BRIDGE

タグ Quip

電動歯ブラシのD2Cサブスク注目株「Quip」、拡大理由は”歯医者との連携”にあり

SHARE:

ピックアップ:Quip raises $40 million to expand its subscription dental care products and services ニュースサマリ:定期購入型のデンタル関連スタートアップ「Quip」が株式と借入によって4000万ドルの調達に成功している。昨年11月27日に報じられたもので、AirbnbやUberの初期投資家でもあるSherpa C…

quip_001

ピックアップ:Quip raises $40 million to expand its subscription dental care products and services

ニュースサマリ:定期購入型のデンタル関連スタートアップ「Quip」が株式と借入によって4000万ドルの調達に成功している。昨年11月27日に報じられたもので、AirbnbやUberの初期投資家でもあるSherpa Capitalがリードを務めた。

話題のポイント:注目しているスタートアップのビジネスモデルについて解説するコラム、今回取り上げるのはデンタル関連のD2C「Quip」です。創業は2014年、今回のラウンドで累計調達額は6220万ドルになりました。正式ローンチは2015年末で、2017年時点で10万個の電動歯ブラシを販売。2018年11月時点での累計販売数は100万人に到達しているそうです。

ビジネスモデルの中心は3カ月毎の定期購入コースです。ユーザーはまず40ドルを支払い、電動歯ブラシの本体とヘッド、歯磨き粉からなるスターターキットをオーダーします。本体のカラーは8色の中から選ぶことができて、スターターキット購入以降は3カ月毎に10ドルでサブスクリプションすることで新品のヘッドと単三電池、歯磨き粉が送られてくる仕組みになっています。

最も安いプランは歯磨き粉を抜いたもので3カ月で5ドルです。本体は防水なのでシャワールームなどでも使えて、旅行のお供としてもオススメされています。なお、米国歯科医師会から認可されている商品になっています。

記事にもありますが、米国におけるヘルスケア、衛生関連のオンラインサブスクリプションには注目が集まりつつあります。例えば美容スタートアップのBirchboxは2018年はじめにヘッジファンドが株式の過半数を取得しましたし、少し前ですが、ユニリーバは2016年に髭剃りのサブスク「Dollar Shave Club」を10億ドルで買収しています。

quip_002

気になるのは「本当に電動歯ブラシの定期購入だけでスケールするの?」という点ですが、Quipはオンライン直販以外にも全米数千の歯医者のネットワークを持つ「Dental Connect」というサービスを始めているんですね。

これはユーザーに定期的な歯科検診を促し、ローカルの提携プロバイダー(歯医者)にQuipユーザーを向かわせることによって、ユーザーが何らかリワード(おそらくQuip製品のクーポン券)を貰えるという仕組みになっています。

ユーザーは歯科検診をすることでクーポン券がもらえて、歯医者は顧客獲得の可能性、そしてQuipはエンゲージメント向上を見込める、というわかりやすい展開です。なお、同社はオフラインでも事業展開を始めており、2018年10月には小売大手のTargetと提携し、リアル店舗にて商品の陳列を始めています。

----------[AD]----------

製品ではなくサービスで稼ぐ電動歯ブラシのQuipーーサブスクの次「新小売戦略”D2C as a Service”」を学ぶ

SHARE:

ピックアップ:Quip raises $40 million to expand its subscription dental care products and services ニュースサマリー: D2C電動歯ブラシを販売する「Quip」が4,000万ドルを調達した。25ドルからの価格帯から電動歯ブラシ、ヘッドブラシ、歯磨き粉の3点セットを提供。四半期毎に新しいヘッドブラシが5ドルの低価格で…

quip.png

ピックアップ:Quip raises $40 million to expand its subscription dental care products and services

ニュースサマリー: D2C電動歯ブラシを販売する「Quip」が4,000万ドルを調達した。25ドルからの価格帯から電動歯ブラシ、ヘッドブラシ、歯磨き粉の3点セットを提供。四半期毎に新しいヘッドブラシが5ドルの低価格で届くサブスクリプションモデルを展開。電動歯ブラシ販売だけでなく、米国内数千の歯科ネットワークを利用できるサービス「Dental Connect」も提供。口腔ヘルスケア企業として製品とケアサービスの両方を扱う。

話題のポイント: サブスクリプション企業が乱立する市場で生き残るためには製品を販売しているだけでは勝てません。そこで同社が取り組んでいるのが「サービス」も提供するパッケージ商品化です。

