THE BRIDGE

タグ P&G

CES 2019: P&Gの社内スタートアップスタジオから生まれた、瞬時にシミを消してくれるデバイス「Opté」

SHARE:

P&G が182年に及ぶ歴史の中で初めて、ラスベガスのビッグテック・トレードショー CES に参加していたのには驚かされた。スそして、「Opté」のようなクールなプロダクトを紹介していた。Opté は少なくとも一時的にであれ、皮膚からシミを消してくれるデバイスだ。 Opté は、テクノロジーを一般プロダクトに導入し、マーケットディスラプションを促そうとする P&G の努力の一部だ。…

P&G が182年に及ぶ歴史の中で初めて、ラスベガスのビッグテック・トレードショー CES に参加していたのには驚かされた。スそして、「Opté」のようなクールなプロダクトを紹介していた。Opté は少なくとも一時的にであれ、皮膚からシミを消してくれるデバイスだ。

Opté は、テクノロジーを一般プロダクトに導入し、マーケットディスラプションを促そうとする P&G の努力の一部だ。そうすることは、当然ながら、P&G 自体がディスラプトされるよりも良い戦略だ。Opté は全く新しい製品分野であるものの、P&G がテクノロジーを Opté に埋め込むやり方が好きだ。

P&G の社内スタートアップスタジオである P&G Ventures は、10年間に及ぶ開発と40件を超える特許取得を経て、Opté の紹介にたどり着いた。Opté は、不完全な部分をスキャン、検出、補正するスキンケアに、独自アルゴリズムや印刷技術を組み合わせたものだ。同社は、肌の色合いを見た目均一にできる精密な用途を強調している。顔の上で青い光を放つデバイスを動かすと、シミの部分にのみ照射され、その周囲の皮膚には照射されない。小さなインクジェットプリンターが、ピコリットル単位のトリートメント液を肌に付着させる。

私は8日夜のパーティー「Pepcom」でのデモでこのテクノロジーを使うことができ、上のビデオでは肌の色合いが変わることなく、シミだけが消えていく様子をご覧いただけるだろう。

残念ながら、トリートメントを洗い流すと、シミは再び姿を現す。しかし、いずれ時間が経てば、さほど悪くはなくなるかもしれない。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

P&G、1億米ドルをかけてシンガポールにイノベーションセンターを開設へ

SHARE:

Procter & Gamble は、シンガポールにおけるデジタルイノベーションセンターの設立に向けて、今後5年で1億米ドルの投資を行うことを本日(4月18日)発表した。同社が米国外にセンターを設けるのは今回が初。このプロジェクトはシンガポール経済開発庁との協力のもとに行われる。 P&G でアジア太平洋担当プレジデントを務める Magesvaran Suranjan 氏は本日(4月…

ProcterAndGamble
Procter & Gamble via Flickr by Paul Sableman

Procter & Gamble は、シンガポールにおけるデジタルイノベーションセンターの設立に向けて、今後5年で1億米ドルの投資を行うことを本日(4月18日)発表した。同社が米国外にセンターを設けるのは今回が初。このプロジェクトはシンガポール経済開発庁との協力のもとに行われる。

P&G でアジア太平洋担当プレジデントを務める Magesvaran Suranjan 氏は本日(4月18日)のローンチでこう語っている。

この e センターではアジア太平洋事業向けに、サプライチェーンのマネジメントおよびアナリティクス、e コマースといったデジタルソリューションの開発を行う予定です。そして、サプライチェーンを同期化することにより、より効率的に新興の小売チャネルに対応しつつ、収益の増加と在庫の縮小を実現します。

具体的には、予測アナリティクスとビッグデータの活用による商品の流通とマーケティングの最適化、ロボット工学の活用による反復的タスクの自動化、デジタルコラボレーションの活用による分散したサプライネットワークにおける連携の実現、機械学習アルゴリズムの活用によるサプライチェーンのリードタイムと在庫の改善、などが行われる。

米消費財巨大企業 P&G は、デジタル関連の業務に従事させるために一年目で従業員40名のトレーニングを行う予定。

また、P&G は同センターを通じて、中小企業やスタートアップとの協力関係を拡大することで新たなデジタルソリューションを開発することも目標としている。そのこともあり、SPRING Singapore と共同で、中小企業向けの P&G Leadership College というリーダー育成プログラムの第2弾をキックオフした。

貿易産業大臣の S Iswaran 氏は e センター設立について、シンガポールは P&G のアジア太平洋本部として機能することになり、2,000人にものぼる様々な役割を持ったスタッフが集められると語っている。また、同氏によると P&G はシンガポールで400人の研究者を雇用し、毎年500人以上の管理職のトレーニングを行っていくという。

デジタル化によって、仕事の性質や内容、そして私たちの働き方は大きな影響を受けることになるでしょう。ですから当社は、デジタル経済において成功するために必要なスキルセットを人々に提供するために、産業界や教育機関と引き続き協力していくつもりです。(Iswaran 氏)

P&G は、10億~100億米ドルの年間売上高を誇る21のブランドと、まもなく10億米ドルの水準に達しそうな11のブランドを有している。世界70か国で事業展開し、そのブランドは180か国以上で販売されている。

【via Tech in Asia】 @techinasia

【原文】

----------[AD]----------

電動歯ブラシ誕生から約半世紀の時を経て、「磨き方を教えてくれる」スマート歯ブラシがついに登場【ピックアップ】

SHARE:

【ピックアップ】は世界のテク系スタートアップの資金調達やトレンド記事を概要と共にお届けします P&GがBluetooth 4.0に対応したスマート電動歯ブラシを6月に発売予定 歯磨きのイノベーションといえばなんといっても電動歯ブラシの登場でしょう。Wikipediaを斜め読みしますとその発祥はスイス生まれのBroxodentで1956年(英語版と日本語版で違いがあるのがさすがWikipedia、日…

tumblr_n1z4muD34i1tt0i5jo1_500

【ピックアップ】は世界のテク系スタートアップの資金調達やトレンド記事を概要と共にお届けします

P&GがBluetooth 4.0に対応したスマート電動歯ブラシを6月に発売予定

歯磨きのイノベーションといえばなんといっても電動歯ブラシの登場でしょう。Wikipediaを斜め読みしますとその発祥はスイス生まれのBroxodentで1956年(英語版日本語版で違いがあるのがさすがWikipedia、日本語版はあまりにもざっくり「1960年にアメリカで生まれた」なので英語版を採用しましょう)ということですから、約半世紀が経過しているベテラン家電といっても過言ではないでしょう。

そして2014年、このベテラン家電がスマートに進化するそうです。紹介動画をみる限り、ブラシ圧をかけ過ぎてる箇所の指摘やブラシ時間などを測定して最適なブラッシングをスマホアプリでガイドしてくるようです。

しかし相手は交換ブラシが商売のメーカー、わざと「ブラシ圧が弱い!もっとブラッシングするんだ!」とか「1日3回しか磨いてないじゃないか!歯が惜しくないのか!」とか煽ってくるんじゃないかと妄想してしまうのは悪い癖です。詳しい動画は元記事にて。

via DMM 3Dプリント × THE BRIDGE

----------[AD]----------