THE BRIDGE

タグ Panasonic

ネット家電スタートアップのCerevo、IoT専門子会社のShiftallを設立しパナソニックに売却——創業者兼CEOの岩佐琢磨氏は新会社に移籍

SHARE:

ネット家電スタートアップの Cerevo は2日、ハードウェアのアジャイル生産を手がける新会社として Shiftall(シフトール)」を設立し、その全株式をパナソニック株式会社へ売却したと発表した。これまで Cerevo の代表取締役 CEO を務めた岩佐琢磨氏は退任し、Shiftall の代表取締役 CEO に就任する。 岩佐氏は2007年に Cerevo を設立する前、パナソニック(当時は松下…

Shiftall の代表取締役 CEO に就任する岩佐琢磨氏
Image credit: Rick Martin / THE BRIDGE

ネット家電スタートアップの Cerevo は2日、ハードウェアのアジャイル生産を手がける新会社として Shiftall(シフトール)」を設立し、その全株式をパナソニック株式会社へ売却したと発表した。これまで Cerevo の代表取締役 CEO を務めた岩佐琢磨氏は退任し、Shiftall の代表取締役 CEO に就任する。

岩佐氏は2007年に Cerevo を設立する前、パナソニック(当時は松下電器産業)でデジタルカメラの「LUMIX」、レコーダーの「DIGA」などのネット対応家電の商品開発に従事していた。これまでにも、Cerevo はハードウェアスタートアップの支援などを通じて、パナソニックとの協業プロジェクトを実施していた。

一方、今年創業100周年を迎えるパナソニックは、組織の若返りを図り、継続的にイノベーションを打ち出せる体質づくりに向け、いくつかの活動を立ち上げている。昨年にはロフトワークやカフェ・カンパニーと共同で、スタートアップとのコラボレーションスペース「100BANCH」を開設し、大企業のオープンイノベーションを支援する creww とは Panasonic Accelerator を運用。先月オースティンで開かれた SXSW では、同社の新規事業「Game Changer Catapult」から生まれたいくつかの革新的なプロダクトを目にすることができた

パナソニックにとって、今回の Shiftall 買収と岩佐氏の〝招聘〟は、これらオープンイノベーションの活動を社内から加速するための切り札と見ることができるだろう。

<Cerevo に関する記事はこちらから>

----------[AD]----------

パナソニックとScrum Ventures、イノベーション創出に向け合弁会社BeeEdgeの設立を発表【ゲスト寄稿】

本稿は、THE BRIDGE 英語版で翻訳・校正などを担当する “Tex” Pomeroy 氏の寄稿を翻訳したものです。オリジナルはこちら。 パナソニック(東証:6752)は1日、同社専務執行役員の本間哲朗氏が司会を務める記者会見を東京で開き、サンフランシスコ拠点のアーリーステージ VC である Scrum Ventures と共に、BeeEdge という合弁会社を設立することを発表した。パナソニ…

本稿は、THE BRIDGE 英語版で翻訳・校正などを担当する “Tex” Pomeroy 氏の寄稿を翻訳したものです。オリジナルはこちら


東京での記者会見に登壇した Scrum Ventures パートナーの春田真氏
Image credit: “Tex” Pomeroy

パナソニック(東証:6752)は1日、同社専務執行役員の本間哲朗氏が司会を務める記者会見を東京で開き、サンフランシスコ拠点のアーリーステージ VC である Scrum Ventures と共に、BeeEdge という合弁会社を設立することを発表した。パナソニックが49%の株式を保有する。

BeeEdge は新世代の製品を生み出すことを目標に掲げ、パナソニックの社内で十分に活用されていな技術を探し出し、それらを商用化するための独立スタートアップを設立することを目指す。パナソニックと Scrum Ventures は協業や起業家支援における双方の経験を生かすことで、BeeEdge はアクセラレータとして活動することになる。

Scrum Ventures は、アメリカで発表したリリースで次のように述べている。

我々は、画期的な新技術に取り組むスタートアップを見つけ、彼らを支援する方法を知っています。起業家にハンズオンの支援を提供し、彼らが成功に必要なものを手に入れられていると確信します。我々の専門知識をパナソニックと共有することは、未活用のイノベーションを市場にもたらす上で大きな機会創出となるでしょう。

アメリカやアジアの多岐にわたる分野に投資するシードステージ VC の Scrum Ventures は、同社ファウンディングパートナーの宮田拓弥氏が指揮をとっている。シリコンバレーや日本で培った経験やネットワークにより、Scrum Ventures は同社のポートフォリオ企業にグローバルな機会に向けてアクセラレーションを提供し、大企業にはイノベーションを起こせるよう支援している。Scrum Ventures のパートナー春田真氏が、BeeEdge の社長に就任する。同社は最近、これまでに実施された投資や協業を通じて、日本の世界的大企業とシリコンバレーのスタートアップをつなぐ「Scrum Studio」を発表している。

