THE BRIDGE

タグ Origami

先週の大型調達のまとめ——Origami、FiNC、ユーグレナ、AlpacaJapan、ABEJAなど

SHARE:

先週は大型資金調達のラッシュとなった。簡単におさらいをしておきたい。 Origami(シリーズ C ラウンドで66.6億円を調達) QR コードによるキャッシュ決済「Origami Pay」を運営する Origami が大型調達。Alipay(支付宝)や WeChat Pay(微信支付)が日本への本格進出を伺い、日本の銀行勢も QR コード決済への進出を準備する中で、Origami は日本における…

11989576 - photo of business partners hands applauding at meeting
Image credit: 123RF / Dmitriy Shironosov

先週は大型資金調達のラッシュとなった。簡単におさらいをしておきたい。

Origami(シリーズ C ラウンドで66.6億円を調達)

QR コードによるキャッシュ決済「Origami Pay」を運営する Origami大型調達。Alipay(支付宝)や WeChat Pay(微信支付)が日本への本格進出を伺い、日本の銀行勢も QR コード決済への進出を準備する中で、Origami は日本におけるこの分野において、古株の存在と言えるだろう。資金調達先は、SBI インベストメント、トヨタファイナンス、信金中央金庫、銀聯国際(UnionPay)、クレディセゾン、日本ユニシス、ジェーシービー、大垣共立銀行、三井住友カード、DG Daiwa Ventures。

また、みずほ銀行、三井住友銀行、大垣共立銀行、青森銀行、、ゆうちょ銀行、SBJ銀行、じぶん銀行、静岡銀行、第三銀行、三重銀行、北越銀行、みちのく銀行、みずほ銀行との連携により、これらの銀行にあるユーザの口座から QR コード決済時にリアルタイムで代金を引き落とせるようになった(一部は予定)。来年には、海外で銀聯国際のネットワークを通じ Origami Pay を、また国内で Origami 加盟店で銀聯 QR 決済が可能になる見込み。台湾の JKOPAY(街口支付)との提携で、台湾訪日客が日本でJKOPAYを利用できるようになった。

<関連記事>

FiNC(約55億円を調達)

ヘルステックスタートアップの FiNC は約55億円を調達した。参加したのは、ロート製薬、日本電気、第一生命、資生堂、中部電力、帝人フロンティア、INTAGE Open Innovation Fund、アトラ、江崎グリコ、SOMPO ホールディングス、FinTech ビジネスイノベーション、講談社、J-WAVE、竹中工務店、みずほ証券プリンシパルインベストメント、広島ベンチャーキャピタル、横浜キャピタル。

FiNC は今回、CTO である南野充則氏の代表取締役就任(代表取締役 CEO の溝口勇児氏は、現在の職位を維持)、社名の FiNC Technologies への変更を発表しており、既存ビジネスにより多くの技術を取り入れる方向へと舵を切る意図を示唆しているようだ。同社では今回の調達資金の使途として、ディープラーニング、機械学習をはじめ、運動、栄養、睡眠領域における行動変容のためのAI(人工知能)開発や、アプリ「FiNC」のマーケティング・プロモーションや海外進出、ハードウェアの開発や M&A に充当するとしている。

<関連記事>

ユーグレナ(50.5億円を調達)

ミドリムシスタートアップのユーグレナは、SMBC 日興証券向けの新株予約権割当により約50億5,000万円を調達した。資金使途として、シナジーや顧客基盤の強化が見込まれるヘルスケア分野などで M&A、PR戦略による顧客基盤の強化、新規素材開発などの研究開発を推進を挙げている。同社では、「グループ連結売上高300億円の達成」と「国産バイオジェット・ディーゼル燃料の実用化」の2年後の達成を経営目標に掲げており、資金使途はこれらに沿ったものとなる。

<関連記事>

AlpacaJapan(シリーズ A ラウンドで約6.5億円、資本性ローンで1億円を調達)

AI フィンテックスタートアップの Alpaca(法人としては AlpacaDB と AlpacaJapan があるが、今回調達の主体は AlpacaJapan)は、三菱 UFJ 銀行、SMBCベンチャーキャピタル、イノベーティブ・ベンチャー投資(NEC キャピタルソリューションと SMBCベンチャーキャピタルのファンド)、価値共創ベンチャー(NECキャピタルソリューションとベンチャーラボインベストメントのファンド)、D4V、アーキタイプ、複数の個人投資家からシリーズ A ラウンドで総額約6.5億円を調達。加えて、日本政策金融公庫から1億円の資本性ローン調達した。

