THE BRIDGE

タグ Prott

プロトタイピングツール「Prott」が遷移図作成機能のβ版をリリース

SHARE:

グッドパッチが開発するプロトタイピングツール「Prott」は、2016年7月20日に遷移図作成機能のβ版をリリースした。 同機能は既存のユーザから要望が多かったものだという。これまでプロトタイプを作成する際、プロトタイプと画面遷移図の両方を更新する必要があった。 画面遷移図機能を使用することで、作成中のプロトタイプがそのまま反映された画面遷移図を書き出すことができるよう…

prott

グッドパッチが開発するプロトタイピングツール「Prott」は、2016年7月20日に遷移図作成機能のβ版をリリースした。

同機能は既存のユーザから要望が多かったものだという。これまでプロトタイプを作成する際、プロトタイプと画面遷移図の両方を更新する必要があった。

画面遷移図機能を使用することで、作成中のプロトタイプがそのまま反映された画面遷移図を書き出すことができるようになっている。

2_線の表示:非表示

現時点では、画面遷移図の出力はPNG、PDFで可能となっており、今後、画面遷移図上での自由配置機能や各遷移に対するメモ機能などの提供を予定しているという。

グッドパッチは、2016年2月にDG インキュベーション、Salesforce Ventures、SMBC ベンチャーキャピタル、SBI インベストメント、FiNC を引受先とする総額4億円の第三者割当増資を実施。

同社は調達した資金を元に、プロトタイピングフェーズにおいて使えるツールを作るだけではなく、プロダクトの開発工程全体に対して利用可能なプロジェクトマネジメントツール群を開発していくことを目指している。

プロダクト管理ツールの開発に向けてーーグッドパッチがDG インキュベーション、Salesforce Venturesらから総額4億円を資金調達

----------[AD]----------

プロダクト管理ツールの開発に向けてーーグッドパッチがDG インキュベーション、Salesforce Venturesらから総額4億円を資金調達

SHARE:

これからのデザイン会社のあり方を考えさせられるニュースが相次いでいる。世界的なデザインコンサルティングファームのIDEOが博報堂グループの参加に入り、規模は大きく違えど、オープンエイトはデザイン制作のTHE CLIPを子会社化した。 デザインとは何か、デザイナーの役割とは何か、そんなことを問い直されつつある中、独自の路線を走るデザインカンパニーが新たな動きを見せた。 東京を拠点とするデザインカンパ…

グッドパッチ CEO 土屋尚史氏
グッドパッチ CEO 土屋尚史氏

これからのデザイン会社のあり方を考えさせられるニュースが相次いでいる。世界的なデザインコンサルティングファームのIDEOが博報堂グループの参加に入り、規模は大きく違えど、オープンエイトはデザイン制作のTHE CLIPを子会社化した

デザインとは何か、デザイナーの役割とは何か、そんなことを問い直されつつある中、独自の路線を走るデザインカンパニーが新たな動きを見せた。

東京を拠点とするデザインカンパニーのグッドパッチが、株式会社 DG インキュベーション、Salesforce Ventures、SMBC ベンチャーキャピタル、SBI インベストメント、FiNC を引受先とする総額4億円の第三者割当増資を実施した。

今回の資金調達は、2013年12月にDGインキュベーションからの増資以来、2度目の第三者割当増資の実施となる。前回の資金調達以降、同社はプロトタイピングツール「Prott」の開発をスタートさせた。

グッドパッチのメンバーは、いまでは約80名。そのうち「Prott」の開発に関わるメンバーは、25名ほどにのぼる。「Prott」のユーザ数は55,000人ほどで、まだ黒字化はしていないものの、売上もたつようになってきているという。

以前、ベルリンにオフィスを設立する際に行ったインタビューで、グッドパッチ CEOの土屋 尚史氏は、グローバルにオフィスを設けていく方針であることを語っていた。今回調達した資金は、主に「Prott」に投入され、台湾、北米にもセールスのためのオフィスを設ける予定だと、土屋氏は語る。

本格的にグローバルに展開するということは、「InVision」等のプロトタイピングツールと戦うことになる。「Prott」の勝算はどこにあるのだろう。

土屋氏「グローバルに展開するとなると、「InVision」をはじめとするプロトタイピングツールと戦うことになりますが、「Prott」は、彼らとは違う軸で勝負します。構造を把握しやすくしたり、画面設計や仕様書に吐き出せる機能を設けるなど、プロトタイピングの前後の作業と連動しやすくする方向でサービスを磨いていきます」

