BRIDGE

タグ Qrio

スマートロックのQrio、新商品「Qrio Lock(キュリオロック)」を発表——ハンズフリーでの自動施錠・解錠など、従来モデルからUXを大幅改善

SHARE:

スマートロックを開発する Qrio(キュリオ)は5日、都内で記者会見を開き新商品「Qrio Lock(キュリオロック)」を発表した。同社の初代モデル「Qrio Smart Lock」の発売からは約3年を経て、また、2017年6月に Qrio がソニーグループの100%子会社となって以来、初の新製品投入となる。 Qrio Lock では、Qrio Smart Lock と比べ、主に次のような点で改善…

左から:Qrio Lock 事業部部長 兼 マーケティング部部長 高橋諒氏、Qrio 代表取締役 西條晋一氏、Qrio 取締役/ソニーネットワークコミュニケーションズ IoT 事業部門ビジネスプラットフォームサービスシステム課課長 井宮大輔氏
Image credit: Masaru Ikeda

スマートロックを開発する Qrio(キュリオ)は5日、都内で記者会見を開き新商品「Qrio Lock(キュリオロック)」を発表した。同社の初代モデル「Qrio Smart Lock」の発売からは約3年を経て、また、2017年6月に Qrio がソニーグループの100%子会社となって以来、初の新製品投入となる。

Qrio Lock では、Qrio Smart Lock と比べ、主に次のような点で改善がなされている。

  • 対応するドアロック・サムターンの対応種類が拡大
    10%の低背化(小型化)
  • スマートフォンを操作してから、スマートロックが動作するまでの反応速度が従来の8分の1に
  • ドアに2つのロックがついている場合、2つのロックを同時に操作可能(1操作でサムターン2つを同時回転)
  • 製品カラーがシルバーからマットブラックに
  • アプリの UI を一新(より直感的に操作ができるように改善)

また、実際のユースケースにより最適化された UX を実現するために、Qrio Lock ではスマートフォン以外からの操作もできるようになった。

Qrio Lock
Image credit: Masaru Ikeda

クルマのリモコンキーのような「Qrio Key」というオプション製品が用意され、スマートフォンを持たない家族が家に入ろうとしたとき、Qrio Key を操作することで解錠することが可能となる。Qrio Key は2018年8月からの発売予定。

ハンズフリー状態での自動施錠・解錠にも対応した。Qrio Lock はビーコンを内蔵しており、Qrio アプリがインストールされたスマートフォンを持ってユーザが外部から近づくと自動解錠(アプリが GPS 連携しており、ユーザがスマートロックから一度100メートル以上離れることで、外出先からの帰宅と認識され自動解錠される)。ドアにマグネットセンサーを装着することで、解錠・入室後のオートロックが可能となる。

Qrio Lock は、Amazon、全国の家電量販店、Qrio Store で7月19日から発売される予定で、直販の場合の価格は23,000円(税抜)。Amazon と Qrio Store では本日から事前予約を開始している。Qrio Store で事前予約したユーザには、先着500名に限り売価4,500円相当の Qrio Key が無料進呈される。

スマートロックを開発するスタートアップは百花繚乱の様相を呈している。今年5月には、Akerun は入退室管理ビジネスで本格的な B2B ビジネスに参入、ライナフの Ninja Lock は不動産内覧や賃貸会議室の自動施錠・解錠で事業化を図り、tsumug の TiNK は不在時家事サービスとの連携やメルカリのバイクシェアリングサービス「メルチャリ」への導入などを発表している。ハードウェアとしてのスマートロックがコモディティ化する中で、いかに差別化されたユーザエクスペリエンスを提供できるかが重要なカギとなるだろう。

----------[AD]----------

スマートロックのQrio、新たにスマートタグデバイス「Qrio Smart Tag」のクラウドファンディングを開始

SHARE:

スマートロックで話題を集めた、Qrioが新たなプロジェクトをスタートさせた。新プロジェクトの名は、「Qrio Smart Tag」。スマートロックの次は、スマートタグに挑戦する。 Qrioは2014年12月に、WiLとソニーの合弁会社として設立された。既存の錠をスマートロック化するIoTプロダクト「Qrio Smart Lock」の開発・製造・販売、運営サービスを提供を行い、スマートロックの際もク…

Qriotag1

スマートロックで話題を集めた、Qrioが新たなプロジェクトをスタートさせた。新プロジェクトの名は、「Qrio Smart Tag」。スマートロックの次は、スマートタグに挑戦する。

Qrioは2014年12月に、WiLとソニーの合弁会社として設立された。既存の錠をスマートロック化するIoTプロダクト「Qrio Smart Lock」の開発・製造・販売、運営サービスを提供を行い、スマートロックの際もクラウドファンディングを実施し、約2750万円を集めて話題となった。

