THE BRIDGE

タグ Papelook

世界で1300万ダウンロードを誇る画像コラージュアプリ「papelook」が1.2億円を資金調達し、次に目指す領域とは

SHARE:

写真をフリーハンドでなぞって切り抜き、スクラップブックを作成できる写真編集サービス「papelook」を提供するパペルックは、先月ジャフコを割当先とする1.2億円の第三者割当増資を実施した。「papelook」は現在、ダウンロード数が1300万を突破している。 資金調達を実施し、今後の「papelook」の方向性について、パペルック代表の小澤一郎氏に話を伺ってきた。 世界で1300万ダウンロードを…

パペルック代表取締役CEO 小澤 一郎
パペルック代表取締役CEO 小澤 一郎氏

写真をフリーハンドでなぞって切り抜き、スクラップブックを作成できる写真編集サービス「papelook」を提供するパペルックは、先月ジャフコを割当先とする1.2億円の第三者割当増資を実施した。「papelook」は現在、ダウンロード数が1300万を突破している。

papelook

資金調達を実施し、今後の「papelook」の方向性について、パペルック代表の小澤一郎氏に話を伺ってきた。

世界で1300万ダウンロードを越えるユーザたち

papelook map

「papelook」は2011年にiOSアプリをリリース、2013年3月にAndroid版アプリをリリースし、2014年に入って1000万ダウンロードを突破した。現在では、世界で1300万ダウンロードを超えている。

小澤氏「papelookのユーザは女性が96%となっています。これまでアプリの利用にユーザ登録などは必要なかったため、ユーザ属性が詳しくわかっていなかったのですが、アンケートを実施したことにより、ユーザ全体の中ではママ層が36%を占めていることがわかりました。現在では、スタンプのトーンもママ層向けのものを増やしています。」

世界でのサービス展開

日本でのダウンロード数は約660万ダウンロード。現状、日本ではダウンロード数を伸ばしていくのではなく、アクティブユーザ数を増やしていくことに注力するという。

小澤氏「海外でダウンロード数が多いのは、北米、タイ、韓国など。ダウンロード数は海外で増やしていきたいと考えています。特に、中国マーケットをターゲットにしていきます。」

海外で展開していく上で、言語のローカライズはもちろん、スタンプなどアプリ内で提供されるコンテンツのローカライズも図る。

小澤氏『現状は言語のローカライズが中心です。今後は、スタンプ等の海外対応もしていきたいと考えています。海外ユーザに受け入れられるスタンプデザインは、日本のデザイナーには難しい。そのため、世界各地のデザイナーにスタンプを制作してもらえるようにしていきます。

今考えているのは、世界中のデザイナーをまとめ、作品を販売できるようにするサービスです。ここでデジタルサービス向けに制作したスタンプの販売ができる他、実際の商品も販売していきたいと考えています。」

デジタルとアナログの境目をなくしていく

e105da_84bdcb0886fa49d89a9642f9b59b9fd7.jpg_srz_p_600_398_75_22_0.50_1.20_0

Evernoteは、同サービスのユーザ向けに「Evernote Market」という枠を作り、プロダクトを販売している。パペルックも、ブランド価値を高め、ユーザコミュニティを構築し、アナログにおけるサービス展開も視野に入れている。

小澤氏「今後、「papelook」ではプリントサービスを始める予定です。ユーザがコラージュで作ったものを全国のコンビニのコピー機でプリント可能にするというもの。現時点では、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、サンクスでの利用が可能になることが决定しており、セブンイレブンが一番最初にスタートします。今年の年末には年賀状もプリントできるようになる予定です。」

こうしたプリントサービス以外にも、先述のスタンプデザインを活用した雑貨やアパレル商品開発を実施していく予定だという。

小澤氏「「papelook」を単なるアプリとしてではなく、ママユーザー向けにクールな商品を提供するなど、もう少し広く見てもらえるように取り組んでいきます。最近では、ユーザヒアリングも兼ねて、ママ向けのコラージュイベントの開催もしています。」

パペルックはイベントの開催や商品企画など、サービスのブランド価値を高め、コミュニティを作り、デジタルではない領域へ活動を広げていく。

papelook

マネタイズへの動き

「papelook」は、編集した画像を保存した後、全画面広告(ミギの画像)を表示できる。

小澤氏「papelook」で表示される広告は、ユーザがコラージュの中に使ったスタンプによって出し分けが可能となっています。そのため、「自社の広告スタンプを使ったユーザーのみに表示する」「ママ向けのスタンプを使っているユーザーに広告を表示する」等、ターゲットを絞って表示することが可能です。」

画像を編集し、保存した後であるため、広告が表示されてもユーザの行動を遮らずに広告を表示することができるという。

こうした広告の営業や先述の商品企画に力を入れていく方針で、今回の調達資金は開発面だけではなく営業面の強化にもあてていく予定だそうだ。

2011年からサービスを提供し、プロダクトの価値を高め、ユーザを獲得してきたパペルックは、資金を調達し、マネタイズに向けて動き出した。

----------[AD]----------

フォトコラージュ・アプリのPapelookが1000万ダウンロードを突破、Android版はアジアの女子の間でも大人気

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから。 以前、日本のフォトコラージュ・アプリ Papelook を取り上げたのは、しばらく前のことだ。最近、(KDDIの提言により)Papelook が Aquos Pad にプリインストールされるようになるとの発表を聞いて、同社の動向に注目してみることにした。 興味深いことに、au/KDDI は Aquos Pad の商品…

papelook-620x302

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

以前、日本のフォトコラージュ・アプリ Papelook を取り上げたのは、しばらく前のことだ。最近、(KDDIの提言により)Papelook が Aquos Pad にプリインストールされるようになるとの発表を聞いて、同社の動向に注目してみることにした。

