タグ PRIME(旧PrimeAgain)

ライバープロダクション開始から4年半、PRIMEが博報堂DYベンチャーズから資金調達

SHARE:

PRIME のチーム。左から2人目が創業者で CEO の阿部伸弘氏。 Image credit: Prime 読者の中には、プライムアゲインというスタートアップのことを覚えている人がいるかもいれない。自然消滅系動画共有アプリ「winker」や写真デコレーションアプリ「DecoAlbum」といった、それまでとは一味違った SNS(ソーシャルネットワーキング)サービスを提供していた。 実に6年半ぶりに…

    PRIME のチーム。左から2人目が創業者で CEO の阿部伸弘氏。
    Image credit: Prime

読者の中には、プライムアゲインというスタートアップのことを覚えている人がいるかもいれない。自然消滅系動画共有アプリ「winker」や写真デコレーションアプリ「DecoAlbum」といった、それまでとは一味違った SNS(ソーシャルネットワーキング)サービスを提供していた。

実に6年半ぶりにこのスタートアップのことを書くが、社名を PRIME に改め、事業内容もライバープロダクションへとピボットしていた。ちなみに、スタートアップで人流があるのは日常茶飯事だが、以前 CFO や COO を務めていた小島舞子氏はプライムアゲインを離れ、2016年9月にチャットブックを設立している(設立当時の社名はヘクト)。

PRIME は8日、博報堂 DY ベンチャーズから資金調達したことを明らかにした。具体的な調達金額やラウンドステージは明らかにされていない。PRIME はプライムアゲイン時代の調達から合わせて複数回にわたり累積合計約5億円を調達したことを明らかにしており、2015年6月から2021年12月までに、今回の調達を含めて約4億円を調達したことになる。

PRIME がライバープロダクションにピボットしたのは2017年4月。創業者で CEO の阿部伸弘氏は一貫して SNS を愛し、それを事業にしてきたが、SNS のトレンドが動画やライバーにシフトしたため、現在の事業に注力することとなった。中国ではインターネットする人の7割程度、約5億人がライバーを見ているとされ、当時、遅かれ少なかれ、この流れは日本にやってくると踏んだという。

起業した2010年、スマートフォンシフトが起こった。そして2017年には、SNS のライバーへのシフトが起こると思って、事業をピボットした。ライバーのためのプラットフォームが増えていく中、ライバーを支援する仕組みが作れると考え、現在はライバーを支援する MCN(マルチキャストネットワーク)みたいなサービスに加え、Discord のようなライバーがファンをエンゲージできるアプリを開発している。(阿部氏)

阿部氏によれば、ライバーの成長を促す(視聴ファンを増やす)ためのアクションは、以前やっていたアプリのグロースに概念的に近いそうだ。新規のユーザを獲得する一方、既存ユーザをファンにしていく。このノウハウは、以前の SNS アプリの時代も、現在のライバープロダクションにおいても、考え方は同じだと話す。

YouTuber の事務所である MCN は、YouTuber が YouTube から得られる報酬の一部を MCN とシェアする形をとるため、芸能人などと同じく金銭的なメリット(報酬の取り分)と得られる支援体制を天秤にかけ、MCN を選んだり移籍したりする。対して、ライバープロダクションは、収入をライバープラットフォームから得るため、ライバーにはデメリットが生じにくいという。

これは基本的には広告収入モデルしか存在せずプラットフォーム同士の競争が起きづらい YouTube の世界と異なり、バーチャルアイテム(投げ銭)の販売で莫大な売上を稼ぎ出し、複数のプレーヤーがしのぎを削り合うライバープラットフォーム業界ならではの事情と言っていいだろう。プラットフォーマーは優秀なライバー獲得に向け、PRIME のようなプロダクションに報奨金を出すからだ。

メタバースの世界では、「Axie Infinity」を始めとする NFT ゲームが Play-to-Earn(遊んで稼ぐ)のモデルを持ち込み、物価や生活コストの高くない発展途上国では、ゲームを楽しんだ結果として、家を建てたり、借金を返せたりする事例が出ていることをお伝えした。NFT ゲームと対照的に、ライバーは「3D リアルにおける Play-to-Earn」だと阿部氏は語る。

