BRIDGE

タグ Project Aria

Facebook、ついにARグラスを2021年に公開へ(2/2)

SHARE:

(前回からのつづき)なお、Project Ariaは一般販売されることはなく、純粋にこの技術がどのようにして完成品に進化していくべきか、また進化すべきでないかを決定することを目的としている。Facebookのテスターたちは今月から、公の場でAriaヘッドセットを装着し、データを収集しながら、ARが提起するプライバシー、透明性、包括性の問題に対処する。昨年のレポートでは完全なヘッドセットは2023年…

FacebookのProject AriaのAR研究用グラス/Image Credit: Facebook

(前回からのつづき)なお、Project Ariaは一般販売されることはなく、純粋にこの技術がどのようにして完成品に進化していくべきか、また進化すべきでないかを決定することを目的としている。Facebookのテスターたちは今月から、公の場でAriaヘッドセットを装着し、データを収集しながら、ARが提起するプライバシー、透明性、包括性の問題に対処する。昨年のレポートでは完全なヘッドセットは2023年から2025年の間にリリースされる可能性があるとされていた。

Nrealのような小さなライバル企業は、サングラスタイプのAndroid端末と連動したARグラスをすでに公開しており、ポケットサイズの処理用ハードウェアを使用した500ドルのウェアラブルがヒットすることを期待している。

一方のMagic Leapは物理的にユーザーが持ち運ぶ必要のある、大きなパック型のコンピューターに取り付けられた風変わりな円形グラスを開発したことで有名だ。Magic Leap 1の価格は2,295ドルであったが、これは一般には絶対に流行らなかったであろう価格であり、同社は今年の初めに正式にコンシューマー向けARの領域から撤退し、エンタープライズ向けに焦点を当てるとしている。

Facebookは他のアプリケーションの中でも、ARグラスがユーザー現実世界のライブビューの上にナビゲーションや個人に関連するデータを重ね合わせ、スマートフォンや他のマッピングソリューションを見なくてもモノや目的地の位置を特定できるようになると考えている。このソーシャルメディア企業はまた、ユーザーが同じ部屋に座り、あたかも全員が一つの物理的な空間にいるかのように、一緒に話している人のAR生成ホログラムを見ることができるようになることも提案している。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

Facebook、ついにARグラスを2021年に公開へ(1/2)

SHARE:

本日、以前「Oculus Connect」として知られていたAR/VRイベントに代わる「Facebook Connect」の中で、Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOは、同社が2021年に最初の拡張現実グラスを公開する予定であることを明らかにした。同社のOculusユニットはVRヘッドセットのリーディングプロバイダーとなっているが、FacebookはARをコンピューティングにおける次の主…

Image Credit: Facebook

本日、以前「Oculus Connect」として知られていたAR/VRイベントに代わる「Facebook Connect」の中で、Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOは、同社が2021年に最初の拡張現実グラスを公開する予定であることを明らかにした。同社のOculusユニットはVRヘッドセットのリーディングプロバイダーとなっているが、FacebookはARをコンピューティングにおける次の主要なフロンティアとしており、今回の発表は次世代技術を予想よりも早く一般に普及させる可能性を秘めている。

ザッカーバーグ氏は、ファッションアイウェア企業「EssilorLuxottica(エシロールルックスオティカ)」と協力し「スマートグラス」製品を開発していることを認めている。そしてそれはRay-Ban(レイバン)のブランド名で登場することになるそうだ。

両社はまだスマートグラスのイメージを明らかにしていないが、Facebookの計画には少なくとも2つの段階があることに留意する必要があるだろう。それは基本的な機能を備えた初期のウェアラブル、そして将来的にはより多くの機能を備えた完全なARデバイスだ。Facebookは昨年、複数のプロトタイプ戦略を確認している。

未来のプラットフォームに関する作業は現在「Project Aria」という名称で進められており、Facebookの将来のAR製品に影響を与える研究用グラスや、ウェアラブルコントローラなど、さまざまなAR技術のコレクションが含まれている。コントローラーのプロトタイプ版については現実のものと、VRで3Dレンダリングされたものが示されていた。

手首に取り付けるタイプのコントローラーは、筋電図(EMGとしても知られている)を使用して、指の動きを「意図した通り」に近いレベルまで正確に判断し、ユーザーが実際のキーボード品質の精度で仮想キーボードに入力することを可能にする。

ユーザーがこれを進んで装着してくれると仮定すれば、グラスベースのジェスチャー認識を超えて、ユーザーの入力能力を劇的に向上させることができるだろう。Facebookはまた、周囲の雑音を実世界でフィルタリングするオーディオ技術にも取り組んでおり、ゲイン調整マイクを採用することで重要なディテールを強調する一方、スピーカーを使って他の場所の人の音声を聞くことができるとしている。(次につづく)

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】