THE BRIDGE

タグ Quora

Q&Aプラットフォーム「Quora」が8,500万ドルを調達、IPOに向けて国際展開を加速

SHARE:

<ピックアップ>Quora raises $85 million to expand internationally and develop its ads business シリコンバレー発のQ&Aプラットフォーム Quora は、「密かな注目株」である。Quora のアダム・ダンジェロ CEO は、VentureBeat の取材で先日新たに8500万ドルを調達したことを発表した。Y C…

上:Quora のオフィス
Image Credit: Quora

<ピックアップ>Quora raises $85 million to expand internationally and develop its ads business

シリコンバレー発のQ&Aプラットフォーム Quora は、「密かな注目株」である。Quora のアダム・ダンジェロ CEO は、VentureBeat の取材で先日新たに8500万ドルを調達したことを発表した。Y Combinator の投資ファンドである Y Combinator Continuity と Collaborative Fund が調達ラウンドを主導している。3年前の8,000万ドルの調達ラウンド以来の資金調達だ。

Quora は2009年にカリフォルニアのマウンテンビューで創業。ダンジェロ CEO は、Facebook のマーク・ザッカーバーグ氏とは高校時代の同級生で、かつて Facebook の CTO を務めたこともある。2008年にFacbeookを離れて以来、「インターネットにまだ存在しない知識をネット上に集めること」が彼のミッションとなり、Quora が立ち上がった。

ダンジェロ氏が VentureBeat に語った内容によれば、現在毎月のユニークユーザー数は1億9,000万とのこと。1年前から約二倍に伸ばしている。

今後の計画は、より多言語化を進めるようだ。昨年8月にはスペイン語版が、数週間前にはフランス語版(招待制)が追加されたが、今年中には新たにイタリア語とドイツ語を追加する予定である。

上:Quora のコーファウンダー・CEO のアダム・ダンジェロ氏
Image Credit: Quora

Quora のサービスはよくWikipediaと比較されることがあるが、「Quora は事実に基づいた情報というよりも、人々のオピニオンや分析に関するプラットフォームです」とダンジェロ氏が指摘するように、Wikipedia を直接的な競合とはみなしていないようだ。むしろ、月間ユーザー数が3億の Yahoo Answer Now の方が競合といえるかもしれない。

それでは、Quora はどこで他社と差別化するのかが気になるところだが、プラットフォームとコンテンツの質が鍵となるかもしれない。ルールを無視するユーザーを禁止するといった規定を整備したり、エディターが慎重にキュレーションしたコンテンツを提供したり、バラク・オバマ元大統領など世界的なリーダーが回答するコーナーをつくるなど、質の高いプラットフォームづくりに注力している。

Quora は、Benchmark Capital、ピーター・ティール氏、Y Combinator などそうそうたる投資家から出資を集め、これまでに調達した額は2億3500万ドルになる。評価額も前回のラウンドから倍増しており、現在の評価額はおよそ18億ドルとのこと。

収益に関しては、広告収入が柱になると期待されている。昨年4月に Quora は初めて広告を導入し、質問の内容に合わせた広告配置を試みている。

IPO の時期についても周囲の関心が大きくなっているが、ダンジェロ氏は「どこかのタイミングで、上場したいと思っている」とコメントしている。

via VentureBeat

* 訂正(4/22):当初評価額を9億ドルと記載していましたが、前回の調達時の評価額でした。18億ドルに訂正しました。

----------[AD]----------

スーツを着ているだけで仲間はずれ?Quoraでも話題にのぼるシリコンバレーのアンチ・スーツ文化

SHARE:

<Pick Up> Here’s one thing you should never do on LinkedIn if you want to land a job at a startup 「Quora」って聞いたの久しぶり…なんてことはさておき、昔からシリコンバレーにはアンチ・スーツ文化があると言われてきた。シリコンバレーのなかでも特にスタートアップ界隈。スーツを着…

suits
Photo via. Flickr

<Pick Up> Here’s one thing you should never do on LinkedIn if you want to land a job at a startup

「Quora」って聞いたの久しぶり…なんてことはさておき、昔からシリコンバレーにはアンチ・スーツ文化があると言われてきた。シリコンバレーのなかでも特にスタートアップ界隈。スーツを着ているだけで敬遠されてしまうというか。そんな話を、Quoraに投げかけられた質問に対して答えたのがWealthfrontのCEOであるAdam Nash氏。

エンジニアが強いからってのもあるだろうし、シリコンバレーに関しては比較的ファウンダーの年齢が若く、最初からスタートアップの世界に飛び込んだ人が多いからかもしれない。例えば、NYは反対に何かしら既にビジネスを経験した人が起業するようなケースが多い気がする。