調達した資金の使途として、同社では Global Capital Market における AI ソリューション事業とデータベース技術の更なる研究開発、「AlpacaForecast」、「AlpacaRadar(新規プロジェクト)」、今年5月末にBloombergとの協業により実現した「AI Prediction Matrix」のさらなるプロダクト開発を挙げており、婚儀、日本内外の金融機関・事業会社に AI ソリューション事業(データサイエンスと人とのコラボレーション)を積極的に展開するとしている。

<関連記事>


また、新規調達ではないが、AI スタートアップの ABEJA では、NTT ドコモベンチャーズから NTT ぷららへ、NTT グループ内の株式譲渡による株主異動が発表された。これはNTT ぷららと ABEJA が協業関係を構築したことに由来し、NTTぷららが運営する映像配信サービス「ひかりTV」へのサービス向上や効率化、高機能プラットフォームの構築・運用に ABEJA の AI・ディープラーニング技術を活用するとしている。

先週にはこのほか、パーソナルモビリティの WHILL が50億円、口コミ評価サイト運営の Vokers が22.5億円の調達を発表している。

----------[AD]----------

モバイルコマースのOrigamiが、ソフトバンク、クレディセゾンなどから16億円を資金調達

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから モバイルコマースプラットフォーム「Origami」を提供する Origami は今日、ソフトバンクグループ、クレディセゾン、個人投資家の高野真氏から16億円を調達したと発表した。 <関連記事> 「コマース体験をリデザインする」ーー注目のモバイルコマースプラットフォーム「Origami」 【レビュー】Origamiはウィ…

origami_featuredimage

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

モバイルコマースプラットフォーム「Origami」を提供する Origami は今日、ソフトバンクグループクレディセゾン、個人投資家の高野真氏から16億円を調達したと発表した

<関連記事>

2013年4月のローンチ以降、Origami はソーシャルメディアを使ったプロモーション機能より、オンライン・オフラインの両方にサービスを提供することで、さまざまな小売業界から800以上の店舗を魅了してきた。

ソフトバンクとの提携により、Origami はソフトバンクの発見処理機 CouponGATE を通じて、オフラインでも見本引換券や割引券を配布できる新機能を店舗に提供する計画だ。クレディセゾンとの提携では、Origami はクレディセゾンとユーザの送客で互いに協力、ビッグデータ・ソリューションや新しい決済ソリューションの開発を目指す。

高野真氏は2014年7月に Forbes JAPAN を設立した人物で、アメリカの Pacific Investment Management Company の日本子会社であるピムコジャパンの前社長を務めたことでも知られている。

----------[AD]----------

モバイルコマースのOrigamiが「FASHION’S NIGHT OUT 2013 TOKYO」の公式アプリに決定

SHARE:

2013年9月7日、モバイルコマースアプリ「Origami」が、表参道・青山・原宿エリアで開催されるナイト・ショッピングイベント「FASHION’S NIGHT OUT 2013 TOKYO(ファッションズ・ナイト・アウト、以下FNO)」の公式アプリとして、コンテンツ提供を行うことに決まった。 Origamiは今年の4月にリリースしたモバイルコマースアプリ。ユーザーは、好きな店舗やブランドのアカウ…

fno origami

2013年9月7日、モバイルコマースアプリ「Origami」が、表参道・青山・原宿エリアで開催されるナイト・ショッピングイベント「FASHION’S NIGHT OUT 2013 TOKYO(ファッションズ・ナイト・アウト、以下FNO)」の公式アプリとして、コンテンツ提供を行うことに決まった。

Origamiは今年の4月にリリースしたモバイルコマースアプリ。ユーザーは、好きな店舗やブランドのアカウントをフォローして最新の情報を得ることができたり、店舗にチェックインしてフレンドにショップの情報をシェアできることに加えて、アプリ上で商品の購入も可能となっている。