WiLとソニーがスマートロック事業を行う合弁会社「Qrio」を設立、第一弾製品のクラウドファンディングもスタート

同社が新たにクラウドファンディングでプロジェクトをスタートした「Qrio Smart Tag」は、自分の持ち物にタグを付け、スマホとBluetoothで接続することでスマホからモノを探すことができるデバイスだ。

qrio

先日、本誌ではフランス発のウェアラブル端末アクセサリー「Wistiki(ウィスティキ)」が、クラウドファンディングサイト「MotionGallery」で4000万円を目指してクラウドファンディングに挑戦したことを伝えた(残念ながら3980万円ほどで未達だった、目標金額の1000万円はクリア)。

フィリップ・スタルクがデザインしたスマホ連動の持ち物発見デバイス、クラウドファンディングで4000万円目指して躍進中

「Wistiki」の事例を見ていても、モノにタグを付け、スマホと連動させるアクセサリーには高いニーズがあることが伺える。「Qrio Smart Tag」も、デザインにこだわり、様々な場面で活用してもらえるようサービス展開していくことを目指しているという。

ケースに余白部分を大きく設けるなど、ユーザがカスタマイズする余地を残したデザインとなっている。さらに、今後、ボタンを押した時にスマホを通じて外部サービスと連携させるなど、デバイスの用途自体にもカスタマイズ性を取り入れていくなど、カスタマイズ性が特徴となりそうだ。

Qrio Smart Tag app

連動するアプリにも特徴がある。ユーザからスマートタグが遠くに離れてしまったときは、スマートタグの情報をシェアして、家族や友だちのアプリからタグを探してもらうことができるという。

さらに、アプリを紛失モードに切り替えると、「Qrio Smart Tag」の他のユーザのアプリがあなたのスマートタグを検知したら、自動的にクラウドに位置情報を送信して、自分にだけ分かるように現在位置を知らせてくれる。

ユーザ数が増えれば、こうしたユーザのネットワークも「Qrio Smart Tag」の強みとなりそうだ。同デバイスは2016年6月に試作を行い、同年8月に量産、9月に出荷を開始する予定だ。目標金額は100万円。記事執筆時点で、すでに64万円ほどを集めている。

----------[AD]----------

WiLとソニーがスマートロック事業を行う合弁会社「Qrio」を設立、第一弾製品のクラウドファンディングもスタート

SHARE:

WiLとソニーが本日、スマートロック製品の開発・製造・販売及び、その運営サービスを提供する合弁会社設立の契約を締結した。出資比率は、WiLが60%、ソニーが40%。代表取締役にWiL General Partnerの西條 晋一氏が就任し、取締役にWiL CEO 伊佐山 元氏が就任する。新会社となる「Qrio」は今年12月中の設立を予定している。 スマートホームは海外でも盛り上がりを見せており、今後…

detail_494_1418170441

WiLソニーが本日、スマートロック製品の開発・製造・販売及び、その運営サービスを提供する合弁会社設立の契約を締結した。出資比率は、WiLが60%、ソニーが40%。代表取締役にWiL General Partnerの西條 晋一氏が就任し、取締役にWiL CEO 伊佐山 元氏が就任する。新会社となる「Qrio」は今年12月中の設立を予定している。

スマートホームは海外でも盛り上がりを見せており、今後市場の拡大が予測される領域。Qrioはソニーが保有する無線セキュリティ技術、公開鍵認証技術などを活かしたスマートロックを開発、製造し、来年度より、個人と法人に向けて販売開始する予定だという。

クラウドファンディングもスタート

この発表に合わせ、Qrioの第一弾プロダクトを展開するプロジェクト「世界最小!スマートロック『Qrio Smart Lock(キュリオスマートロック)』で世界中の鍵をスマートに」がスタートしている。

Qrio Smart Lock

「Qrio Smart Lock」は、既存の錠をスマートロック化するIoTプロダクト。このプロダクトはスマートフォンを使ってドアロックを解錠・施錠できるだけでなく、「LINE」や「Facebook」などのメッセージ機能を使って、家族や友人に鍵をシェアすることができるという。この機能では来てほしい人に、来てほしい時間だけ鍵をシェアできるようだ。

detail_494_1418212681

アルミを基調としたデザインとなっており、ドライバーなどの工具を使うことなく、付属の両面テープだけで簡単に取り付けが可能。このクラウドファンディングを支援することで、一般販売開始前に特別価格で「Qrio Smart Lock」を入手することができる。



ソニーといえば、先日クラウドファンディングを成功させた電子ペーパーを活用した腕時計「FES Watch」を仕掛けていたことでも話題となった。ソニーがモノづくりの会社として新しい動きを始めている。この動きに期待感を抱くのは筆者だけではないはずだ。

<関連記事>

----------[AD]----------