BRIDGE

タグ Rapyuta Robotics

ロボティクスプラットフォーム開発のRapyuta Robotics、シリーズB2ラウンドでマーキュリアインベストメントから資金調達

SHARE:

東京、バンガロール、チューリッヒに拠点を置き、クラウドロボティクス・プラットフォームを開発する Rapyuta Robotics は20日、シリーズ B2 ラウンドでマーキュリアインベストメント(東証:7190)から資金調達したことを明らかにした。Rapyuta Robotics とマーキュリアインベストメントの両社は共に調達・出資金額を明らかにしていない。Rapyuta Robotics にとっ…

Rapyuta Robotics の AMR
Image credit: Rapyuta Robotics

東京、バンガロール、チューリッヒに拠点を置き、クラウドロボティクス・プラットフォームを開発する Rapyuta Robotics は20日、シリーズ B2 ラウンドでマーキュリアインベストメント(東証:7190)から資金調達したことを明らかにした。Rapyuta Roboticsマーキュリアインベストメントの両社は共に調達・出資金額を明らかにしていない。Rapyuta Robotics にとっては、今年2月に発表した(実行は昨年12月)シリーズ B1 ラウンド(推定6.5億円)に続くものとなる。

Rapyuta Robotics は、チューリッヒ工科大学からスピンオフしたスタートアップ。CEO の Gajan Mohanarajah 氏は東京工業大学で修士号を取得、チューリッヒ工科大学で博士号を取得し、2014年に東京で起業した。現在はチューリッヒとバンガロールに開発拠点を持ち、社員はエンジニアが中心。同社が開発・提供する「rapyuta.io」は、さまざまなロボットを統合的に運用・管理できるクラウド型のロボティクスプラットフォームで、複数メーカーの異なるロボット横断で個別動作のためのプログラミング作業が簡略化できるのが特徴だ。

マーキュリアインベストメントは日本政策投資銀行が中心となり2005年に設立され、現在は伊藤忠商事らを LP とするファンドを運用している。香港、中国本土、タイなどに子会社を有し、アジア諸国での投資活動や事業開発拠点を持っていることが特徴だ。同ファンドのアンカー LP である伊藤忠商事の取引先や関連会社には物流開発プレーヤーが多いことから、これらの企業への AMR(物流向けの協働型ピッキングロボット)導入で Rapyuta Robotics を支援したい考えだ。

マーキュリアインベストメントのこれまでのスタートアップへの出資を見てみると、オンラインマンションギャラリー「ROOV」を展開するスタイルポート、キーテクノロジースタートアップのビットキー、地域 SNS アプリ「PIAZZA」運営の PIAZZA など。

Rapyuta Robotics では、AMR 導入を通じて得られるピッキングテクノロジーの知見を rapyuta.io のコミュニティにフィードバックし、rapyuta.io に参加するデベロッパ各社の開発にも還元していきたいとしている。

Rapyuta Roboticsとプラスオートメーション、物流向けピッキングロボットを日通にサブスク導入

SHARE:

クラウドロボティクス・プラットフォームを開発する Rapyuta Robotics は、RaaS (Robot as a Service)プロバイダのプラスオートメーションと共同で、サブスクリプションモデルにより Rapyuta Robotics が開発した AMR(物流向けの協働型ピッキングロボット)を日本通運(東証:9062)に導入すると発表した。Rapyuta Robotics によれば、サ…

Rapyuta Robotics の AMR
Image credit: Rapyuta Robotics

クラウドロボティクス・プラットフォームを開発する Rapyuta Robotics は、RaaS (Robot as a Service)プロバイダのプラスオートメーションと共同で、サブスクリプションモデルにより Rapyuta Robotics が開発した AMR(物流向けの協働型ピッキングロボット)を日本通運(東証:9062)に導入すると発表した。Rapyuta Robotics によれば、サブスクモデルによる AMR サービスは国内初。

Rapyuta Robotics は、チューリッヒ工科大学からスピンオフしたスタートアップだ。CEO の Gajan Mohanarajah 氏は東京工業大学で修士号を取得、チューリッヒ工科大学で博士号を取得し、2014年に東京で起業した。現在はチューリッヒとバンガロールに開発拠点を持ち、社員はエンジニアが中心。2018年以降、特に人材不足から業務効率化が求められる物流業界向けのソリューション開発に注力していた。これを裏付けるかのように、今年2月には、モノフルや安川電機(東証:6506)から資金調達している

物流業界においては、荷物の取扱量が季節要因や繁忙期によってバラツキがあり、それに応じた柔軟な人員配置や設備投資が難しい。一方で、市場需要の急速な変化に応じて、荷主から 3PL(サードパーティー・ロジスティクス=物流委託業者)に出される契約期間は12ヶ月〜18ヶ月間程度と短期化しており、3PL にとって長期を見据え多額の設備投資をすることは難しくなっている。このため、初期投資額を抑制できるサブスクモデルでのロボティクスソリューション導入が急務となっていた。

