BRIDGE

タグ Pioneers Asia

ハードウェア開発よりもスピードが速い、バイオスタートアップの世界〜 #PioneersAsia 2016ライフサイエンスのパネルセッションから

SHARE:

本稿は、Pioneers Asia 2016 の取材の一部である。 23日、東京都内で開催された Pioneers Asia 2016 では、午後にライフサイエンスや農業に関するパネル・ディスカッションが設けられていた。オーストリアを含むヨーロッパの国々は、歴史的にも創薬や医療に関する産業が強く(したがって、世界の製薬メーカーの売上上位を見てみても、多くはアメリカとヨーロッパの企業で占められている…

pioneers-asia-2016-lifesciences-session-broaderview-1

本稿は、Pioneers Asia 2016 の取材の一部である。

23日、東京都内で開催された Pioneers Asia 2016 では、午後にライフサイエンスや農業に関するパネル・ディスカッションが設けられていた。オーストリアを含むヨーロッパの国々は、歴史的にも創薬や医療に関する産業が強く(したがって、世界の製薬メーカーの売上上位を見てみても、多くはアメリカとヨーロッパの企業で占められている)、Pioneers がこの話題を扱うのは、理にかなっていると言えるだろう。

このセッションには、

  • カリフォルニア/イギリスを拠点に、ニューロン(神経細胞)技術を開発する Koniku の Oshiorenvova Agabi 氏
  • サンフランシスコを拠点に、人工卵黄や卵白を開発・製造する Clara Foods の Arturo Elizondo 氏
  • パリを拠点に、肝臓の線維化傾向をアルゴリズムを使って遺伝子分析する GenePred の Pierre Dessein 氏

…が登壇した。

Indiebio のプログラム・ディレクター Ruan Bethencourt 氏がモデレータを務めた。Bethencourt 氏は、特に DIY バイオ(自宅で行うバイオ研究)やバイオハック(自分の体をバイオでハックすること)の分野でも世界的に有名な人物だ。現在、サンフランシスコを拠点に、バイオに特化したアクセラレータ「Indiebio」を運営している。

ハードウェアの発達よりもスピードが速い、ニューロンの世界

pioneers-asia-2016-lifesciences-session-ryan-1

ライフサイエンスやバイオの分野は、主に未来の食糧、バイオマテリアル(バイオ材料)、創薬の分野に大別されるという。Bethencourt 氏は、マサチューセッツ工科大学メディアラボ所長の伊藤穰一氏の言葉を引用し、「インターネットのハードウェアの技術は1年半から2年で処理能力が2倍になるのに対し(ムーアの法則)、バイオの世界は、その5〜6倍はスピードが速い」と語った。

Koniku の Agabi 氏は、人が情報を伝える媒介が、グーテンベルグの発明により最初は紙(印刷)に始まり、トランジスタの発明によって処理能力が高まって、現在はニューロンの時代だと訴える。人間の脳には、40PFlops(ペタフロップス、フロップスは1秒あたりの浮動小数点演算が何回できるかで、コンピュータの処理能力を示す単位。ちなみに、iPhone の最新機種に搭載されたチップが 230GFlops なので、人間の脳はその約2万倍の処理能力があることになる)の処理能力があり、1PB(ペタバイト)の記憶容量は、アメリカの本議会議事録すべてを記録するのに十分な能力だ。

pioneers-asia-2016-lifesciences-session-oshi-1

同氏は15年以上にわたってこの分野の研究を重ね、ニューロンの構造分析、接続、安定化の技術を開発してきた。現在、iPad のサイズとなっているニューロン回路のプロダクトを、2018年の第4四半期までに5セント通貨の大きさ(直径約20mm)にまで小型化がすることが目標なのだという。

Agabi 氏は、蜂が体内で臭いに関する神経信号を増幅することで、1キロ先の臭いを嗅ぎ分けられる能力があることを指摘し、例えば、これをニューロン技術に応用することで、折しもベルギーで発生したようなテロを防ぐために、空港などで爆弾を探知できるドローンが開発できる可能性を語った。

