THE BRIDGE

タグ pictcake

デザインとテクノロジーで新たな体験をーー写真がケーキになる「PICTCAKE」がiOSアプリをリニューアル

SHARE:

ケーキ業界のスタートアップ「BAKE」が運営するオンライン専門の写真ケーキブランド「PICTCAKE」が写真ケーキの購入に使用するスマートフォンアプリのiOS版をリニューアルした。Andoid アプリは後日公開予定。 「PICTCAKE」はお気に入りの写真をカスタマイズし、オリジナルの写真ケーキの注文が可能なサービス。今回のリニューアルにより、ミニサイズの写真ケーキが購入可能となり、「PICTCA…

「PICTCAKE」

ケーキ業界のスタートアップ「BAKE」が運営するオンライン専門の写真ケーキブランド「PICTCAKE」が写真ケーキの購入に使用するスマートフォンアプリのiOS版をリニューアルした。Andoid アプリは後日公開予定。

「PICTCAKE」はお気に入りの写真をカスタマイズし、オリジナルの写真ケーキの注文が可能なサービス。今回のリニューアルにより、ミニサイズの写真ケーキが購入可能となり、「PICTCAKE」のアプリは操作スピードが向上、合わせて購入フローも改善された。

ユーザ体験を改善

これまでのアプリでは、ECシステムとのつなぎ込みのためフローの途中で WEB ブラウザを使用せねばならず、スピードが落ちてしまっていた。今回のリニューアルにより、全ての動作をネイティブアプリ内で行えるようになった。

本誌の取材した際、「PICTCAKE」の売上比率は、iOS4割、Android2割、スマホブラウザから2割、PCブラウザからが2割だとBAKEの担当者が語ってくれた。元々、アプリはなかったサービスだが、スマホ内に写真があるし、スマホ上からスタンプを押すなどカスタマイズしてケーキにする体験は多くのユーザに楽しまれている。

プロモーションは特に実施していないにも関わらず、オーガニックで数字を伸ばしており、現在、3〜4万ダウンロードほど。今回のリニューアルによりさらに数字が伸びそうだ。購入者のうち、約20%がリピーターとなっているという。

「将来的には、AR機能も実装したいと考えています。届いたケーキにスマホをかざすとメッセージが表示されるような体験を提供したい。友達と一緒に盛り上がれるサービスにしていきたいと思います」

と、BAKE広報の阿座上 陽平氏はコメントしている。

BAKEは、アプリで買いやすいという購買体験を提供することはもちろん、データを集めることでユーザに価値を還元できると考えている。こうしたテクノロジーを活かした考え方や捉え方は、IT化が進んでいない業界では大きな差別化となる。

デザインにも注力する

BAKEは、テクノロジーだけではなく、デザインやクリエイティブなど、ブランドコミュニケーションにも力を注いでいる。

今回のアプリリニューアルにあわせて、同社はスペシャルブランドムービーを公開。W+Kに所属するプロデューサーに依頼し、全編ニューヨークで撮影したそうだ。



こうした映像に加えて、BAKEは3つのオウンドメディアを運営している。BAKE社の全体像を伝えていく「THE BAKE MAGAZINE」、お祝いや贈り物をテーマにした「rocobee」、そして最近リリースした東京のさまざまなお菓子を紹介する「cake.tokyo」だ。

「BAKE」が展開するブランドはお菓子であり、お菓子の多くはお祝いごとのタイミングで求められる。贈り物軸で人に訴求するメディアと、お菓子という軸で人に訴求するメディアを両方運営することでリーチを広げ、自社のビジョンを伝えるメディアも運営することで会社としてのメッセージも伝えていこうとしている。

th_caketokyo

釣果共有アプリ「ツリバカメラ」の取材をした際、「釣報」という釣り専門のニュースサイトが数字を伸ばしていることに触れた。釣り業界も、ケーキ業界もインターネットを通じた情報発信が少ない領域だ。こうした領域において、積極的に情報発信し、可視化していくことの価値は大きい。

レガシーな業界に不足気味なデザインとテクノロジーという両輪を活かし、スタートアップというエンジンを積んで走るBAKEはどんな影響をお菓子業界に与えていくのだろうか。

