BRIDGE

タグ Paraft

まず3ヶ月の業務委託で能力と互いの相性を確認できる転職サービス「TRYOUT」がリリース

SHARE:

人材の適切なマッチングは難しい。どれだけ個人と会社が合っているかは、働き始めないとわからないからだ。「この会社は自分に合っている」実際に働いてみて、そう感じ取ることができたら、その人はきっとその会社に就職することだろう。 これはフリーランスであっても同様だ。数年フリーランスを続けると、フリーランスを継続するか、どこかの企業に就職するかを考えることが多い。だが、フリーランスから正社員への転身は、どう…

tryout top

人材の適切なマッチングは難しい。どれだけ個人と会社が合っているかは、働き始めないとわからないからだ。「この会社は自分に合っている」実際に働いてみて、そう感じ取ることができたら、その人はきっとその会社に就職することだろう。

これはフリーランスであっても同様だ。数年フリーランスを続けると、フリーランスを継続するか、どこかの企業に就職するかを考えることが多い。だが、フリーランスから正社員への転身は、どうしても慎重になる。

tryout logo

両者ともに慎重にならざるをえないこうした状況に対するソリューションとして生み出されたのが、人材紹介サービス「TRYOUT(トライアウト)」だ。その名の通り、スポーツ団体への加入を希望する選手が関係者の前で能力をアピールし、契約を目指すように就職の前に自分の能力を示すことができる。

「TRYOUT」は、初めの3ヶ月間を業務委託契約とし、実務を通して求職者の適性と会社との相性を見極めた後、双方合意の下で正社員としての転職を決定できるというサービスだ。

同サービスでは、実際のプロジェクト等を通じてスキルをアピール可能なため、入社決定の際には専門コンサルタントのフォローを受けながら、条件交渉を行うこともできる。適正な評価のもと、働くことができる。

tryout map

対象となるのは、デザイナーやエンジニア、マーケターなどスキルを持った人々。求職者はサイト登録後、コンサルタントがヒアリングを行い、求職者の希望にマッチする候補企業を推薦する。その後、企業との面談を行いトライアル期間を開始。

「TRYOUT」は、企業側は業務委託のマッチング費で30万円、採用したら追加で70万円を支払う。求職者は無料で利用でき、仮に入社に至らなかった場合も、トライアウト期間はフリーランスとしての勤務期間となるため、キャリアに傷がつくこともない。

「TRYOUT」を運営するパラフトは、これまでにも新たな働き方を目指す企業が掲載される転職・求人メディア「Paraft」を運営してきた。

中川氏「独立や起業といった挑戦も重要ですが、会社で働いている方の中には、事情があって独立できないという方もいます。正社員雇用という仕組みの中でも、よりチャレンジができるようにするということが重要だと考えるようになりました」

と、パラフト代表取締役の中川亮氏は語る。「転職となるとマス向けになるので、多くの人に興味を持ってもらえるのではないでしょうか」と、「TRYOUT」への期待を語ってくれた。

中川氏「初年度の目標は300名ほど。「Paraft」の状況を見て、この数字なら実現できると思いましたし、何よりまずはマッチングの精度を大事にしたい。まずは精度高く、確実にマッチングを増やしていきます」

パラフトは、オフィスの一部を解放して働き方の相談ができるスペースにする予定もあるという。少しずつ、働くということに対する考え方や価値観が変わり始めている現代、「TRYOUT」がどのように受け入れられるのか、興味深い。

----------[AD]----------

新しい働き方を提案する転職・求人メディア「Paraft」がβ版をローンチ、IT企業20社の人材募集を掲載開始

SHARE:

大企業にとっても、スタートアップにとっても、優秀な人材を確保するのは大変だ。求人難とされる東京のIT業界周辺においては特に大きな課題であり、企業はあの手この手を駆使して活路を見出そうとしている。彼らにとって、今日ローンチした「Paraft(パラフト)」は救世主になるのかもしれない。 東京に拠点を置くリライドは今日、転職・求人メディア「Paraft(パラフト)」のβ版をローンチした。ローンチの段階で…

paraft_featuredimage

大企業にとっても、スタートアップにとっても、優秀な人材を確保するのは大変だ。求人難とされる東京のIT業界周辺においては特に大きな課題であり、企業はあの手この手を駆使して活路を見出そうとしている。彼らにとって、今日ローンチした「Paraft(パラフト)」は救世主になるのかもしれない。

東京に拠点を置くリライドは今日、転職・求人メディア「Paraft(パラフト)」のβ版をローンチした。ローンチの段階では、THE BRIDGE の読者なら、よく見聞きする有名スタートアップなど20社の会社事情などについて、現地取材やインタビューをベースに記事を構成、「リモート勤務」「週3日の稼働」「コアタイム時間のみ出勤」など、従来の週5日8時間出勤にとらわられない働き方に特化して、転職希望者や求職者へのアプローチを狙う。

<関連記事>

リライドという社名には馴染みのない人もいるかもしれないが、渋谷駅前にあるコワーキング・スペース「Lightningspot」を運営する中川亮氏が、Paraft 運営のために新たに立ち上げた会社といえば、わかりやすいだろう。中川氏はこれまでにも、フリーランサーが仕事に対する自由度を確保しながら、企業からの業務受託を支援するウェブサービス「PROSheet(プロシート)」を立ち上げており、当初の期待を上回る成果を出せていることは、かねてから聞いていた。今回の「Paraft」は、前述した仕事に対する自由度を正社員の分野にまで持ち込もうとする、新たな挑戦だ。

ryo-nakagawa_portrait
リライド代表取締役 中川亮氏

PROSheet で面接をやっていく中で、35歳を超えたあたりから、フリーランスのままやっていくか、企業に転職するかを考える人が多いことがわかった。子供が生まれたので子供との時間を確保したいとか、特に通勤ラッシュからの解放を求める人が多かった。人生のフェーズによって仕事の優先順位は変わってくるので、それにあった働き方ができるかどうかが重要になる。