FNOは今年で5回目の開催を迎える。FNOは、ファッション雑誌、北米版『VOGUE』の編集長アナ・ウィンターの呼びかけで2009年に始まった。パリ、ミラノ、ロンドンをはじめ、世界19カ国のVOGUEが、ファッション業界の活性化と、景気回復の促進を目的として開催している。日本の「FASHION’S NIGHT OUT 2013 TOKYO」は、Origamiのメディア・パートナーである、合同会社コンデナスト・ジャパンが開催している。

この深夜までショッピングを満喫できるショッピング・イベントであるFNOで、Origamiは参加店舗の商品・コンテンツ・位置情報を紹介する公式アプリとして参加することとなった。掲載される商品の一部はOrigami上で購入が可能となる。

先日、写真共有アプリのSnapeeeが、玉城ティナらモデルも登場するファッションイベントを台湾で開催することをお伝えした。今回のOrigamiもそうだが、アプリとイベントの連動、ファッションとアプリの関係が今後どうなっていくのかは気になるところだ。

----------[AD]----------

【レビュー】Origamiはウィンドウショッピングを実現できるのかーーCEO康井氏が語るスマホコマースの「新体験」とは

SHARE:

国内のファッション系ECといえばZOZOを展開するスタートトゥデイが筆頭に挙げられるだろう。平成25年3月期の決算では商品取扱高958億円、約20%の成長という数字が並ぶ。国内のEC市場は8.5兆円、さらに小売り市場の規模が135兆円といわれるなか、次のEC市場拡大のキーワードに「ファッション」を挙げるプレーヤーは多い。 4月23日にスタートを切ったOrigamiもまたそのトレンドを掴もうとするひ…

スクリーンショット_2013_05_02_8_33
国内のファッション系ECといえばZOZOを展開するスタートトゥデイが筆頭に挙げられるだろう。平成25年3月期の決算では商品取扱高958億円、約20%の成長という数字が並ぶ。国内のEC市場は8.5兆円、さらに小売り市場の規模が135兆円といわれるなか、次のEC市場拡大のキーワードに「ファッション」を挙げるプレーヤーは多い。

4月23日にスタートを切ったOrigamiもまたそのトレンドを掴もうとするひとりだ。

1年近くのステルスモードを経て飛び立った折り鶴は、単なる豪華なスマホ対応のコマースなのか、それとも別の何かなのか。公開前に実施した代表取締役CEO康井義貴氏へのインタビューに加え、アプリを使ってみたレビューを3つの視点でまとめてみた。

Origamiはウィンドウショッピングを実現できるのか

買物行動には大きく分けて「目的買い」と「衝動買い」の二つがある。前者は例えば「安い水を買いたい」という具体的な目的がある場合で、検索と価格比較でほぼ望みのものが買える世界が実現された。楽天とカカクコムがこの10年で変えた世界観といってもいいだろう。一方で、衝動買いはどうだろうか。康井氏によればOrigamiの狙いのひとつがここにあるという。

「今あるEコマースのサイトって目的型が多い。でも実生活でのオフラインって目的なく何かを探して街をブラブラするんですよね。ここにイノベーションを起こしたいんです」。

では、Origamiは私を実際にウィンドウショッピングに連れて行ってくれるのだろうか。

銀座、恵比寿、渋谷。実際に外でOrigamiを使ってみた。しかし…

アプリを外で使った場合、便利だったのはマップだ。フォローしているショップ情報が地図上に並ぶ。欲しいブランドをフォローしておけば、ウィンドウショッピングのコースぐらいは作れるかもしれない。

IMG_4314IMG_4315

しかし、この画面から「ショッピングの楽しさ」はまだ感じられない。また、店舗にいってしまえば、Origami内で購入する必要はなくなる。オンラインとオフラインの棲み分けが今後どうなるのか気になった。

「自分の欲しい物を、自分は知らない」を解決してくれたファッション雑誌という体験

衝動買いといえば、私たちは過去既にファッション雑誌という体験を手にしている。パラパラとザッピングすれば編集者の意図するトレンドを「身につける」ことができた。ウェブの世界でこれを実現しようとしている話題は以前ここに書いた。Origamiもまたここにチャレンジしている。

「私もこれまで雑誌を読んでモノを買っていました。ただ、雑誌にはアクションプランが乏しいので、ここはスマートフォンやオンラインの力が発揮できると考えています。今回の(GQやVogueなどの配信を担当する)コンデナスト・ジャパンとの提携もその一環です」。

