THE BRIDGE

タグ Pinkoi

台湾のハンドメイドマーケットプレイス「Pinkoi」、アジアでさらなる事業拡大へ

SHARE:

台湾拠点の e コマースプラットフォーム Pinkoi が、海外からの注文増加および中国への本格参入のため、アジアでさらなる事業拡大を行うと発表した。 海外から Pinkoi への注文数は過去2年間で200%増加し、全取引のうち当初は10%未満だったが、30%を超えるまでにアップした。 海外事業での需要増加は、商品の変化や各市場へのアプローチによるものだと同社は話す。 海外取引をより強固にするため…

Pinkoi
Image credit: Pinkoi

台湾拠点の e コマースプラットフォーム Pinkoi が、海外からの注文増加および中国への本格参入のため、アジアでさらなる事業拡大を行うと発表した。

海外から Pinkoi への注文数は過去2年間で200%増加し、全取引のうち当初は10%未満だったが、30%を超えるまでにアップした。

海外事業での需要増加は、商品の変化や各市場へのアプローチによるものだと同社は話す。

海外取引をより強固にするために2016年、日本のデザイナー e コマースプラットフォーム iichi を買収。これにより、日本サイドの才能あふれるデザイナーへのアクセスが可能となった。

前年の2015年、Pinkoi はタイに進出。地元デザイナーを徐々に増やした結果、今では500を超えるタイブランド製品の販売を手掛けているという。

共同設立者で CEO の Peter Yen(顏君庭)氏はインタビューで、 タイブランドとの契約が100件になった辺りから、成長に弾みがついたと語る。これを契機に2016年、海外事業を拡大し始め、昨年の急成長へとつながった。

上記の国のほかにマレーシア進出も果たしており、現在は中国への本格参入を目指している。

中国でオフィスを開設する計画はないとしたものの、5月に Pinkoi マーケットフェアを広州市で開催し、サイトで扱う商品を展示する予定だと Yen 氏は話している。

Yen 氏によれば、ロジスティクス業務の透明化を高めるため、DHL や FedEx、地元の配送業者らと2年にわたり連携しているという。

顧客は配送のスピードには関心がなく、むしろ「商品の現在の配送状況」を気にするため、確実に届くという安心感を提供しようと模索している。

<関連記事>

買い手と売り手のインターフェース

Yen 氏は、同社における受注から出荷までの所要時間を30%短縮し、顧客の満足度が上がったとともに販売者側の効率も上がったと話す。

Pinkoi におけるモバイル経由の取引の割合は、中国と日本で全体の77%、台湾とタイで60%に達している。携帯電話ユーザに合わせるため、顧客側のインターフェイスはもちろんのこと、販売者側のバックエンド管理を状況に応じて調整している。

今後、プラットフォームで顧客と販売者が直接コンタクトできる機能を強化し、すでに実装している評価システムを拡大させる予定だという。エリアは88ヶ国に及び、異国間で販売者と顧客とが理解を深め、より簡単に購入の決定ができるよう、コミュニケーション用チャンネルの必要性が高まっていると Yen 氏は語る。

国境を越えた取引を増やすのが最も重要だと話す Yen 氏。それが一番大変なことであるが、うまくいけば Pinkoi の競争力をさらに上げることができると語った。今後の目標は、「取引の60%を国際取引にすること」だという。

【via e27】 @E27co

【原文】

----------[AD]----------

デザインの質を求める姿勢が競争優位を生むーーハンドメイドマーケット iichi とアジア最大級のデザイナーズマーケット Pinkoi が資本業務提携

SHARE:

一般社団法人日本ホビー協会「ホビー白書2014年版」が発表している資料によれば、ハンドメイドにあたる手芸や趣味工芸などの国内クラフト市場規模は、2013年時点で8,673億円だとされている。 その中でも、インターネット上のCtoCハンドメイドマーケットの市場規模は698億円となっている。日本では「minne」、「tetote」、「creema」など、複数のプレイヤーがしのぎを削っている。 日本のハ…

左:iichi 代表取締役の飯沼健太郎氏 右:Pinkoi CEO Peter Yen氏
左:iichi 代表取締役の飯沼健太郎氏
右:Pinkoi CEO Peter Yen氏

一般社団法人日本ホビー協会「ホビー白書2014年版」が発表している資料によれば、ハンドメイドにあたる手芸や趣味工芸などの国内クラフト市場規模は、2013年時点で8,673億円だとされている。