「バリューチェーンの前後も抑えにいきます」と土屋氏は語る。グッドパッチが考えているのは、プロトタイピングフェーズにおいて使えるツールを作るだけではなく、プロダクトの開発工程全体に対して利用可能なプロジェクトマネジメントツール群を開発していくことだ。

土屋氏「プロトタイピングは、プロダクト開発における工程のひとつ。グッドパッチは、プロダクトを管理するフェーズにおいてもツールを開発しています。今夏にはリリースする予定で、その後もプロダクト開発に関連する様々なアプリケーションのプラットフォームになっていくことを構想しています」

たしかに、他のプロトタイピングツールはあくまでプロトタイピングツールとして開発されている。プロトタイピングの後のフェーズともうまく連動させられるよう「Prott」を進化させ、「Prott」と連動するプロダクト管理ツールを開発することができれば、大きな差別化となりそうだ。

グッドパッチが想定しているのは、自社プロダクトの開発だけではない。以前、グッドパッチはアットホームと共同で「TALKIE」という事業を立ち上げている。デザインという強みを活かしながら、他社と共同で事業を開発するという取り組みも、今後積極的に行っていく方針だ。

SMBC ベンチャーキャピタル、 SBI インベストメント、FiNCから出資を受けているのは、事業を立ち上げていくことを想定してのものだ。前2社が強みを持つFinTech領域における開発支援を行い、FiNCとはヘルスケア事業分野でのシナジーを生み出すことを目指している。

グッドパッチは、スタートアップにも負けない速度で、急速に組織を拡大してきた。土屋氏はそのための苦労も経験しているが、それでもグッドパッチは次のステージへと進もうとしている。スタートアップのように成長するデザイン会社が、どのような存在へと変化していくのか。その行く末を見守りたい。

----------[AD]----------

グッドパッチのプロトタイピングアプリ「Prott」にAndroidアプリが登場

SHARE:

グッドパッチが提供するプロトタイピングツール「Prott」から、新たにAndroidアプリがリリースされた。 Prottは、2014年10月にリリースされたモバイルアプリ向けのプロトタイピングツール。現在のユーザ数は、3万人に届こうとしており、世界121カ国で使用されている。 先日、「Prott」はワイヤーフレーム作成機能を追加したことでも話題となった。今回のAndroid版のリリースに関して、グ…

prott

グッドパッチが提供するプロトタイピングツール「Prott」から、新たにAndroidアプリがリリースされた

Prottは、2014年10月にリリースされたモバイルアプリ向けのプロトタイピングツール。現在のユーザ数は、3万人に届こうとしており、世界121カ国で使用されている。

先日、「Prott」はワイヤーフレーム作成機能を追加したことでも話題となった。今回のAndroid版のリリースに関して、グッドパッチ代表の土屋 尚史氏は、

土屋氏「ProttのAndroidアプリは結構前から開発を着手していました。Prott自体の進化も早く、なかなか開発に苦戦していたのですがようやくリリースできました。Googleも去年マテリアルデザインを発表し、グッドパッチでもこの1年くらいはかなりAndroid開発の需要が増えています。このPrott for Androidは、Androidのアプリ開発に相当役立つと思います」

とアプリへの意気込みを語った。以下は「Prott」のAndroidアプリを紹介する映像だ。



----------[AD]----------

プロトタイピングツール「Prott」にワイヤーフレーム作成機能が追加

SHARE:

グッドパッチが提供しているプロトタイピングツール「Prott」にワイヤーフレーム作成機能が新たにリリースされた。パーツをドラッグ&ドロップすることで、ワイヤーフレームが簡単に作成可能となった。 Prottは、Web、iOS、デスクトップアプリ(Mac / Win)で提供されているプロトタイピングツール。現在、世界169カ国、約2万5千人のユーザが存在している。新機能であるワイヤーフレームは、現在、…

unnamed

グッドパッチが提供しているプロトタイピングツール「Prott」にワイヤーフレーム作成機能が新たにリリースされた。パーツをドラッグ&ドロップすることで、ワイヤーフレームが簡単に作成可能となった。