さて、雑誌型のコンテンツがフィードされることで、新たな発見は購入に結びつくのだろうか。

IMG_4312IMG_4321

「雑誌体験」としてのOrigamiはまだこれから

康井氏の話す「雑誌体験」を実現しようとしているのはこの「Discover」タブだ。ただ、内容を読み進めるとちょっと物足りない。もしここに毎日のように編集されたトレンド情報が流れてきたら、アプリを開くタイミングは増えるだろうなと感じた。ファッションを毎日買う、というシーンは少し想像しにくい。でも雑誌なら毎日読むことは可能だ。つまりアクティブが上がる。

「メディアからモノがすぐに買える時代というものが来ようとしています。セレンティビティももちろん重要ですが、結局は編集の力が必要なんです。実世界のショッピングって楽しいじゃないですか。でもオンラインでその体験を実現しているものはまだありません。それをシンプルに表現したいんです」

Origamiの「ソーシャル性」はどこにあるのか

三つ目のポイントはソーシャル性、コミュニケーションだ。もしユーザーをフォローしてLike付けるのがソーシャルなんだというのであればそれはクソだ。ここの目的はコマースであり、人と人とのコミュニケーションがそこに気持ちよく繋がるアイデアがなければいけない。Origamiのコミュニケーションについて康井氏はこのように話していた。

「お店のアイテムにLikeすればそれが友人のフィードに繋がって広がる。そこにさらにロケーションがオーバーラップされて、実際の店舗の情報に繋がる。そこにはあるスニーカーの在庫があって、じゃあいってみようか、という気づきに繋がる」

では実際はどうだろうか。

「お店へのチェックイン」はうっかりfacebookでやってしまいそうに…

ということでたまたま近かった代官山蔦屋書店に入ったので、チェックイン…とうっかりレビューしていることを忘れてfacebookのチェックインをしようとしてしまった。

IMG_4320IMG_4319

Origamiでチェックインする楽しさがなければこのコミュニケーションの起点が作れない。人によっては他のソーシャルグラフを使うだろうし「Origamiである理由」はまだ見えない。一方でひとつのつながりから得られる情報、誰が何を欲しがっていて、それはどこに行けば売っているのか、というものは確かに手に入るようだ。

現時点でまだ無機質で楽しさが感じられないこの状況が、ソーシャルグラフの成長と共に変化するのか、新しいアイデアがあるのか興味深い。

ーーさて、いかがだっただろうか。私は康井氏とのインタビューでは敢えてアプリを見ずに、コンセプトだけを聞いた。オープン後、実際にアプリを立ち上げ、彼の考えが表現されているか確かめたかったからだ。結果はご覧の通り、まだアイデアに追いついていないというのが正直なところだろう。まあ最初から全部OKなんてあり得ない。

一方で、康井氏に話を聞いたOrigamiのコンセプトが実現されれば、大きな変化が起こる。それぐらい康井氏とのインタビューは楽しい、わくわくする時間だったのだ。

康井氏はカナダトロント生まれ、16歳でECをスタートアップして19歳で投資を開始、昨年までDCMで活躍していたキャピタリストでもある。こういうスタートアップが国内にも出てきたことは素直に嬉しい。

「Origamiという言葉は世界共通でさらに作り手次第でどんな形にもなるし美しい鶴にもなる」ーーOrigamiはこれからも形を変えるはずだし、もしかしたら今の姿とは全然違うものになるかもしれない。引き続き彼らの成長を追いかけたい。

----------[AD]----------

「コマース体験をリデザインする」ーー注目のモバイルコマースプラットフォーム「Origami」

SHARE:

総務省が平成24年に発表した資料(※1)によると、日本のモバイルコマース市場は、平成23年のモバイルコマース市場は11,716億円となり、前年比で16.2%増加した。隣国に目を向けてみると、中国におけるモバイルコマースの市場規模は2014年に271億米ドルに達し、アメリカの規模を上回るという見込みもある。今、モバイルコマースは非常に注目の集まる領域となっている。 そんな中、これまでステルスで動きを…

origami

総務省が平成24年に発表した資料(※1)によると、日本のモバイルコマース市場は、平成23年のモバイルコマース市場は11,716億円となり、前年比で16.2%増加した。隣国に目を向けてみると、中国におけるモバイルコマースの市場規模は2014年に271億米ドルに達し、アメリカの規模を上回るという見込みもある。今、モバイルコマースは非常に注目の集まる領域となっている。