Image credit: Rapyuta Robotics

プラスオートメーションは、三井物産(東証:8031)と、Rapyuta Robotics に出資したモノフルの親会社である日本 GLP とのジョイントベンチャーだ。今回のスキームでは、Rapyuta Robotics のソリューションをプラスオートメーションが買い取り、それをプラスオートメーションがサブスクリプションベースで日本通運にリース提供する。Rapyuta Robotics は複数のロボットを同時に効率最適化された状態で稼働させる「群制御」を得意としており、日本通運はまず十数台ほどを物流拠点に導入し、パフォーマンスを見ながら適用範囲を広げる。

今回、Rapyuta Robotics のクラウド型ロボティクスプラットフォーム「rapyuta.io」を導入する日本通運の責任者である板持直樹氏(ロジスティクス開発部部長)は、次のようにコメントしている。

AMR は、「小物」「多品種」「少量」という要素を抱る日本の物流現場にフィットするソリューションです。このプロジェクトには40~50名が関わっています。(中略)

物流センターのオペレーションをより高度化していくためには更なるイノベーションが必要です。今後は「rapyuta.io」を活用しながら、次世代物流センターの構築に共に取り組んでいきたいと考えています。

日経の報道によれば、サブスクリプションモデルでのサービス提供は、AMR 1台あたり12万円程度。Rapyuta Robotics とプラスオートメーションでは、年内に物流業界全体で15拠点200台以上の導入を目指す。

ロボティクスプラットフォーム開発のRapyuta Robotics、シリーズBラウンドで推定6.5億円を調達——モノフル、安川電機らと資本業務提携

SHARE:

東京、バンガロール、チューリッヒに拠点を置き、クラウドロボティクス・プラットフォームを開発する Rapyuta Robotics は17日、シリーズ B ラウンドで資金調達したことを明らかにした。このラウンドは世界的物流施設大手 GLP の日本法人傘下の物流 DX 企業モノフルがリードし、産業用ロボット世界最大手の安川電機(東証:6506)が参加した。この2社以外にも投資家はいるが、現時点で明らか…

協働型ピッキングアシスタントロボット
Image credit: Rapyuta Robotics

東京、バンガロール、チューリッヒに拠点を置き、クラウドロボティクス・プラットフォームを開発する Rapyuta Robotics は17日、シリーズ B ラウンドで資金調達したことを明らかにした。このラウンドは世界的物流施設大手 GLP の日本法人傘下の物流 DX 企業モノフルがリードし、産業用ロボット世界最大手の安川電機(東証:6506)が参加した。この2社以外にも投資家はいるが、現時点で明らかになっていない。

本ラウンドでの調達金額についても公表されていないが、前回ラウンドまでの累積調達額と、今回ラウンドまでの累積調達額から、本ラウンドでの調達額は6.5億円と推定される。今回の調達は、同社が2015年1月に実施したシードラウンド)、2016年9月に実施したシリーズ A ラウンド、2018年7月に実施したシリーズ A+ ラウンドに続くものだ。創業からの累積調達額は31.5億円に達した。

Rapyuta Robotics は、チューリッヒ工科大学からスピンオフしたスタートアップだ。CEO の Gajan Mohanarajah 氏は東京工業大学で修士号を取得、チューリッヒ工科大学で博士号を取得し、2014年に東京で起業した。現在はチューリッヒとバンガロールに開発拠点を持ち、社員はエンジニアが中心。

同社が開発・提供する「rapyuta.io」は、さまざまなロボットを統合的に運用・管理できるクラウド型のロボティクスプラットフォームで、複数メーカーの異なるロボット横断で個別動作のためのプログラミング作業が簡略化できるのが特徴。前回のインタビューで、Mohanarajah 氏は物流やロボットアームの分野にフォーカスすることを明らかにしていたが、モノフルおよび安川電機と今回資金調達を含む業務提携を行ったことで、これらの分野との関わりをより強固なものにする。

<関連記事>

開発拠点で業務に従事するチームメンバー(一部)
Image credit: Rapyuta Robotics

EC 市場は世界的に急成長し、サプライチェーンはバリューチェーンへと進化し、物流の仕組みは複雑化している。一方日本では労働力の低下から物流分野における人手不足は深刻化。普通に考えれば、物流業界においてロボットオートメーションのニーズは高いはずだが、Mohanarajah 氏によれば、スケーラブリティと柔軟性という2つのハードルがロボットの円滑な導入を阻んでいるという。

