BRIDGE

タグ paperboy&co

元paperboy&co.取締役の吉田健吾氏、退任後の去就が明らかに

SHARE:

<ピックアップ> 個人名刺のスポンサードについてのお知らせ 家入一真氏と愉快な仲間たちが立上げた伝説のスタートアップといえばpaperboy&co.(現GMOペパボ)ですが、長らく取締役を務めていた吉田健吾氏と進浩人氏が2014年3月21日の株主総会にて退任し、その後の去就がごく一部界隈で話題になっておりました。 先に分かったのは吉田氏(通称けんごちさん)で、自身のブログにGM…

252057_10150258763101320_3000914_n

<ピックアップ> 個人名刺のスポンサードについてのお知らせ

家入一真氏と愉快な仲間たちが立上げた伝説のスタートアップといえばpaperboy&co.(現GMOペパボ)ですが、長らく取締役を務めていた吉田健吾氏と進浩人氏が2014年3月21日の株主総会にて退任し、その後の去就がごく一部界隈で話題になっておりました。

先に分かったのは吉田氏(通称けんごちさん)で、自身のブログにGMOVenturePartners(GMO-VP)からスポンサードを受けて活動を再開するという発表をしております。

吉田氏がpaperboy&co.に入社したのは2004年。会社が株式会社化して東京に移転した頃で、長らく家入体制の元で経営陣を務めた後、2012年には自身もプロデュースに携わった「ブクログ」の代表取締役にも就任していました。

paperboy&co.から輩出された起業家といえば、創業者の家入氏を筆頭に「モバツイ」を世に送り出した想創社の「えふしんさん」こと藤川真一氏、独特のクリエイティブで独自の世界を持つバーグハンバーグバーグのシモダテツヤ氏などがおり、家入氏の出資先であるBASEやハイパーインターネッツ(CAMPFIREを運営)まで含めると実はかなり大きな勢力に成長しています。

吉田氏がこの「ペパボマフィア」になるかどうかは別として、興味深いのはGMO-VPの活動を手伝うという点です。

これに先だってEast Venturesのフェローに就任している大柴貴紀氏(元サムライファクトリー取締役)同様、長らく企業経営に携わった人材がベンチャー・ビジネスの輪の中に入ってくることは、その経験を多くのスタートアップ経営に役立てるという点で大きな可能性を感じます。(ちなみにこの二人は同じく影響力の強い経営者の下で経営を支えていたという共通点があります)

以前、この話を吉田氏に聞いた時はまだ方向性は曖昧なままではありましたが、どうやらブログにも書かれているような情報交換イベントから開始するようです。また詳しい動きが分かったら寄稿でもしていただこうと思います。

----------[AD]----------

シンガポールのDropMySiteがpaperboy&co.と提携、ロリポップ!にバックアップ・ソリューションを追加

SHARE:

シンガポールのスタートアップ DropMySite は、GMOインターネットグループの paperboy&co. と提携し、paperboy&co. の「ロリポップ!レンタルサーバ(以下、ロリポップ!)」に DropMySite のバックアップソリューションをホワイトラベルで提供すると発表した。「ロリポップ!」のユーザは、ホスティングしているウェブサイト/データベースのバックアップ…

lolipop_and_dropmysite_logosシンガポールのスタートアップ DropMySite は、GMOインターネットグループの paperboy&co. と提携し、paperboy&co. の「ロリポップ!レンタルサーバ(以下、ロリポップ!)」に DropMySite のバックアップソリューションをホワイトラベルで提供すると発表した。「ロリポップ!」のユーザは、ホスティングしているウェブサイト/データベースのバックアップを容易に行えるようになる。

DropMySite にとって、今回の提携は、1月の GMO Cloud に次いで二社目の日本企業との提携だ。同社の今後の展開について、来日していた DropMySite の CEO Charif El-Ansari に話を聞くことができた。Charif 氏はGoogle の東南アジア地域ビジネス開発の長を務めていた人物で、前任の John Fearon(関連記事:John Fearon による寄稿)に代わって、10月末に DropMySite の CEO に着任したばかりだ。

paperboy & DropMySite
(左から)paperboy&co. CEO 佐藤健太郎氏、DropMySite CEO Charif El-Ansari 氏

今回はCEO就任と事業提携おめでとうございます。ところで、なぜ、このタイミングで CEO が変わったのですか。

Charif:

John は DropMySite を含む複数の企業をポートフォリオに持つ Gilcrux Holdings に移籍しました。彼はゼロから事業を作り上げていったり、投資を集めて来たりするのが得意です。DropMySite のビジネスをさらに拡大させる現在のフェーズにおいては、私が適任ということになりました。彼は今後も、戦略コンサルタントとして DropMySite のビジネスに関与し続けます。彼と私の持つスキルは補完関係にあるので、このような体制を取ることになりました。

GMO インターネットほどの企業であれば、バックアップ・ソリューションは自社開発もできると思うのですが。

Charif:

我々はすでにこの分野で知見を積み重ねているので、一から社内で開発を始めるよりも、ホワイトラベルで弊社のサービスの供給を受けた方がいいという判断だと思います。

以前、シンガポールの DropMySite 本社を訪問したとき、John が E-mail Insights という開発中のサービスを見せてくれたことがあります。このサービスは順調ですか。

Charif:

email-insights
E-mail Insights

はい。E-mail Insights はメール・バックアップの機能をエンハンスして、社員のメールのやりとりを分析できるソリューションです。これは BYOD(bring your own device)などで、社員が自分の端末で仕事をやる時代が到来したとき、非常に便利な機能だと思います。

E-mail Insights は CRM のソリューションとして機能し、例えば、社内のある営業担当者が退職しても、次の日から別の営業担当者が顧客とのやりとりをスムーズに引き継げるようにします。バックアップサービスや E-mail Insights などが、ちょうど Google Plus のように、最終的には企業の業務をサポートするという一つの目的に帰結すると考えています。

他に何か新しいサービスは開発中ですか?

Charif:

DropByMobile というサービスを作っています。Android 用のアルファ版が完成しており、12月の中頃には、 サービスをリリースできるでしょう。このサービスを使えば、スマートフォン上の発着信履歴、連絡先、SMS、メディア(写真・動画・音声)、カレンダー、アプリ、アプリデータがクラウド上にバックアップされます。機種変更時のデータ移行などにも便利かもしれませんね。

DropMyMobile では、DropMyEmail や DropMySite と違って、ホスティング会社と提携してユーザを拡大するというより、むしろ、モバイルキャリアなどが潜在的な提携先と言えるかもしれません。


DropMySite のシステムはシンガポールで開発されているが、paperboy&co. の開発陣がいる東京や福岡とも密接に連絡を取り合い、共同歩調でシステム連携を進めてきたとのことだ。DropMySite にとっては、GMO インターネットグループのような多くのユーザを抱えるパートナーをもつことで、次なる展開に向け、技術面運用面でのノウハウが蓄積されることになる。日本のインターネット企業が、東南アジアのスタートアップを育てる好例かもしれない。

----------[AD]----------