歯磨きをする人の生活体験を考えると、定期的に歯医者へいくことは容易に考えられます。こうしたUX視点から顧客体験を考え、川上(歯ブラシ販売)から川下(歯科医療)までを綺麗に抑えているのがQuipと言えるでしょう。この考えは現状のD2C市場では非常に大切なものであると考えます。

たとえば高級女性服レンタルサービスの利用者を考えてみましょう。サービス利用者はどのような日々を送っているのでしょうか?高級服を着て出かけるとしたら、料金帯が比較的高いレストランであったりエステ体験などを求める顧客であると仮定できます。こうした顧客向けに飲食・美容体験パーッケージサービスも提供すれば、Quip同様に顧客体験の川上から川下まで抑えることができるかもしれません。

洋服だけでなく化粧品や本、アウトドアグッズなど様々な商材を切り口として、ターゲット顧客が求める体験をあらゆる角度から提供できるポジションを確立させることで競合他社へのスイッチコストを高め、LTVを最大化させることに繋げられると考えられます。

これまでは各分野でD2C製品を販売すれば既存品より低価格であることに魅力を感じ多くの顧客を獲得できました。たとえば製造ラインを透明化させるミッションやビジョンを掲げることで、企業コンセプトを綺麗に表現できることも手伝い巧みなブランディングが可能であったと感じます。しかし、群雄割拠状態のD2C市場ではブランディングメッセージも製品の安さもなかなか刺さらなくなってきています。

筆者が米国在住時にベッドマットの購入を検討した際、4〜5社ほどのD2Cマット製品を比較しましたが価格帯はほぼ一緒、ブランディングメッセージも似通っており比較する点は機能面しかありませんでした。この経験から筆者はD2C企業は「生活サービス」を提供する立場であるべきだと考えています。私のケースではベッドマットの購入を考えるきっかけが不眠です。そこで睡眠セラピストのカウンセリングやメディテーショントレーニングなど、私の課題感を解決し、生活体験を向上させる企業があればものすごく惹かれていたかもしれません。

これからのD2C企業はサブスクリプションモデルで製品を定期販売するだけではなく、サービス収益も含めて成長戦略を描く必要性があるはずです。

----------[AD]----------

歯ブラシ定期購入サービスのQuip、シリーズAラウンドで1,000万米ドルを調達

SHARE:

会員制電動歯ブラシ販売のスタートアップ Quip は、Airbnb と Uber の初期投資家である Sherpa Capital、Kal Vepuri 氏による投資ファンドの Brainchild、Blue Scorpion VC、Demi Lovato 氏や Eric Grosgogeat 氏など、「ファッション、エンターテイメントとオーラルケア業界」の多数の投資家からシリーズ A ラウンドで…

quip-series-a-10
Quip 設立者

会員制電動歯ブラシ販売のスタートアップ Quip は、Airbnb と Uber の初期投資家である Sherpa Capital、Kal Vepuri 氏による投資ファンドの Brainchild、Blue Scorpion VC、Demi Lovato 氏や Eric Grosgogeat 氏など、「ファッション、エンターテイメントとオーラルケア業界」の多数の投資家からシリーズ A ラウンドで1,000万米ドルの資金を調達した。

2012年にニューヨークの工業デザイナー Simon Enever 氏と Bill May 氏により設立された Quip(昨年 Saleforce が買収した同じ名前のワープロアプリとは別物)は、数あるヘルスケアおよび健康管理関連のスタートアップの一つである。昨年、Unilever が化粧品オンデマンドサービスの Dollar Shave Club を約10億米ドルで買収し、美容と健康にフォーカスした Birchbox は現在、複数の大手小売企業との買収交渉を行っていると報じられている

斬新な電動または手動歯ブラシ、歯磨き粉、カバーとスタンド、交換用ブラシの多彩なサブスクリプション制の前払いプランを用いたオーラルケアの提供が Quip の存在意義である。

quip-series-a-7
Quip の歯ブラシ

Quip はこれまでにも約220万米ドルの外部資金調達を得ており、今回の資金投入で「デザインドリブンな日用品の総合的スイート」を用いたオーラルケア革命への取り組みを一層強化すると彼らは発表している。

具体的には、現在販売している標準モデルの電動歯ブラシにカスタマイズオプションを加えた新たな製品が追加されることが見込まれる。また同社によると、「歯ブラシと歯磨き粉のみ」に留まらず、会員の求めるオーラルケア製品をラインナップに取り入れると同時に、専門家によるアドバイスとサービスを会員に提供するプラットフォーム「Dental Connect」の発展を目指しているという。現在ベータ段階の「Dental Connect」はアメリカ国内1万件の歯科医療施設と提携しており、メンバーはこのプラットフォーム上で定期検診のリマインダーが受けられる。また歯科医がこのネットワークを利用して新規顧客にアプローチすることも可能だ。

