THE BRIDGE

タグ PETLY

ペット用自動給餌器「PETLY」が世界的デザイン賞のレッドドットを受賞、海外への展開を本格化

SHARE:

東京を拠点に活動するペットスタートアップ RINN が開発するペット用自動給餌器「PETLY」現行モデルが、世界的なデザイン賞のひとつであるドイツの「レッドドット・デザイン賞」を受賞した。 「red dot design award(レッドドットデザインアワード)は、ドイツのDesign Zentrum Nordrhein Westfalenが主催する、世界最大級のデザイン賞。過去2年以内に製品化…

PETLY-ogp-reddot2016

東京を拠点に活動するペットスタートアップ RINN が開発するペット用自動給餌器「PETLY」現行モデルが、世界的なデザイン賞のひとつであるドイツの「レッドドット・デザイン賞」を受賞した。

「red dot design award(レッドドットデザインアワード)は、ドイツのDesign Zentrum Nordrhein Westfalenが主催する、世界最大級のデザイン賞。過去2年以内に製品化されたデザインを対象とし、デザインの革新性、機能性、人間工学、エコロジー、耐久性など9つの審査基準に基づき、審査が行われる。

2016年度は世界57か国の企業やデザイナーから合計5,214点の応募があった中から、「PETLY」は「プロダクトデザイン 2016」を受賞。受賞作品は、レッドドットウェブサイトおよび、レッドドットデザインミュージアムにて展示、公開される予定となっている。

150826_petly_281re

日本でもインテリアショップやセレクトショップに足を運ぶと、「レッドドット・デザイン賞」を受賞したことを示すラベルを貼られた商品を目にすることがある。「PETLY」のようなプロダクトにとって、レッドドット・デザイン賞を受賞したことは今後のプラスになるだろう。

RINNは、2014年7月に「PETLY」を発売。その後、猫をテーマにしたライフスタイルマガジン「MILL magazine」の発行や、猫をテーマにした商品プロデュース・ブランディングを手掛ける「MILL CREATIVE」事業をスタートさせてきている。

millmagazine

RINN代表取締役の梁原正寛氏は、

「今年は6月末から「MILL」のヨーロッパ、アジア、北米の販売展開と同時に、「PETLY」もグローバルにて販売を加速させます。PETLYの需要が高いと思われる都市へMILLを展開させることが当初からの事業計画でした。2017年にはIoT製品を市場投入予定です」

と今年の展望についてコメントした。デザイン性を重視しながらプロダクトや事業を展開してきている RINN が、投入を予定しているというIoTプロダクトについても続報を待ちたい。

----------[AD]----------

RINNが手がけるペット用自動給餌器「PETLY」が発売開始

SHARE:

ハードウェアスタートアップRINNが、本日、デザインと操作性を追求したペット用自動給餌器「PETLY」の発売を開始した。本日よりオンラインストアにて販売を行う。初回生産は限定500台となっている。 「PETLY」は、ペットがいたずらしても倒れにくい安定感のあるフォルムとなっている。内部には約1kgの量の餌がストックでき、1日に1〜4回、1回につき5g単位で最大50gまで給餌可能…


PETLY_dog

ハードウェアスタートアップRINNが、本日、デザインと操作性を追求したペット用自動給餌器「PETLY」の発売を開始した。本日よりオンラインストアにて販売を行う。初回生産は限定500台となっている。

PETLY 031

「PETLY」は、ペットがいたずらしても倒れにくい安定感のあるフォルムとなっている。内部には約1kgの量の餌がストックでき、1日に1〜4回、1回につき5g単位で最大50gまで給餌可能。

PETLY 010

餌を出す時間も24時間方式で1時間ごとに設定できる。ペットだけで留守番している際の餌やりや、餌をあげすぎてペットが肥満になってしまうのを防止するのに便利なペット用家電製品だ。販売価格は税込みで31,860円となっている。

131108_ryohara

RINNは現在従業員1名ながら、東京で活躍中のクリエイターや国内の老舗電子機器メーカーと提携しながらプロダクトの企画・販売を行っている。代表の梁原正寛氏は、

「PETLYはインテリアに調和するシンプルなフォルムだけでなく、機械が苦手な方でも簡単に操作できるところが最大の魅力です。初回は500台生産し、2ndロットでも500台を予定しています。3rdロットからグローバル展開も加速させる予定で、1000台以上の量産を計画中です。」

