BRIDGE

タグ PPTV

ウルトラマンの著作権の侵害で、中国の動画配信サイトがわずかな処罰を受ける

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 中国の主要動画配信サイトの一つであるPPTVは、昨年同サイト上で日本の子供向けシリーズであるウルトラマン(写真右)の著作権を事実上侵害したとして、法廷から罰金の支払いを命じられた。上海裁判所はPPLiveが所有するPPTVに対し、同社の違反行為の罰金として25,000 人民元 (4,000 米ドル) を支払うよう命じた。しかし、地元の権利者はこの処罰はあまり…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

中国の主要動画配信サイトの一つであるPPTVは、昨年同サイト上で日本の子供向けシリーズであるウルトラマン(写真右)の著作権を事実上侵害したとして、法廷から罰金の支払いを命じられた。上海裁判所はPPLiveが所有するPPTVに対し、同社の違反行為の罰金として25,000 人民元 (4,000 米ドル) を支払うよう命じた。しかし、地元の権利者はこの処罰はあまりにも軽過ぎると語っている。

日本の子供達とっては象徴的なこのSF作品は、中国では上海のSCLAが管理をしている。全52話の第一話が2011年の1月26日にPPTVのビデオサイトに登場すると、SLCAは著作権侵害行為の証拠を明らかにした。SLCAが削除依頼を通告した直後の、同年6月24日までには、ウルトラマン作品の全編は削除された。その際、SLCAはPPTVに対し、作品を2年間にわたり非独占的にストリーミングできる権利を$1040万でオファーしたが、締結には至らなかった。

裁判所は、宣伝の代わりにビデオが無料で提供されていたこと考慮すれば、25,000 人民元は妥当だと判断した。しかし、SCLAはやや多めの150,000 人民元 (24,000米ドル)の賠償を要求しており、おそらく上告すると思われる。

1960年代の不安定なセットや特殊効果にも関わらず、ウルトラマンは中国を始めこの地域の子供達には広く親しまれている。ペナルティー額が少ないのは、もしかすると知的財産権に対する法整備のゆるさの表れかもしれない。もしくは年配の裁判官が、オンライン広告がいかに儲かるか、またテレビ番組のライセンス料がどれほど高いのかを分かっていないのではないかと思う。

1.ウィキペディアによると、ウルトラマンは40のエピソードからなる。この数字と、情報源による数字が一致しないのである。(2月17日更新 eviltofuが提供した2つめのコメントの説明を参照)

【viaTech in Asia】 @TechinAsia

中国のビデオ・オン・デマンドサービス“PPTV”と“WASU”の合併がもたらす革新

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 この記事はJosh Fennにより執筆された。 中国で最も人気があるインターネットのビデオ・オン・デマンドサービスは PPTV と WASU だ。ラスベガスで開催された今年のコンシューマー・エレクトロニクス・ショーにて、この2社は消費者戦略的パートナーシップを進め、インターネットTV分野に参入する計画があることを発表した。この発表を行った際、WASUの会長Q…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

この記事はJosh Fennにより執筆された。

中国で最も人気があるインターネットのビデオ・オン・デマンドサービスは PPTV と WASU だ。ラスベガスで開催された今年のコンシューマー・エレクトロニクス・ショーにて、この2社は消費者戦略的パートナーシップを進め、インターネットTV分野に参入する計画があることを発表した。この発表を行った際、WASUの会長Qiang Cao氏と、PPTVの最高経営責任者Vincent Tao博士は、2社間の関係を深めることで得られる様々なメリットについて述べた。

ソーシャルネットワーキング、ビデオシェアリング、オンラインショッピング、そしてその他多くのサービスが中国の顧客に向けて提供される可能性があると言う。彼らがインターネット界に介入する上で最も重要な要素は、インタラクション(つながり)だとしている。消極的にテレビ番組を視聴するだけではなく、コンピューター上でオンラインコミュニティ上でつながっているようにインタラクティブなものになる。現在2社はソフトウェア開発の業務に従事しており、消費者向けのTVなどを生産する計画はないとしている。

オンラインTVは中国の広い範囲で人気を帯びているが、これには2つの背景がある。快適なストリーミングの速度と、国営のテレビチャンネルでは見ることができない海外の番組が豊富であることだ。実際に中国のテレビ番組は、より自由で高予算の海外の番組と比べると2次的なものと見られている。しかし、海外番組に対する著作権を強化するべく、PPTV、WASU、 PPStreamと他オンラインTVサービスは先頃、海外番組の多くをコレクションから排除した。よって、PPTVとWASUのパートナーシップ提携後の番組のラインアップは、おそらく当地の中国番組や映画に焦点を置いたものとなるだろう。

現在の中国の若者層の間のメディア消費において、パーソナライズすることとつながりを持つという2つのことが大事な要素だ。人々は、自分達のコンピューター(もしくはモバイルデバイス上)で好きな番組をいつでも視聴し、最新のエピソードについて友達とオンラインで語り合う。中国のケーブルTVサービスにはオンラインTVのような柔軟性が欠如しているため、多くの若者達はエンターテイメントをオンラインに求める。オンラインゲームとソーシャルメディアは共に、従来のTV番組から人々を遠ざけたと言える。

インターネットTVは中国ではおぼつかない立ち位置にある。フルサイズのHDTVが最高の視聴体験を提供することにほぼ間違いはないのだが、中国の若者はiPad、携帯、そしてポータブルゲームコンソール上で番組を視聴することに慣れ親しんでいる。

さらにコンピューターと競い合っていくためには、PPTVとWASUのサービスに強力なソーシャルメディア的要素が求められる。 RenRenとSinaWeiboのインテグレーションは必須だろう。もちろん、これらいくつかの機能はTVハードウェア製造者の気まぐれによるところがある。だが、良質なテレビ番組の提供、人と交流するための楽しく直感的な方法、コンピュータをシャットダウンさせる理由などはPPTVとWASUの腕にかかっている。

【via PennOlson】 @pennolson