BAKEは、9月15日にカスタマイズチョコレート専門オンラインサービス「99chocolate.com」もリリース予定。ケーキよりもチョコが好き、という方はこちらをどうぞ。

99comingsoon

----------[AD]----------

お菓子のスタートアップBAKE、「築地銀だこ」等を展開するホットランドと組んでアジアへ

SHARE:

お菓子のスタートアップBAKEの海外事業を運営する関連会社である BAKE INTERNATIONAL CONPANY LIMITEDが、「築地銀だこ」等のチェーンを全国に展開するホットランドの100%子会社である WAEN International Limitedと、エリアライセンス契約を締結した。 BAKEは、スマホから写真を使ってケーキをカスタマイズできるアプリ「ピクトケーキ」を提供してい…

pictcake

お菓子のスタートアップBAKEの海外事業を運営する関連会社である BAKE INTERNATIONAL CONPANY LIMITEDが、「築地銀だこ」等のチェーンを全国に展開するホットランドの100%子会社である WAEN International Limitedと、エリアライセンス契約を締結した。

BAKEは、スマホから写真を使ってケーキをカスタマイズできるアプリ「ピクトケーキ」を提供しているスタートアップ。アプリを展開する他、焼きたてチーズタルト専門店 BAKE 、シュークリーム専門店 クロッカンシュー ザクザクの運営を行っている。

BAKEの海外事業を運営するBAKE INTERNATIONALが提携するのは、「築地銀だこ」の他、「銀カレー」「銀のあん」等を香港、台湾、カンボジア、中国で展開している WAENInternational。同社と焼きたてチーズタルト専門ブランド「BAKE CHEESE TART」の香港・台湾・マカオにおけるエリアライセンス契約を締結。

ホットランドグループは、現在、台湾、タイ、韓国、シンガポール、カンボジア、中国と展開エリアを拡大している。BAKEは、WAEN Internationalと共同で、香港・台湾・マカオにおいて積極的に「BAKE」の店舗展開を行っていく。

BAKEは「ピクトケーキ」のアジア展開も視野に入れており、その際、現地にブランドが展開していることはプラスに働くと見ている。

----------[AD]----------

写真ケーキオンラインショップの「PICTCAKE」とUBERが女子会応援キャンペーンを開始

SHARE:

スタートアップ同士のコラボが続いていますが、今日から新たにコラボするのが写真ケーキオンラインショップの「PICTCAKE(ピクトケーキ)」とタクシー配車の「Uber」です。ピクトケーキは、スマホ専用アプリやPCを使ってお気に入りの写真をカスタマイズし、オリジナルの写真ケーキが作れるサービス。 女子会応援キャンペーン「GIRLS PARTY PIN UPs」は、2月中にピクトケーキを買って女子会を開…

PICTcake_UBER2nd_s-03

スタートアップ同士のコラボが続いていますが、今日から新たにコラボするのが写真ケーキオンラインショップの「PICTCAKE(ピクトケーキ)」とタクシー配車の「Uber」です。ピクトケーキは、スマホ専用アプリやPCを使ってお気に入りの写真をカスタマイズし、オリジナルの写真ケーキが作れるサービス。

女子会応援キャンペーン「GIRLS PARTY PIN UPs」は、2月中にピクトケーキを買って女子会を開催した人全員に、Uberの最大4,000円分の無料クーポンがついてくるというもの。2月といえば、バレンタインがあったり、年度末だったりで忙しくなる人も多いはず。女子だけでほっとする場を設けてほしいとの思いが込められています。

このコラボのきっかけは、パーティで一緒になった2社が何か一緒にできないか?と考えて実現したものだとか。20代から30代でテクノロジーに明るいユーザーという2社の共通ターゲットを考えて、今回のようなキャンペーン内容になりました。

また、ピクトケーキが写った女子会の模様を#bakeuberのハッシュタグと共にInstagramに投稿し、最多の「いい ね」数を獲得した人には、有名ホテルでの宿泊券(4名様分:約10万円分)やUberのクーポン券10,000円分のプレゼントなどがあるそう。