その中でも、インターネット上のCtoCハンドメイドマーケットの市場規模は698億円となっている。日本では「minne」、「tetote」、「creema」など、複数のプレイヤーがしのぎを削っている。

日本のハンドメイドマーケットの「iichi」と、台湾発アジア最大級のデザイナーズマーケットを運営する「Pinkoi」が、こうした状況に変化をもたらした。両社は2016年3月16日、資本業務提携を発表したのだ。

iichi

今回の提携により、iichi は Pinkoi を引受先とする第三者割当増資を実施。Pinkoi は iichi の筆頭株主となり、iichi 代表取締役の飯沼健太郎氏が Pinkoi の取締役に新たに就任、 Pinkoi Japan の代表となる。

iichiは、博報堂DYグループ横断社内公募型ビジネス育成プログラムを経て、サービスがスタート。2011年に、博報堂、博報堂DYメディアパートナーズ、村式、カヤックの4社が出資して創業した。

今回の提携により、今後は Pinkoi と博報堂グループのジョイントベンチャーとして、グローバルにハンドメイドマーケットプレイス事業を展開。今後、iichiはハンドメイドマーケット「iichi」と「Pinkoi」日本版の両サービスの運営に関わることになる。

pinkoi

Pinkoiは、2011年末に設立された台湾発のスタートアップ。アジア各国を中心に世界中のデザイナーと購入者を繋ぎ、月間利用者数 200 万人を超えるアジア最大級のデザインプロダクトのマーケットプレイスとして成長している。

Pinkoi は 台湾・香港・米国・中国・日本・タイを含む全世界 77 カ国で商品が販売されており、5 言語・12 通貨でサービスを展開。これまでに、大手ベンチャーキャピタルのセコイアキャピタル、インフィニティ・ベンチャー・パートナーズから 1110 万ドルの資金調達を実施している。

<関連記事>

両社は、一体どういったきっかけで提携に至ったのだろうか。

飯沼氏「グローバルには最初から展開していきたいと考えていて、最初に英語版も作っていたんです。ただ、海外現地でのマーケティングが難しかった。難しさは実感しながらも、日本の商品力は価値が高いと感じていたので、アジアに展開できれば売れるはず、越境ECが成立するのではと考えていました。昨年の10月にPeterと2日間くらいかけてこういう話をしたんです。」

一方で、Pinkoiもなんとか日本に参入できないかと考えていたという。

Peter氏「2014年頃から、少しずつ日本での活動を始めました。チームを作り、日本のデザイナーに会って、彼らの課題はなんなのか、私たちには何ができるかを考え始めていたんです。その過程で飯沼さんと話をするようになり、より大きなビジョンに向けて共同することにしました。日本のデザイナーが国内に留まらず、世界で活躍するように支援していきたいと考えています」

飯沼氏「Pinkoiのチームのサービスを作りこむ力、グローバルに展開する力は iichi が必要としていた部分。そして、Pinkoiも日本のモノづくりにアクセスしたいと考えていたものの、海外から日本の作家にアクセスすることは難しい。ここを iichi が担うことで、良い補完関係になるのではと考えています」

今回の提携により、iichi社は「iichi」と「Pinkoi」の運営を両方手掛ける。両サービスは利用者の属性が異なるため、それぞれのカテゴリで成長させていくことになる。日本におけるマーケティングには、博報堂も関わり認知を広げていく。

両社が手をとりあってサービスを運営していくとなると、ビジネスだけではなく、カルチャー面でのシナジーも重要になる。両社はビジネス的にシナジーが合ったことはもちろん、会社のカルチャーもフィットするところがあったという。

Peter氏「私たちには、2つの文化があります。一つは「ピープルファーストなコミュニティ」であること。良いデザインの商品を求めているデザインコンシャスな人たちに価値を提供しています。

そして、もう一つが「デザインのクオリティ」です。Pinkoiには誰でも出品できるわけではありません。オープンではなく、キュレーションをしています。割合としては、10人に1人しか作家として登録できません。

デザイナーをしっかりとキュレーションしていることで、Pinkoiはデザインコンシャスな人々が求めるプロダクトが集まる場所になっています」

良いデザイナーと彼らが作り出す商品を求めている人たちが集まるコミュニティが Pinkoi の価値につながっている。Peter氏がそのために何より重要だと語っていたのが、「デザイナーを助ける」というパッションを持つこと。

こうした、作家を大切にするマインドやデザインの質を求める姿勢、チームが持つ情熱などのカルチャーが近かったことから、iichi と Pinkoi は提携へと至った。