食糧問題を人工卵白で解決する

pioneers-asia-2016-lifesciences-session-arturo-1

料理や菓子製造などを目的として、卵白や乾燥卵黄の需要はアメリカで増加の一途をたどっている。一方、卵白の構成要素は90%が水で、10%がA〜Gまで7種のタンパク質。同じ構成要素からなる食用の人工卵白を作り出そうというのが Clara Foods の挑戦だ。

自然の卵白が消費者の手に届くまでには、鶏が餌を食べ、水を飲み、そこから卵を産み、卵白のみを抽出というプロセスが必要になる。Clara Foods の Elizondo 氏 は、1個の卵が食料品店の店頭に並ぶまでに、その生産工程で2,400リットルの水(家庭用のバスタブで10杯分程度に相当)が必要になると語った。世界においては、人間が飲む水よりも、農業に利用されている水が圧倒的に多く、水の消費量を減らすことが食糧問題の解決につながることは、以前から言われている。

Clara Foods は人工卵白を開発することで、自然の卵白製造に必要な生産プロセスを大幅にカット。鶏を使わないため、高価な有機飼料は必要なく、卵白の安定的な供給が可能で、サルモネラ細菌に感染する可能性がないので、生でも安心して口にすることができる(この理由により、日本と違い海外では非加熱の卵が食されることはまれである)。今年の年末までは、シェフ向けのサンプル出荷が始まり、実際にプロダクトの実用試験を開始したいとしている。

遺伝子のビッグデータ分析で、発展途上国の人々の肝硬変傾向を未然に検知

pioneers-asia-2016-lifesciences-session-pierre-1

肝臓は人間の身体の中でもダメージに強い臓器であり、肝細胞の大部分は一旦死んだとしても再生されることが多い。ただし、細胞の死滅と再生が繰り返された部位は肝細胞の繊維化が進み、これが肝臓全体に広がると肝硬変の症状となり、人間の生命維持機能に重篤な危険をもたらす。GenePred では、中国、アフリカ、スーダン、マリ、ブラジル、フランスなど50以上の市場で、12,000以上に及ぶ患者を診断し、肝細胞の変異に関する遺伝子情報を集め、ビッグデータ分析により肝硬変を未然に検知できるアルゴリズムを開発した。

アルゴリズムを改善することで、金銭的な負担を減らしたい健康保険などが、この GenePred の技術にコストを払ってくれるのではないかと、Dessein 氏 は期待している。2017年には、ヨーロッパやアフリカで WHO(世界保健機関)などとともに、さらなるテストを展開する予定だ。


とかくテクノロジーという言葉を聞くと、エンジニアリングやソフトウェアによるものをイメージしがちだが、モデレータの Bethencourt 氏が言っていた「バイオとはテクノロジーである」という言葉は印象的だった。口に入れるものや、身体に直接身に付けるものは十分な臨床試験が必要だが、なるべくなら開発に要する時間は短ければ短い方がよい。

先日の SENSORS IGNITION で孫泰蔵氏が言っていたように、日本では、再生医療の分野で申請から承認までの期間が最短2年にまで短縮されることになった。このようなことが拍車となり、日本でも、バイオや創薬スタートアップが他の市場に先駆けて隆盛することを期待したい。

pioneers-asia-2016-lifesciences-session-broaderview-2

世界のスタートアップ250社が競った #PioneersAsia 250で、パーソナルモビリティの「WHILL」が優勝

SHARE:

本稿は、Pioneers Asia 2016 の取材の一部である。 23日、東京で開催されている Pioneers Asia 2016 で、250社から選ばれるピッチ・コンペティション「#PioneersAsia 250」の決勝が執り行われた。メインのアリーナーステージではファイナリストに選ばれた5社がピッチ、パーソナルモビリティの WHILL が優勝した。 決勝で審査員を務めたのは、 Jay O…

pioneers-asia-2016-pioneers-asia-250-whill-challenge-award-champaign
優勝し、ステージ上でシャンパンの栓を勢いよく抜く WHILL の杉江理氏(中)と、Pioneers CEO の Andreas Tschas 氏(右)