詳細は、キャンペーン特設ページをご覧ください。素敵な女子会になりますように。

----------[AD]----------

思い出とケーキを一緒に:アプリと写真でケーキのデコレーションをカスタマイズできるPICTcake

SHARE:

BAKEは10月2日、デザインカスタムができるケーキの宅配サービス「クリックオンケーキ」をリニューアルし、サービス名を「PICTcake」と変更。さらに、スマホで撮影してケーキのデザインカスタムや注文が行えるiOSアプリもリリースしたと発表した。 2013年に設立したBAKEは、これまでオンラインで通常のケーキと食用プリンタでケーキの表面に食べられる特殊なグラフィック加工を行う「写真ケーキ」を販売…

pictcake2

BAKEは10月2日、デザインカスタムができるケーキの宅配サービス「クリックオンケーキ」をリニューアルし、サービス名を「PICTcake」と変更。さらに、スマホで撮影してケーキのデザインカスタムや注文が行えるiOSアプリもリリースしたと発表した。

2013年に設立したBAKEは、これまでオンラインで通常のケーキと食用プリンタでケーキの表面に食べられる特殊なグラフィック加工を行う「写真ケーキ」を販売していた。実は、BAKE代表取締役の長沼真太郎氏の実家は北海道の老舗の有名宅配ケーキ屋「きのとや」で、実家のケーキを軸に宅配注文を行っているため、味は保証済みだ。また、注文の翌々日には全国どこでも配送できる物流と、ユーザの好きなデザインカスタムができるという点などから、今では年間3万個のケーキを宅配するまでになっていたという。

直近の注文の比率は、90%以上が写真ケーキを占めているというデータを踏まえて、このたびサービスを一新。写真ケーキのみに特化し、ブランド名も写真ケーキの呼称である「PICTcake」とし、ブランドとサービスを一体化させて大きく事業転換を行ったのだ。あわせて、これまでウェブ経由での注文であったが、手軽に注文できるようにスマホアプリの「PICTcake」をリリース。スマホで撮影した記念写真などをその場で注文したりすることができる。

「今まで、写真ケーキというもの自体は古くから存在していましたが、注文する際に写真を店舗に送付したり、写真をスキャンして食用加工を施したり、どの部分の写真を切り取ってケーキに使うかなどの打合せをする必要がありました。そこで、PICTcakeでは写真をクラウドにアップロードし、自由にカスタムできる仕組みを開発。スマホからの利用者も多いという現状を踏まえ、アプリで簡単にカスタマイズできる仕組みで、発注できるようにしました」

pictcake1

現在、利用者の9割ほどは誕生日などのお祝いの場での利用が多く、今回のリニューアルやアプリによって手軽で便利になったことから、より幅を広げてさまざまなイベントで利用してもらいたいと長沼氏は語る。

今後は、写真のみならずさまざまなキャラクターなどのライセンス契約を結び、デザインカスタマイズができるという強みを活かしてキャラクターケーキを扱うことを考えているという。すでに、サンエックスとライセンス契約を結び、今日からリラックマバースデーケーキを販売している。さらに、17cm×17cm(5-10名用)で4100円、22cm×22cm(10-20名用)で8200円という2つの価格帯がこれまであったが、他にも、パーティ用(50人から100人用)のピクトケーキの開発に着手しているという。結婚式などの大人数に対応したものとなりそうだ。また、そうした大規模なパーティでの利用を図るために、ホテルや旅館などとの提携でホテルなどのサービスの中に組み込むことを狙っている。

「現状は、月商が1700万円を超え、年商ベースでは2億円となりました。出荷個数では、今年は年間3万を越えて4万個程度の発送になりそうです。直近の目標は、年商10億を目指して考えており、写真ケーキ市場やケーキ市場全体のシェアをとりに行けたらと考えています」

お祝いやパーティなどで、お店で注文し、ちょっとしたメッセージを書くのもいいが、こうした写真による思い出や記念をもとにケーキを作ると、パーティの場もまた新しく変わってくる。さらに、ケーキ配達という事業自体がまだまだスマホ対応やスマホで注文できるという仕組み自体も多くはなく、そうしたデジタル化されていない領域を、PICTcakeは入っていこうとしている。

----------[AD]----------