タグ PETOKOTO

安心・安全なペットフードから総合ペットブランドを目指す「PETOKOTO」【Monthly Pitch!注目スタートアップ】

本稿はベンチャーキャピタル、サイバーエージェント・キャピタルが運営するサイトに掲載された記事からの転載 Monthly Pitch!注目スタートアップではMonthly Pitch編集部と協力し、毎月開催されるピッチ登壇社から特に注目のスタートアップを毎週ご紹介していきます。 サービス概要:PETOKOTO は、保護犬猫マッチングサイトの「OMUSUBI」、情報の場としてペットライフメディア「PE…

本稿はベンチャーキャピタル、サイバーエージェント・キャピタルが運営するサイトに掲載された記事からの転載

Monthly Pitch!注目スタートアップではMonthly Pitch編集部と協力し、毎月開催されるピッチ登壇社から特に注目のスタートアップを毎週ご紹介していきます。

サービス概要:PETOKOTO は、保護犬猫マッチングサイトの「OMUSUBI」、情報の場としてペットライフメディア「PETOKOTO」、食事の場として「PETOKOTO FOODS」を運営。売上の主力である PETOKOTO FOOD は、フレッシュドッグフード、つまり、市販のドライのドッグフードとは異なり、新鮮な生の状態の食材が使われているのが特徴だ。PETOKOTO では、ペットのゆりかごから墓場までをサービスできる体制を目指し、PETOKOTO ID をコアにサービスを拡充し、事業の拡大を目指す。

Monthly Pitch編集部はココに注目:PETOKOTO 代表の大久保泰介さんは、イギリスで人々が犬や猫と暮らす生活を目の当たりにして動物への愛着が増すも、ペットの殺処分が年間数万件に及ぶ日本の現実を知り事業を立ち上げました。足がやや内股だった理由で保護施設で引き取り手を待っていたコーギー犬をペットに迎え、「人と動物が共に暮らせる社会を作りたい」思いを自身の生活の中でも実践しておられます。

ピッチ全文:株式会社PETOKOTOの大久保です。よろしくお願いいたします。本日はペットの話をさせて下さい。

皆さんの中にはペットを好きな方もいれば、飼ったことがない方や苦手な方もいらっしゃるでしょう。私も起業する3年前まではペットが苦手でした。しかし愛犬・コルクを我が家に迎え入れたことでペットが大好きになり、人生を捧げて起業することにしたのです。ぜひ今日は、ペットが自分の子供や家族だという感覚で聞いて下さい。

現在、家族としてペットと暮らす飼い主が増えており、これは世界的なトレンドとなっています。国内のペット飼育数は2,000万頭。ペットの数は子供の数よりも多く、さらにコロナ禍で新規飼育数は増加しました。またペットに関する国内年間支出額も、10年で35%増加しています。

しかしペット産業には大きな負が存在しています。それは、ペットを「もの」として捉えてきた産業だったということ。私の愛犬コルクは足が内股というだけでペットショップの流通から漏れ、0円の価値になっていた時に出会いました。様々なロス問題と同じように人間のエゴで飼い犬の命が供給され、いらないものは捨てられているような市場です。ものではなく家族だからこそ、私たちはペット産業全体のDXと家族品質の「FX(Family Transformation)」を通して変革します。

現在PETOKOTOが変革に挑戦しているのは食事です。今までのドッグフードはペットをものとして捉える食文化だったため、原材料には人間が食べない部位を使用していました。高温で加熱するため食材の見た目や味・栄養素は失われ、必要な栄養素は添加物で補っています。ラベルにはおおよその給餌量しか書かれておらず、間違ったカロリー摂取により日本の半分の犬は肥満と言われています。この食文化を変えるために私たちが展開するのが、人間も食べられるフレッシュドッグフード「PETOKOTO FOODS」です。

PETOKOTO FOODSには3つの強みがあります。1点目は徹底した透明性。農家と契約した国産食材を人間の食品工場で製造し、お客さまの食卓へ直接冷凍でお届けします。スチームで加熱して急速冷凍で製造するため、食材の見た目や香り・栄養素をキープしたまま無添加でお届けできるのが特徴です。