Prottは、Web、iOS、デスクトップアプリ(Mac / Win)で提供されているプロトタイピングツール。現在、世界169カ国、約2万5千人のユーザが存在している。新機能であるワイヤーフレームは、現在、PCからのみ利用可能。6月末までは無料で使用可能となっている。



グッドパッチ代表取締役社長の土屋 尚史氏は、新たな機能についてこのようにコメントしている。

土屋氏「ワイヤーフレーム機能は実はProttの企画段階から考えていた機能です。Prottの初期アイデアはワイヤーフレーム+プロトタイプでした。最初からワイヤーフレームを付けるとサービスが複雑になり過ぎるのと、プロトタイピングというプロセス自体が日本に浸透していなかったため、まずはプロトタイピングを広めるという所にフォーカスしました。

初期開発では外した機能でしたが、Prottが色々な会社で導入されプロトタイピングの認知が広まってきたこともあり、今回ワイヤーフレーム機能のリリースに踏み切りました。これで、PowerPointやExcelなど色々なツールでワイヤーフレームを作っていたプランナーやディレクターはPrott上でワイヤーを書き、そのままプロトタイプにしてデザイナーやエンジニアに共有できるようになるため、劇的に業務フローが改善されると思います」

Prottは、今後も改善・新機能開発や外部ツールとの連携を行い、デザインチームの新しいコミュニケーションツールとしてアップデートを重ねていく方針だ。



----------[AD]----------

グッドパッチが多摩美術大学情報デザイン学科と共同し、UIデザイン教育に関する研究を開始

SHARE:

先日、ベルリンにオフィスを開いたグッドパッチが今年度より多摩美術大学情報デザイン学科との産学共同研究としてプロトタイピングツールを用いたUIデザイン教育に関する研究を開始した。 この研究では、グッドパッチが開発するプロトタイピングツール「Prott」を大学の授業に導入。プロトタイピングツールを活用したデザイン演習を行ないながら、デザイン手法と教育方法を探求することを目的としている。 グッドパッチは…

d8880-16-711939-0

先日、ベルリンにオフィスを開いたグッドパッチが今年度より多摩美術大学情報デザイン学科との産学共同研究としてプロトタイピングツールを用いたUIデザイン教育に関する研究を開始した。

この研究では、グッドパッチが開発するプロトタイピングツール「Prott」を大学の授業に導入。プロトタイピングツールを活用したデザイン演習を行ないながら、デザイン手法と教育方法を探求することを目的としている。

グッドパッチは、今回の多摩美術大学との産学協同研究を通じて、学生のUIデザインスキルの向上、教育現場でのプロトタイピングツールの活用を支援していく。



----------[AD]----------

UIデザインエージェンシーのグッドパッチがベルリンに初の海外拠点を開設、海外展開を本格化

SHARE:

東京に拠点を置くデザイン会社グッドパッチが、本日初の海外拠点となる「Goodpatch Berlin」をドイツ・ベルリンに開設することを発表した。ベルリンオフィスの代表は、新しくグッドパッチの執行役員に就任したボリス・ミルコヴスキー氏が務める。 グッドパッチは、UIデザインに特化したデザインエージェンシー。過去に、ニュースアプリ「Gunosy」や家計簿アプリ「MoneyForward」などのUIデ…

右から:グッドパッチ代表取締役社長 土屋 尚史氏、執行役員 ボリス・ミルコヴスキー氏
右から:グッドパッチ代表取締役社長 土屋 尚史氏、執行役員 ボリス・ミルコヴスキー氏

東京に拠点を置くデザイン会社グッドパッチが、本日初の海外拠点となる「Goodpatch Berlin」をドイツ・ベルリンに開設することを発表した。ベルリンオフィスの代表は、新しくグッドパッチの執行役員に就任したボリス・ミルコヴスキー氏が務める。

グッドパッチは、UIデザインに特化したデザインエージェンシー。過去に、ニュースアプリ「Gunosy」や家計簿アプリ「MoneyForward」などのUIデザインを手がけてきており、ここ最近でも様々なアプリのUIデザインに携わっている。また、自社プロダクトであるプロトタイピングツール「Prott」の提供も行っている。

ドイツはバウハウスが存在しているなど、デザインに造詣が深い国だ。その中でも初の海外拠点としてベルリンを選んだ理由に、現在ベルリンがスタートアップの街として注目されていることがある。