本稿は、Pioneers Asia 2016 の取材の一部である。

23日、東京で開催されている Pioneers Asia 2016 で、250社から選ばれるピッチ・コンペティション「#PioneersAsia 250」の決勝が執り行われた。メインのアリーナーステージではファイナリストに選ばれた5社がピッチ、パーソナルモビリティの WHILL が優勝した。

決勝で審査員を務めたのは、

  • Jay Onda, Yamaha Motor Ventures
  • Lalitha Wemel, Techstars
  • Holly Liu, Kabam
  • Dirk Van Quaquebeke, Beenext
  • Marvin Liao, 500 Startups

…の皆さん、また、Pioneers Asia の Chris Wells と Lisa Sumiyoshi が司会を務めた。

【優勝/チャレンジャー賞】WHILL(日本)

副賞:15,000ドルの資金提供、Salesforce Ventures から優先的な投資機会を受ける権利

pioneers-asia-2016-pioneers-asia-250-whill-challenger-award

WHILL は、車椅子を新しくするパーソナルモビリティを開発。昨日、WHILL の Model M が、アメリカの FDA(食品医薬品局)から認可され、医療器具として販売できるようになった。WHILL が事業を開始したのは2012年のこと。創業者の杉江理氏が、車椅子利用者の「2ブロック先の食料品店に行くのもあきらめなければならない」という一言を聞いて開発が始まった。

位置のトラッキング、遠隔でのメンテナンス、自動運転が可能。羽田空港、シンシナティ空港、いくつかの Hyatt ホテル、三越の店舗などにも導入されており、アメリカ全土に40社以上の流通パートナーを擁する。サンマイクロシステムズ共同創業者の Scott McNealy を含むエンジェル投資家、日本・アメリカ・台湾の投資家から3,000万ドルを調達している。

<関連記事>

pioneers-asia-2016-pioneers-asia-250-whill

アメリカの FDA(食品医薬品局)に続き、今年6月には CE マーク(EU における安全基準マーク)を認可取得し、ヨーロッパ市場への進出を計画している。

なお、WHILL はあわせて「野村賞」も受賞。野村ホールディングスが主催する「Investment Forum 2016 with CEOs(東京)」「Investment Forum Asia 2016 (シンガポール)」に招待される。

WHILL に関する記事

pioneers-asia-2016-pioneers-asia-250-nomura-award

【90秒ピッチ賞】Swie(スイス)と Parkbob(オーストリア)

副賞:オーストリアへの渡航と3週間の滞在、ブリーフケース、IMJ Investment Partners によるメンタリング

pioneers-asia-2016-pioneers-asia-250-swieio-90-pitch-award

ファイナリストではないが、アーリーステージ向けのスタートアップ枠である「Pioneers 90 Seconds Pitch」の枠からは、Swieio と Parkbob の2社が選ばれた。

Swie は、ハードウェアのためのオープンソース・プラットフォームで、プリント基盤の小ロット生産を高精度かつ低価格で実現する。チュートリアルに従って、基盤回路のデザインをアップロードするだけで製造が可能だ。

Parkbob は駐車場情報を提供するサービス。ドライバーはモバイルアプリを使って駐車場を探すことができ、検索結果には、その時点でのリアルタイムの空満車状況が反映される。GPS 連携で近隣に駐車場があれば、プッシュ通知を受け取ることができる。今後、サービスを展開する地域を、ヨーロッパで現在の8都市から25都市に拡大する計画。先月、Pioneers Festival の主催者 Pioneers が運営する VC である Pioneers Ventures から25万ユーロを資金調達している。

優勝には至らなかったものの、ファイナリストに残った4社は以下の通り。

MainTool(スペイン)

pioneers-asia-2016-pioneers-asia-250-maintool-1

MainTool は、すべての〝普通の〟腕時計をスマートウォッチ化するスタートアップ。スマートウォッチと同様の機能を持つストラップを開発。14日間分以上のデータストレージ、20日間以上耐久する電池、アラーム、SMS、皮膚の温度測定、加速度計などを備える。腕時計メーカー向けの B2B ビジネスでマネタイズ。スイスやドイツの50社以上の腕時計メーカーにデモしたところ、80%以上からポジティブなフィードバックを得られた。

pioneers-asia-2016-pioneers-asia-250-maintool-2

MIT Media Lab のほか、医療分野への応用も模索し Stanford Medicine Lab とも協業。将来的には、Fossil や Swatch などの腕時計メーカーによる買収を期待。

