THE BRIDGE

タグ PeaceTecLab

Alice.style、押入れ産業と提携しトランクルームからレンタル出品できるサービスを開始——デヴィ夫人とローランド氏は、私物を記念出品

SHARE:

モノの貸し借りマッチング最適化プラットフォーム「Alice.style」を提供するピーステックラボは30日、都内でイベントを開催し、トランクルーム大手の押入れ産業と提携したことを発表した。貸し手ユーザはこのサービスを使うことにより、自宅に不要なものをまとめてトランクルームに預けておくことで、Alice.style が借り手ユーザからの重要に応じて商品を貸し出すことができる。押入れ産業は東京・中央区…

左から:ローランド氏、ピーステックラボ CEO 村本理恵子氏、デヴィ夫人
Image credit: Masaru Ikeda

モノの貸し借りマッチング最適化プラットフォーム「Alice.style」を提供するピーステックラボは30日、都内でイベントを開催し、トランクルーム大手の押入れ産業と提携したことを発表した。貸し手ユーザはこのサービスを使うことにより、自宅に不要なものをまとめてトランクルームに預けておくことで、Alice.style が借り手ユーザからの重要に応じて商品を貸し出すことができる。押入れ産業は東京・中央区にある店舗でトライアルを実施し、フィージビリティを見て全国の地方拠点への展開を検討する。

モノのやりとりに関わる UI/UX を極限まで追求している点で。「第二のメルカリ」と例えられることもある Alice.style は、徹底的に出品に必要な貸し手ユーザの手間を省く点に注力しているようだ。モノを送るだけで写真撮影からアプリでの出品までを代行するメニューや、レンタル品の紛失・破損時に費用が補償されるオリジナルの保険を東京海上日動火災保険と共同開発した。

Alice.style 専用の梱包箱「アリスボックス」
Image credit: Masaru Ikeda

2月下旬からは ASKUL LOGIST との提携で三辺合計 160㎝/重量25kg までの出品集荷を東京23区内一律600円で提供するほか、自社のアリスカーでも東京23区内一律600円で集荷するサービスを提供する。これを記念して、日本全国から送料一律500円で出品できるキャンペーンを4月末まで展開する。開封や梱包が面倒なユーザのために、リサイクル・引取が可能で簡単にレンタル品を入れられる専用の梱包箱「アリスボックス」も開発した。

東京23区内で集荷作業を担う「アリスカー」のイメージ
Image credit: Masaru Ikeda

イベントには新サービス開始を記念して、デヴィ夫人やローランド氏が登場。それぞれ、私物をレンタル出品することを明らかにした。デヴィ夫人は、自らがデザインした振袖蘭ロイヤル、バリ島のジェンガラ、シチリア島のマヨルカ焼の花瓶をそれぞれ777円でレンタル出品(募集期間は2月1日〜14日)、ローランド氏は、4月にオープン予定のホストクラブ「THE CLUB」への疑似体験招待権を777円で出品する(募集期間は2月15日〜28日)。いずれも当選者には数に限りがある。

今回出品するレンタル品を紹介するデヴィ夫人
Image credit: Masaru Ikeda

ピーステックラボは2016年6月の設立。創業者は、時事通信、専修大学経営学部教授、ネットベンチャーの先駆けと言われたガーラの会長を経て、エイベックスデジタルで動画配信サービス「BeeTV」の立ち上げに関わった村本理恵子氏だ。同社は昨年開催された StarBurst の第5回デモデイで準優勝、ネットプロテクションズ賞を獲得。また、同時期にシードラウンドでリコーリースとアスクルから3.5億円を資金調達している。

----------[AD]----------

モノの貸し借りマッチング最適化プラットフォーム「Alice.style」と、スマホで開け閉めできる受渡しIoTロッカー「SPACER」が業務提携

SHARE:

モノの貸し借りマッチング最適化プラットフォーム「Alice.style」を運営するピーステックラボと、スマホで開け閉めできる受渡し IoT ロッカー「SPACER(スペースアール)」を運営する SPACER は、両社が業務提携したことを明らかにした。 ピーステックラボは今秋 Alice.style のローンチを予定しているが、SPACER との提携により配送料や時間の調整の要らない、匿名でのレンタ…

モノの貸し借りマッチング最適化プラットフォーム「Alice.style」を運営するピーステックラボと、スマホで開け閉めできる受渡し IoT ロッカー「SPACER(スペースアール)」を運営する SPACER は、両社が業務提携したことを明らかにした。

ピーステックラボは今秋 Alice.style のローンチを予定しているが、SPACER との提携により配送料や時間の調整の要らない、匿名でのレンタル品の受け渡しが可能になるという。両社は今後共同で「旅行者の当日必要なものを Alice.style でレンタルして現地の SPACER で受け取り」や「商店街のレンタルなど地域コミュニティのマッチングを Alice.style で構築し、待ち合わせの要らない匿名受け渡しを SPACER で行う」など、地域シェアリングと近接匿名取引を展開するとしている。

両社はプロトスターが運営するシードアクセラレータ「StarBurst(スターバースト)」に参加、26日に開催された第5回デモデイでは、ピーステックラボが準優勝とネットプロテクションズ賞を、SPACER が IBM BlueHub 賞を獲得した。両社のビジネス成長におけるステージが似ていて、同じアクセラレータに所属したという良縁と、相互補完の関係が形成できるという偶然の組み合わせから、今回の業務提携に至った。

<関連記事>

via PR TIMES

----------[AD]----------

モノの貸し借りマッチング最適化プラットフォーム「Alice.style」開発のピーステックラボ、リコーリースとアスクルから3.5億円をシード調達

SHARE:

個人間および企業から個人に商品をレンタルし、独自アルゴリズムでマッチングの最適化を図るプラットフォーム「Alice.style(アリススタイル)」を開発するピーステックラボは11日、リコーリースとアスクルから3.5億円を調達したと発表した。ラウンドはシードラウンドで、創業期からの累積調達額総額は4.1億円。同社は8月にも、Alice.style のサービスを開始するとしている。 ピーステックラボは…

PeaceTechLab のウェブサイト
Image credit: PeaceTecLab

個人間および企業から個人に商品をレンタルし、独自アルゴリズムでマッチングの最適化を図るプラットフォーム「Alice.style(アリススタイル)」を開発するピーステックラボは11日、リコーリースとアスクルから3.5億円を調達したと発表した。ラウンドはシードラウンドで、創業期からの累積調達額総額は4.1億円。同社は8月にも、Alice.style のサービスを開始するとしている。

ピーステックラボは2016年6月の設立。創業者は、時事通信、専修大学経営学部教授、ネットベンチャーの先駆けと言われたガーラの会長を経て、エイベックスデジタルで動画配信サービス「BeeTV」の立ち上げに関わった村本理恵子氏だ。

Alice.style のアプリ(画面は開発中のものであり、変更される場合があります)
Image credit: PeaceTecLab

Alice.style では、SNS 上で「いいね」した商品の体験、プレミアム商品の購入前体験、毎日使わないため購入すると家の中で場所を取ってしまうなど、モノを持たなくても利用体験を生み出すよう、モノの貸し手と借り手をつなぐことができるレンタルプラットフォームだ。

今回のリコーリースおよびアスクルからの出資を受けて、ピーステックラボは両社との業務提携契約の締結を予定しており、事業の拡大や開発体制の強化、マーケティング活動への投資などで支援を受ける見込みだ。

----------[AD]----------