THE BRIDGE

タグ Qooq

タイムマシンアプリのYesterscapeがバージョンアップ、ウェブからのアップロードが可能に

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから。 昨年、私が記事を書いた中で最も好きなスタートアップの一つが、京都のQOOQだ。そのとき書いたとおり、同社はいわゆるタイムマシンアプリ「Yesterscape」を制作しており、過去の写真をスマートフォンカメラを通じて甦らせてくれる。 例えば、今年フランスのエッフェル塔の前で両親と写真を撮影し、5年後に再度同じ場所を訪れ…

Yesterscape-app-620x352

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

昨年、私が記事を書いた中で最も好きなスタートアップの一つが、京都のQOOQだ。そのとき書いたとおり、同社はいわゆるタイムマシンアプリ「Yesterscape」を制作しており、過去の写真をスマートフォンカメラを通じて甦らせてくれる。

例えば、今年フランスのエッフェル塔の前で両親と写真を撮影し、5年後に再度同じ場所を訪れれば、この拡張現実感アプリで同じ写真が甦って楽しめるしくみだ。

スマートフォンで過去に撮影した写真を見るにはよい方法だが、スマートフォンを購入する以前に撮影した古い写真については、どうすればよいのだろう。両親や祖父母が撮影した写真は、どのように取り込めばよいのだろう。

今日(原文掲載日:1月22日)、この問題を解決すべく Yesterscape は一歩を踏み出し、PC から写真をアップロードできるウェブ・インターフェースを公開した。このインタフェースはまだ改善の余地があるが、私は曽祖父母の写真をアップロードし、それをグーグルマップやストリートビューで、適切な時間/場所に貼付けることがなんとかできた。ただ後者の貼付ける手順については、スマートフォンでやるときには考える必要の無い、写真の方向、アングル、データをPCで入力するのが、私にとっては難しかった。以下のスクリーンショットが、アップロード・インターフェースのサンプルだ。

yesterme-wide

この新しいインターフェースを使えば、ユーザはアプリではできなかった、写真を貼付ける場所と時間をつなぎあわせることができる。創業者の Hide Nu は次のように説明した。

遠方で撮影した写真をアップロードできるようにしてほしい、というユーザの声を聞いていました。おそらく、昔の旅行や以前住んでいた家で撮影した写真でしょう。新しいインターフェースを使えば、撮影した場所に行かなくてもウェブを通して写真をアップロードできます。つまり、重要な写真を簡単に時間や場所に貼付けられるようになるわけです。近い将来、Yesterscape を写真を使った拡張現実感で共通のアーキテクチャーにするため、古いメディアにも対応可能なツールを提供する必要があるわけです。

Hide Nu は、歴史的な写真を多数保有する企業や団体にも話をしており、彼らにはカスタマイズされたインターフェースを無料で提供している。

sanjo

興味深いことに、Yesterscape には、既にサービスを終了した拡張現実感アプリ「セカイカメラ」の KMZ ファイルもインポートする機能が追加された。セカイカメラが先月サービスを終了したのは記憶に新しいが、このアプリが5年前にローンチしたときには、消費者の側にこのようなサービスを受け入れる余地がまだ無かったのかもしれない。

世の中は、Yesterscape に対しても、まだ受け入れる余地が無いと言えるだろう。私から見れば、Yesterscape はまだ、ユーザを圧倒しているとは言えない。しかし、スマートフォンがネットワークにつながった自撮カメラマンを多数生み出した現在、世間に受け入れられるまでに Yesterscape は準備を整え、同社はその瞬間を待つことができるだろう。[1]

歴史を保存するのは、誰もが熱狂的になるアイデアだ。日本という、特に歴史に満ちたこの国で、Yesterscape は支持を集めることができるだろう。

Yesterscape について、QOOQ の CTO Oscar Peredo が以下のビデオで簡単に紹介をしている。


  1. ワイヤレス機能を持ったコンパクトカメラや一眼レフを使えば、このアイデアに、より長期的な可能性を見出すことができると思う。  ↩
----------[AD]----------

過去の風景を甦らせるタイムマシンカメラアプリYesterscape、開発元のスタートアップQOOQを直撃

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから。 数ヶ月前、THE BRIDGE では、AR(拡張現実感)アプリの Yesterscape を作った、京都のスタートアップ QOOQ を取り上げた。そのとき、SF作家の William Gibson がその記事のリンクをリツイートしてくれたので、THE BRIDGE へのトラフィックが劇的に跳ね上がったのを覚えている。…

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

数ヶ月前、THE BRIDGE では、AR(拡張現実感)アプリの Yesterscape を作った、京都のスタートアップ QOOQ を取り上げた。そのとき、SF作家の William Gibsonその記事のリンクをリツイートしてくれたので、THE BRIDGE へのトラフィックが劇的に跳ね上がったのを覚えている。最近、Yesterscape の開発者で、Hide Nu の名前で知られる QOOQ の CEO にインタビューする機会を得た。QOOQ の京都オフィスでのインタビューで、彼は William Gibson の著作をすべて読んだ熱烈なファンであると話し、本棚から一冊取り出して私に見せてくれた。

yesterscape-280x221詳しくない読者のために説明しておくと、Yesterscape を使うと、写真を撮影し特定の場所に仮想的にそれを保存することができる。再びその撮影した場所に戻れば、スマートフォンを使って先ほど記録した内容を再現することができる。Yesterscape は今月初めダウンロード数が10万件を超え、現在も開発と改善が続けられている。最近追加された機能は、近隣で知り合いが写真を投稿するとノーティフィケーションが届く機能、そして、他のユーザに自分の写真を AirDrop や LINE でも見てもらえる機能だ。今後、マーカーを必要としない AR を実現したいと考えている。[1]

Hide Nu は、このサービスを日本国外でもプロモートする計画があり、来年の SXSW(サウスバイサウスウエスト)でのお披露目を目指していると語った。

メキシコ生まれの同社 CTO Oscar Peredo と会うこともできた。彼は熱狂的な個性の持ち主で、日本が大好きで、素晴らしい開発スキルを持つ。彼は現在、全く新しいプロダクトを作ろうとしていると語った。

全く、これまでにやったことのないモノを作ろうと思っている。我々は、日常生活に便利なモノ、人が使って楽しめるモノを作ることに特化している。皆を驚かしたいんだ。

本稿の冒頭、私は Yesterscape のアイデアのファンであると書いたが、彼らのビジネスの可能性については懐疑的だった。しかし、Hide Nu と話した後、Yesterscape は我々の将来に必要不可欠な存在に思えてきた。従来からあるデジタルカメラに彼らの技術が採用されれば、WiFi 接続ができるコンパクトカメラやデジタル一眼レフは、Yesterscape のようなことが簡単にできるようになる。カメラに「Yesterscape スイッチ」のようなものをつけるのが理想的だが、ウェブへのソーシャルシェア機能などの方がより現実的かもしれない。

個人的には、私はこのプロジェクトを非常に気に入っている。高齢者が増えつつある日本において、このプロジェクトを実現しようとしている点については特にだ。高齢者が亡くなり、彼らの記憶が失われることは、ある種の文化危機と考えることもできる。政府がこのようなプロジェクトを率先してスポンサードし、高齢者の記憶を Yesterscape に蓄積すべきだと、私は真剣に考えている。


  1. 従来からある AR で見られる白黒の模様に代えて、マーカーが不要な AR では、我々の身の回りにあるモノを捕捉対象として用いる。
----------[AD]----------