Molcure(日本)

pioneers-asia-2016-pioneers-asia-250-molcure-1

世界には3万種に及ぶ治療ができない病気があり、新薬の開発コストは1件につき10億ドル以上と言われる。抗体ライブラリを参照し、対象となるウイルスを選定、それを培養してテストするというプロセスに時間と金がかかるからだ。Molcure が開発したプラットフォーム「AbtracerTM」では、人間の血液から取り出した抗体ライブラリをもとに、次世代シーケンシングと人工知能を使った分析により、従来よりも10倍速い抗体医薬品開発を実現する。

pioneers-asia-2016-pioneers-asia-250-molcure-2

日米のバイオテクノロジー企業や大手製薬会社と、フィージビリティスタディの契約を締結。先月開催された、1776 Challenge Cup の東京予選でも、ファイナリストに選出された。

Moneytree(日本)

pioneers-asia-2016-pioneers-asia-250-moneytree-1

Moneytree は、分散している金融情報の集約を助けるアプリを開発。クレジットカード、デジタルマネー、顧客優遇カード、銀行などのウェブシステムと連携、人工知能により自動分類され、アグリゲーションが可能になる。2013年、2014年の二度にわたり AppStore のベストアプリに選ばれる。同社の開発した MT Link を使えば、日本にある2,400以上の金融機関のデータに API アクセスが可能になる。

pioneers-asia-2016-pioneers-asia-250-moneytree-2

現在、マスターカード や IBM をはじめ、パートナー10社と提携。また、みずほ銀行とも提携した。Moneytree は現在、日本でのみ、日本語と英語で利用可能だが、CEO の Paul Chapman 氏は、(アメリカなどではない)他の国への海外展開を計画していると語った。

Moneytree に関する記事

Naio Technologies(フランス)


pioneers-asia-2016-pioneers-asia-250-naio-1

Naio Technologies は、2011年に3人の共同創業者が始めたスタートアップ。レーザーやカメラを搭載した、農業を自動化するロボットを開発。少ない人数でも、広大な土地で農業を営める環境を提供する。このことにより、農薬に頼らない健康的な農業を営むことも可能になり、農家の手間を減らし収入を増やすだけでなく、消費者にとっても身体に良い野菜が提供されることになる。

pioneers-asia-2016-pioneers-asia-250-naio-2

先月、300万ユーロを資金調達。アメリカやアジアへの市場進出を模索中。数ヘクタール程度の広さの標準的な農家の場合で、Naio の農業ロボットを購入後、せいぜい3〜5年間使えばコストを回収できるとしている。

#PioneersAsia で、パーソナルモビリティのWHILLがウィーン賞、創薬開発基盤のMolcureがSMBC賞を受賞

SHARE:

本稿は、Pioneers Asia 2016 の取材の一部である。 23日、東京で開催されている Pioneers Asia 2016 では、午後のセッションで特別賞が2つ発表された(23日18時更新:特別賞の選考基準については、提供者の独自による)。 【ウィーン賞(提供:ウィーン市)】WHILL 副賞:スタートアップ・ウェルカム・パッケージ(ウィーンへの渡航費と宿泊費、ウィーンのコワーキング・ス…

pioneers-asia-2016_special-awards-winners_featuredimage

本稿は、Pioneers Asia 2016 の取材の一部である。

23日、東京で開催されている Pioneers Asia 2016 では、午後のセッションで特別賞が2つ発表された(23日18時更新:特別賞の選考基準については、提供者の独自による)。

