THE BRIDGE

タグ pandora

自動車向け衛星ラジオのSiriusXM、35億米ドル相当の全額株式交換により音楽ストリーミングのPandoraを買収ヘ

SHARE:

自動車向け衛星ラジオ企業 SiriusXM は、36億米ドル相当の全額株式交換によって Pandora を買収する計画を発表した。 SiriusXM が4億8,000万米ドルでPandoraの株式15%を取得してから1年と少しが経過した頃に今回の買収が持ち上がってきたが、その当時は SiriusXM が Pandora を完全に買収するという噂があった。 Pandoraはこれまで、基本的には各ユー…

Pandora-Premium
Pandora Premium
Image Credit: Paul Sawers / VentureBeat

自動車向け衛星ラジオ企業 SiriusXM は、36億米ドル相当の全額株式交換によって Pandora を買収する計画を発表した

SiriusXM が4億8,000万米ドルでPandoraの株式15%を取得してから1年と少しが経過した頃に今回の買収が持ち上がってきたが、その当時は SiriusXM が Pandora を完全に買収するという噂があった。

Pandoraはこれまで、基本的には各ユーザごとにカスタマイズされたステーションを提供する、インターネットラジオプラットフォームとしてビジネスの大半を行ってきた。しかし昨年、アメリカで Spotify や Apple Music に対抗すべく、オンデマンドのプレミアムサービスをローンチした。これによって短期間で自宅とモバイルの音楽ストリーミングサービスに進出できることから、SiriusXM が Pandora 買収に動き始めたものと思われる。最近 Adswizz を1億4,500万米ドルで買収したことからも、Pandora がオーディオ向けのアドテクノロジー企業になるべく動き出していることがわかる。SiriusXM にとっては、プログラム化された「セルフサービス型」の広告購入モデルが主なセールスポイントとして映ったようである。

SiriusXM CEO の Jim Meyer 氏は次のように語った。

多くのユーザを惹き付ける、人気のサービスを提供してきた Pandora とそのチームに対しては、長年尊敬の念を抱いていました。Pandora の戦略の進め方や実行力の高さにも感銘を受けていました。

Pandora と SiriusXM が互いのビジネスを補完し合うことで、両社の株主に新しい価値を提供する大きなチャンスが生まれると信じています。アメリカ最大級の広告付きラジオサービスを持つ Pandora を加えることで、SiriusXM の収益源が多様化し、当社の技術面も強化されます。また、今回の買収によって、カーオーディオ以外の分野への進出をさらに推し進めることができるようになります。

現金を伴わない全額株式交換による買収が物語っているのは、Pandora 株が現在9米ドル付近で取引されており、2011年の IPO 時の価格である16米ドルを大きく下回っているということである。今回の買収には Pandora 株主の承認が必要となるが、注目すべき点は、興味を示す別の企業からの提案を Pandora が引き続き求めていることである。ゴーショップ条項(編注:買収における対象企業が、別の、より有利なオファーを求めるための時間的な猶予を与えられる条項)によって、Pandora は買収が決まるまでの間、他の買主を探すことができる。これによって SiriusXM は一番初めに目安となる買値を提示した企業という立場に置かれることになる。

SiriusXM によると、同社が買収することになれば、Pandoraのブランドと製品は今後も使われ続けるとのことである。

Pandora CEO の Roger Lynch 氏は次のように語っている。

SiriusXM のコンテンツ、カーオーディオ分野における立ち位置、優れたサブスクリプション製品、さらにアメリカ最大級のオーディオストリーミングサービスという強力な組み合わせによって、世界最大級のオーディオエンターテイメント企業が生まれることになります。

今回の取引によって株主に大きな恩恵がもたらされるだけでなく、SiriusXM の強力なブランド力、金融資産、結果を伴った実績によって会社の成長にも参加してもらうことができるようになります。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

音楽ストリーミングサービスの先駆けPandora、チケッティングサービスのTicketflyを買収

SHARE:

<ピックアップ>Pandora gets into concert ticket sales with Ticketfly acquisition 音楽体験を途切れなく提供するための動きが次第にでてきそうです。音楽ストリーミングサービスのPandoraが、音楽系コンサートのチケッティングサービスを行っているTicketflyを4億5000万ドルで買収したと発表しました。 Ticketf…

Pandora-Thumb-Ticketfly

<ピックアップ>Pandora gets into concert ticket sales with Ticketfly acquisition

音楽体験を途切れなく提供するための動きが次第にでてきそうです。音楽ストリーミングサービスのPandoraが、音楽系コンサートのチケッティングサービスを行っているTicketflyを4億5000万ドルで買収したと発表しました。