Scrum Ventures パートナーの春田真氏(右)と握手する、パナソニックの本間哲朗氏(左)
Image credit: “Tex” Pomeroy

一方、顧客のライフスタイルを進化させる家電製品を作るとして知られるパナソニックは、新しい消費者体験や次世代向けたビジネスを作り出すため投資を増やしてきた。4月には、京都でのデザイン事業などにも注力するようだ。春田氏は会見に登壇し、シリコンバレーのスタートアップエコシステムに対する強い理解に加え、新しいトレンドや技術を見つけてきた Scrum Ventures のトラックレコードを強調した。また、Scrum Ventures が、スタートアップへのアドバイスを通じて、BeeEdge に専門知識をもたらすことができる良い位置付けにあるとも語った。

パナソニックのアプライアンス社を担当する本間氏は、次のように語った。

スタートアップ支援における専門知識を持つ Scrum Ventures と協業できることを楽しみにしています。機会分析から製品の市場投入、運用におけるベストプラクティスの共有まで、新しくイノベイティブな企業とともに我々が技術を開発するすべを最大化する上で、Scrum Ventures は貴重なパートナーになると思います。

大阪を拠点とするパナソニックのスポークスマンは、同社が合弁会社の設立に加え、Scrum Ventures Fund III(3号ファンド) への出資を検討中であるとも付け加えた。

----------[AD]----------

CES 2018: パナソニック、従来比20倍高速な航空機内Wi-Fiを発表——一部航空会社で今四半期から導入開始、ビデオストリーミングも可能に

SHARE:

航空機内で Wi-Fi を使ったことがある人にとっては、それは長時間におよぶフライトでは神の贈り物と感じるかもしれない。しかし、スピードが遅ければ、イライラさせられるだろう。 パナソニックは、第3世代の人工衛星を使った航空機向け接続技術を発表した。この技術では、これまで飛行中にインターネット接続を提供していた技術に比べ、20倍高速な接続を提供する。 北米パナソニック CEO の Tom Gebha…

北米パナソニックの Tom Gebhardt 氏が、新型航空機 Wi-Fi を紹介
Image credit: Dean Takahashi

航空機内で Wi-Fi を使ったことがある人にとっては、それは長時間におよぶフライトでは神の贈り物と感じるかもしれない。しかし、スピードが遅ければ、イライラさせられるだろう。

パナソニックは、第3世代の人工衛星を使った航空機向け接続技術を発表した。この技術では、これまで飛行中にインターネット接続を提供していた技術に比べ、20倍高速な接続を提供する。

北米パナソニック CEO の Tom Gebhardt 氏が、今週ラスベガスで開催されている大テックトレードショー CES 2018 で開かれた同社のイベントで発表した。

我々の第3世代通信ネットワークは、機能を大胆に変えます。(Gebhardt 氏)

サウスウエスト航空やユナイテッド航空は、今四半期から新システムの導入を始める。

接続性が大幅に改善され、飛行中もビデオストリーミングが見られるようになります。(Gebhardt 氏)

したがって、航空機搭乗中は睡眠したり、読者したりするのは忘れよう。27番A席で旅の様子を友人にライブストリームしたり、機内ムービーの代わりに Netflix をストリーミング再生したりすることも可能になるわけだ。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

Crewwがパナソニックと「Panasonic Accelerator」をローンチ、家電のオープンイノベーション加速を狙う

SHARE:

Creww は27日、パナソニックと提携し、企業アクセラレータプログラム「Panasonic Accelerator 2016」への参加を希望するスタートアップのエントリ募集を開始した。このプログラムでは、「家電・くらし」「仕事」「先端技術」の3つのテーマでアイデアが募集され、パナソニック側からは、それぞれのテーマについて、同社の家電やウィークックナビ・キッチンポケットなどのウェブサービス、世界2…

panasonic-advanced-technology-team
パナソニックの先端チームの皆さん

Creww は27日、パナソニックと提携し、企業アクセラレータプログラム「Panasonic Accelerator 2016」への参加を希望するスタートアップのエントリ募集を開始した。このプログラムでは、「家電・くらし」「仕事」「先端技術」の3つのテーマでアイデアが募集され、パナソニック側からは、それぞれのテーマについて、同社の家電やウィークックナビキッチンポケットなどのウェブサービス、世界25万人の社員・オフィス・工場、生体電位センサー・音声言語解析技術・画像診断支援技術などのリソースが提供される。

