BRIDGE

タグ RABO

ネコの見守りデバイス&サービス開発のRABO、プロダクト第2弾「Catlog Board」を発表

SHARE:

ネコの首に装着できるウェアラブルデバイスとアプリからなるソリューション「Catlog(キャトログ)」を開発する RABO は5日、ネコのトイレの下に挿入することで、猫の体重と尿量・回数を自動で記録するデバイス「Catlog Board(キャトログボード)」を発表した。本日からクラウドファンディングを開始し、商品発送は2021年7月となる予定。一般販売予定価格は1台8,800円(税抜)。 Catlo…

ネコの首に装着できるウェアラブルデバイスとアプリからなるソリューション「Catlog(キャトログ)」を開発する RABO は5日、ネコのトイレの下に挿入することで、猫の体重と尿量・回数を自動で記録するデバイス「Catlog Board(キャトログボード)」を発表した。本日からクラウドファンディングを開始し、商品発送は2021年7月となる予定。一般販売予定価格は1台8,800円(税抜)。

Catlog Board はネコの体重と尿量など排泄物の量やトイレの回数を自動記録し、体重変化や泌尿器系のトラブルのサインを検知するボード型デバイス。発売済の首輪型ウエアラブルデバイス「Catlog ペンダント」でも行動変容から健康上の懸念を検知することは可能だが、Catlog Board と合わせ排尿の様子をダブルで検出することで、多飲多尿の兆候をより高い精度で観測できる。

具体的には、ネコの水飲み回数を首輪型デバイスで、体重・尿量・尿回数を今回発表のボード型デバイスで検出することで、ネコの健康管理に加え、腎臓病などの早期発見に役立てられる可能性があるとしている。多頭飼いにも対応し、複数ネコが1つのトイレを共有した場合でも AI がどのネコかを自動識別し、Catlog ペンダント と Catlog Board が通信することで識別精度を上げる。

ネコは神経質な動物であるため、トイレの形状や大きさが変わるだけでも排泄をしなくなる(実際には、別の場所で粗相するようになってしまう)。このため、RABO では、従来のトイレを維持したままデータが取得できるよう、Catlog Board をトイレ下に挿入する形を採用した。水分を扱うトイレに近い場所であることから、電源コードはつけず、バッテリで3ヶ月程度稼働するようにした。

Catlog ペンダントや Catlog Board から収集されたデータは、一元的に Catlog のモバイルアプリで見られるようになる予定。現在は「食事」「運動」「睡眠」など6種類に行動を分類しており、今月中には新たに「水飲み」もリリースも行動検知できるようにする予定。RABO では現在、「嘔吐」など異常行動の検知もできるように現在開発を進めているという。

Catlog ペンダント、Catlog Board と続き、今後、さらなるハードウェア展開を加速する可能性も想像できるが、RABO では蓄積された膨大なビッグデータによる診療や予防医療領域、あらゆるネコに必要なモノの選択に連携していく計画としている。Catlog を利用するユニーク猫数は2020年1月現在1,000匹超で、記録された行動データの累積は3億件を突破。

RABO は、愛猫家であり、東京海洋大学大学院の博士前期課程でバイオロギング(行動生態計測)を研究していた伊豫愉芸子(いよ・ゆきこ)氏らにより2018年に設立されたスタートアップ。2019年4月にシードラウンド、2020年1月に直近ラウンドを実施し、これまでに累積で1億数千万円を調達している。

ネコ用ウエアラブルデバイス「Catlog(キャトログ)」開発のRABO、約1億円を調達——iSGS、W ventures、iPLAB Startups、岩佐琢磨氏から

SHARE:

ネコの首に装着できるウェアラブルデバイスとアプリからなるソリューション「Catlog(キャトログ)」を開発する RABO は15日、直近のラウンドで約1億円を調達したと発表した。ラウンドステージは不明だが、シードラウンドのフォローオンと見られる。このラウンドに参加したのは、iSGS インベストメントワークス、W ventures、iPLAB Startups、Shiftall 代表取締役 CEO …