そんな中、これまでステルスで動きを進めてきたモバイルコマースプラットフォーム「Origami」がプレス向け説明会を実施した。人々に期待されていたサービスが、ついにそのベールを脱いだ。

Origamiは、アプリ上でユーザが好きなブランドやショップのアカウントをフォローし、最新情報を入手できるサービス。ユーザは気に入ったアイテムを見つけたら、iPhone上でそのまま簡単に購入できるようになっている。その他にも、アイテムに「いいね!」をつけたり、店舗にチェックインするなどしてオンライン、オフライン問わず友人とショッピング体験を共有することも可能だ。

origami ui

ちなみに、今回の説明会が開催された場所は表参道IDOL。「東京の今とこれから」をコンセプトに、セレクトショップやカフェ&ラウンジ、エキシビジョンスペースなどを集約した場所となっており、クリエイティブシーンでも名の通った場所だ。こうした場所を選んだことや、モバイルコマースでありながらもチェックイン機能が付いたサービスであることから実際の店舗の役割を意識していることが伺える。

Origamiはリリースと同時に、BEAMS、森美術館、吉田カバン、MoMA DESIGN STORE、Hysteric Glamour、Bang & Olufsen、MIZUMA ART GALLERYなど、百貨店、セレクトショップ、ブランド、アートギャラリー等の素晴らしい商品の数々を取扱いをスタートしている。

プレス向け説明会で、Origami株式会社代表取締役CEOの康井義貴氏は、同サービスについてこのように語った。

Origami

モバイルコマースは、Eコマースとオフラインでのリテールの抱える課題を解決します。Eコマースとオフラインのリテールの境目がなくなろうとしており、モバイルコマースはこの2つの市場にリーチできる可能性を持ちます。

各ユーザの好みでブランドをフォローすることで、検索以外でも欲しいアイテムに出会う可能性が高くなります。ソーシャルと連動させ、アイテムに「いいね」やシェアなどの機能があることで、購入しなかった場合でも、Origami内でのユーザのアクションが友人に伝わり、友人はわずかなステップで購入までたどり着くことが可能です。

またOrigamiには、実際の店舗とOrigami上のバーチャルな店舗が両方存在します。現在、実店舗を訪れて写真を撮り、チェックインをし、ソーシャルメディアでシェアするユーザが増えています。これまでそうしたユーザによるCGMコンテンツは、直接店舗やブランドの役に立つことはありませんでした。Origami上では投稿された写真から、ブランドやショップのページへとアクセスすることができ、あらゆるCGMコンテンツが店舗・ブランドの広告となるように準備を進めています。

ゲストとして、KDDI株式会社新規事業統括本部の高橋誠氏、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社代表取締役社長矢嶋弘毅氏がプレス発表会に登壇。KDDIはOrigamiと資本業務提携しており、出資だけではなく、OrigamiでauIDログイン、住所入力支援、auかんたん決済など機能面、サービス面でも提携を行なっていく方針。

DACは、今後Origami上で展開予定の広告やデータマーケティング事業における協業、DAC及び DACグループが保有するテクノロジーやソリューション、コンサルティング等のリソース提供に よる事業拡大支援を実施していく。

メディアパートナーであるコンデナストは、今回の取り組みにより、コンデナストが手がけるメディアブランド「VOGUE JAPAN」、「GQ JAPAN」、「WIRED」等による、最新のファッションやガジェット情報をOrigamiユーザに向けて発信。ショッピング体験の向上とライフスタイル提案を行なっていくという。

iOSでリリースされたOrigamiも、Androidアプリの開発は、2、3ヶ月後を目処に考えているそうだ。PCサービスも視野にいれているが、しばらくはiOSをしっかりと展開させていく方針だという。今後、Origamiは海外への展開も視野にいれている。

「Redesign Commerce」と発表会で語ったように、Origamiのチームが今後どのようにコマースを変化させていくのか、楽しみだ。

Origami Team


※1総務省|モバイルコンテンツの産業構造実態に関する調査結果

----------[AD]----------