募集は6月27日から7月8日の約2週間にわたって行われ、書類・プレゼンによる選考の結果、9月2日からパナソニックとの共同によるプログラムが進行する見込み。提案内容やアイデアによる選考は、Creww とパナソニックによってクローズドな環境下で実施されるため、選考に残るか否かにかかわらず、内容が公表されることは無い。

Creww は2016年6月現在、このようなオープンイノベーションで日本の50社以上の企業と提携しており、合計1,600件以上のスタートアップからの提案を受け、200件以上の提案が採用に至っている。一方、パナソニックでは、これまでにも個別の製品や技術ごとにスタートアップとの協業を図ってきたが、昨年には IoT(Internet of Things)に関連する特許を一部無償化し、今春には、人工知能・IoT・ロボット・センシングにフォーカスしたオープンイノベーションの活動拠点として、パナソニックラボラトリー東京や Wonder LAB Osaka といった施設をオープンさせている。

世界的な家電メーカーがアクセラレータを運用している事例としては、ドイツのシーメンスによる Siemens Technology Accelerator、ニューヨークやサンフランシスコを拠点とする Samsung Accelerator、Foxconn(鴻海/富士康)による StarRocket(三創育成)、ソニーの Seed Acceleration Program(SAP)などが存在する。

<関連記事>

----------[AD]----------

セブンドリーマーズが、パナソニックやダイワハウスと共同開発中の全自動洗濯物折り畳み機を披露

本稿は、THE BRIDGE 英語版で翻訳・校正などを担当する “Tex” Pomeroy 氏の寄稿を翻訳したものです。オリジナルはこちら。 日本のスタートアップであるセブンドリーマーズは、パナソニック(東証:6752)やダイワハウス(東証:1925)と共同で、商用化開発しているランドロイド [1] を CEATEC Japan 2015 で明らかにした。CEATEC は「NEXT -夢を力に、未…

本稿は、THE BRIDGE 英語版で翻訳・校正などを担当する “Tex” Pomeroy 氏の寄稿を翻訳したものです。オリジナルはこちら


laundroid_featuredimage

日本のスタートアップであるセブンドリーマーズは、パナソニック(東証:6752)やダイワハウス(東証:1925)と共同で、商用化開発しているランドロイド [1]CEATEC Japan 2015 で明らかにした。CEATEC は「NEXT -夢を力に、未来への挑戦」をテーマに開催されている、アジア最大のコンシューマエレクトロニクス展示会だ。

このプロジェクトは、セブンドリーマーズが開発した先駆的な自動洗濯物折り畳み技術、パナソニックが持つ洗濯・乾燥機技術や家電開発力、ダイワハウスの住宅建設や介護事業の経験を掛け合わせたものだ。

seven-dreamers-at-ceatec
CEATEC のセブンドリーマーズのブース(撮影:Jerry Suppan)

セブンドリーマーズはシリーズAラウンドで、ダイワハウス、東京大学エッジキャピタルおよび他の複数社への第三者割当増資により、15.2億円の大型資金調達を実施している。これは革新的な技術の開発だけでなく、ビジネスのグローバル展開を意図してのものだ。ランドロイドは洗濯物を折りたたむ労働から人々を解放し、家族や趣味に費やせる時間を増やし、人々のライフスタイルを革新させることを狙っている。

今回の共同開発プロジェクトを通じて、パナソニックは洗濯・乾燥のみならず、折り畳むプロセスも自動化することで、より快適なライフスタイルを提供することを目標に置いている。一方、ダイワハウスは、社会問題解決を目的としたサービスやプロダクトを定期ょすることで、理想的な社会モデルの実現を狙っている。


  1. 登録商標出願中。
----------[AD]----------

マーケ出身のファウンディングチームが手掛ける動画広告のコンテストサイト「RedRock」がPanasonic「リフレシリーズ」のCMを公開

SHARE:

RedRockのチーム(左:田中さん、中央:桐原さん、右:柏木さん) 2013年12月中旬にローンチした「RedRock(レッドロック)」は、動画クリエイティブに特化したクラウドソーシング。主に、映像クリエイター向けの動画広告コンテストを主催する。 賞金総額165万円で開催中のクックパッドの動画CMコンテスト、DeNAのヒットゲーム「パズ億〜世界一周編〜」のWebCMコンテストも賞金100万円など…

RedRock-teamRedRockのチーム(左:田中さん、中央:桐原さん、右:柏木さん)

2013年12月中旬にローンチした「RedRock(レッドロック)」は、動画クリエイティブに特化したクラウドソーシング。主に、映像クリエイター向けの動画広告コンテストを主催する。

賞金総額165万円で開催中のクックパッドの動画CMコンテスト、DeNAのヒットゲーム「パズ億〜世界一周編〜」のWebCMコンテストも賞金100万円など、映像クリエイターにとって実力を発揮する魅力的なチャンスが並ぶ。