「スタートアップの街」として盛り上がるベルリン

Goodpatch Berlin

イギリスやフランスに比べて、地価や物価が安く住みやすいことなどから、ヨーロッパを中心に各地から人が集い、ここからヨーロッパという市場にアプローチしようとしている。

グッドパッチ代表取締役社長の土屋尚史氏は、元々ドイツから生まれるサービスのUIが好きで、同社のブログ「memopatch」などで紹介していた。その記事を見て、2013年に当時、慶應メディアデザイン研究科(KMD)の学生だったボリス氏がグッドパッチの求人に応募したことがコトの始まりだったという。

土屋氏「海外に拠点を持ちたいという思い以前からあって、最初はサンフランシスコに出したいと考えていました。ただ、サンフランシスコはすでにかなりホットになっているエリア。今すぐ出さなくてはいけない理由は少ない。

そんな時、ボリスが去年KMDを卒業してフルコミットしてくれるようになりました。彼は「Prott」のグローバル担当として、ヨーロッパやサンフランシスコでワークショップを開催していたんです。彼は元々ミュンヘン出身だったのですが、ベルリンが面白いということでベルリンにオフィスを構えることになりました」

「Prott」の正式ローンチの直前に、本誌でグッドパッチに取材した際にも、ボリス氏にインタビューに答えてもらっている。

スタートアップと共に成長を目指す

土屋氏「グッドパッチは過去にGunosyのような急成長するスタートアップにデザインを提供することで共に成長してきた歴史があります。」

グッドパッチがスタートアップと共に成長してきたことは印象深い。THE BRIDGEでも、Gunosyとグッドパッチの馴れ初めについて取材し、記事にしている。

ボリス氏「現在、スタートアップが盛り上がるベルリンでも、東京で成長したときと同様の現象を実現できると考えています。スタートアップコミュニティとの距離を縮め、その成長の波に乗ってグッドパッチ自身も成長していければ」

ベルリンのスタートアップであるmimiのオフィスにグッドパッチが入るため、「Goodpatch Berlin」はベルリンの中心部に開かれる。

ボリス氏「スタートアップは多くの企業とくらべて、動きがとても早くて、ドラマチックです。そんなスタートアップを創業した熱意を持ったファウンダーと一緒に仕事をすることはとても楽しいこと。それが私がベルリンオフィスを希望した理由のひとつでもあります」

デザインワークに影響するダイバーシティ

グッドパッチがベルリンに海外に拠点を構える理由は、スタートアップが盛り上がっているだけではない。海外に拠点を持つことで、他にも会社全体のデザインワークへの良い影響があると考えていることが挙げられる。

土屋氏「会社のスタッフが世界中に広がることで、日本のクライアントがグローバルに対応する際に、デザイン面で支援しやすくなります。アプリのユーザは世界中にいて、男女の比率もアプリによってバラバラ。そういった状況に対応していくためには、多様性のあるチームにしていかなくてはいけません。

純粋なアメリカ人だけでプロダクトを作っているところはシリコンバレーにはありません。集めている人種が多様だから、最初からグローバルマーケットを狙える。グッドパッチでは今後、ダイバーシティにも積極的に取り組んでいきたいと考えています」

グッドパッチでは、ベルリンオフィスを開設した後、東京オフィスと人をローテーションさせることなども検討しているそうだ。そうすることで、東京のオフィスで働くメンバーにも多様性に触れる機会を生み出そうとしている。

将来的には、ベルリンでノウハウを蓄積し、日本企業のヨーロッパ進出をサポートしていく予定だという。グッドパッチは年内に、シリコンバレーオフィスの設置も検討している。グッドパッチはベルリンを皮切りに、グローバル展開を加速していく。

グローバル展開を本格化させるにあたって、グッドパッチはチーム作りについても新しい挑戦を始めようとしている。これに関してもインタビューしているので、別の記事で紹介したい。

----------[AD]----------

クックパッド・ビズリーチ・nanapiらがプロトタイピングツール「Prott」を導入、専用ノートの販売も開始

SHARE:

デザイン会社Goodpatchが提供するプロトタイピングツール「Prott」を導入している企業に、新しくクックパッド・ビズリーチ・nanapiが名を連ねた。リリースのタイミングでは、IDEO、Yahoo、DeNAといった企業が社内に「Prott」を導入している。 「Prott」は、「ラピッドプロトタイピング」、「新しいチームワーク」をコンセプトとして開発されており、Webサービス、iOSアプリ、M…