2点目は世界的に権威のある獣医師による栄養レシピです。世界のペットフードで一元使用されている栄養基準を作った獣医師と、アジアで独占契約を締結しています。

3点目はデータを活用したパーソナライズ管理です。初めにペットの体重や体形・年齢等の情報を入力すると、最適なカロリーを独自のアルゴリズムが自動で算出。愛犬の名前をパッケージにラベリングして、ご家庭にペットフードをお届けします。購入後もLINEでPETOKOTOの獣医師や栄養管理士に相談でき、一生涯の栄養管理をサポートします。

サービス開始から1年は自社チャネルのみでユーザーを獲得し、現在は広告も開始しました。チャーンレートや粗利LTV / CPA、Payback PeriodはD2Cでトップクラスのパフォーマンスとなっており、子犬から老犬まで幅広く好まれるように。疾患改善の声も多くいただいているため、2022年期から栄養の研究も本格的に進めます。

安価なCPAを実現している要因は、PETOKOTOが展開する2つの国内最大級メディアチャネルです。1つ目が保護犬猫マッチング事業「OMUSUBI」。潜在飼い主と保護団体を結ぶチャネルです。2つ目は獣医師など専門家が執筆するペットライフメディア「PETOKOTO」。MAUが国内最大級規模まで成長しており、効率的な送客に成功しています。

フレッシュフード市場は、アメリカではここ10年で既にペットフード市場全体の20%シェアの6,000億円に達し、CAGRは21%で急成長中。国内はまだニッチな市場ですが、全体ペットフード市場の成長率のほぼ10倍と、大きなシェア転化が見込めます。

OMUSUBI、PETOKOTO FOODS等の全ての顧客データは、PETOKOTO IDで一元管理しており、属性行動データが蓄積されてきています。このデータをフローで管理し、獣医師や栄養管理士によるオンラインサポートを通して、最適なタイミングでカスタマイズされたクロスセルを提案していく予定です。

中長期的にはペットウェルネスブランドとして、フード事業をコアにシナジーのある獣医療へと展開。関連する不動産や旅行、金融、保険市場にもパートナーシップを通じて拡大します。既に大手企業と取り組みが始まっているところです。

PETOKOTOはチーム全員が犬や猫の飼い主で、獣医師も揃っているペット愛にあふれた専門家集団です。ありがとうございました。

BRIDGE Members

メンバーシップ「BRIDGE Members」に参加するとBRIDGEがお届けするスタートアップ・トレンドをまとめたメンバー向けマガジンコンテンツ「Canvas」を購読いただけます。一度に情報をキャッチアップしたい人や、BRIDGE Tokyoなどのコンテンツをチェックしたい方にお届け中です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


PETOKOTO:フレッシュペットフードを核にペットD2Cブランドを展開【BRIDGE Tokyoノミネート企業紹介】

本稿はBRIDGE Tokyoの企画をご紹介いたします。年明け1月19日から開催するオンラインイベントにて「NEXTスタートアップが実現するデジタル民主化」をテーマに、トップランナーの起業家をお招きしたセッションを配信いたします。現在、数量限定の無料視聴チケットを配布していますので、お早めにチェックしてみてください。 1月19日から開催を予定している「BRIDGE Tokyo 2022」に先立ち、…

本稿はBRIDGE Tokyoの企画をご紹介いたします。年明け1月19日から開催するオンラインイベントにて「NEXTスタートアップが実現するデジタル民主化」をテーマに、トップランナーの起業家をお招きしたセッションを配信いたします。現在、数量限定の無料視聴チケットを配布していますので、お早めにチェックしてみてください。

1月19日から開催を予定している「BRIDGE Tokyo 2022」に先立ち、BRIDGE では次世代のスタートアップを讃えるリスト「INTRO Showcase」のノミネート企業106社を発表させていただきました。

これら106社は、BRIDGE Tokyo 2022 に協力いただいているベンチャーキャピタル(VC)、コーポレートベンチャーキャピタル(CVC)から、次世代の企業成長を支援する「若手キャピタリスト」に選考委員としてご参加いただき、彼らの視点で候補をリストアップいただいたものです。