Business Insiderの記事では、もし本気でスタートアップで仕事をしたいと思うなら、LinkedInのプロフィール写真にスーツを着た写真は使うなとアドバイス。スタートアップの文化や空気に合うかどうかを判断する際に、違和感を感じられてしまうのかも。

確かに友人のCTOがシード投資家に会うときも、スーツとか着るの?って聞いたら笑われたことを思い出した。実際、彼らが投資家と撮った写真はみんなTシャツとジーンズだったな。

via. Business Insider

----------[AD]----------

Q&AスタートアップのQuora、9億ドル評価で8000万ドル調達【ピックアップ】

SHARE:

【ピックアップ】は世界のテク系スタートアップの資金調達やトレンド記事を概要と共にお届けします Quora Raises $80M Led by Tiger Global, Now Valued at $900M Q&AのスタートアップQuoraがシリーズCとなる資金調達を実施しました。リードはTiger Global Managementで、ベンチマークやピーターティール氏などの過去の投資…

_89__Home_-_Quora

【ピックアップ】は世界のテク系スタートアップの資金調達やトレンド記事を概要と共にお届けします

Quora Raises $80M Led by Tiger Global, Now Valued at $900M

Q&AのスタートアップQuoraがシリーズCとなる資金調達を実施しました。リードはTiger Global Managementで、ベンチマークやピーターティール氏などの過去の投資家も改めて参加しています。調達金額は8000万ドル(日本円で約80億円)、近い関係者筋によれば今回のラウンドでのQuoraの評価額は9億ドルになるとのこと。

Quoraはこれまでにも約6000万ドルほどを調達しており、Re/codeの記事によれば従業員は70人ほどの規模になっているそうです。ほとんどの資金はそのまま銀行にいくそうで、まあいわゆる備えあれば憂いなしの類なのでしょう。創業2009年、マウンテンビューのQAサービスが9億ドル評価。お金ってなんなんでしょうかね。

Google翻訳でざっくり読む

via Re/code

----------[AD]----------

なぜ中国で起業すべきなのか?

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 「中国で起業しようと思った動機と要因は何ですか?」という質問は、もともとQuoraに出ていた。GetYourGuideの設立者であるTaoTao氏の答えはこうだ。 ビジネス ・安い労働力。Googleが中国に拠点を置いている理由のひとつは、才能あるIT系の人材をいまだに比較的安く雇えるからである。しかし、中国の起業家の話では、そういった起業にふさわしい人材を…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

「中国で起業しようと思った動機と要因は何ですか?」という質問は、もともとQuoraに出ていた。GetYourGuideの設立者であるTaoTao氏の答えはこうだ。

ビジネス

・安い労働力。Googleが中国に拠点を置いている理由のひとつは、才能あるIT系の人材をいまだに比較的安く雇えるからである。しかし、中国の起業家の話では、そういった起業にふさわしい人材を探したり惹きつけたりするには、相当の資本を投入するかあなたがKai-Fu Lee氏でなければ難しい。中国人のパートナーは必須である。

・ニッチで壁があろうとも巨大で成長著しい市場。インターネット全般よりもモバイル市場は特にチャンスに溢れていて、大規模で急速なモバイルの広がりが既にオンライン市場を賑わせている。

パーソナル

・起業に適した環境。前例のないことをしている人々に多く出会うということ。例えば街で最初のウィスキーバーを作ろうとしている人、最初のモダンアートビレッジ考案者、航空母艦でパーティーを開こうとしている人など。多くは西洋で既にあるビジネスだが、街や国の文化やビジネススタイルを形成しようとしている人々との出会いは貴重だ。

・その場所に惚れ込むこと。説明するのは難しいが、中国にとどまる人にとっておそらくこれが一番大きな理由であろう。起業家として、自分のプロダクトと顧客に情熱を持つことはその土地に愛着を感じてこそできることである。

私自身の北京での経験からしか語ることはできないが、少しの疎外感と、世の中が大きく動いていることへの没頭感が同時に存在する。北京に住んでいると、昼夜を問わず休める時はない。The Economistが外国から北京に来て住んでいる人々について書いた素晴らしい記事があったが、私が話した多くの北京在住者はそこに書いてあった気持ちに共鳴できた。

最も説得力のある一節を紹介しよう

「アメリカの児童心理学者Alison Gopnik氏は、世界を乳幼児の目線から見た体験に例え、成人のアメリカ人が初めてパリに行った体験と比較している。目新しさ、色、興奮のオンパレードである。逆にあなたが外国に住んでみると、子どもの時のような感情を思い起こすだろう。目新しさ、驚き、不安、安心、無力感、フラストレーション、無責任だ」。

起業家や冒険家にとって中国は、エキゾチックな疎外感と外国人への寛容さ、経済的好機が程好く混在した珍しい場所のひとつである。

【viaTech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------