両社が持つコミュニティを重視し、デザインの質を重視する姿勢は、そのままサービスの競争優位性へとつながる。

Peter氏「Pinkoiではトップデザイナーにコミュニティに入ってもらっています。そして、各地のハイレベルなデザイナーが参加しているコミュニティが求心力を生み、さらにデザイナーが集まります。

そして、そういったデザイナーの商品を買いたいというデザインコンシャスなユーザが集まっている。デザインコンシャスな人たちは審美眼が優れていて、優秀なデザイナーは見る目を持つ人たちに商品を売りたいと考えます。

トップデザイナーとデザインコンシャスなユーザ、この両方を集めていることが、私たちの強みです。」

飯沼氏「日本の作家やデザイナーの力は優れています。その人たちがPinkoiのコミュニティへと入っていくことは、さらにPinkoiコミュニティの求心力を高めていくことにつながっていくはずです」

台湾や香港、タイなど、アジア各地でもハンドメイドやデザイン商品への注目は増している。Pinkoi と iichi は、日本のデザイナーをエンパワーし、マーケットが成長するアジアへの進出を支援する。

両社が目指すのは、アジアのデザインがグローバルで存在感を発揮すること。そのために、クオリティを重視し、質の高いデザインコミュニティを構築していく。

----------[AD]----------

台湾発のハンドメイドマーケットプレイス「Pinkoi」がSequoiaから約11億円を資金調達

SHARE:

アジア最大級のオリジナル商品・ハンドメイド商品の通販サイト「Pinkoi」を運営するPinkoiは、本日Sequoia Capitalを引受人とする900万ドル(約11億円)の第三者割当増資を実施した。 Pinkoiは2011年末に設立された台湾発のスタートアップ。現在、Pinkoiは月間で約200万人のユーザが訪れるサイトに成長しており、2,5万人以上のデザイナーがPinkoiのプラットフォーム…

pinkoi

アジア最大級のオリジナル商品・ハンドメイド商品の通販サイト「Pinkoi」を運営するPinkoiは、本日Sequoia Capitalを引受人とする900万ドル(約11億円)の第三者割当増資を実施した。

Pinkoiは2011年末に設立された台湾発のスタートアップ。現在、Pinkoiは月間で約200万人のユーザが訪れるサイトに成長しており、2,5万人以上のデザイナーがPinkoiのプラットフォームを使って自らデザインした商品を世界中に販売している。台湾、東京、香港、バンコク、サンフランシスコにオフィスを構え、近々上海にも進出予定だ。

今回の調達のリリースに合わせ、Pinkoiは英語版サイトも立ち上げ、アプリも英語に対応。既存の日本語、タイ語、簡体字版中国語、繁体字版中国語に加えて5言語に対応した。

Pinkoiの共同創業者兼CEOのPeter Yen氏は、「次の目標はデザイナーのコミュニティをアジアへと拡大することであり、日本は私たちの中でも一番プライオリティーが高いことです」とコメントしている。

「Pinkoiのミッションは、デザイナーが情熱を持って自分たちのビジネスをスタートさせ、アジアにおけるデザイナーのコミュニティを構築していくことです。日本については、 日本人のデザイナーやクリエイターの素晴らしい作品を、Pinkoi上にいる世界中のファンたちとつなげていくことで、日本の国外で販売する手助けをしたいと考えています。

日本には各都市に素晴らしい才能をもったデザイナーがいると信じています。私たちは、そうしたデザイナーに台湾やアジアのマーケットでのノウハウや経験を共有し、Pinkoiというプラットフォームを通じてスターとなる手助けをしていきたいと思います」

Pinkoiは、サービスを改善し、コミュニティを成長させ、プラットフォームをよりよいものにしていきたいと考えている。

「デザイナーコミュニティを牽引する人たちと協働し、抱える課題を理解し、デザイナーのビジネスを成長させるサポートをしていきたいと思います」

関連記事

----------[AD]----------

「失敗に直面しても諦めない」ーーアジアで成功しているスタートアップたちが語る、世界での勝負の仕方 #IVS

SHARE:

これは、札幌で開催されている Infinity Ventures Summit 2013 の取材の一部である。このイベントについて、さらなるレポートはこのリンクから読むことができる。 インフィニティ・ベンチャーズ・サミット2日目、我々は3つの新進気鋭のスタートアップから、彼らがどのようにグローバル市場に取り組んでいるかを聞くことが出来た。これら全ての会社はグローバルで成功しているが、多くの失敗もし…

asian-startups-ivs-620x289

これは、札幌で開催されている Infinity Ventures Summit 2013 の取材の一部である。このイベントについて、さらなるレポートはこのリンクから読むことができる。


