BRIDGE

タグ People X

「あそこで会った、あの人誰だっけ?」——名前以外の条件からFacebook友達を検索してくれるモバイルアプリ「People X」がオープンβローンチ

SHARE:

「ダンバー定数 (Dunbar’s Number)」という言葉がある。イギリスの人類学者 Robin Ian MacDonald Dunbar が編み出した定数で、人間にとって、安定した関係を維持できる個体数の認知的上限は平均150人(個人差があるが、100〜230人が限界)とするものだ。 初めて会った人々に名刺を配りまくることにも一定の価値はあるのだろうが、筆者の場合、誰かと名刺交換…

people-x_featuredimage

「ダンバー定数 (Dunbar’s Number)」という言葉がある。イギリスの人類学者 Robin Ian MacDonald Dunbar が編み出した定数で、人間にとって、安定した関係を維持できる個体数の認知的上限は平均150人(個人差があるが、100〜230人が限界)とするものだ。

初めて会った人々に名刺を配りまくることにも一定の価値はあるのだろうが、筆者の場合、誰かと名刺交換するときに、このダンパー定数のことをよく思い出す。できることなら、すべての人を記憶に留め、密接な関係を保ちたいと思うが、おそらくそれは難しい。Facebook のタイムライン上で、比較的関係の密接な人物からの投稿のみが表示されるアルゴリズム(EdgeRank)も、そのような人間の心理を上手に考慮したものだと言えるだろう。

台湾のスタートアップである ZenIdea は今週、Facebook などのソーシャル・ネットワーク上の友人の中から、人物検索が即座に行えるモバイルアプリ People X をオープンベータ版でローンチした。AndroidiOS で利用できる。

ZenIdea の調査によれば(サンプリング数や調査条件など詳細は不明)、Facebook ユーザの 93% は Facebook 上の友人の名前を思い出せない経験があり、67% の人は質問をしたりイベントに誘ったりする際に、その友人を探し出せない経験があるという。

顔は思い出せるが名前が思い出せない。ここで頑張って思い出す努力をすれば、シナプスがつながって、脳細胞は活性されるのだが、ひとまず文明の利器に頼ってみよう。People X を使えば、職業、スキル、所属組織、行ったことのある国や都市などから Facebook 上の友人が検索できる。検索条件に名前を入力する必要がないので、「名前は忘れたけど、あそこで会ったあの人」という曖昧な条件から相手を検索することが可能だ。

people-x-screenshots
People X を使って、Facebook 友達の中から、MIT 出身者を探してみる例。

ZenIdea を営む日系台湾人シリアルアントレプレナーの Daniel Zen Chang 氏は、今年初めにパーティーやミートアップ会場で、出会うべき相手を教えてくれるモバイルアプリ「Simila.Me」をリリースしたが、ユーザからのフィードバックを得て、これから新たに会う人よりも、既に会った人を見直すニーズの方が高いことに気づき、People X の開発に至ったという。

daniel-zen-chang
Daniel Zen Chang 氏

「People X」は、人物検索のための Google を目標としていますが、Ark.com3sourcing ようにプライバシーを重視しないわけにはいきません。人に関する情報はウェブサイトと全く異なり、ユーザのためになる情報提供だけでなく、プライバシー保護についても最優先事項と位置付けています。

Facebook のアルゴリズムによって、タイムラインに出てこない、自分の投稿を見てもらえない友達が多く存在しています。オフラインで一度しか会えなかったとしても、その縁によって築き上げたネットワークを失うのはもったいない。

我々のサービスによって、ユーザは自分の望む形で、好きな時に連絡を取り合えるようになり、友達同士で簡単に助け合い、乱雑なネットワークに生気を吹き込み、ネットワークを再構築出来るのが「People X」だと確信しています。(Daniel Zen Chang 氏)

People X は、仕事さがし、気の合う仲間さがし、旅行仲間さがし、Facebook 上でシェアする情報の効果的なリーチなどを意図しているそうだ。確かに、ある目的に対して、会ったことのない人を探し出してアプローチするよりは、以前会った人に協力を求めたり、相談をしてみたりする方がハードルは低い。名刺帳(あるいは、SansanEight など)を見返していて、自分のネットワークにニーズに合致するピッタリの人を見つけて驚くことは、誰にもある経験だろう。

希望した条件で人物がうまくヒットしない場合は、ウィッシュリストにその条件を追加することで、後から People X のシステムが探し出してくれる機能も備えている。People X を使って、長年会っていない友人にコンタクトし、久しぶりに近況報告がてら杯を交わすのも悪くないかもしれない。