Prott

デザイン会社Goodpatchが提供するプロトタイピングツール「Prott」を導入している企業に、新しくクックパッド・ビズリーチ・nanapiが名を連ねた。リリースのタイミングでは、IDEO、Yahoo、DeNAといった企業が社内に「Prott」を導入している。

「Prott」は、「ラピッドプロトタイピング」、「新しいチームワーク」をコンセプトとして開発されており、Webサービス、iOSアプリ、MacとWindowsのデスクトップアプリで提供されている。

アプリの画面の手描きスケッチや画像ファイルを読み込み、操作や画面遷移を実際のアプリのように設定することで、簡単にプロトタイプを作成できるようになっており、iOSアプリ、デスクトップアプリ、Web版Prottを必要に応じて使い分けられ、Dropbox、SlackやHipchatなどの外部サービスとのAPI連携にも対応。

d8880-6-119578-1

Goodpatchは、先日iPhoneの枠が印刷されたProttのプロトタイピング専用スケッチノートの販売を開始。ノートにスケッチしたものをiOSアプリで読み込むことで、より「Prott」を使いやすくし、ユーザにプロトタイピングしやすい環境を提供しようとしている。

プロトタイピングツールの目的は、開発におけるコミュニケーションを円滑にするというもの。まだまだ「Prott」の改善は続きそうだ。



----------[AD]----------

グッドパッチが提供するプロトタイピングツール「Prott」がApple Watchアプリに対応

SHARE:

グッドパッチが運営しているプロトタイピングツール「Prott」が対応デバイスにApple Watchを追加したことを発表した。 Prottはモバイルサイトやアプリを開発するチームのために作られたプロトタイピングツール。アプリの画面の手描きスケッチや画像ファイルを読み込み、操作や画面遷移を実際のアプリのように設定することで、簡単にプロトタイプを作成できるようにしている。 iOSアプリ、デスクトップア…

Prott

グッドパッチが運営しているプロトタイピングツール「Prott」が対応デバイスにApple Watchを追加したことを発表した。

Prottはモバイルサイトやアプリを開発するチームのために作られたプロトタイピングツール。アプリの画面の手描きスケッチや画像ファイルを読み込み、操作や画面遷移を実際のアプリのように設定することで、簡単にプロトタイプを作成できるようにしている。

iOSアプリ、デスクトップアプリ、Web版Prottを必要に応じて使い分けられ、SlackやHipchatなどの外部サービスとのAPI連携にも対応している。今後、Dropbox、Google Driveなどにも対応予定だという。

prott apple watch

「Prott」は2014年4月にβ版を、2014年10月に正式版をリリース。これまでiPhone 6・iPhone 6 Plus、iPhone 5・iPad・Androidなどに対応していた。Apple Watchは2015年に発売予定だが、専用アプリケーションの開発キット「WatchKit」が開発者向けに公開されるなど、情報が公開され始めている。

<関連記事>

グッドパッチ代表の土屋尚史氏は、

土屋氏「来年はApple Watchが発売されるため、多くのWatchアプリが作られると思います。初めてWatchアプリを作るケースがほとんどだと思うので、簡単にプロトタイプを作って動きを見ながらイメージを固めていくことができれば、アプリ開発にとても役立つと思います。

Prottはこれからも色んなデバイスにいち早く対応していきます。あと、実は色々と隠し機能が入ってたりするので探してみてください」

とコメントしている。

----------[AD]----------

Goodpatchがプロトタイピング・ツール「Prott」を正式ローンチ——IDEO、Yahoo、DeNAなどが社内に導入

SHARE:

Goodpatch が2014年4月からβ版公開していたプロトタイピング・ツール「Prott」が本日正式ローンチし、あわせて、iOSおよびMac/Windows アプリとしての提供も開始された。また、Slack や Hipchat といった、社内コミュニケーション・ツールとも連携が可能になり、プロジェクトの更新にあわせて、その更新内容が開発チーム内で円滑に共有できるようになった。 また、同社は今回…

prott_featuredimage

Goodpatch が2014年4月からβ版公開していたプロトタイピング・ツール「Prott」が本日正式ローンチし、あわせて、iOSおよびMac/Windows アプリとしての提供も開始された。また、Slack や Hipchat といった、社内コミュニケーション・ツールとも連携が可能になり、プロジェクトの更新にあわせて、その更新内容が開発チーム内で円滑に共有できるようになった。