掲載する106社は選出された候補からノミネートを受諾いただいた各社となります。なお、ノミネートの基準は2015年以降の創業で、概ね5年以内に上場を視野に入れられる可能性のある急成長企業としています。

BRIDGE では BRIDGE Tokyo 2022 の最終日である1月28日に発表される最終選考に向けて、106社の顔ぶれを紹介していきます(順不同)。最終選考で注目を集めた企業については、インタビュー記事の掲載も予定しています。

PETOKOTO(ペトコト)

<事業内容>

PETOKOTO は、ペットに家族品質の暮らしを提供するペットウェルネスブランド。迎える家族品質化として保護犬猫マッチングサイト「OMUSUBI」、育てる家族品質化としてペットライフメディア「PETOKOTO」、食事の家族品質化としてフレッシュペットフード「PETOKOTO FOODS」を展開。国産食材をメインにスチーム加熱・急速冷凍製法により高い食いつきと保存料無添加を実現。

<推薦者>  朝日メディアラボベンチャーズ

<推薦者コメント>

子どもに食事を与える際に食材の「安全性」に気を遣うように、ペットに対しても安全で信用のあるペットフードを与えたいというニーズが高まっています。ペトコトは元々、メディア、保護犬のマッチング事業(OMUSUBI)を展開しておりましたが、今回、ドッグフード事業に参入したことで3つの事業が有機的に繋がりました。その結果、OMUSUBI で築きあげたブランドと、他社にはない安定的なユーザー獲得がメディアとSNSから可能となり、事業のポテンシャルが大きくなっています。今後、フレッシュドッグフード=ペトコトと第一想起される日もそう遠くはないと考えています。

<関連記事>

BRIDGE Members

メンバーシップ「BRIDGE Members」に参加するとBRIDGEがお届けするスタートアップ・トレンドをまとめたメンバー向けマガジンコンテンツ「Canvas」を購読いただけます。一度に情報をキャッチアップしたい人や、BRIDGE Tokyoなどのコンテンツをチェックしたい方にお届け中です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


ペットD2Cブランド「PETOKOTO」運営、シリーズAで5億円を調達——ペットの総合サービスに事業拡大へ

SHARE:

<1日正午更新> 競合として文中に引用したバイオフィリアは取扱商品がフレッシュドッグフードであるため、「フレッシュドッグフードを扱うスタートアップは皆無と言っていいだろう。」の部位を削除した。 D2C ペットウェルネスブランド「PETOKOTO(ペトコト)」を運営する PETOKOTO は1日、シリーズ A ラウンドで約5億円を調達したと発表した。このラウンドに参加したのは、ベガコーポレーション(…

Image credit: Petokoto

<1日正午更新> 競合として文中に引用したバイオフィリアは取扱商品がフレッシュドッグフードであるため、「フレッシュドッグフードを扱うスタートアップは皆無と言っていいだろう。」の部位を削除した。

D2C ペットウェルネスブランド「PETOKOTO(ペトコト)」を運営する PETOKOTO は1日、シリーズ A ラウンドで約5億円を調達したと発表した。このラウンドに参加したのは、ベガコーポレーション(東証:3542)、楽天キャピタル、ABC ドリームベンチャーズ、DG ベンチャーズ、Headline、15th Rock Ventures、ニッセイキャピタルと名前非開示の個人投資家。金額にはデットを含む。これは、同社にとって今年3月に実施したプレシリーズ A ラウンド(2億円を調達)に続くものだ。ニッセイキャピタルはフォローオン参加。累積調達額は約10億円。

PETOKOTO は2015年3月の創業(当初の社名はシロップ)。代表の大久保泰介氏は、サッカーのプレーを続けるため訪れたイギリスで、現地の人々が日常的に犬や猫と暮らす生活を目の当たりにして動物への愛着が増すも、ペットの殺処分が年間数万件に及ぶ日本の現実を知り、人とペットが共存できる社会を作ろうと事業を立ち上げた。現在は、保護犬猫マッチングサイトの「OMUSUBI」、情報の場としてペットライフメディア「PETOKOTO」、食事の場として「PETOKOTO FOODS」を運営する。