インフィニティ・ベンチャーズ・サミット2日目、我々は3つの新進気鋭のスタートアップから、彼らがどのようにグローバル市場に取り組んでいるかを聞くことが出来た。これら全ての会社はグローバルで成功しているが、多くの失敗もしてきているようだ。パネリストは以下。

ディスカッションはピーターから始まった。台湾ベースの彼の会社であるPinkoiは65000個のユニークなプロダクトを持ち、3000のブランドと8000のデザインを構えているという。ほとんどが台湾の国内市場(約70%)からのものであるが、他国からのものも現在増やしている最中であるという。国際的に成長していくために多言語化に対応する予定だ。

興味深いことに、ピーターはPinkoiが成功する前に、7度プロダクトをつくり、全部失敗している。Pinkoiの成長は下のチャートをからも当然のように見られるように、自然な成長だ。Pinkoiは10万の会員を持ち、2012年の総売上高は61万ドル。そして彼らのユニークなサービスはグローバルに対しても強いアピールを持っている。

pinkoi-growth-620x422

ジョンはMixerbox以前に10度失敗していることを述べた。日本は現在このサービスの最大のユーザベースだが、この音楽アプリは13もの国でナンバー1を獲得している。彼らのアプリはプレイリストを作って友達と共有することを簡単にしており、それはミックステープをデジタル化したようなものだ。

また、他の人のプレイリストを探してそれらをサブスクライブすることもできる。彼は確立されていた家族のビジネスを辞めてまでビジネスを始めたため、成功の道のりには相当な圧力があったという。しかし彼は最終的には成功できるプロダクトをヒットすると信じていた。

デビットはStrikinglyをサンフランシスコの家の散らかった部屋で始めたという。彼らは初期において家賃を含めた月額1600ドルという少ないバジェットでスタートアップをしていた。これから生まれたStrikinglyは、シンプルなモバイルファーストなウェブサイトを作るためのソリューションになった。盲目の人もユーザーの中にはいたが、StrikinglyをiPadで使ってウェブサイトを作ることができたと彼は述べた。

StrikinglyのDavid Chen
David Chen, Strikingly

彼らは178ケ国にユーザーを持ち、直近8ヶ月の収益のマンスリーグロースは40%だという。最大のユーザーベースは米国で、二番目は日本だが、ローカライズは特に何もしていないようだ。これまでのところ、プラットフォームで作成されたウェブサイトの数は4万以上。

デビットは彼らが初めY-Combinatorに拒否されたが、2回目の応募で入ることができたことを説明。初期の失敗もフォーブスやニューヨーク・タイムズ誌にうまくドキュメントされているという。

これら3人の起業家の間で共通していることは失敗に直面しても諦めないということだ。最終的に成功を見つけるほとんどのスタートアップのように、その経験は資産になる。意欲的にリスクを取り失敗を経験することは日本のスタートアップにも良い教訓となるだろう。

【原文】

----------[AD]----------

EtsyとFabは、台湾のハンドメイドマーケットプレイス「Pinkoi」を無視すべきではない

SHARE:

【原文】 素晴らしいチームと最近の急成長が目覚ましい、台湾を拠点しているPinkoi。デザイナー品やハンドメイド商品を扱うオンラインマーケットプレイスである同社は、現在その成長を促すため資金調達を目指している。 デザイナーによる商品やハンドメイド作品向けのマーケットプレイスは、以前から存在している。その中でも最大のマーケットプレイスは、EtsyとFabだ。 これら事業がどれくらい儲かっているかをわ…

【原文】

pinkoi-logo

素晴らしいチームと最近の急成長が目覚ましい、台湾を拠点しているPinkoi。デザイナー品やハンドメイド商品を扱うオンラインマーケットプレイスである同社は、現在その成長を促すため資金調達を目指している。

デザイナーによる商品やハンドメイド作品向けのマーケットプレイスは、以前から存在している。その中でも最大のマーケットプレイスは、EtsyFabだ。

これら事業がどれくらい儲かっているかをわかりやすく説明すると、Etsyが最近明らかにしたところによれば、2012年には売上高が7億米ドルを越えており、およそ200か国に2,000万人以上のメンバーが存在する。一方Fabは、TechCrunch主催の「The Crunchies」でベストeコマースアプリケーションに選ばれており、現在世界中に1,100万人以上のメンバーが存在する。

