THE BRIDGE

タグ Original Stitch

3Dで自分だけのシャツがデザインできる「Original Stitch」、人工知能活用の採寸ツールをβ版から正式版へ移行——日米でのサービスを加速へ

Original Stitch は男性客がオンラインでカスタムシャツを作ることができるスタートアップ。同社は本日(9月15日)、マシンラーニングを活用した採寸ツールのベータ版を終了し、正式ローンチした。Bodygram というこのシステムは男性客に好みのボタンダウンシャツを写真に撮ってもらい、その採寸結果をカスタムシャツに利用するというものだ。 Bodygram は今年すでにローンチされていたが、…

original-stitch-bodygram
Original Stitch の Bodygram 機能はコンピュータビジョンを活用してシャツを採寸する.
Image Credit: Original Stitch

Original Stitch は男性客がオンラインでカスタムシャツを作ることができるスタートアップ。同社は本日(9月15日)、マシンラーニングを活用した採寸ツールのベータ版を終了し、正式ローンチした。Bodygram というこのシステムは男性客に好みのボタンダウンシャツを写真に撮ってもらい、その採寸結果をカスタムシャツに利用するというものだ。

Bodygram は今年すでにローンチされていたが、コンピュータビジョンベースの採寸には直接同社にコンタクトを取ることが必要だった。このツールを使うと理屈上身体の採寸をする必要はなく、気に入っているシャツのフィット感と同じカスタムシャツを注文することができる。

測定が終わると服は日本で受注生産され、顧客に郵送される。生地はさまざまなものから選ぶことができ、お好みで服の細部を色々な素材でカスタマイズすることも可能だ。

<関連記事>

VentureBeat が行ったテストでは、ベータ版 Bodygram システムの採寸結果は完璧というわけではなかったが、なかなかのものだった。シャツのサイズ感に満足しない場合、Original Stitch は再調整して改善した新しいものを作ってくれる。

CEO の Jin Koh 氏はインタビューの中で、売上の70%は35万人からなる顧客からのリピートだと話した。だいたいリピート顧客は最初にシャツを1枚買い、翌月にはシャツを4枚購入しているという。

これには Original Stitch のウェブベースのシャツ・カスタマイズソフトウェアが役に立っている。このソフトウェアは顧客の測定結果(手入力または Bodygram ツールを通じた入力のいずれか)をあとから使えるよう保存するので、顧客が前回買ったものと同じサイズのシャツを買うことができる。

また、同社は Social Starts、Inspire Ventures、NTT Docomo Ventures などの投資家から合計500万米ドルのシード資金を調達したことを明かしている。この資金は引き続きアメリカと日本でのサービス加速、そして開発したソフトウェアを使って他のマーケットへの進出にも活用される予定。

今後については、写真に基づきそれぞれの顧客ごとに似合うシャツのスタイルをお勧めするシステムを開発中であると Koh 氏は話した。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

カスタムシャツを販売するOriginal Stitch、人工知能を使ってベストなサイズを測定

カスタムシャツをつくるこのスタートアップは、人工知能を活用して、あつらえの衣類をつくる手がかりを発見した。ユーザーが自分でサイズを測るのではなく、Original Stitch の新しい Bodygram という機能は、コンピュータビジョンを使ってユーザーが気に入っているボタンダウンシャツのサイズを抽出し、複製することができる。 Original Stitch は2015年に創業した。その人のため…

Original Stitch のBodygramはコンピュータビジョンを用いてシャツのサイズを測定する。
Image Credit: Original Stitch

カスタムシャツをつくるこのスタートアップは、人工知能を活用して、あつらえの衣類をつくる手がかりを発見した。ユーザーが自分でサイズを測るのではなく、Original Stitch の新しい Bodygram という機能は、コンピュータビジョンを使ってユーザーが気に入っているボタンダウンシャツのサイズを抽出し、複製することができる。

Original Stitch は2015年に創業した。その人のためだけに作られたユニークなシャツを選べることを約束している。だが、同社の既存のプロセスでは、顧客は自分でサイズを測って、シャツのサイズを推測することが求められる。

Original Stick のジン・コー CEO によれば、このプロセスは様々な問題につながるという。サイズ測定のエラーや、身体にぴったりしたシャツを好まない場合、ユーザーエクスペリエンスの低下になる。

カスタムシャツをこれまで着たことがなく、初めて試した人は、身体にぴったりしすぎるという理由でシャツを好まないことがあります。分かったのは、ユーザーはサイズが予測できて、自分のお気に入りの形に合っているシャツを求めているということです。(ジン・コー CEO)