最近では、RedRock初の動画広告となるPanasonicの小型マッサージ器「リフレシリーズ」のCMが公開されたばかりだ。

実は、PanasonicのCMに登場しているの(画面右側)は、RedRockの田中里実さん。虎ノ門のオフィスにお邪魔して、代表の桐原大輔さん、エンジニアの柏木祥太さん、そして田中里実さんにお話を伺った。

CM制作費平均1億円から、300万円の時代へ

前職のP&Gでは国外にも勤務し、あらゆるクリエイターと仕事をした経験を持つマーケティング畑出身の桐原さん。そんな桐原さんが、代理店を通したCM制作という常識に変化の兆しを感じたのが、2012年のスーパーボールだった。

友達と集まって騒ぐ口実にもなっている全米の国民的イベント「スーパーボール」。このタイミングで放映されるCMの平均制作費は1億円と言われる中、2012年、フリーランスの監督が賞金総額180万円のコンテストで入賞したCM(制作費は概算300万円)が登場して話題になった。「広告業界のあり方を変え、日本のクリエイターがもっと活躍する場を提供したい」。そんな想いでRedRockを立ち上げたと言う。

RedRockはどんな仕組みなのか。それは3つのステージに分かれている。

1.アイディアステージ
2.プレゼンステージ
3.映像ステージ

プロジェクトは、大量の良いアイディア(文字)を集めるところから始まる。アイディアが採用されると、それを映像化のためのプレゼン(絵コンテ)に落とし込むプレゼンステージへと駒を進めることができる。絵コンテは、あくまで自分で映像化できる作品である必要がある。ここで選ばれたクリエイターには、映像制作のための制作準備金が前もって支給されるからだ。

「徐々に動画を見かけるようになってきましたが、まだまだバズ重視のものが多く、製品名やブランドがきちんと認知されるようなものは多くありません。見る価値がある面白さと、企業のマーケテイング戦略上で伝えるべきメッセージがきちんと伝わる。そんな動画広告を目指しています」

マーケティングの戦略コンサルから制作までをワンストップで

「広告はビジネス上の課題を解決すべき」だと考えるRedRockでは、戦略コンサルティングも提供している。一言で広告と言っても、その目的は多岐にわたる。それは競合との差別化かもしれないし、購買の最後の一押しかもしれない。視聴者に刺さるメッセージの設計から立案していく、戦略立案→制作→配信までをワンストップで提供する点が特徴だ。

また、動画広告の配信ソリューションである「オムニバス」との提携によって、複数広告の定量調査やABテストなども実施可能だ。制作予算を複数の広告制作に分散させて、PDCAを回す。これによって最良のCMにたどり着くことができる。

Panasonicのウェブサイトや店頭で流れる予定のリフレシリーズのCMは、消費者調査の分析から行ったプロジェクト。忙しく時間がない女性を対象に、「ながらリフレッシュ」のマッサージを提案している。プロジェクトには87件のアイディアが集まり、その中から5件を採用。絵コンテのコンテストで14件の応募が集まり、最終的に2つが映像化された。この全てのプロセスが、わずか2ヶ月という期間で行われた。

「コンテストのビジネスをやるので、ロゴ、会社名、名刺もクラウドソーシングを使って募集しました。100案以上集まると、その中にキラリと光るものがあるという感覚値があります。その中の1〜3本は、大手の広告代理店の方が提案してくるようなレベルです。RedRockでも、まずは広くアイディアを集めるところから仕組み化しています」

ファウンディングチームは、マーケティング出身者

虎ノ門のオフィスは、同社に出資するフラッシュバックジャパンのオフィスを間借りしている。創業27年のフラッシュバックジャパンは、ニッチ向けの映像制作ソフトのプラグインの販売も手掛ける。その既存の4万人のクリエイターというネットワークにリーチすることで、RedRockには実力のあるクリエイターが集まっている。

動画は、今最も注目される分野の一つ。低予算で動画を制作するようなサービスは出回っているが、クラウドの集合知を活用しながら、戦略コンサルを強みとするサービスは新しいかもしれない。RedRockの今後について、桐原さんはこう話す。

「サービスへの信頼を寄せてくださるクライアントが増えているので、引き続き、丁寧に一本一本の動画CMを作っていきたいです。まず目指すは、動画広告としての実績件数を年内に20本まで増やすことです」

代表の桐原さんと、田中さん共にマーケティング出身者。マーケテイング出身者がファウンディングチームというのは、日本ではあまり聞かない。まだリリースから半年足らず。彼らがどんな風にサービスの駒を進めていくのか、まずは見守りたい。

----------[AD]----------