THE BRIDGE

タグ Orb

ブロックチェーン・スタートアップのOrb、三井住友海上キャピタルと新潟VCから1.5億円を調達——分散型台帳技術と地域FinTech展開を本格化

SHARE:

東京に拠点を置くブロックチェーン・スタートアップの Orb は、三井住友海上キャピタルと新潟ベンチャーキャピタル(新潟VC)から1.5億円を調達したと発表した。これは Orb にとっては、2015年9月に実施した2億7,400万円の資金調達に続くものだ。 Orb はブロックチェーンを活用した、分散型台帳技術「Orb DLT(Orb Distributed Ledger Technology)」を開…

東京に拠点を置くブロックチェーン・スタートアップの Orb は、三井住友海上キャピタル新潟ベンチャーキャピタル(新潟VC)から1.5億円を調達したと発表した。これは Orb にとっては、2015年9月に実施した2億7,400万円の資金調達に続くものだ。

Orb はブロックチェーンを活用した、分散型台帳技術「Orb DLT(Orb Distributed Ledger Technology)」を開発している。今回の投資家である三井住友海上キャピタルでの親会社である三井住友海上と、新潟VC の LP である新潟県内の金融機関や事業会社などは、Orb DLT の顧客だということだ。三井住友海上とは  Orb DLT を活用した損害鑑定業務の実証実験を2017年6月から開始しているほか、新潟県を中心に地域経済活性化を目指した FinTech ソリューションを展開していくとしている。

Orb は2014年2月、ユーザの閲覧・購買履歴をもとに表示するバナー広告で有名な Criteo(FRA:CI5A)でアジア太平洋地域ディレクターを務めた仲津正朗氏(CEO)らにより設立。チームメンバーの多くは、Bitcoin やブロックチェーン技術に精通した技術者で構成されている。

以前は、ブロックチェーンを使った非中央集権型クラウドコンピューティング・システム「orb」や、この技術をベースにした仮想通貨の発行・運用プラットフォーム「SmartCoin」などを提供していた。2016年4月には Orb DLT をリリースし、最近では Orb DLT をフラッグシップのサービスとして前面に押し出している。

----------[AD]----------

冷蔵庫、食器洗い、靴や水槽の中など用途は多彩——水の中にも入れられる充電式ピンポンボール型殺菌灯「Orb」がKickstarterに登場

SHARE:

これからの季節、高温多湿の日本で気になるのは食中毒だ。時代とともに、塩素やオゾンを使った除菌消毒や冷蔵技術は発達してきたが、それでも春から夏にかけて、集団食中毒のニュースが毎年世間を賑わせることになる。衛生管理に何らかのディスラプトは起きないものだろうか。 LED による光を使ったニキビ予防やアンチエイジングのための医療機器を開発してきた reVive Light Therapy が、ピンポンボー…

これからの季節、高温多湿の日本で気になるのは食中毒だ。時代とともに、塩素やオゾンを使った除菌消毒や冷蔵技術は発達してきたが、それでも春から夏にかけて、集団食中毒のニュースが毎年世間を賑わせることになる。衛生管理に何らかのディスラプトは起きないものだろうか。

LED による光を使ったニキビ予防やアンチエイジングのための医療機器を開発してきた reVive Light Therapy が、ピンポンボール型の殺菌灯システム「Orb」を披露し、3月末から Kickstarter 上でクラウドファンディングを開始している。

Orb は光波長405nm(ナノメートル)の青色光と UV-A(紫外線 A 波)を発するポータブルの殺菌灯だ。充電可能で水の中にも入れられるので、食器や哺乳瓶、靴や加湿器の水タンクの殺菌のほか、水槽に藻やコケがついたりバクテリアが繁殖したりするのを防ぐこともできる。冷蔵庫に入れておけば、食品に含まれる雑菌の繁殖を抑制することもできるだろう。

殺菌灯と言えば、スーパーマーケットの精肉や鮮魚の販売コーナーの隅っこによく置かれていたもので、蚊やハエが音を立てて次々と音を立てて落ちていく様には、子供心に圧巻だった記憶がある。Orb のテーマは殺虫ではなく殺菌であるため、放つ光はスーパーに置かれていたものほど強力ではないが、コンセントに電源をつなぐ必要がなく小型化されている点に時代の進歩を感じる。

Early Bird の特典は既に終了しており、現在、注文予約が可能なのは Orb 殺菌灯 2個と充電器からなるシステム一式が65ドルから。送料はアメリカ国内であれば7ドルで済むが、日本で受け取るとなると50ドルとなりやや割高なのは残念だ。 reVive Light Therapy は従来からの医療機器を、アジア向けには中国の代理店から発送しているので、Orb についても大量生産に入れば、これらの代理店経由で送料を圧縮して世界中に商品供給できるようになるだろう。

