BRIDGE

タグ PicMix

インドネシアの写真共有アプリ大手「PicMax」と中国の写真加工アプリ大手「Camera360」が戦略的提携関係を締結

SHARE:

インドネシアの写真共有アプリ「PicMix」と中国の写真加工アプリ「Camera360」は、相互に戦略的提携関係を締結したと発表した。この提携のもと、Camera360 は同社の SDK を PicMax のプラットフォームに連携、東南アジアを中心とする PicMax のユーザが Camera 360 の機能を利用できるようになる。また、この機能実装により、PicMax は、写真をベースとするソー…

picmix-camera360_screenshots

インドネシアの写真共有アプリ「PicMix」と中国の写真加工アプリ「Camera360」は、相互に戦略的提携関係を締結したと発表した。この提携のもと、Camera360 は同社の SDK を PicMax のプラットフォームに連携、東南アジアを中心とする PicMax のユーザが Camera 360 の機能を利用できるようになる。また、この機能実装により、PicMax は、写真をベースとするソーシャル機能を強化し、今後数カ月の間に、新製品や新機能を追加公開するとしている。

Camera360 と PicMix は共に、中国と ASEAN を対象とするスタートアップ向け VC である Gobi Partners から出資を受けており、今回の提携は、それぞれ中国とアジアを市場ターゲットとし、同じ VC を投資家に持つ両社にとって、機能とマーケティングの両方の観点から相互補完的な意味がある。

PicMix は2012年、Blackberry 向けの写真共有アプリとしてローンチし、その後、他のスマートフォンプラットフォームにも対応を拡大。2016年4月に Gobi Partners から300万ドルを調達し(シリーズAラウンド)、インドネシアを中心に現在2,800万人のユーザを擁する。

一方、Camera360 は2010年にローンチし、2012年5月に Gobi Partners と Matrix Partners から500万ドル(シリーズAラウンド)、2013年8月に Gobi Partners、Matrix Partners、海納国際集団(Susquehanna International Group)から1,800万ドル(シリーズBラウンド)を調達。中国を中心に現在7億人を超えるユーザを擁し、プラットフォーム上には毎秒3,000枚の写真が投稿されている。

<関連記事>

----------[AD]----------

Blackberryの写真アプリPicMixはユーザ数100万人、Instagramよりも速いペースで成長

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 Instagramが先頃Facebookによって買収されたことは誰もが知っている。写真アプリの人気は、iOSとAndroidだけにおさまらず、どうやらBlackberryにまで広がったようだ。人気を集めようと躍起になる写真アプリの一つがPicMaxで、過去2ヶ月で100万ユーザを獲得している。これはInstagramの初期の成長より速いペースだと設立者は語る…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

Instagramが先頃Facebookによって買収されたことは誰もが知っている。写真アプリの人気は、iOSとAndroidだけにおさまらず、どうやらBlackberryにまで広がったようだ。人気を集めようと躍起になる写真アプリの一つがPicMaxで、過去2ヶ月で100万ユーザを獲得している。これはInstagramの初期の成長より速いペースだと設立者は語る。

画像(pictures)とミックス(mixing)の2つを合わせてネーミングされたPicMixは、画像と写真が全てだ。ユーザは、画像と写真をフィルター、フレーム、スタンプ、そして飾りつけ(間もなく登場する)と組み合わせ、Facebook、Twitter、そしてBBMなどのソーシャルネットワーキングサービスで共有できる仕組みとなっている。ユーザ(特にインドネシア人)は、写真撮影や写真を他人とシェアすること、またコメントを残してもらったり、like(いいね!)と言ってもらいたいのだ。

設立者にPicMixとその他の写真アプリとの違いについて聞いてみた:

PicMixには面白い機能が搭載されている。例えば、モバイル写真コンテスト、高機能フレーム、プレミアム・フレーム、スタンプ、そして装飾などがそれらにあたる。また、フィルターの性能も高めていっている。次回のリリースでは、さらに多くのアナログ写真フィルターとフィルムを追加する予定だ。これらの全ての機能によって、きっとみんなが楽しく夢中になるだろう。これまでのところ、このコミュニティの「ハートをつかむ」要素を上手く維持している。PicMixに投稿された写真の数々を見ると、フレームとフィルターを組み合わせて美しいアートを作り上げるという点におけるユーザの創造性に驚かされることだろう。PicMixのクリエイターとして毎日、ユーザの創造力に尊敬の念を覚えている。

要は、このアプリはInstagram「と似たようなもの」だが、ほぼ全てのユーザのニーズに応えるための特別な要素が加えられている。ユーザはPicMixを利用することで、彼らのクリエイティブな才能をツールを通して表現しているのだ。

今のところ、100万人を超えるユーザによって750万もの写真が投稿されており、毎日3万2000人ものユーザが新規登録している。メンバーの40%はインドネシアに住み、ベネズエラが10%で2位。南アフリカは9%で3位だ。

将来的に、まだリリースされていないこのアプリのバージョン2.5をもって、ブランド(Sponge Bob、Dora the Explorer、Avatarなど)のフレームが新たな機能として加えられる予定だ。同時に、iOS、Android、J2ME、Symbian、Windows Phoneにも対応し、全てを網羅する予定だ。BlackBerry対応のInstagram – BibbyCam – との競争は避けては通れない道であろう。だが私は今のところ、個人的にPicMixを楽しんでおり、PicMixを利用して写真を投稿したりしている。

【viaTech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------