BRIDGE

タグ Portion

Portion、ブロックチェーン上に記録されたデジタルアート作品〝クリプトアート〟や〝クリプトコレクティブル〟のオークションハウスを設立へ

SHARE:

分散型台帳としてのブロックチェーン技術は、改ざん耐性や透明性が高く検閲のない記録データベースの提供に適しており、広範な業界や慣行において不正の抑止力となっている。 これは特にアートの世界にも当てはまり、主に価値の高い作品の認証でブロックチェーンは既に利用されている。しかし、アートやコレクティブル、高級品の世界にブロックチェーンが及ぼす影響はそれだけにとどまらない。 クリエイターおよびコレクター向け…

分散型台帳としてのブロックチェーン技術は、改ざん耐性や透明性が高く検閲のない記録データベースの提供に適しており、広範な業界や慣行において不正の抑止力となっている。

これは特にアートの世界にも当てはまり、主に価値の高い作品の認証でブロックチェーンは既に利用されている。しかし、アートやコレクティブル、高級品の世界にブロックチェーンが及ぼす影響はそれだけにとどまらない。

クリエイターおよびコレクター向け透過的プラットフォームの Portion は本日(原文掲載日:7月25日)、ブロックチェーンベースのグローバルオークションハウスを発表した。機関投資家からの550万米ドルの資金を後ろ盾に、Portionはクリエイター、コレクター、入札者に対して価値の高い商品を仮想通貨で取引する上での信頼性の高い手段を提供することを目指している。

ただし、これはブロックチェーンを活用した eBay をつくる試みではない。

Portion 共同設立者の Peter Engleman 氏は次のように話す。

Portion は市場のハイエンドに重点特化しています。

今後数ヶ月内にローンチする第1弾のプラットフォームは著名アーティストに直接訴求することを狙っています。将来的に Portion は、物理的な商品も取り扱えるように拡張することを計画しており、当社では物理的な商品とブロックチェーン証明書を関連づけるメカニズムの開発に取り組んでいます。ブロックチェーン証明書は独自のトークン規格で、真正性を検証し、将来の譲渡に向けて商品の来歴の起点となります。

オンラインオークションでは毎年8万人以上の人が未払いや商品未着の被害を受けており、その被害総額は1億3,800万米ドルを超える。これはオンラインオークションの詐欺の一種でしかないが、過去9年間にわたり、FBI が対応するインターネット犯罪の年間上位5種の常連となっている。

ブロックチェーンを利用すると、商品の承認・認定と代金の支払いを確実に実現できる。Portion に登録された取引はすべて、この技術によって実行され、所有権の透明性が確保でき、すべての商品に最終価格が支払われるようになる。

また、仮想通貨のみを取り扱うことで Portion はリアルタイムで資金証明を検証でき、十分な資金があるユーザだけが商品に入札できるように限定できる。オークションが終了すると、資金はスマートコントラクトに保留され、落札者が商品を受け取ると出品者に入金される。

では、Portion で売買可能な商品は何か?

Portion はアーティストがクリプトアートおよびクリプトコレクティブルを創り出すためのプラットフォームをローンチします。

コミュニティで尊敬を集めているアーティストに注力することで、Portion はユーザのコミュニティに名の通った作品やクリエイターの手による高品質の作品を提供していきます。将来的には同じアーティストやクリエイターの方々と協力して、クリエイターから消費者に物理的な商品も提供していきたいと考えています。(Engleman 氏)

Portion は商品が本物で、出品が適切に商品を表していることを確実にする3段階のプロセスを構築した。当初は自社パートナーを通じて認証し、ユーザに Portion のブロックチェーン証明書を生成する権限を付与するにあたって、全ユーザにインタビューを実施し、その信用を示すものの提示を求めていく。

売買可能な商品をクリエイターが作成する必要があるだけでなく、プラットフォーム上のすべてを認証するという厳格なポリシーがあることは、規模を拡大していく上での阻害要因とはならないのだろうか?

クリプトアートとクリプトコレクティブルに続き、Portion はその他のアートやコレクティブル分野も取り扱えるよう拡張していく予定です。

高級品の来歴の起点となる各ブランドと直接協力することで、Portion は先々必要となる認証を再認証だけに限定できます。Portion に登記されていない商品については、世界中の認証局ネットワークを活用していきます。当初はクリエイターから消費者への販売に集中することで、Portion のプラットフォームの規模拡大が簡単になります。ですが、単に取引量を大きくすることよりも品質確保の方が重要です。(Engleman 氏)

では、Portion の今後は?

Portion 今後数ヶ月内に自社にとって初のプラットフォームをローンチします。

ユーザが売買するたびにリアルタイムで価格が変動する、デジタルアート専門のマーケットプレイスを想像してみてください。仮想通貨に熱中している人々が新たな手法で新しくエキサイティングな資産へと投資を多様化させていく傾向の中、クリプトアートは既にトップの投資対象の1つとなっています。Portion はこれをさらに進化させ、物理的な商品分野にも参入し、クリエイターとコレクターをつないでいきたいと思っています。(Engleman 氏)

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】