Image credit: Rabo

ネコの首に装着できるウェアラブルデバイスとアプリからなるソリューション「Catlog(キャトログ)」を開発する RABO は15日、直近のラウンドで約1億円を調達したと発表した。ラウンドステージは不明だが、シードラウンドのフォローオンと見られる。このラウンドに参加したのは、iSGS インベストメントワークス、W ventures、iPLAB Startups、Shiftall 代表取締役 CEO の岩佐琢磨氏。

また、今回の調達とあわせ、iPLAB Startups の代表パートナーで弁理士の中畑稔氏は RABO の知財顧問に、岩佐琢磨氏は RABO のハードウェア顧問に就任した。中畑氏と岩佐氏はそれぞれ、RABO の各種知的財産戦略の設計と実施、RABO の展開するハードウェア開発へのアドバイスやグローバル展開などで支援する。

今回の調達は、RABO にとっては昨年4月に実施したシードラウンドに続くものだ。この際には、今回と同じスキームでシードラウンドに出資参加した GMO Tech 代表取締役社長の鈴木明人氏が RABO のマーケティングアドバイザーに、メルカリ共同創業者の石塚亮氏とクララオンライン代表取締役社長の家本賢太郎氏がそれぞれ、RABO のグローバル展開やアジア展開を支援することが明らかになっている。

Image credit: Rabo

Catlog ペンダント(首輪デバイス)には BLE(Bluetooth Low-energy の通信チップ)と加速度センサーが、また、Catlog を充電するステーションには室温計が搭載されている。これらで得た情報がクラウドにアップロードされ、ユーザが外出先に居ても、あるいは、帰宅してから不在時の愛猫の行動の様子をスマートフォンで見られるしくみだ。将来的には、他のネコとのデータ比較のほか、家族・獣医・キャットシッターとのアカウント連携も可能になる見込み。

Catlog は昨年9月24日にローンチし一般販売を開始。当初想定していていた4ヶ月分の計画出荷数を1.5週間で達成したという(具体的な数量は不明)。現在 Catlog を利用するユニーク猫数は1,000匹超で、Catlog ペンダントを装着した猫の飼い主によるアプリアクセス率は7日間で90%、30日間で78%に達したとしている。今回の資金調達を受けて、RABO では人材と猫の採用強化、オフィス移転を実施する予定。

via PR TIMES

ネコ用ウエアラブルデバイス「Catlog(キャトログ)」開発のRABO、エンジェル複数から数千万円のシード資金を調達

SHARE:

ネコの首に装着できるウェアラブルデバイス「Catlog(キャトログ)」を開発する RABO は22日、シードラウンドで数千万円を調達したと発表した。このラウンドに参加したのは、鬼頭秀彰氏(リクルートホールディングス顧問)、松本龍祐氏(メルペイ取締役 CPO)、石塚亮氏(メルカリ共同創業者)、鈴木明人氏(GMO Tech 代表取締役社長)、家本賢太郎氏(クララオンライン 代表取締役社長)など。 今回…

RABO のチームメンバー
Image credit: Rabo

ネコの首に装着できるウェアラブルデバイス「Catlog(キャトログ)」を開発する RABO は22日、シードラウンドで数千万円を調達したと発表した。このラウンドに参加したのは、鬼頭秀彰氏(リクルートホールディングス顧問)、松本龍祐氏(メルペイ取締役 CPO)、石塚亮氏(メルカリ共同創業者)、鈴木明人氏(GMO Tech 代表取締役社長)、家本賢太郎氏(クララオンライン 代表取締役社長)など。

今回の出資とあわせ、鈴木氏は Catlog のマーケティングアドバイザーに就任、また、石塚氏と家本氏は、Catlog のグローバル展開やアジア展開をそれぞれサポートするとしている。RABO では調達した資金を使って、Catlog の開発の加速に向け、iOS エンジニア機械学習エンジニアカスタマーサポート立ち上げ担当行動データの取得に協力するネコの採用を本格化させる。

Catlog Pendant
Image credit: Rabo

Catlog の開発をリードする RABO の伊豫愉芸子(いよ・ゆきこ)氏は、根っからの愛猫家であることは言うまでもなく、東京海洋大学大学院の博士前期課程で、バイオロギング(行動生態計測)を研究していた経験を持つ。大好きなネコとバイオロギングを掛け合わせた事業を夢見て、リクルートを退職後、昨年の2月22日(ネコの日)に RABO を設立した。

