タグ Pony.ai(小馬智行)

自動運転のPony.ai:激しい開発競争を続ける競合たち(3/3)

SHARE:

(前回からのつづき)Pony.aiの競合であるDaimlerは、2018年夏に中国政府から許可を得て、北京の公道でBaiduのApolloプラットフォームを搭載した自動運転車のテスト走行を行った。スタートアップのOptimus Rideは、ブルックリンで小型の無人シャトルバスを構築した。Waymoは2018年11月にカリフォルニア州車両管理局(DMV)から自動運転車のテスト許可を得た最初の企業であ…

(前回からのつづき)Pony.aiの競合であるDaimlerは、2018年夏に中国政府から許可を得て、北京の公道でBaiduのApolloプラットフォームを搭載した自動運転車のテスト走行を行った。スタートアップのOptimus Rideは、ブルックリンで小型の無人シャトルバスを構築した。Waymoは2018年11月にカリフォルニア州車両管理局(DMV)から自動運転車のテスト許可を得た最初の企業であり、米国の25カ所以上の都市で2,000万マイル以上の実地走行を、さらに数十億マイルのシミュレーション走行を行っている。他の競合にはTesla、Aptiv、May Mobility、Cruise、Aurora、Argo AI、Pronto.ai、Nuroが挙げられる。

ただし、資金調達の面から言えばPony.aiのライバルはNuro、Waymo、Cruise、Argoのみだ。Argo以外はベンチャーキャピタルから30億ドル以上を調達している。評価額はArgoが75億ドル、Waymoが1,750億ドルだ。

幸運にもPony.aiは、レベル4のロボタクシー車両の開発に向けて中国の国有自動車グループのFAW Groupおよび広州を拠点とする自動車メーカーのGAC Groupと提携している。また、On Semiconductorの協力も得てマシンビジョン用の画像センシング・処理テクノロジーのプロトタイプを作成している。さらにPony.aiは、2019年末時点で150万キロ(約932,056マイル)以上を自動運転走行しており、Yandex(200万マイル)やBaidu(180万マイル)に追いつくのも時間の問題となっている。

シリーズCエクステンションラウンドには、ブルネイの政府系ファンドであるブルネイ投資庁とCITIC Private Equity Funds Management(CPE)が参加した。Pony.aiの既存投資家にはトヨタ、ゲームパブリッシャーのBeijing Kunlun Wanwei、Sequoia Capital China、IDG Capital、Legend Capitalがいる。今回のラウンドを主導したのはカナダ・オンタリオ州教職員年金基金のTeachers’ Innovation Platformで、他にFidelity China Special Situations PLC、5Y Capital、ClearVue Partners、Eight Roadsなども参加した。

CPEの広報担当はVentureBeat宛のeメールでこう語っている。

「技術革新は常に伝統的な産業を変革しつづけています。自動運転は近い将来、伝統的な輸送のあり方を変えるでしょう。CPEはPony.aiがこの流れをリードし、急速に成長するチャンスを掴む手助けをしてくれると信じています」。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録

自動運転のPony.ai:ロボタクシーのメリットとデメリット(2/3)

SHARE:

(前回からのつづき)広州とフリーモントにオフィスを構えるPony.aiは、北京で自動運転車のテストライセンスを取得した数少ない企業のひとつだ。カリフォルニアでは、カリフォルニア州公益事業委員会からロボタクシーの運営許可も得ている。カリフォルニアでこのライセンスを持っている企業は他に、Cruise、AutoX、Aurora、Voyage、Waymo、Zooxのみである。 昨年10月、Pony.aiは…

(前回からのつづき)広州とフリーモントにオフィスを構えるPony.aiは、北京で自動運転車のテストライセンスを取得した数少ない企業のひとつだ。カリフォルニアでは、カリフォルニア州公益事業委員会からロボタクシーの運営許可も得ている。カリフォルニアでこのライセンスを持っている企業は他に、Cruise、AutoX、Aurora、Voyage、Waymo、Zooxのみである。

昨年10月、Pony.aiはViaおよびHyundaiと提携して、パイロットプログラム「PonyPilot」に次ぐPony.aiの第二の公共ロボタクシーサービス「BotRide」を中国の南沙区でローンチした。BotRideでは、Viaが開発したアプリを通して乗客・相乗り客が自律型のHyundai Kona電動SUVを呼ぶことができる。車両は10台あり、運転席には人間のセーフティドライバーが乗務する。

8月、Pony.aiはBoschと「自律型車両向けの自動メンテナンス/修理の未来を探る」という合意に達した。Pony.aiと北米にあるBoschの自動車アフターサービス部門は、商用ロボタクシープログラム用の車両メンテナンスソリューションを開発・試験する計画だ。Pony.aiによると、サンフランシスコのベイエリアにて、7月上旬にBoschとのメンテナンスプログラムの試験運用を開始した。