とコメントしてくれた。以下は「PETLY」のプロダクト紹介映像だ。



----------[AD]----------

ハードウェアスタートアップRINNが手がけるペット用自動給餌器「PETLY」が本日より発売

SHARE:

ハードウェアスタートアップRINNが、本日、デザインと操作性を追求したペット用自動給餌器「PETLY」の発売を開始した。本日よりオンラインストアにて販売を行う。初回生産は限定500台となっている。 「PETLY」は、ペットがいたずらしても倒れにくい安定感のあるフォルムとなっている。内部には約1kgの量の餌がストックでき、1日に1〜4回、1回につき5g単位で最大50gまで給餌可能…

PETLY_dog

ハードウェアスタートアップRINNが、本日、デザインと操作性を追求したペット用自動給餌器「PETLY」の発売を開始した。本日よりオンラインストアにて販売を行う。初回生産は限定500台となっている。

PETLY 031

「PETLY」は、ペットがいたずらしても倒れにくい安定感のあるフォルムとなっている。内部には約1kgの量の餌がストックでき、1日に1〜4回、1回につき5g単位で最大50gまで給餌可能。

PETLY 010

餌を出す時間も24時間方式で1時間ごとに設定できる。ペットだけで留守番している際の餌やりや、餌をあげすぎてペットが肥満になってしまうのを防止するのに便利なペット用家電製品だ。販売価格は税込みで31,860円となっている。

131108_ryohara

RINNは現在従業員1名ながら、東京で活躍中のクリエイターや国内の老舗電子機器メーカーと提携しながらプロダクトの企画・販売を行っている。代表の梁原正寛氏は、

「PETLYはインテリアに調和するシンプルなフォルムだけでなく、機械が苦手な方でも簡単に操作できるところが最大の魅力です。初回は500台生産し、2ndロットでも500台を予定しています。3rdロットからグローバル展開も加速させる予定で、1000台以上の量産を計画中です。」

とコメントしてくれた。以下は「PETLY」のプロダクト紹介映像だ。



----------[AD]----------

優れたデザインと機能性を両立させたペット用自動給餌器「PETLY」

SHARE:

RINNは優れたデザインかつ、わかりやすい操作性を実現させたペット用自動給餌器「PETLY」を開発した。現在、クラウドファンディングサイト「indiegogo」にて支援を募集している。キャンペーン価格で1台249ドルから入手できる。また、公式サイトでは1台29,500円で予約を受け付け中だ。 従来のペット用自動給餌器に比べ、シンプルでスタイリッシュなデザインが特徴となっている。1日4回まで、ストッ…


20140208212217-petly_indie-main

RINNは優れたデザインかつ、わかりやすい操作性を実現させたペット用自動給餌器「PETLY」を開発した。現在、クラウドファンディングサイト「indiegogo」にて支援を募集している。キャンペーン価格で1台249ドルから入手できる。また、公式サイトでは1台29,500円で予約を受け付け中だ。

従来のペット用自動給餌器に比べ、シンプルでスタイリッシュなデザインが特徴となっている。1日4回まで、ストックされたペットフードをタイマーによって自動で下部のトレイに排出する仕組み。

ボタンやダイアルによって簡単に設定ができるという。最大容量は1000gで、1kg袋のペットフードをまるまるストックすることが可能だ。5g単位で最大50gまで、細かな量を調整しての給餌をすることができる。単一電池4本で駆動するので停電の時も安心だ。

貯蔵タンク部分とトレイは取り外して水洗いが可能なため、清潔を維持できる。ペットフードの臭いも漏れにくい構造になっているとのこと。また、ペットがいたずらして倒すことがないよう、低重心で倒れにくい設計がされている。製造は日本の老舗家電メーカーに委託しているとのことで、高品質であることをアピールしている。

「PETLY」は一般的な自動給餌器に比べ若干割高ではあるが、自動給餌器を購入する際に機能だけではなくデザインによる選択肢が増えることは喜ばしいことだろう。



----------[AD]----------