物流業界においては、荷物の取扱量が季節要因や繁忙期によってバラツキがあり、それに応じた柔軟な人員配置や設備投資が難しい。一方で、市場需要の急速な変化に応じて、荷主から 3PL(サードパーティー・ロジスティクス=物流委託業者)に出される契約期間は12ヶ月〜18ヶ月間程度と短期化しており、3PL にとって長期を見据え多額の設備投資をすることは難しくなっている。

Rapyuta Robotics では今後、安川電機と協力し AMR(物流向けの協働型ピッキングロボット)や AI フォークリフトの開発などを進める。モノフルとは、同社が持つネットワークを生かし、物流向けロボティクスのサブスクリプション・サービスや顧客獲得で協力を得るとしている。また今回、三井物産と日本 GLP とのジョイントベンチャーである RaaS (Robot as a Service)プロバイダのプラスオートメーションとも業務提携した。

この分野では昨年8月、AIやロボティクスで物流の省人化・生産性向上を目指すインテグレータ GROUND が INCJ のリードで17.1億円を調達している。

〝ロボット版Android〟開発のRapyuta Robotics、シリーズAフォローオンで10.5億円を調達——物流業界向け等ソリューション開発を強化

SHARE:

東京、バンガロール、チューリッヒに拠点を置き、クラウドロボティクス・プラットフォームを開発する Rapyuta Robotics は30日、シリーズ A ラウンドのフォローオンで10億5,000万円を調達したことを明らかにした。 このラウンドに参加したのは、ジャパン・コインベスト、ソニー(Sony Innovation Fund)、JMTC キャピタル、SBI インベストメント。これは、Rapyu…

開発作業中の Rapyuta Robotics のエンジニアの2人。ある物体を認識し、ピックアップし、運ぶというそれぞれ単一の動作しかできないロボットに対し、機械学習により命令コマンド1本で自動的に動作をつなぎあわせるテストをしていた。
Image credit: Masaru Ikeda

東京、バンガロール、チューリッヒに拠点を置き、クラウドロボティクス・プラットフォームを開発する Rapyuta Robotics は30日、シリーズ A ラウンドのフォローオンで10億5,000万円を調達したことを明らかにした。

このラウンドに参加したのは、ジャパン・コインベスト、ソニー(Sony Innovation Fund)、JMTC キャピタル、SBI インベストメント。これは、Rapyuta Robotics にとって、2015年1月に実施したシードラウンド(3.51億円を調達)、2016年9月に実施したシリーズ A ラウンド(10億円を調達)に続くものだ。SBI インベストメントはシードラウンド以来、3回の出資機会に継続しての参加となる。今回の調達を受け、Rapyuta Robotics の累積の資金調達総額は約25億円に達した。

Rapyuta Robotics は、チューリッヒ工科大学からスピンオフしたスタートアップだ。CEO の Gajan Mohanarajah 氏は東京工業大学で修士号を取得、チューリッヒ工科大学で博士号を取得し、2014年に東京で起業した。現在はチューリッヒとバンガロールに開発拠点を持ち、社員はエンジニアを中心に25 40人ほど。

Rapyuta Robotics を開発するクラウドロボティクス・プラットフォームとは、Mohanarajah 氏に言わせると〝ロボット版 の Android〟だ。スマートフォンの世界では Google が Android を出し、そこから Android アプリの各種フレームワークが生まれ、アプリデベロッパが生まれ、アプリを使ったサービスプロバイダが生まれ、そして、それを使うユーザが生まれ、エコシステムが形成されてきた。

Rapyuta Robotics が目指すところはプラットフォーマーなのですが、ロボティクスのセクターではエコシステムが発展途上なので、そのプラットフォームを使って開発するシステムインテグレータなどのプレーヤーがまだ出揃っていません。Rapyuta Robotics では現在、プラットフォームに加えて、ソリューションの開発も行っています。(Mohanarajah 氏)

ソリューションの開発にあたり、同社はターゲットセクターを選ぶ上で「何台のロボットがつながっていて、何人の技術者が関与しているか」を軸に Rapyuta Robotics がもたらすことのできるインパクトを考え、現在は、物流(オーダーピッキングなど)、ロボットアーム、ドローンの分野にフォーカスしているという。また、すでにロボットを導入している企業は、既存の資産をリプレイスするのではなく、それを生かした上でよりよくできることが特長だと、Mohanarajah 氏は語ってくれた。

Rapyuta Robotics では今回調達した資金を使って、昨年末から実施しているアーリーデベロッパープログラムから得たフィードバックをプラットフォームに反映するための開発、プラットフォームの一般公開に向けた販売促進、物流やファクトリーオートメーション業界向けの自動化ソリューションの開発、パートナーシップ強化のための販売促進を行うとしている。