このうち、OMUSUBI は完全なボランティアだ。昨日取り上げたウェルモの「ミルモセレクション」もそうだが、利益は全く生み出さないものの、社会貢献や別のキャッシュカウのためのマーケティングツールとして、ボランティアベースのサイトをポートフォリオに擁するスタートアップは多くない。当初はメディアの PETOKOTO だけが目ぼしい収入源だったことからマネタイズには苦労したが、2019年に PETOKO FOODS をローンチしたことで事態は好転する。会員数は1万人超、売上の9割が PETOKO FOODS からだ。

PETOKOTO FOOD は、フレッシュドッグフード、つまり、市販のドライのドッグフードとは異なり、新鮮な生の状態の食材が使われているのが特徴だ。ドライのドッグフードは、素材の調達、加工・製造工程、運搬・流通などが比較的シンプルで済むが、栄養学的見地からペットにとって最良とは限らない。PETOKOTO では、福岡にある製造工場に委託してフレッシュドッグフードを製造、ユーザからの注文に応じて冷凍倉庫から届ける。さつまいもの規格外品を使うなど、フードロス解消にも一役買っているという。

PETOKOTO の皆さん。後列最左が代表の大久保泰介氏。
Image credit: Petokoto

フレッシュドッグフードはサプライチェーンを作るのが難しく、また、従来型のドッグフード工場ではなく、人間向けの食品を加工できるレベルの工場でないと製造できない。アメリカではフレッシュドッグフードが伸びたが、これは人間向けの食品工場でペットフードを作っても問題ないから。しかし、日本ではその許可を取るのが難しく、既存大手がフレッシュに参入するのは難しいと思う。(大久保氏)

PETOKOTO では、栄養学的見地からも PETOKOTO FOOD を完全なものを目指すため、ニュージーランドの獣医師でこの分野の権威である Nick Cave 氏と提携、同氏の監修を受けた栄養メニューに基づくフレッシュドッグフードを販売する権利を、アジアで独占契約しているそうだ。チャーンレートは10%未満で推移しており、フードサプライ製品のサブスクとしては優秀な成績を誇っているが、現在課題となっているのは、特に小型犬に見られやすい〝食べ飽き〟の対応だというが、メニューの多様化などでほどなく解消されるだろう。

アメリカでは、フレッシュペットフードを扱う Freshpet が2014年に NASDAQ に上場、2025年までに顧客を1,100万人にまで増やすと鼻息は荒い。また、フレッシュではないが栄養学的に考慮したペットフードを扱う Better Choice が今年、また、ペット向けの総合サービスを提供する Petco Health and Wellness Company が昨年 IPO している。PETOKOTO では、ペットのゆりかごから墓場までをサービスできる体制を目指し、今後、PETOKOTO ID をコアにサービスを拡充し、事業の拡大を目指す。

今回の投資家のうちベガコーポレーションとは、同社の家具・インテリア EC「LOWYA」とユーザベースやコンテンツ群とのシナジー効果を目指す。また、PETOKOTO は JR 東日本のスタートアップアクセラレータプログラムの今期バッチにも採択されており、JR 東日本の駅構内やグループ傘下のショッピングモールやスーパーマーケットなどで、ポップアップストアを作るなどしてオフラインでのタッチポイントを拡大する計画だ。

日本では、フレッシュドッグフードを扱うスタートアップは皆無と言っていいだろう。アプリコットベンチャーズやバルクオム CEO 野口卓也氏らが支援するバイオフィリアは完全栄養食のペットフードを、また、前澤ファンドの傘下に入った犬猫生活(旧社名はオネストフード)は無添加ペットフードを展開している。

BRIDGE Members

メンバーシップ「BRIDGE Members」に参加するとBRIDGEがお届けするスタートアップ・トレンドをまとめたメンバー向けマガジンコンテンツ「Canvas」を購読いただけます。一度に情報をキャッチアップしたい人や、BRIDGE Tokyoなどのコンテンツをチェックしたい方にお届け中です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録