この予測可能性と一致性こそ、Original Stich が Bodygram を使って成し遂げようとしている点だ。ユーザーは自分のお気に入りのシャツを広げ、その上に一枚の紙を載せ、スマホのカメラで写真を撮る。そうすれば、システムがそこからサイズを計測する。

同社の目的は、自分に合ったカスタムシャツが簡単に手に入るようにすることだ。そうすれば、自分にぴったりの1、2枚のシャツを見つけるために、何枚ものシャツを試着しなければならないことにうんざりしている人々にとって、オンラインショッピングが便利なものとなる。

Original Stitch のもっとも手頃なモデルのシャツは50ドルからスタートし、多くのシャツは80ドル以上だ。

コー氏によれば、Original Stitch の以前のシステムを使った注文では返品率が23パーセントであったのに対して、Bodygram を使った注文では返品率がたった3パーセントであるという。

男性シャツ向けに Bodygram を支えるマシンビジョンモデルは、将来さらに幅広く適用できる可能性がある。靴や女性向けの衣服など、その他の服飾品にもシステムが活用できる可能性があることを示した画像をコー氏は見せてくれた。こうした製品を同社が製造する予定はないが、他のリテーラー向けにマーケットプレイスやテクノロジーを提供できるかもしれない。

(本記事は抄訳になります。)

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

3Dでオリジナルシャツが注文できるサービス「Original Stitch」が日本上陸——CEOが考える、今後の戦略とは?

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから。 先週、3Dのプレピュー(詳細はこちら)を使って、カスタマイズ・シャツをオンライン注文できるサービス Original Stitch が日本に上陸した。今週、このサービスを提供するサンフランシスコの会社 Bleu Flamme の CEO で創業者の Jin Koh にインタビューする機会を得た。 私は同社のシャツが、…

original-stitch-620x413

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

先週、3Dのプレピュー(詳細はこちら)を使って、カスタマイズ・シャツをオンライン注文できるサービス Original Stitch が日本に上陸した。今週、このサービスを提供するサンフランシスコの会社 Bleu Flamme の CEO で創業者の Jin Koh にインタビューする機会を得た。

私は同社のシャツが、実際には日本の工場で製造されているのかどうか、彼に聞きたいと思った。彼は詳細を教えてくれなかったが、たとえ製造コストが高くついても、商品の品質とパッケージの美しさにこだわっていると強調した。お客にいいものを届けるというのなら、確かに品質とパッケージはカギになる。しかしそれでも、価格が抑えられている理由について、彼は説明した。

このシャツは160ドルです。我々は店舗を持っていないので、この価格を実現できるのです。すべてはオンデマンドで提供されるので、在庫、倉庫は必要ありません。したがって、多くのものを省いてお客様に提供ができるというわけです。

original-stitch

パッケージは大変シャープな見栄えだ(上の写真)。私が一日中パジャマを来て過ごすブロガーでなければ(実際にはそうではないけど)、シャツが入ったパッケージをメール便で受け取っても構わないと思う。

アメリカでは、彼らにとっての大きな競合は、スーツやシャツを販売する IndoChinoBlank Label だ。しかし、日本でのサービスを発表した先週から、Original Stich は各メディアなどに取り上げられ、Koh は自信をみなぎらせているようだ。

彼らは、クローズド・ベータ版のローンチ後、既にこの分野で最大の事業者になっていた。ローカライズにあたっては東京のインスプラウトの協力を得ており、その結果、日本でのサービスの立ち上がり状況には満足している。

Original Stitch には現在12人の社員が居るが、Koh は今後、シャツ以外の分野への進出にも意欲を見せている。

当社のサイトを見てもらえればわかるように、我々はテクノロジーの会社であって、Eコマースの会社ではありません。たまたま、最初のプロダクトがシャツだったというだけです。今後2年間の計画を尋ねられるなら、ウェブサイトで商品を選んでみてほしいと言いたい。商品の写真や購入ボタンを見るのではなく、商品の写真やカスタマイズ依頼ボタンを見てほしい。

(中略)ユーザが何かを作るために時間を費やすと、それを買ってくれる可能性が高まる傾向があります。事実、我々のコンバージョン・レートは、一般的なEコマースサイトの3倍になっています。我々は、初めから製造された商品を売っているのではありあせん。お客がカスタマイズした商品を届けるのです。

彼らは成長のためにデータ・ドリブンな手法を取っていて、できるだけ多くのユーザを取り込み、お金を払ってくれるユーザへと変えている。同社がここからどのように進展していくか、どのようにビジネスを展開していくかを見守りたい。チームラボの代表、猪子寿之氏をフィーチャーした、以下のプロモーション・ビデオをチェックしてほしい。

----------[AD]----------