また、同社は今回の発表にあわせて、世界的にも名高いデザイン・コンサルティングファームの IDEO や、Yahoo Japan、DeNA でも社内のアプリ開発に導入されたことを発表している。

<関連記事>

正式ローンチにあわせて、料金体系も明らかになった。料金は Prott 上に作成するプロジェクトの数により決定され、1プロジェクトは無料、3プロジェクトの Starter プランが1,400円/月、プロジェクト無制限の Pro と Team がそれぞれ 2,500円/月、9,900円/月となっている。

「Prott」iOSアプリ
「Prott」iOSアプリ

Goodpatch の創業者兼CEO 土屋尚史氏によれば、Prott はβ版ローンチからの約8ヶ月間で7,000人のユーザを集めているのだそうだ。この分野で一歩先を走る台湾の POP は、2012年末から2年弱をかけて約30万人のユーザを集めているとされるが、正式ローンチ前の積極的なプロモーションを行っていない段階での Prott のこの数字は先行き明るいと言えるだろう。

アメリカのプロトタイピング・ツールとして有名な Invision は通算で約35億円ほどを資金調達しており、それなりの結果が出せている。エンタープライズ向けのワイヤーフレーム・ツールでは、Axure(編注:日本では、NTTデータがディストリビュータ)が年商ベースで約200億円の売上を出しており、期待が持てる市場だ。

何の前提知識が無くても、使い始めることができるのは Prott の強み。ユーザにインタビューしている中では、触り始めて数秒でプロトタイピングを始められる点が非常にウケている。(土屋氏)

土屋氏は、プロトタイピング・ツールの正式ローンチを足がかりに、次なる一歩への動きにも余念が無い。

プロトタイピング・ツールから広がるサービスもあるだろう。結果的に、デザイナーの労働単価を下げてしまうことにつながるので、クラウドソーシングのようなプラットフォームと連携することは、あまり興味が無い。

Prott を使えば、開発スキルが無くてもアプリのアイデアを提示することが可能になるので、アイデアの持ち主とデベロッパのマッチングコミュニティを作ることはできるかもしれない。アプリ・デベロッパにとっては、作りたいサービスのイメージを社外に見せることで、求人活動などにも応用できるだろう。(土屋氏)

UX/UI デザインを事業軸と位置づける Goodpatch は Prott を柱に、今後さらにいくつか、この分野のサービスを立ち上げることを目標としており、スタートアップやアプリ・デベロッパのコミュニティの支持を得て、近い将来、IPO に漕ぎ着けたいとしている。

naofumi-tsuchiya-prott
Goodpatch CEO 土屋尚史氏
----------[AD]----------

グッドパッチがモバイルアプリ向けラピッドプロトタイピングツール「Prott」のクローズドβ版をローンチ

SHARE:

昨年末、約1億円の資金調達を実施したGoodpatch(グッドパッチ)が手がけるサービス「Prott」のクローズドβ版への招待を開始したとのメールが届いた。 「Prott」はモバイルアプリ向けのラピッドプロトタイピング用ツールだ。アプリの開発をサポートするプロトタイピングツールはこれまでにもいくつか登場していたが、日本でツールを開発しているプレイヤーは少ない。 グッドパッチはクローズドβ版の招待を…

Prott

昨年末、約1億円の資金調達を実施したGoodpatch(グッドパッチ)が手がけるサービス「Prott」のクローズドβ版への招待を開始したとのメールが届いた。

「Prott」はモバイルアプリ向けのラピッドプロトタイピング用ツールだ。アプリの開発をサポートするプロトタイピングツールはこれまでにもいくつか登場していたが、日本でツールを開発しているプレイヤーは少ない。

グッドパッチはクローズドβ版の招待を開始したことに合わせ、ウェブサイトをリニューアル。Prottのコンセプト動画も公開している。



映像の中にはiOSアプリも登場している。同社から送られてきたメールによれば、このアプリは来月リリース予定だという。クローズドβ版は、Facebookグループ「Prottベータテストコミュニティ」に参加しているユーザから順番に招待されるそうだ。「Prott」を試してみたいという方はこちらのグループもチェックしてみてほしい。

----------[AD]----------