMobiのSmartpayはキャリア請求にしか対応していないが、そのうち「銀行、クレジットカード、PaypalやP2P決済サービス」も受け入れるようになるだろうとInMobiのSallyは言う。SmartPayはインド、インドネシア、マレーシア、その他世界27か国で利用することができ、2011年5月にサービスを開始している。

同地域におけるその他の決済手段には、シンガポールのMovend(今はMOL ポイントも受け入れている)、Paypal、Cherry Creditsそして中国のAlipay(支付宝)がある。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------