一方、企業の方も仕事をちゃんとやってくれるなら、勤務体系は問わないというところが増えてきた。働き方の条件を譲歩することで、大企業やフリーランスからスタートアップなどへの人材の流動が増えている。(中川氏)

Paraft では、当面は KPI などは設定せず、検証を繰り返しながらサービスをブラッシュアップしていくそうだ。まずは現在、情報を掲載している20社を手始めにユーザの反応を確認し、5月には正式版を立ち上げ、9月を目処にIT業界のみならず全業態へと拡大を図る。

paraft_clients
Paraft に情報掲載を開始したIT企業やスタートアップ(一部)。

Paraft は、企業から広告を出稿してもらうというビジネスモデル。もちろん、企業が人材募集をダイレクトに掲載する方法もあるのだが、すでに募集が終わっている掲載が残っているケースが多いように思う。そこで、広告のように掲載期間が定まっているものの方がいいのではないか、と仮説を立てた。

人材紹介などでありがちなのは、求職者の職務経歴書をブラッシュアップし、本人に無理させてしまうケース。PROSheet ではユーザに質問をする内容を工夫していて、それは Paraft にも生かされている。

自由な働き方を応援してくれるメディアやブロガーなどが Paraft を紹介してくれる予定で、自然流入が期待できる。5月時点での稼働クライアント数50社、サイト登録ユーザ数2,500名を目指したい。(リライド COO 山田勝氏)

仕事ができる人には、いろいろなところからお声がかかる。労働者人口が減っていくこの国では、その傾向はより顕著になっていくだろう。

企業においては、業務責任を負うという観点から正社員の起用が求められる一方、専属の人的リソースだけではエクスパティーが求められる仕事は回しきれなくなりつつある。Paraft はその中間、いい塩梅の需要をうまく突いているかもしれない。

paraft_sample
Paraft に掲載されたBracketの事例。
(記載内容はサンプルであり、実際の募集内容とは異なる場合があります)
----------[AD]----------

リモートワーク、副業OKなど、新たな働き方を目指す企業が掲載される転職・求人メディア「Paraft(パラフト)」の事前エントリーがスタート

SHARE:

”働き方”はほとんどの人が関心を持つテーマだ。リンダ・グラットン氏が未来の働き方を描いた「WORK SHIFT」はベストセラーとなり、702もの職種が10年後消えると紹介した、英オックスフォード大学のマイケル・A・オズボーン准教授が著した『雇用の未来—コンピューター化によって仕事は失われるのか』という論文は世界中で話題となった。 多くの人が近い未来の働き方に関心を持つ中、リライドからリリースされた…

paraft

”働き方”はほとんどの人が関心を持つテーマだ。リンダ・グラットン氏が未来の働き方を描いた「WORK SHIFT」はベストセラーとなり、702もの職種が10年後消えると紹介した、英オックスフォード大学のマイケル・A・オズボーン准教授が著した『雇用の未来—コンピューター化によって仕事は失われるのか』という論文は世界中で話題となった

多くの人が近い未来の働き方に関心を持つ中、リライドからリリースされたのが未来の「働き方」を科学する転職・求人メディア「Paraft(パラフト)」だ。

同メディアでは、正社員雇用を前提としながらも、就業者が働く場所や時間を選択できる働き方を導入している、あるいは導入を検討している企業の求人情報を掲載する。

新たな働き方の選択肢

「Paraft」では、従来の求人掲載情報に加え、これまでの求人メディアではあまり掲載されてこなかった「リモートワーク」、「早朝出勤」、「副業OK」、「大事なミーティングにだけ参加」など、新たな働き方となりうる求人情報を掲載していくという。

「Paraft」を手がけるリライドの代表は、フリーのエンジニアと成長ベンチャーをマッチングする紹介サービス「PROsheet」や、渋谷駅徒歩30秒のワークスペース「Lightning Spot」を運営するシェアゼロの代表も務める中川 亮氏。

中川氏は働き方について、もっと多くの人に改めて考えてみてほしいと考えているという。

中川氏「ITテクノロジーの進展は、私たちを少しずつではありますが時間や場所といった制約から解放しつつあります。技術の進歩によって可能なことは増え、家族との時間をより長くもつことなどに価値を置く人が増える一方で、バランスがとれた「働き方」は、どこに求めたらいいでしょうか。

我が子の成長を身近に感じたい。生まれ育った土地で生活したい。どのような生活を望むかは、人それぞれ異なります。私たちが、信じることは「より多くの選択肢を示すことこそが、あなたの豊かな人生に資する」ということです。

これまでとは違う働き方の選択肢がパラフトにはあります。みなさんの選択で、未来の「働き方」を変えてみませんか?」

「Paraft」は現在、Webページ上で求人掲載企業、求職者のメールアドレス登録を募集している。すでに10社を超える企業から掲載の要望がきており、年明けにβ版として20社前後の掲載でスタートする予定だという。

「まずは首都圏のIT人材を対象としサービス稼働。その後は、2015年内に全国主要都市へのサービス拡大を目指します」と中川氏は語る。

クラウドソーシングサービスの広がり、バックオフィスを支援するクラウドサービスに加え、様々なITツールが登場してきた。今後、こうしたテクノロジーを活用することで、働き方は今後変化していけるはずだ。「Paraft」はそんな時代の求人情報を扱うメディアを目指す。

----------[AD]----------