Catlog 首輪デバイスには BLE(Bluetooth Low-energy の通信チップ)と加速度センサーが、また、Catlog を充電するステーションには室温計が搭載されている。これらで得た情報がクラウドにアップロードされ、ユーザが外出先に居ても、あるいは、帰宅してから不在時の愛猫の行動の様子をスマートフォンで見られるしくみだ。将来的には、他のネコとのデータ比較のほか、家族・獣医・キャットシッターとのアカウント連携も可能になる見込み。

Catlog App
Image credit: Rabo

昨年10月29日から今年2月22日まで実施された Makuake でのクラウドファンディングでは、目標金額に対し1,523%を達成。東京・二子玉川の次世代ショールーム「蔦屋家電+」で Catlog の展示予約販売を開始している。蔦屋家電+では、来店者属性や行動データなどマーケティングデータが集約できるため、来店者のフィードバックをプロダクト開発に反映することが可能だ。今後、JSFM(ねこ医学会)への出展、動物病院での実証実験開始を経て、8月にデバイス、アプリ、クラウドサービスなどがローンチされる予定。

via PR TIMES

外出先から愛猫を見守る首輪型ウェアラブルデバイス「Catlog(キャトログ)」、Makuakeでクラウドファンディングを開始

SHARE:

東京のスタートアップ RABO は29日、ネコの首に装着できるウェアラブルデバイス「Catlog(キャトログ)」のクラウドファンディングを Makuake で開始した。クラウドファンディングは来年の猫の日(2019年2月22日)まで実施され、スマートフォンのアプリと共に、2019年8月にローンチ予定。 Catlog の開発をリードする RABO の伊豫愉芸子(いよ・ゆきこ)氏は、根っからの愛猫家で…

catlog_featuredimage

東京のスタートアップ RABO は29日、ネコの首に装着できるウェアラブルデバイス「Catlog(キャトログ)」のクラウドファンディングを Makuake で開始した。クラウドファンディングは来年の猫の日(2019年2月22日)まで実施され、スマートフォンのアプリと共に、2019年8月にローンチ予定。

Catlog の開発をリードする RABO の伊豫愉芸子(いよ・ゆきこ)氏は、根っからの愛猫家であることは言うまでもなく、東京海洋大学大学院の博士前期課程で、バイオロギング(行動生態計測)を研究していた経験を持つ。大好きなネコとバイオロギングを掛け合わせた事業を夢見て、リクルートを退職後、今年の2月22日(ネコの日)に RABO を設立した。

catlog-with-cat

Catlog 首輪デバイスには BLE(Bluetooth Low-energy の通信チップ)と加速度センサーが、また、Catlog を充電するステーションには室温計が搭載されている。これらで得た情報がクラウドにアップロードされ、ユーザが外出先に居ても、あるいは、帰宅してから不在時の愛猫の行動の様子をスマートフォンで見られるしくみだ。

犬と違い、猫は家の中でジャンプすることが多いので、2D ではなく 3D で動きを捕捉する必要がある。猫は体の調子が悪くなったり、年老いたりすると活動量が減るので、病気の兆候が現れる前に予防措置を施すことも可能になる。必要に応じて、取得したデータを獣医と共有できるだろう。

yukiko-iyo-with-burimaru
RABO 創業者 兼 CEO の伊豫愉芸子氏と、CCO(Chief Cat Officer)のブリ丸氏

愛猫家が設計しているだけあって、聴覚が鋭い猫にストレスを与えないよう、首輪デバイスに内蔵された電子機器からは、一切の電磁ノイズが出ないように設計されている。何かに引っかかったときには4.5キログラム以上の荷重がかかると外れるようになっていて、充電直後にバッテリーが発熱したデバイスを装着してヤケドする恐れを考慮し、実際の充電完了から一定時間経過後に完了通知がなるような仕掛けもされている。

アプリと連携して使うことを前提にフリーミアムで提供され、利用する機能に応じて月額料金が発生する。8月の本リリースに先立ち、来年1月くらいから一部ユーザによるβテストが展開される予定だ。