【ウィーン賞(提供:ウィーン市)】WHILL

pioneers-asia-2016-special-awards-winner-whill

副賞:スタートアップ・ウェルカム・パッケージ(ウィーンへの渡航費と宿泊費、ウィーンのコワーキング・スペース3ヶ月間の利用権、ウィーンで開催される Pioneers Festival 2016 への参加権)

WHILL は、車椅子を新しくするパーソナルモビリティを開発。昨日、WHILL の Model M が、アメリカの FDA(食品医薬品局)から認可され、医療器具として販売できるようになった。

WHILL に関する記事

【SMBC賞(提供:三井住友銀行、三井住友フィナンシャルグループ)】Molcure

pioneers-asia-2016-special-awards-winner-molcure

副賞:SMBC ベンチャーキャピタルから 1,000万円の投資機会を受ける権利

Molcure は、次世代シーケンシング、バイオインフォマティクス、抗体工学を駆使した高機能抗体医薬品開発プラットフォーム「AbtracerTM」を開発。従来法が持つ固有バイアスを排除し、これまで得る事が難しかった高機能抗体を創出し、革新的な抗体の医薬品開発を支援する。先月開催された、1776 Challenge Cup の東京予選でも、ファイナリストに選出された。

ウィーンから初上陸するスタートアップ・カンファレンス「Pioneers Asia」の見どころ

SHARE:

昨年から今年にかけて、ヨーロッパ発のいくつかのスタートアップ・カンファレンスがアジアに拡大し始めている。昨年はフィンランドの Slush が Slush Asia を初開催し3,000人以上の参加者を集めた。また、アイルランドのダブリン(今年からはポルトガルのリスボン)で開催されている WebSummit は初のアジアイベントとして、昨年、RISE を香港で開催した。そして、オーストリアを起点とす…

announcing-pioneers-asia-2016_featuredimage
Pioneers Festival 2015 の模様(撮影:池田将〜2015年5月・ウィーン)

昨年から今年にかけて、ヨーロッパ発のいくつかのスタートアップ・カンファレンスがアジアに拡大し始めている。昨年はフィンランドの Slush が Slush Asia を初開催し3,000人以上の参加者を集めた。また、アイルランドのダブリン(今年からはポルトガルのリスボン)で開催されている WebSummit は初のアジアイベントとして、昨年、RISE を香港で開催した。そして、オーストリアを起点とするカンファレンス Pioneers Asia が23日、東京で開催される予定だ。

ヨーロッパのカンファレンスの中には、趣向を凝らして現地の古城や宮殿で開催されるものが少なくない。Pioneers は本家ウィーンでは、オーストリア建国の祖・ハプスブルク家が誇るホーフブルク宮殿を会場にして開催されているが、それにならって、東京では日本古来の情緒が体験できる場所として八芳園を会場に選び開催することにしたのだそうだ。

announcing-pioneers-asia-2016_broaderview
ウィーン本家のイベント会場はホーフブルク宮殿(撮影:池田将〜2015年5月・ウィーン)

Pioneers は昨年から、東京で Pioneers 本戦のピッチ・コンペティションに参戦できる予選を開催していたが、それが今回の Pioneers Asia の開催につながったと言える。Pioneers Asia には、オーストリアの科学研究経済担当長官 Harald Mahrer 氏や、ウィーン市長市議会上級議員の Renate Brauner 氏も来訪し講演する予定だ。昨年来、ロンドンパリなど、ヨーロッパの主要都市の市長の来日が相次いでいるが、今回の Pioneers Asia の開催もヨーロッパ諸国で日本のスタートアップ・シーンへの期待が高まっていることの表れと考えてよいだろう。

announcing-pioneers-asia-2016_harald mahrer
オーストリアの科学研究経済担当長官 Harald Mahrer 氏 (撮影:池田将〜2015年5月・ウィーン)
announcing-pioneers-asia-2016_renate-brauner
ウィーン市議会上級議員の Renate Brauner 氏 (撮影:池田将〜2015年5月・ウィーン)