現在実施されているクラウドファンディング・キャンペーンには、25,000ドルの募集に対し17,000ドル程度の資金が集まっている。キャンペーンの実施は、日本時間で4月21日の朝6時過ぎまでとなっている。商品の発送は、今年の8月から9月の予定。

----------[AD]----------

Orbがブロックチェーン認証によるクラウドコンピューティング基盤「orb」をローンチ、2億7,400万円を調達へ

SHARE:

東京に拠点を置くスタートアップ「Orb(旧社名:コインパス)」は29日、ブロックチェーンを利用した独自認証技術による、非中央集権型クラウドコン ピューティング・システム「orb」を開発した。この orb を使ったサービスの第一弾として、28日より仮想通貨の発行・運用プラットフォーム「SmartCoin」の提供を始めた。 今回のサービス・ローンチとあわせて、Orb は資本調達も発表している。SBIイ…

orb_featuredimage

東京に拠点を置くスタートアップ「Orb(旧社名:コインパス)」は29日、ブロックチェーンを利用した独自認証技術による、非中央集権型クラウドコン ピューティング・システム「orb」を開発した。この orb を使ったサービスの第一弾として、28日より仮想通貨の発行・運用プラットフォーム「SmartCoin」の提供を始めた。

今回のサービス・ローンチとあわせて、Orb は資本調達も発表している。SBIインベストメント、セレス、ユナイテッド、アドウェイズ、マネックスベンチャーズから合計2億7,400万円を10月6日までに調達する予定だ。

Bitcoin の要素技術であるブロックチェーンは、セキュアで高度な認証を必要とされるサービスに応用され始めているが、マイニングに時間がかかり、そのためのリソースの確保に費用がかかるのが難点だ。orb では、〝経済圏〟ごとにブロックチェーンを分ける「マルチブロックチェーン方式」を採用しており、Bitcoin では認証に10分程度かかるブロックチェーンを使った場合で、orb では同じ認証を5秒で実現する。一般的なクレジットカードのオンライン認証に8秒かかることを考えれば、それよりも速い。マイニングの計算用にデータセンターのサーバやハードウェア・チップを用意しなくても、orb の SDK を使うことで、スマートフォンのアプリのレベルでブロックチェーン認証が可能となるため、決済認証、契約認証など幅広い用途に応用が可能だ。

この orb をベースに使った SmartCoin は、Eコマース事業者や各種サービス事業者が、自前ブランドで仮想通貨を発行・運用できるようにするサービスだ。すでに複数社が導入を検討しているほか、オープンソースで世界のトップシェアを誇る Eコマース・プラットフォーム Magento にもすでにプラグインが用意されており、SmartCoin を使ったオンライン決済が容易に実現できる。

Orb を率いるのは、ユーザの閲覧・購買履歴をもとに表示するバナー広告で有名な Criteo(FRA:CI5A)でアジア太平洋地域ディレクターを務めた仲津正朗氏(CEO)、そして、ソーシャルレンディング「maneo(マネオ)」の創業者である妹尾賢俊氏 (COO) だ。チームメンバーの多くは、Bitcoin やブロックチェーン技術に精通した技術者で構成されている。

(訂正:本稿初出時、チームメンバーが「MIT Media Lab が発表した分散型クラウドコンピューティング技術「εnigma(エニグマ)」についても、技術編のホワイトペーパーの作成に関わっている」としたのは誤り。Orb のチームメンバーが作成したのは orb に関するホワイトペーパーであり、ここから参照できる。)

仲津氏は、今回のサービスローンチを受けて THE BRIDGE に次のようにコメントしてくれた。

ブロックチェーンは、パーソナルコンピュータ、インターネットに続く、「第3のIT革命」になると言われている技術であり、シリコンバレーを中心に世界中の金融機関やIT企業から注目を集めています。(中略)日本からεnigmaレベルのプロジェクトが立ち上がるというのは、日本の有能なエンジニアをエキサイトさせることにもなると思います。

先週には、日本発の Bitcoin スタートアップであるテックビューロが、クローズド・ユース向けのブロックチェーン「mijin(ミジン)」を発表した。こちらも、既存のデータベースをブロックチェーンに置き換えることが期待されており、あわせて注目していきたい。

9月28日、渋谷のコワーキング・スペース「dots.」で開催された商品発表イベント。メディア、MIT Media Lab日本企業コミュニティ、VCの人などが一堂に会した(仲津氏の Facebook タイムラインから)。
9月28日、渋谷のコワーキング・スペース「dots.」で開催されたプロダクト発表イベント。メディア、MIT Media Lab 日本企業コミュニティ、VCらが一堂に会した(仲津氏の Facebook タイムラインから)。
----------[AD]----------