Ticketflyは、大型のライブコンサートのチケットではなく、ライブハウスなどより小規模なライブチケットに特化したサービス。Pandoraといえば、音楽系ストリーミングサービスの先駆けで、iPhoneが誕生したすぐに登場し、現在では8000万人以上ものユーザに使われています。基本的には広告があるが無料で音楽が聴ける有料版と、月額4ドルで広告無しのサブスクリプションモデルを採用しています。

今回の大型買収についてPandoraのブログでも公表されていますが、買収を通じて音楽配信とチケッティングの両方を握る先には、新しい音楽を発見することができる次の時代に向けた音楽プラットフォームを築こうとしているようです。配信を通じたパブリッシングと、ライブハウスなどのコンサートチケットサービスを提供することでリアルな音楽体験の提供、マーケティングなどによるさまざまな展開が考えられます。近年では、フェスやライブハウスなどリアルな音楽体験を求める人たちも多い傾向があることからも、O2Oと呼べるような経路が確立できそうです。

日本でも、音楽系ストリーミングサービスがでてきていますが、デジタル上での配信だけでなく、いかにリアルな場へリーチできるかも鍵となりそうです。

via TNW

----------[AD]----------

米国で最もよく使われているスマートフォンアプリトップ10【ピックアップ】

SHARE:

Image by Statista 【ピックアップ】は世界のテク系スタートアップの資金調達やトレンド記事を概要と共にお届けします The 10 Most Popular Smartphone Apps in the U.S. [CHART] こちらはリサーチサービスのStatistaが作成した米国での2013年、月間ユーザー数をベースにしたスマートフォンアプリのランキングです。 ネットラジオのPa…

Statista-Infographic_2082_top-smartphone-apps-2013-

Image by Statista

【ピックアップ】は世界のテク系スタートアップの資金調達やトレンド記事を概要と共にお届けします

The 10 Most Popular Smartphone Apps in the U.S. [CHART]

こちらはリサーチサービスのStatistaが作成した米国での2013年、月間ユーザー数をベースにしたスマートフォンアプリのランキングです。

ネットラジオのPandoraが善戦しておりますが、ほぼGoogle。そしてそのトップに君臨するのがfacebookという状況のようです。そして意外や意外、10位にApple Mapが入っているではないですか。米国ではそこまで嫌悪されていないのかもしれませんね。

Google翻訳でざっくり読む

via Mashable

----------[AD]----------

外国人投資家に朗報、WTO訴訟受けて中国インターネット音楽サービス開放へ

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 外国人投資家に朗報。WTO訴訟受けて、中国インターネット音楽サービス解放へ。 この記事は、執T.K.Chang Ivy 法律事務所グループ弁護士によって書かれたものだ。中国におけるオンライン音楽サービスの立ち上げ準備をする中米国企業に対し助言している。] 米国が、中国を相手取って世界貿易機関 (WTO) に訴訟した件で勝訴した。その直接的な結果として、中国イ…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

外国人投資家に朗報。WTO訴訟受けて、中国インターネット音楽サービス解放へ。
この記事は、執T.K.Chang Ivy 法律事務所グループ弁護士によって書かれたものだ。中国におけるオンライン音楽サービスの立ち上げ準備をする中米国企業に対し助言している。]

米国が、中国を相手取って世界貿易機関 (WTO) に訴訟した件で勝訴した。その直接的な結果として、中国インターネット音楽サービスが初めて海外投資家向けに解放される。元旦直前に発行された外国企業投資産業指導目録の新版において、インターネット音楽サービスは海外の投資家に解放されることとなる。これまでこの分野は海外からの投資が禁じられていた。

米国政府(言い換えれば、米国主要メディア企業)は何年もの間、CDやDVD、オンライン・ミュージックといった中国の音楽市場が開かれるよう試みてきた。2007年、米国は中国がWTOへの公約を破り米国メディア企業を差別しているとして中国を非難、WTOにて訴訟を起こした。

訴訟は、2010年1月までWTO官僚組織内をの中をぐるぐる周り、中国が抗議の全てを尽くして敗北を認めた後、WTOは米国に有利となるよう裁決した。

WTOの決定を14ヶ月以内に実行することを義務づけられ、その締め切りが迫っていることもあり中国は外国企業投資目録の新版(2007年の旧版から刷新)を発行した。これによって、外国企業は中国のインターネット音楽サービスへの投資が許可される。

これで少なくとも理論上は、海外の音楽企業がTudou(土豆网) や Dangdang(当当网) などの海外上場している主要中国インターネット企業のほぼ全社が採用するVIE(協議控制)企業構造に合わせなくてもよくなる。Pandora が中国支社のCEO(最高経営責任者)をヘッドハンティングしているのは、法改正を見越してのことだ。外国企業投資目録新版は2012年1月30日発効となる。

【via Technode】 @technodechina

----------[AD]----------