Quip CEO の Simon Enever 氏はこう話す。

総合的な健康において、良いオーラルケアは重要な要素の一つですが、多くの人がその重要性を軽視していたり、高価な製品やサービスを手に入れられる人でないと良いケアは受けられないという固定概念を持っています。このことが、一般的な人に、シンプルでありながら健康に大きく影響する予防習慣をないがしろにさせているのです。私たちは Quip を通じて、日常的なケア用品から歯科検診までオーラルケア全般の要素を捉えたより手頃で楽しく、その上効果的なサービスを展開しています。

2015年の発売開始後、初年度で10万セールスを達成し、現在もアメリカ国内のみを拠点としながらも商品の海外発送を行っているという。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

Evernote乗り換え選択肢、最有力候補はマークダウンも使える「Quip」?

SHARE:

<ピックアップ> 4 free Evernote alternatives you should try 先日、価格設定を変更したことでにわかに話題になっているEvernoteですが、その余波を受けてVentureBeatに乗り換え記事が出ていたのでご紹介しましょう。 今回の価格改定は決して改悪というものではありません。私も長年のプレミアムユーザーなのですが、こうなってくるとサービスの…

img_2215

<ピックアップ> 4 free Evernote alternatives you should try

先日、価格設定を変更したことでにわかに話題になっているEvernoteですが、その余波を受けてVentureBeatに乗り換え記事が出ていたのでご紹介しましょう。

今回の価格改定は決して改悪というものではありません。私も長年のプレミアムユーザーなのですが、こうなってくるとサービスの安定運用・運営が気になるもので、逆にしっかりと費用を取って利用したい人たちのためのサービスを提供してくれと思うわけです。

今回は特に利用できるデバイス数を限るということだったので、ちょっとしたお試しメモ的な利用方法を超えてゴリゴリ使ってる人は月額5ドル払いましょうというのは現実的だと思います。一方でEvenoteには根強い不満をお持ちの方も多く、その内容の多くはこんな感じです。

  • マークダウンは何百年後に使えるようになるのでしょうか
  • 重い。とにかく重い。テキストの改行に1秒かかる
  • 使わないワークチャットが共有時にいちいち挟まって出てくる

特にマークダウンについてはなぜ実装しないんだろうと考えたことがあったのですが、元々Evernoteは「エディタみたいに使えるDropbox」的な思考があり、エディタとしての進化は不要(というか方向性が違う)と考えたのではないかなと。マークダウンは言っても一般的ではないですから、そんな記号使えるプロはそれ用のツールを使ってくれと。まあそれはそれで正しいんですが。

ということで本題に戻って代替案ですが、ひとつを除きこれまでよくこの手の記事で紹介されてきたものです。

  • Microsoft One Note

img_2213

インポートツールを公開したことでEvernote乗り換え選択肢に挙がるのですが、正直使い勝手は全く違います。ノートです。Evernoteをデータの保存に使っている人は全く相性合わないでしょう。エディタとして利用している人は「Wordでいいじゃん」と思うかもしれません。ちょっと中途半端。

  • Google Keep・Simplenote・Notes

これとiOSの標準アプリ「Notes」やAutomaticの「Simplenote」もよく出てきますが、One Noteと同じくメモとしての利用であれば代替可能。画像やら音声やら大量のデータの保存になるとやはり難があります。

乗り換え最右翼の「Quip」

img_2218

で、最も使用感的に近いのがQuipでした。VentureBeatをして「ダークホース」と紹介されており、ウェブバージョンのみEvernoteからのインポートが可能で、その後は各種デバイスからアクセスが可能になっています。

で、このQuip、上記の不満点を大体解消してくれてるんですね。まずマークダウンが使える、画像などの登録も簡単ですし、今の所、私が使っている状況ではこうやって画像を貼り込んでも軽いです。

image

まだ軽いレビューしかしていないので、例えばEvenoteの強みの一つ、IFTTTなどの外部連携やオンラインでのシェアなど、試してみると「ああ、やっぱりEvenoteに帰らないといけないのか」というポイントがいくつかあるので軽々しい判断は禁物ですが、なんとなくいい感じであるのは確かです。ファイルの整理など一度しっかりと試してみようと思います。

via VentureBeat

----------[AD]----------