THE BRIDGE

タグ Pomelo

タイのファッション通販サイトPomelo、同国のシリーズBで最高額となる1,900万米ドルの資金調達に成功——中国EC大手のJD(京東)らがリード

SHARE:

タイのファッション通販サイト Pomelo は本日(11月1日)、シリーズ B ラウンドで1,900万米ドルの資金を調達したと発表した。その額は、タイ発スタートアップのシリーズ B において過去最高額になると言われている。 同ラウンドは中国 e コマース大手の JD とインドネシアの投資会社 Provident Capital Partners が共同でリードし、アメリカの非公開株投資会社 Lom…

Pomelo
Image credit: Pomelo

タイのファッション通販サイト Pomelo は本日(11月1日)、シリーズ B ラウンドで1,900万米ドルの資金を調達したと発表した。その額は、タイ発スタートアップのシリーズ B において過去最高額になると言われている。

同ラウンドは中国 e コマース大手の JD とインドネシアの投資会社 Provident Capital Partners が共同でリードし、アメリカの非公開株投資会社 Lombard Investments も参加した。

バンコクに本社を置く Pomelo は2014年に設立された。韓国発ファッションアイテムのオンライン販売から始まり、現在はデザイナーとともに自社ブランド商品の開発に取り組んでいる。

2014年9月にはプレシリーズ A ラウンドで160万米ドルを調達しており、東南アジアにおける創業期の e コマース関連スタートアップでは例を見ないほどの多額の資金が集まった。

その後、シリーズ A ラウンドを経て昨年10月までに総額1,100万米ドルの資金調達に成功。このシリーズ A では Jungle Ventures、500 Startups などが参加していた。

同社のプレスリリースでは、本日(11月1日)の調達額はタイのスタートアップにおけるシリーズ B ラウンドでは史上最高額になると述べられている。これは Tech in Asia のデータと一致しており、今までの最高額は2016年7月、オンライン決済会社 Omise が集めた1,750万米ドルであった(Omise は今年、トークンの発行でさらに2,500万米ドルの資金を確保している)。ちなみに、同じくバンコクを拠点とする競合ファッションサイト Zilingo も、今年9月のシリーズ B で1,700万米ドルを調達している。

JD による Pomelo への出資は、タイ、ひいては東南アジアへの注目度が最近高まっていることを示しており、特筆すべき出来事である。JD は9月にも、タイの店舗販売型小売大手である Central Group と5億米ドル規模のジョイントベンチャーを立ち上げている。また、中国の Tencent とともにリードした総額12億米ドル規模とされる投資ラウンドの中で、インドネシアの配車サービス Go-Jek にも出資している

【via Tech in Asia】 @techinasia

【原文】

----------[AD]----------

ファストファッションeストアのPomelo、シリーズAラウンドで新たに資金を調達、総額は1,100万米ドルに

SHARE:

東南アジアを商圏とするオンライン小売店の Pomelo は本日(10月27日)、シリーズ A ラウンドで新たな資金を調達し、総額が1,100万米ドルになったと発表した。 Jungle Venture はかつて Pomelo のプレシリーズ A ラウンドをリードしたが、今回のフォローオン投資でも中心となった。既存投資家に加え、Andre Hoffmann 氏、500 Startups(500 Tuk…

Image credit: Pomelo
Image credit: Pomelo

東南アジアを商圏とするオンライン小売店の Pomelo は本日(10月27日)、シリーズ A ラウンドで新たな資金を調達し、総額が1,100万米ドルになったと発表した。

Jungle Venture はかつて Pomelo のプレシリーズ A ラウンドをリードしたが、今回のフォローオン投資でも中心となった。既存投資家に加え、Andre Hoffmann 氏、500 Startups(500 Tuk Tuks ファンドとともに)、Jonathan Price 氏といった新規投資家も加わった。

Pomelo はこの地域に130人の従業員を抱えており、今回の資金を活用して東南アジアでの事業を拡張する計画だ。同社は Meg Mistry 氏(Zalora の前地域クリエイティブディレクター)をブランドプレジデント、James Lamrock 氏(Luxola、現 Sephora の前チーフロジスティクスオフィサー)を地域オペレーション部門 VP として迎えており、強力な布陣を敷いている。TPG の現シニアアドバイザー Jonathan Price 氏が Pomelo の顧問となっている。彼はかつて Body Shop Asia のマネージングディレクター、Targus のグローバル COO を務めた人物だ。

Pomelo がつつましくタイで設立されたのは2013年だった。バンコクに本社を置き、ジャカルタとシンガポールにオフィスを構えるオンライン小売の同社は現在、世界44ヶ国以上に顧客を有する。Pomelo は今や clothesencounters の Jenn Im 氏など、有名なファッション系ユーチューバーも話題にしているほどだ。

Stanley Chum 氏(Pomelo の地域実務・人事部門 VP)は Tech In Asia に対し、Pomelo では自動化されたサプライチェーンにより在庫を分析しているとした上で、こうコメントしている。

これによりコスト削減が可能になり、顧客に優れたサービスを提供できるようになりました。

Pomelo は自社でデザイナーと生産施設を抱えているが、それがユニークな強みとなっている。Pomelo の共同設立者で CEO の David Jou 氏はこう話している。

東南アジアの e コマースは明らかに転換点にさしかかっていますが、この急成長するファッション業界でリーダーでいられるのは幸せなことです。

Stanley 氏はさらに次のように述べた。

当社には自社のデザイナーがいて施設もありますので、仲買人が要らず、顧客にお買い得な価格を提示できるのです。

同社サイトにアクセスすれば簡単に Pomelo で買い物ができる。品物を選んでショッピングカートに入れた後、クレジットカード、銀行振込、代引きのいずれかで決済する。ユーザの住所に応じて1~3営業日での配達を公式サイトで約束している。

(10月27日午後5時20更新:本記事のタイトルと導入部分を一部編集済み。Tech In Asia は当初 Pomelo がシリーズ A ラウンドを終了したと記載したが、Pomelo 広報によると、今回の投資はフォローオン追加投資でラウンドはまだ終了していない。)

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

----------[AD]----------