この他に自動運転によって車両の継続的な運用とダウンタイムの削減が期待される。2017年のMcKinseyの報告によれば、ロボタクシーの運営は自家用車の所有と比較して30%〜50%、共有モビリティと比較して約70%も総所有コストを削減し、市場を大きく揺るがす可能性がある。だがロボタクシーは定期的なモニタリングに欠け、乗務の合間が数分しかなく、LiDARセンサーなど高価で繊細かつ一般的ではないパーツを使用しているなどの理由から、自動車とは大きく異なるメンテナンスインフラストラクチャを必要とするだろう。(次につづく)

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録

自動運転のPony.ai:1億ドル調達して評価額は53億ドルに(1/3)

SHARE:

自動運転車スタートアップのPony.aiは本日(訳註:原文掲載日は2月7日)、シリーズCエクステンションラウンドで1億ドルを調達したことを発表した。この資金により、同社の総調達額は10億ドル超となり、評価額は2020年2月の30億ドルから53億ドルへ上昇した。 一部の専門家は、パンデミックによって自律輸送テクノロジーの採用が加速すると予測している。自動運転車は消毒が必要ではあるが、感染症拡大のリス…

Image Credit: Pony.ai

自動運転車スタートアップのPony.aiは本日(訳註:原文掲載日は2月7日)、シリーズCエクステンションラウンドで1億ドルを調達したことを発表した。この資金により、同社の総調達額は10億ドル超となり、評価額は2020年2月の30億ドルから53億ドルへ上昇した。

一部の専門家は、パンデミックによって自律輸送テクノロジーの採用が加速すると予測している。自動運転車は消毒が必要ではあるが、感染症拡大のリスクは最小限にとどめられる。たとえば、Pony.aiはCOVID-19による医療危機において、カリフォルニア州で1万5,000件以上もの食品や医療キットを配達したとしている。

2016年、元BaiduのチーフアーキテクトであるJames Peng氏は、Waymoへスピンオフされる前にGoogle Xの自動運転車プロジェクトに携わっていたTiancheng Lou氏とともにPony.aiを共同設立した。二人は工業団地、大学のキャンパス、小さな町などの「予測可能な」環境向けに、レベル4の自動運転車(自動車技術者協会の定義によると、特定の条件下で人間の監督なしに走行できる車)を開発し、数年以内に試験展開することを目指している。

Ponyのフルスタックハードウェアプラットフォーム「PonyAlpha」は、LiDAR、レーダー、カメラを利用して車から200メートル以内にある障害物を監視する。PonyAlphaはカリフォルニア州フリーモントと中国の北京・広州のテストカーに導入された同社の完全自律型トラックおよび貨物配送ソリューションの土台であり、2019年4月にテストが開始されている。(次につづく)

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録

中国のゲームパブリッシャーKunlun(崑崙)、Pony.ai(小馬智行)の株式3%と引き換えに5,000万米ドルを出資へ

SHARE:

中国・広州に拠点を置く自動運転スタートアップ Pony.ai(小馬智行)は、中国のゲームパブリッシャー Kunlun(崑崙)から資本注入を受ける予定だ。4月12日に TechCrunch が伝えたところによると、これまでに Musical.ly、ライブストリーミング企業 Inke(映客)、出会い系アプリ Grindr、少額融資の Qudian(趣店)に出資してきた Beijing Kunlun W…

kunlun.jpg
Pony.ai(小馬智行)の自動運転車
Image Credit: Pony.ai(小馬智行)

中国・広州に拠点を置く自動運転スタートアップ Pony.ai(小馬智行)は、中国のゲームパブリッシャー Kunlun(崑崙)から資本注入を受ける予定だ。4月12日に TechCrunch が伝えたところによると、これまでに Musical.ly、ライブストリーミング企業 Inke(映客)、出会い系アプリ Grindr、少額融資の Qudian(趣店)に出資してきた Beijing Kunlun Wanwei(北京崑崙万維)は4月第2週、中国証券監督管理委員会(CSRC)への報告書の中で、Pony.ai の株式3%と引き換えに5,000万米ドルを投資する計画を発表した。

Pony.ai は VentureBeat への e メールの中で、同資金はプレ B ラウンドとして充当することを明かした。同社は以前、ClearVue Partners と Eight Roads(Fidelity International Limited の投資子会社)がリードインベスターを務めたラウンドで1億200万米ドルを調達している。これまでに調達した資金総額は2億1,400万米ドルになり、企業価値は10億米ドルを超えた。

この1月以降 Pony.ai は社員数を3倍に増加させた。ベイエリアと中国で試験運転を実施し、広州(Pony.ai の中国本部がある)で自動運転車走行をロールアウトしてこれまでに数千回の運転を行っている。また、3,107マイル以上の走行距離を記録、6種のテストで39の能力を証明し、10日間に渡る「全般的な」安全および運営に関する評価付けを終了して広州内での自動運転テストを行う認可を受けた。(政府からの認可はまだ今回のものを含めて2件しかない。)