興味深いことに、au/KDDI は Aquos Pad の商品紹介ページやプロモーション・ビデオ(約18秒のあたり)で、Papelook を重点的に紹介している。我々が取り上げるまでもなく、Papelook の若い女性の間での人気は軽視できない。

日本で女性達がこのコラージュアプリを愛する一方、Papelook の Android 版はアジアでもその数字を伸ばしているようだ。事実、Papelook はこの1月時点で、合計1000万件以上ダウンロードされたと同社は発表している。このカテゴリには、日本のユニークなカワイイを武器に、女性の間で国際的なヒット作となっている Cocoppa もいる。

日本では、モバイル企業が商品を販売する際、ターゲットとする消費者層(若い女性シニア子供など)にあわせて特別な販売戦略を取ることが多い。したがって、Papelook のようなアプリが、今回のようなプリインストールという戦略を取れたことは非常に興味深い。事実、日本には、このような使い方ができるキュートなモバイルアプリがあふれている

同社の関係者によれば、同社は他のフォトアプリの開発にも着手する一方、Papelook で今年、若い母親を取り込もうと考えている。

Papelook がどのように機能するかについては、ここにあるビデオでチェックできる。Papelook は極めてよい出来映えで、このビデオが作られた後にも改良が施されているので、読者におかれても実際に試してみることをお勧めする。

photo-620x429

----------[AD]----------

PathがAPI連携を開始ーー日本からはpapelook、Otaku Camera、Miilが連携アプリに選ばれる

SHARE:

インドネシアなどの国でも人気を博している米発のクローズドSNSのPathが、米国時間の2013年8月12日に、サードパーティー製スマートフォンアプリとのAPI連携を発表した。 世界中のスマートフォンアプリの中からAPI連携先として選ばれたのは、Nikeの提供するNike+ Runningや、WordPressといったサービスに加えて、いくつかの写真・映像アプリが選ばれている。 その中に、日本のアプ…

path-photo

インドネシアなどの国でも人気を博している米発のクローズドSNSのPathが、米国時間の2013年8月12日に、サードパーティー製スマートフォンアプリとのAPI連携を発表した

世界中のスマートフォンアプリの中からAPI連携先として選ばれたのは、Nikeの提供するNike+ Runningや、WordPressといったサービスに加えて、いくつかの写真・映像アプリが選ばれている。

その中に、日本のアプリからパペルック株式会社の「papelook(パペルック)」 とTokyo Otaku Modeの「Otaku Camera」、株式会社FrogAppsの「Miil(ミイル)」などが選ばれている。Pathに投資しているDGインキュベーションは、パペルック、Tokyo Otaku Modeに投資している。

今回のAPI連携により、papelookとOtaku Camera、Miil等で作成した写真や画像データを、Pathに直接投稿できるようになった。この結果、従来のソーシャルネットワークに投稿し、幅広く共有するスタイルとは別に、親しい友人や家族など身近な人たちにだけ共有するというクローズドなスタイルでの投稿が、それぞれのアプリからも行うことが可能となった。

これまで、Pathに写真を投稿するためには、Path内で写真を撮影して投稿するか、外部アプリで撮影した写真をPathを立ち上げて投稿する必要があった。API連携により、外部アプリから直接投稿ができるようになったことにより、こうしたわずらわしさが少し解消され、ユーザーのPath内でのアクティビティが増えるかもしれない。

----------[AD]----------

iPhone女子の2人に1人が持つ写真加工アプリ、600万ダウンロードを超える「Papelook」にデジタルガレージが出資

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから。 過去数ヶ月ほど、日本の写真アプリと海外でも通じるカワイイ文化の進化という2つの日本のモバイルトレンドを追っていた。人気のコラージュアプリ Papelook は、この2つのトレンドの間にいる、これは日本の外においてさえも大きなポテンシャルを秘めている。 先日、デジタルガレージは、Papelook に出資したことを発表し…

papelook-620x302

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

過去数ヶ月ほど、日本の写真アプリと海外でも通じるカワイイ文化の進化という2つの日本のモバイルトレンドを追っていた。人気のコラージュアプリ Papelook は、この2つのトレンドの間にいる、これは日本の外においてさえも大きなポテンシャルを秘めている。

先日、デジタルガレージは、Papelook に出資したことを発表した。金額は明らかになっていないが、デジタルガレージは同スタートアップの株式5%を取得している。

この発表は、Papelook が600万ダウンロード(下のチャートを見てほしい)を超えたことも述べている。日本のiPhoneユーザでもある10代の女子の間で人気となっており、10代女子でiPhoneユーザの2人に1人は同アプリをダウンロードしていることになる。

papelook-growth-620x383

同アプリは、海外の市場でも人気があることが証明されている。最近では、韓国、インドネシア、ニュージーランド、オーストラリアにおけるiOSの写真アプリランキングにおいて、トップ25に入っている。Androidにおいては、韓国、ベトナム、台湾で好調な成績を収めている。

Papelookは、オープンネットワークラボ出身のスタートアップだ。5月に開催された同アクセラレーターのデモデイで、優勝したことを覚えている読者の人もいるかもしれない。オープンネットワークラボの親会社がデジタルガレージだ。

Papelookをよく知らない人は、以下のデモビデオをチェックしてみてほしい。

----------[AD]----------