欧米ではEtsyとFabが主流となっているが、ここアジアでも同様のマーケットプレイスが大手2社の後をゆっくりと追っている。台北を拠点とするPinkoiは2011年にローンチした。デザインされたあらゆるものを購入、販売、そしてシェアするオンラインマーケットプレイスPinkoiは、Peter Yen(顏君庭)氏、Maibelle Lin(林怡君)氏、Mike Lee(李讓)氏によって設立された。

CEOのPeter Yen氏は以前、Yahoo Social Searchグループの責任者を務めていた。Maibelle Lin氏はCCOを、Mike Lee氏はCTOをそれぞれPinkoiで務めている。

pinkoi-website

Pinkoiは最初の1年間でEtsyの2倍以上の売上高を生む

peters-tweet

Pinkoiは、アジアを拠点とするデザイナーのデザイン製品やハンドメイド商品を取り扱う。現在、急速に成長するPinkoiのプラットフォームには約5万点の商品が掲載されており、2,000以上のブランドと7,000人以上のデザイナーが存在している。

正確な額は非公開だがYen氏が明かしたところによると、Pinkoiは2012年の1年間で、Etsyが最初の年に記録した売上高である17万米ドルの2倍以上を生み出していた。さらに、同プラットフォームの毎月のページビューは400万におよぶという。

もちろん、これほどの人気を得ると、課題も生じる。Yen氏は、Pinkoiが多様な種類のデザイナーやブランドを抱えているものの、今取り組むべき課題は、ブランドオーナーが自ら思考して大きく成長できるように、そしていつでも国際市場を意識し、世界を視野に入れて考えるように教育し、支援することだという。

「ブランドオーナーに大きなビジョンを与え、彼らの事業の成長を支援することによって、私たちはデザインのエコシステムを構築するのです。」

とYen氏は語る。

順調な成長のさらなる加速を目指すPinkoi、150万から200万米ドル規模の資金調達を計画中

今のところ順調な成長を続けるPinkoiは現在、資金調達で成長を加速させたいと考えている。同社は、国際市場への拡大と同様、モバイルにおける成長の取り組みに対して、150万から200万米ドルの調達を目指している。Yen氏曰く、

「最大の課題は、買い手になる可能性のある人たちの要望に応えられるようにより早く行動すること」

だという。

「他の国々の人々は熱心に購入を望んでいますが、私たちの利用可能なリソースが限られているため、物流、モバイル端末でのブラウジング、ローカリゼーションといった点において、サービス改善の余地が残っています。」

「私たちはまず、モバイル端末用サイトのエクスペリエンスを改善し、モバイル端末上のネイティブアプリによってさらにパーソナライズされたサービスを提供することに取り組んでいきます。

市場に関しては、台湾における立ち位置を確立し、それから香港、中国、シンガポール、日本、マレーシアといったデザインやライフスタイル提案型アイテムへの関心がますます高まる地域への拡張を目指します。」

pinkoi

台湾との愛憎関係

私が昨年、台北で彼らのチームと会った際、Yen氏と私は台湾のスタートアップエコシステムについて少し話し合った。Yen氏は、台北で出資を受けるにはいくらか難しいものの、台湾を拠点とすることがPinkoiにとって最適だ、という事実を再び強調した。

「台湾のデザインは世界的にも好評で、ドイツや日本とともに著名なデザイン賞すべてにおいてトップ3にランクインしています。素晴らしいデザイナーや新たな潮流(毎年、台湾ではデザイン系学校の卒業生が6,000人ほど生まれています)を惹きつけることで、彼らが私たちと一緒に仕事をすることになれば、それは素晴らしい出発点になるんです。

さらに、多様な文化の混合によってデザインの多様性があらゆる次元において構築されており、もちろん、知的財産権の概念も台湾では広く受け入れられています。これらを考えると、台湾は事業を始める上で非常に良い場所なのです。」

もしあなたがデザイナーによるデザイン製品やハンドメイド商品が好きなら、あるいは台北のスタートアップについて知りたいなら、ぜひともPinkoiをチェックしてほしい。

私はまもなくPinkoiが大きなニュースを提供してくれるだろうと予想している。Pinkoiのチームは見事に事業を成し遂げ、物流面を改善し、そしてもちろん、大きな人気を得ることだろう。

【via e27】 @E27sg

----------[AD]----------