以前中国の検索エンジン Baidu のチーフ設計者も務めた、Pony.ai の CEO の James Peng(彭軍)氏は、Tiancheng Lou(樓天成)氏と共に2016年に同社を共同設立した。Lou 氏は、Google X から Waymo がスピンオフする前に、Google X の自動運転車プロジェクトに携わった人物だ。両者は今から2~3年の展開を視野に入れ、自動車技術者協会(SAE)の定めるレベル4の自動運転車を開発することを目指している。これは、工業団地、大学のキャンパス、小さな町など「予測可能な」環境で、一定の条件下では人間の監視がなくても自動運転できる車だ。

Pony.ai は Daimler との競争の中にある。Daimler は昨夏、中国政府から、北京の公道で Baidu(百度)の Apollo(阿波羅)プラットフォームを利用した自動運転車を試験運転する認可を得た。これは氷山の一角に過ぎない。スタートアップ Optimus Ride は、ニューヨーク市で自動運転の小さなシャトル車両を開発する予定だと発表した。これは、自動運転車の企業 Drive.ai がテキサス州アーリントンにも進出したというニュースに続くものだ。Waymo は、アメリカの25以上の都市で1,000万マイルの実地走行を行い、約70億マイルの模擬走行を行ってきた。そして、2018年11月には、同社はカリフォルニア州陸運局(DMV)から自動運転車テストを行う認可を受けた初の企業となった。他の競合には GM の Cruise Automation、Tesla、 Zoox、Aptiv、May Mobility、Pronto.ai、Aurora、Nuro などがいる。

しかし、中国のモビリティ業界を取り巻く資金は大量にある。McKinsey 報告によると、中国における自動運転車とモビリティサービスは、2030年までに5,000億米ドル規模になる見通しだ。その頃には、約800万台の自動運転車が公道を走るようになるとされている。Peng 氏は以前の声明で次のように述べた。

自動運転車にとって次なる大きな課題は、自動運転車の小中規模での活用だと確信しています。それは、システムの全体の安定性と信頼性を有効にする上で、非常に重要なステップなのです。

Pony.ai に出資した投資家は、Green Pine Capital Partners、China Merchants Capital(招商局資本)、Redpoint Ventures China(紅点風険投資)、Delong Capital(徳龍資本)のほか、既存投資家の Sequoia Capital China(紅杉資本)、Morningside Ventures(晨興創投)、DCM Ventures、Hongtai Capital(弘泰資本)がいる。

<関連記事>

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録

自動運転スタートアップのPony.ai(小馬智行)、シリーズA1ラウンドで1億200万米ドルを資金調達

SHARE:

自律運転のスタートアップ Pony.ai(小馬智行)がA1資金調達ラウンドで1億200万米ドル相当を確保した。同ラウンドのリードは ClearVue Partners(鍇明投資)と Eight Roads。この資金は Pony.ai 製品の商業化の加速に投じると、China Money Network が伝えている。 2018年1月、Pony.ai は設立からわずか1年のシリーズ A ラウンドで1…

自律運転のスタートアップ Pony.ai(小馬智行)がA1資金調達ラウンドで1億200万米ドル相当を確保した。同ラウンドのリードは ClearVue Partners(鍇明投資)と Eight Roads。この資金は Pony.ai 製品の商業化の加速に投じると、China Money Network が伝えている

2018年1月、Pony.ai は設立からわずか1年のシリーズ A ラウンドで1億1,200万米ドルを受け取っている。同ラウンドは Morningside Venture Capital(晨興資本)と Legend Capital(君連資本)がリードした。今回のラウンドによって、世界のあらゆる場所で強力な競争力を持てるようになる。

設立者の2人である James Peng(彭軍)氏とLou Tiancheng(樓天成)氏は、Baidu(百度)と Google の両社で自律運転プロジェクトに携わった経歴を持つ。Pony.ai はカリフォルニアに拠点を置いているが、中国発の会社と自認しており、昨年10月広州に中国本社を開設した。

TechNode(動点科技)との以前のインタビューで、Lou Tiancheng 氏はなぜ中国市場が同社にとって非常に重要なのかを説明している。Lou 氏によると、1990年代初めに携帯電話が一部の地域限定で始まったのと同じように、自動運転も小さなエリアからグローバルに広がっていくとしている。

自動運転で難しい部分の1つは、他の人の意図を理解しようとすることです。他人の意図を理解するのは、画像認識よりもはるかに難易度が高いのです。これは人間にとってでさえ難しいことです。どんな意図パターンがあるのかは国によってまったく違う可能性だってあるのです。

Pony.ai はレベル4の自律走行、言い換えれば人間からの入力が不要な完全な自動運転が可能な車両を開発している。今年2月、JingChi(景馳)と共同で、広州の南沙島で「ロボットタクシー」のテストを開始した。JingChi は Baidu の元役員が設立した中国の自律走行車両スタートアップだが、同社に企業秘密を盗まれたと Baidu が糾弾してからは、両社の関係は不安定なものになっている。

Pony.ai は中国第2位の自動車メーカーである Guangzhou Automotive Group (広州汽車、GAC)との契約を2月に発表している。同社からの最新ニュースによれば、北京で自動運転車両を試験するライセンスを取得したとのことだ。

【原文】

【via Technode】

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録