BRIDGE

タグ Panomovie

YouTubeの360度全天球版――カディンチェがパノラマ動画共有サービス「Pano Plaza Movie」をローンチ

SHARE:

東京のスタートアップであるカディンチェは今日、360度全天球パノラマ動画共有サービス「Pano Plaza Movie」をローンチした。ユーザは撮影したパノラマ動画ファイルをアップロードすることで、動画をマウスや タブレット画面などでのタッチ操作で回転させられるようになり、ソーシャルネットワーク上で共有することも 可能だ。アップロードしたパノラマファイルを公開していれば、Pano Plaza Mo…

panoplaza_screenshot

東京のスタートアップであるカディンチェは今日、360度全天球パノラマ動画共有サービス「Pano Plaza Movie」をローンチした。ユーザは撮影したパノラマ動画ファイルをアップロードすることで、動画をマウスや タブレット画面などでのタッチ操作で回転させられるようになり、ソーシャルネットワーク上で共有することも 可能だ。アップロードしたパノラマファイルを公開していれば、Pano Plaza Movie のポータルページの一覧に も紹介される。

これまで、従来の動画共有サービスでは、パノラマ動画を回転させて表示できなかったり、ホスティングする上 でも容量制限があった。Pano Plaza Movie はこれらの問題を解決しようとする試みだ。

カディンチェはこれまでにも、Stores.jp と提携して実在店舗のバーチャルストア化や、GoPro 6台でパノラマ動画が作成できるビデオソリューション「PanoMovie」など全天球の静止画や動画のサービスを多数リリースしてきた。パノラマ動画を簡単に撮影するには、リコーの THETA m15 などが利用できるが、世界各国で自撮り棒(selfie stick)が流行っている現状を考えると、早かれ遅かれ、スマートフォンにパノラマ動画撮影の機能が搭載されるのは時間の問題だろう。

<関連記事>

現時点で Pano Plaza Movie のマネタイゼーション・モデルはまだ見えないが、パノラマ動画撮影が一般化してくれば、この分野の YouTube 的存在になることも可能だろう。コンテンツの量がまだ少ないことは否めないが、読者におかれても、テレビなどでは体験できない臨場感を楽しんでもらいたい。

カディンチェが、GoPro6台でパノラマビデオが作れる「Panomovie」を提供開始

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから。 Panoplaza の開発元、東京を拠点とするカディンチェを前回訪問したとき、6つの GoPro カメラがマウントされた360度録画ツールを見せてくれた(下写真の左)。最近、同社はこのビデオソリューションを正式に「Panomovie」として発表した。現在、同社の顧客に Panoplaza で提供されている静止画のソリ…

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

Panoplaza の開発元、東京を拠点とするカディンチェを前回訪問したとき、6つの GoPro カメラがマウントされた360度録画ツールを見せてくれた(下写真の左)。最近、同社はこのビデオソリューションを正式に「Panomovie」として発表した。現在、同社の顧客に Panoplaza で提供されている静止画のソリューションに加え、追加オプションとして提供される。

このソリューションを使って、固定視点または移動視点(後者の方がもちろん面白い)から6方向のビデオを撮影できる。さらに同社のつなぎ合わせソフト(または市販ソフトでも構わない)を使って、6つのカメラの映像からパノラマビデオを作れるのだ。上記のビデオで、いくつかの事例が確認できるだろう。

このビデオは PC、スマートフォン、それに Oculus Rift などのヘッドマウンド・ディスプレイなど、さまざまなデバイスで見ることができ、簡単に見る方向を制御することが可能だ。

さて、このような技術を使って、実現しうるアプリケーションは何だろうか。想定顧客として、カディンチェはアミューズメント施設、観光スポット、不動産、小売業、コンサート、スポーツなどを挙げている。

カディンチェの CEO 青木崇行氏に、パノラマビデオを制御するコントローラとして、Leap Motion と連携する計画があるかどうかを尋ねた。彼は Leap Motion は既にテストしており、その種のジェスチャー・インタフェースでメリットを享受できる顧客を探しているところだと述べた。

panoplaza-01-620x360