ライバーはもはや職業。ライバープラットフォームで1日3時間配信すれば、やる気さえある人なら、月に15〜20万円は稼げてしまう。Instagram みたいに、互いに映えを競う競争とかもない。PRIME の場合は、ライバーは30代前後の女性が多く、リスナー(ライバーの配信を見るユーザを PRIME ではこう呼んでいる)は40〜60代の男性のサラリーマンが多いという感じだ。(阿部氏)

ライバープロダクションの仕事は、素質のあるライバー候補を見つけ出し、彼らにより魅力的なコンテンツ作りとファンをエンゲージするためのノウハウを教育することだ。PRIME は現在15名ほどの社員と、カスタマーサクセス・カスタマーサポートや業務委託を含め合計60名ほどの組織体制だが、同社では今回調達した資金を使って、事業拡大の加速のため人材採用と組織拡大に注力する。将来的には、ライバー養成のシステム化を図りたいとしている。

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録


プライムアゲインがEast Ventures、アイモバイル、gumi venturesらから約1億円を資金調達

SHARE:

自然消滅系動画共有アプリ「winker」や写真デコレーションアプリ「DecoAlbum」で知られるプライムアゲインは10日、East Ventures、アドネットワークのアイモバイル、gumi ventures、名前非開示の個人投資家から約1億円を資金調達したと発表した。調達した資金は、主に winker の追加開発に使用される。また、同社は早稲田での創業以降、この数年間にわたり六本木にある Ea…

primeagain-team
プライムアゲインのチームメンバー。左から2人目が CEO の阿部伸弘氏、最右が CFO/COO の小島舞子氏。

自然消滅系動画共有アプリ「winker」や写真デコレーションアプリ「DecoAlbum」で知られるプライムアゲインは10日、East Ventures、アドネットワークのアイモバイルgumi ventures、名前非開示の個人投資家から約1億円を資金調達したと発表した。調達した資金は、主に winker の追加開発に使用される。また、同社は早稲田での創業以降、この数年間にわたり六本木にある East Ventures の協働スペースで活動を続けてきたが、社員の増加に伴い、渋谷に独立したオフィススペースを開設し移転したことも明らかにした。

プライムアゲインの共同創業者で CEO の阿部伸弘氏によれば、自然消滅系写真共有アプリ Snapchat には毎日8億枚の写真が投稿されており、この数は、Facebook 上に投稿される写真数約4億枚の倍の数に匹敵する(Snapchat の写真投稿数Facebook 写真共有数には諸説あり)。Snapchat はそのインターフェイスの特徴からユーザが欧米に限られているため、日本を中心とするアジアには、自然消滅系の動画や写真の共有アプリに大きな可能性があると確信している。

winker をローンチしてからのこの一年、ひたすらユーザヒアリング、機能追加、大学のサークルなどを通じてユーザを拡げるという活動を繰り返してきました。自然消滅系の共有アプリの人気は欧米では今も続いており、これとは対照的に日本ではまだ十分に広まっていません。

Snapchat や Path Talk の動向を見ていると、ソーシャルネットワークは会話のきっかけづくりとして、もっと気楽に、ライトなやりとりを行うものへと、そして、アクティブ率の高いものになっていくと思います。今後、スマートウォッチへの対応などもやっていきたいと思います。(阿部氏)

今後1ヶ月以内を目処に、プライムアゲインでは winker のデザインを変更、よりアジアで受け入れられやすいインターフェイスに改善したいとしている。

インドネシアのユーザベースを獲得すべく、韓国の Daum Kakao が Path を買収したのは記憶に新しい。Facebook が情報共有のインフラとして定着する一方で、コミュニケーションの新しい形を標榜して、さまざまなソーシャルネットワークの可能性があるだろう。スマートウォッチという情報の入力手法に一定の制約がある分野においても、Nain に代表されるような新しいSNSのエコシステムが形成されることが予想される。

<関連記事>

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録


「目指すは、アジアのSnapChat」——プライムアゲインが自然消滅系動画アプリ「winker」をローンチ

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから モバイルアプリ DecoAlbum や DrawChat で知られるプライムアゲインは今日、iOS 向けの動画チャットアプリ「winker」を本日ローンチした。このアプリでは、ユーザはショット撮影の都度、動画の撮影時間、または、静止画の表示時間を1〜10秒の間で自由に設定することができ、他の友人と共有することができる。…

winker_featuredimage

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

モバイルアプリ DecoAlbumDrawChat で知られるプライムアゲインは今日、iOS 向けの動画チャットアプリ「winker」を本日ローンチした。このアプリでは、ユーザはショット撮影の都度、動画の撮影時間、または、静止画の表示時間を1〜10秒の間で自由に設定することができ、他の友人と共有することができる。閲覧したユーザが一つの動画/静止画を閲覧できるのは一度きりで、その後は消去されてしまう。