Pioneers Asia での講演者の一例を挙げておくと、THE BRIDGE でもおなじみの豪華な顔ぶれだ。

  • Matt Mullenweg 氏(Wordpress) ・・・ 関連記事
  • Dirk Ahlborn 氏(Hyperloop) ・・・ 関連記事
  • Laurens Rutten 氏(Coolgames) ・・・ 関連記事
  • Brian Wong 氏(Kiip) ・・・ 関連記事
  • Jung-Hee Ryu(류중희)氏(Futureplay) ・・・ 関連記事
  • Cyril Ebersweiler 氏(Hax) ・・・ 関連記事
  • Vinnie Lauria 氏(Golden Gate Ventures) ・・・ 関連記事

THE BRIDGE でも現地レポートをお届けする予定なので乞うご期待。

<関連記事>

オーストリア最大のスタートアップ・カンファレンス「Pioneers Festival」が、東京でメンタリング・プログラム「Pioneers Dojo」を立ち上げへ

SHARE:

オーストリア最大のスタートアップ・カンファレンス「Pioneers Festival」が2016年には初のアジア進出、3月23日には日経との共催により、東京で Pioneers Asia が開催されることが明らかになった。これと歩調を合わせる形で、東京ではメンタリング・プログラム「Pioneers Dojo」が展開される予定で、11月7日のプログラム開始に先立ち、エントリするスタートアップの募集が…

pioneers-dojo_featuredimage

オーストリア最大のスタートアップ・カンファレンス「Pioneers Festival」が2016年には初のアジア進出、3月23日には日経との共催により、東京で Pioneers Asia が開催されることが明らかになった。これと歩調を合わせる形で、東京ではメンタリング・プログラム「Pioneers Dojo」が展開される予定で、11月7日のプログラム開始に先立ち、エントリするスタートアップの募集が開始された。このプログラムでは、5ヶ月間におよぶメンタリングの後、デモデイが3月12日に設定されており、優秀な成果を収めたスタートアップには、Pioneers Asia の会場においてサービスを披露する機会が提供される。

Pioneers Dojo はもともと Pioneers Academy という名前で、Pioneers Festival の一部として経験が豊富ではない起業家やスタートアップにメンタリングを提供するイニシアティブとして機能してきた。Pioneers がアジア進出するのを機にブランドを改め、東京をはじめとするアジアから、オーストリアを中心とするヨーロッパへと進出するようなスタートアップを増やしたいという意気込みから、Pioneers Dojo にリブランドされることとなった。

メンターを務めるのは次の方々だ。

  • Frédéric Peyrot 氏(Japan Venture Show)
  • 木村忠昭氏(アドライト)
  • 田所雅之氏(Fenox Venture Capital)
  • 深田浩嗣氏(Sprocket)
  • Daniel Heffernan 氏(Stripe Japan)
  • Christiane Brew 氏
  • Eli Lyons 氏(Bisiu)
  • 藤井悠夏氏(Famarry)
  • Vickie Paradise Green 氏(Paradigm)
  • 渡邊ベンジャミン広司氏(96プロブレムズ)
  • Dave Branson Smith 氏(96プロブレムズ)

東京で Pioneers Dojo をリードするのは、Orange Fab Asia の運営でも知られる Orange Labs Japan でビジネスアナリストを務めるFrédéric Peyrot 氏だ。彼は2週間に一度のペースで、日本の起業家のインタビューを世界に発信するポッドキャスト・プログラム「Japan Venture Show」を手がけている。

日本では、インキュベータやアクセラレータがメンタリングを提供し、そのバッチの修了時にデモデイでメディアや一般ユーザに成果を披露するケースが一般的だったが、ヨーロッパや中東のスタートアップ・カンファレンスの事例を見ていると、ピッチ・コンペティションに先立って、メンタリング・プログラムが提供されるケースが増えている。トレーニングの機会にあふれるシリコンバレーは例外として、世界の多くのスタートアップ・コミュニティでは、スタートアップがサービスを露出するショーケース・イベントが増える一方で、肝心の新生スタートアップが増えないという問題に直面しているからだ。

今後、メンタリングやインキュベーション、ショーケース・イベントがタグを組み、セットで提供されることは多くなるだろう。

<関連記事>