BRIDGE

タグ Origin

低価格でも大きなサイズで造形できる3Dプリンター「Origin」

SHARE:

最大造形サイズが300 × 300 × 300 mmと大型のプリントが可能にもかかわらず、低価格な3Dプリンター「Origin」が開発されている。現在、クラウドファンディングサイトKickstarterで支援を募集中だ。目標額は10万ドルで、現在までに約4万ドルを調達している。 単に低価格なだけでなく、プロユースにも耐えうる仕様になっている。シリーズとして「Origin Prime」と上位版の「O…


d037c0fc13a307267c5908557d8b61a6_large

最大造形サイズが300 × 300 × 300 mmと大型のプリントが可能にもかかわらず、低価格な3Dプリンター「Origin」が開発されている。現在、クラウドファンディングサイトKickstarterで支援を募集中だ。目標額は10万ドルで、現在までに約4万ドルを調達している。

単に低価格なだけでなく、プロユースにも耐えうる仕様になっている。シリーズとして「Origin Prime」と上位版の「Origin Plus」、最上位版の「Origin Ultimate」の3機種が展開されている。

Origin Primeは、最大造形サイズが300 × 300 × 300 mm、最小積層ピッチ75μm、最高プリント速度150mm/s、PLAなどヒートベッドを必要としないフィラメントが利用できる。押し出し機は一つで0.35mmもしくは0.5mmのノズル径が利用可能。

Origin Plusは上記Origin Prime の機能に加え、デュアル押し出し機となり、最高温度120度のヒートベッドも搭載。PLA、ABS、HIPS、PVAといったフィラメントも利用することが出来る。ビルドプレートの取り外しも可能となる。

ba2c84b2fb6d6a2b6722997f97580b19_large

Origin UltimateはOrigin Plusの機能に加え、最高プリント速度が200mm/sとなり、スタンドアローンで操作可能となるようにコントローラもアップグレードされる。スマートフォンやPCを使ってWeb経由でコントロールすることも出来る。オートソフトウェアキャリブレーションセンサーを搭載したレベリングベッドも搭載される。

Originの本体色は、ダークグレー、ライトグレー、ブルー、レッド、アクア、およびラズベリーから選択可能。早期支援者向けの価格は、Origin Primeが650ドル、Origin Plusが850ドル、Origin Ultimateが1150ドルで、2015年2月以降に配送予定。プラス100ドルで米国外へも配送可能とのこと。



----------[AD]----------