このアプリの目指す方向性について、プライムアゲインの共同創業者で CEO の阿部伸弘氏がコメントを寄せてくれた。

永遠に残ってしまう動画を投稿する場合、人々はデコレーションしたり編集したり、動画の作成に手間をかけることが多い。撮影される人の中には、投稿されることに抵抗感を感じる人もいるかもしれません。しかし、一度きりしか再生できない短い動画であれば、ユーザは気軽にアップロードできる。これは、時間の経過と共に出来事を忘れて行く、人間の記憶パターンとよく似ていてます。

阿部氏によれば、SnapChat はこれまでに 7〜8,000万ダウンロードを達成しているが、その多くはアメリカ国内からのアクセスに終始しており、アジア地域におけるこの領域には、まだ主要なプレーヤーが不在なのだという。メッセージアプリの世界では、欧米で WhatsApp、アジアで LINE という構図ができあがる中、自然消滅系動画/静止画アプリの分野では、アメリカの SnapChat に対し、アジアの winker という位置づけを確立したいと抱負を語る。

Facebook、Twitter、LINE などで友人を招待することができます。でも、これらのソーシャルネットワーク上に、winker の動画や写真が連携されたり、残ったりすることはありません。Twitter 連携を使えば、友人同士で winker 上のユーザ相互フォローが可能になります。(阿部氏)

この分野には、muuk(ミクシィ)、5sec snaps(DeNA)、PicChat(Cinnamon)、コミュカメラ(Yahoo Japan)などの競合がいるが、プライムアゲインでは、今後の機能追加により競合との差別を強化、近い将来には企業ユーザの公式アカウント向けに API を公開し、マネタイズの可能性を模索したいとしている。

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録


ドコモ・イノベーションビレッジが第1回デモデイを開催——カップルアプリのPairyがグランプリを受賞

SHARE:

今日、NTT グループのインキュベーション・プログラム「ドコモ・イノベーションビレッジ(以下、DIV と略す)」は、第一期プログラムのデモデイを東京で開催した。デモデイには、NTTドコモの加藤薫社長の他、500 Startups の Partner & Fire Chief George Kellerman 氏、Skype 創業者で Atomico のパートナー Niklas Zennst…

div-demoday-wideview3

今日、NTT グループのインキュベーション・プログラム「ドコモ・イノベーションビレッジ(以下、DIV と略す)」は、第一期プログラムのデモデイを東京で開催した。デモデイには、NTTドコモの加藤薫社長の他、500 Startups の Partner & Fire Chief George Kellerman 氏、Skype 創業者で Atomico のパートナー Niklas Zennström 氏らが登壇しステージに花を添えた。今回のデモデイは、DIV にとって初めての試みだったが、普段彼らがインキュベーションを実施しているスペースではなく、一般ホールを借り切って開催され、聴衆は数百名に加えて、立ち見が出るほどの盛況ぶりだった。

今回発表されたのは、4月に第一期プログラムに選抜されたスタートアップ6社だが、この数ヶ月間でどの程度成長をとげたのか、目にするのを楽しみにしていた。では、各社の健闘ぶりを紹介してみよう。

なお、デモデイではNTTドコモの社員や、DIVの外部メンター十数名の審査により、グランプリとベスト・ストレッチ賞が選ばれた。彼らには副賞として、DIVに協力している 500 Startups オフィスへの訪問を含む、シリコンバレーツアーが贈呈される。

<グランプリ>  Pairy by Timers(高橋才将氏)

div-demoday-pairyPairy は、カップルのためのモバイルアプリで、二人が思い出を振り返るのを助ける。調査によれば、過去1ヶ月以上前のチャットをさかのぼってチェックするカップルは、全体の40%以上にも上るという。SNS や既存のメッセージアプリでは、他のコミュニケーションに埋もれて、1ヶ月以上も前の二人だけのチャットを見つけ出すのは容易ではない。Pairy は目的をカップル同士のコミュニケーションに限定することで、このプロセスを容易にしてくれる。

現在ユーザ数は12万人で、DIVに参加した3ヶ月間で156%伸びた。ユーザの多くは、結婚を控えた20代の男女だ。月間PVは600万件、登録されているデートスポットは5万件、うち、20%のデートスポットには実際カップルが訪問していることが確認できている。

毎月自然増加でユーザ数は120%ずつ増加しているので、このまま行けば2014年10月にユーザ数100万人を突破し、国内最大規模となる。2014年3月に、フォトブック・プレミアムサービス・広告でマネタイズし、フジテレビとも連携して番組を企画検討している。現在6,000万円を資金調達中で、Pairy で付き合ったカップルが結婚した後に使えるアプリ Family(仮称)を構想中だ。

<ベスト・ストレッチ賞>  Coromo by Coromo(井上北斗氏)

div-demoday-coromo3スマートフォンのホームスクリーンをメディア化するソリューション。仕事のとき、レジャーのとき、家にいるときなど、専用のカードを接触させる(Felica などのNFC仕様と推測される)ことで、ホームスクリーンを切り替えることができる。ユーザはHTML5 を使って自分オリジナルのスクリーンを作ることもできる。

スマートフォンでは、ユーザがホームスクリーンを眺めている時間(滞留時間)が最も長いことに着目した。大規模イベントや施設に、専用メディアとして使ってもらうことでマネタイズする。今年の東京モーターショーでは来場者向けの専用メディアとして提供されることが決まっている。会場を離れた後はユーザを Coromo Store へ誘導し、ユーザのリテンションを図るだけでなく、B2C によるマネタイゼーションにもつなげる。スマートフォンが将来、ウエアラブル・デバイスに移行しても、ホームスクリーンの概念は残るので、このビジネスには将来性があるとのことだ。

DecoAlbum / DrawChat by プライムアゲイン(阿部伸弘氏)

div-demoday-primeagain

DecoAlbum は、写真のデコレーションと共有を一つのアプリで完結させられるモバイルアプリだ。なお、このアプリの開発経緯などについての詳細は、このインタビュー(英語)を参照されたい。これまでに200万ダウンロードを達成し、この数はDIVに参加する前の約2倍である。日本とタイからのユーザが約半数を占め、全体の7割は海外ユーザによって利用されている。

先頃、プライムアゲインは DrawChat という Facebook 上で手書きイラストをメッセージングできるアプリをリリースした。Facebook API を利用して、思い出や感情を共有できるアプリを出し続けることで、2014年には現在の5倍にあたる1,000万ダウンロード達成につなげたいとしている。

FunPicty by Soda(本名耕氏)

div-demoday-funpicty

FunPicty(iOS / Android) は、面白い写真が撮れる写真アプリの機能を一つに集めたものだ。これまでの面白写真アプリは短命のものが多かったが、彼らはそれら複数のバリエーションを一つのアプリに集め、面白写真を投稿/閲覧しあうコミュニケーション・プラットフォームを実現した。他の面白写真投稿サイト Break、Imgur、Pixiv などと差別化するため、モバイルアプリを作ることに注力している。

現時点でダウンロード数500万件で、月間アクティブユーザは30万人。2014年には月間アクティブユーザを100万人にまで持って行きたいとしている。

クミタス by Willmore(石川麻由氏)

div-demoday-willmore

食品アレルギーを持つ人のためのアプリ。アレルギー代替食を探せ、Yahoo Shopping やセブンネットショッピングなどのオンラインショップを横断してアレルギーフリーの商品を検索でき、各商品の原材料・アレルギー成分などの情報を入手することができる。

日本では、食卓で子供にアレルギー対策を施している家庭が14.2%、学校給食で代替食等の対応を要するケースが7%となっており、食品アレルギーは身近な問題である。30人の主婦の協力により、これまでに4万件以上の食品の成分情報を登録し、これにより、例えば、「原材料に卵を含まないクッキー」などの条件で食品を選択注文できるようになった。

アフィリエイトや定期販売などで、3年以内に年間売上高15億円を目指している。ロッテ、Dショッピング、もぐもぐ共和国、らでぃっしゅぼーやとの提携が決定しており、中間流通販売業者へのデータ販売も検討中だ。年内にモバイルアプリをリリースし、今後はレシピ機能、外食先やスーパー等で使える有料機能、成人向けの食事制限者や糖尿病患者にも使える機能を追加する予定だ。1年でユーザ数50万人、3年で300万人の獲得を目標に、シリーズAラウンドでの資金調達を実施中だ。

Nanovel by Gadget(浅見敬氏)

div-demoday-nanovel

もともと映画プロデューサだった浅見氏は、同僚のプロデューサらと「10分間のストーリーで人を涙させることができるか」という企画を立てた。くだんの同僚はこれを「つみきのいえ」として映像化し、第81回アカデミー賞で短編アニメ賞を受賞するに至った。

このアイデアにインスパイアされ、浅見氏は2,000文字で人を感動させられる小説のプラットフォームを構築した。Nanovel には、脚本家、放送作家、コピーライターら50名が寄稿しており、ユーザは月間16本の短編小説を無料で読むことができる。ユーザの継続利用意向率が68.5%と非常に高いことも特徴だ。


SD Japan では今後も、単独インタビューなどの機会を設け、デモデイで披露されたスタートアップ6社の動向をより深く追いかける予定だ。ご期待いただきたい。

また、DIV では第2期プログラムへの参加者を募集している。今回のスタートアップ6社に続きたい起業家の人たちは、この機会にぜひ申し込んでみてほしい。

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録


プライムアゲインがDrawChatをリリース、落書きやスタンプ交換でFacebookを〝デコメッセンジャー化〟

SHARE:

ユーザ同士が写真をデコレーションして共有できる DecoAlbum で知られるプライムアゲインは、Facebook で落書きやスタンプを使ってメッセージ交換できるアプリ DrawChat をリリースした。iOS と Android 用で、日本語、タイ語、簡体字中国語、繁体字中国語、英語で利用できる。価格は250円(または $2.99)となっているが、9月9日までは無料でダウンロードが可能だ。 あわ…

drawchat_screenshots

ユーザ同士が写真をデコレーションして共有できる DecoAlbum で知られるプライムアゲインは、Facebook で落書きやスタンプを使ってメッセージ交換できるアプリ DrawChat をリリースした。iOSAndroid 用で、日本語、タイ語、簡体字中国語、繁体字中国語、英語で利用できる。価格は250円(または $2.99)となっているが、9月9日までは無料でダウンロードが可能だ。

あわせて参照されたい:How DecoAlbum plans to be the best of many cute Japanese photo apps [Interview]

LINE や KakaoTalk などがアジアでメッセージアプリの戦いを繰り広げる中、Facebook はユーザにとって、連絡をやりとりする手段にはなっても、感情豊かなメッセージを交換するプラットフォームとしては使いにくい。一方で、Facebook には世界にアジアに3.4億人のアクティブ・マンスリー・ユーザが居て、スタートアップにとっては、このボリュームをユーザ獲得のレバレッジに使わない手はないわけだ。

DrawChat では Facebook Chat API を利用することで、Facebook のメッセージ基盤を通じて、アプリ上で書いた落書きやメッセージの交換を実現する。アプリを操作している間、ユーザは裏で Facebook を使って落書き交換していることさえ忘れてしまう。相手が Facebook ユーザであれば、DrawChat のアプリをインストールしていないユーザにも落書きやメッセージを送れる。したがって、語弊を恐れずに言えば、プライムアゲインにとって、改めてユーザを獲得することなく、Facebook ユーザをそのまま自社アプリのユーザに転換できることになる。

プライムアゲインでは、これまでに DecoAlbum を提供してきたが、DecoAlbum を記憶を残すためのコミュニケーション・アプリ、今回リリースされた DrawChat をインスタントなコミュニケーションを実現するアプリと位置づけている。数ある Facebook API 群の中でも、Facebook Chat API を使ったアプリは世界的にも例が少ないらしく、今後、プライムアゲインはこの API を使ったアプリを複数リリースして、このニッチのドミナントを狙う。

プライムアゲインはNTTグループが展開するスタートアップ・インキュベーション・プログラム Docomo Innovation Village第1期に採択されている。このバッチの Demo Day は9月26日に開催される予定で、プライムアゲインが DrawChat を初めとする複数のアプリをどのように披露するか楽しみにしている。また、Docomo Innovation Village は同プログラムの第2期に参加するスタートアップを募集しているので、プライムアゲインに続きたいスタートアップは、申し込んでみるとよいだろう。

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録