THE BRIDGE

タグ Reaktor

デザインスタジオのReaktorがダイドードリンコと挑んだ、飲料自販機に革新を起こす挑戦——大手企業の開発現場に、アジャイル手法を持ち込む

SHARE:

デザインスタジオの Reaktor については、THE BRIDGE で以前この記事で取り上げたことがある。Reaktor はヘルシンキで2000年に設立されたデジタルプロダクトのデザインスタジオで、世界的な有名企業の作品を数多く手掛けたことで知られる。今回、Reaktor が取り組んだのは、時代の移り変わりと共に商流が変化しつつある自動販売機の分野だ。 日本は人口や国土面積を勘案した自動販売機の…

写真左から:Reaktor Japan エンジニア Gabriel Lumbi 氏、ダイドードリンコ 経営戦略部 事業開発グループ アシスタントマネージャー 西佑介氏、Reaktor Japan 代表取締役 Aki Saarinen 氏、Reaktor Japan シニアサービスデザイナー 宮本麻子氏
Image credit: Masaru Ikeda

デザインスタジオの Reaktor については、THE BRIDGE で以前この記事で取り上げたことがある。Reaktor はヘルシンキで2000年に設立されたデジタルプロダクトのデザインスタジオで、世界的な有名企業の作品を数多く手掛けたことで知られる。今回、Reaktor が取り組んだのは、時代の移り変わりと共に商流が変化しつつある自動販売機の分野だ。

日本は人口や国土面積を勘案した自動販売機の普及率で世界トップの座を誇り、その利便性や機能の多さから言っても日本のお家芸と言えるだろう。まさに我々の生活には無くてはならない存在だが、そんな自動販売機にも新たな革新が迫られているという。コンビニエンスストアやスーパーが増え、自動販売機に頼るまでもなく、思い立ったときに安価で飲料を求められるようになったからだ。

飲料大手のダイドードリンコが全国に有する自動販売機の数は28万台で業界3位、実に飲料製品の売上の約8割を自動販売機からの購入に依存しているという。「飲料を売るだけでは、もったいない。何か他のことにも使えないのか」——そんな発想から、既存ビジネスのデジタルトランスフォーメーションを得意とする Reaktor に白羽の矢が立ち、自動販売機に革新をもたらすプロジェクトがスタートしたのだ。

ダイドードリンコ本社内に設けられたプロジェクトチームで、Smile Town Portal の開発に余念の無い、同社経営戦略部と Reaktor の皆さん
Image credit: Dydo Drinco

ダイドードリンコではこのプロジェクトに先立ち、同社の経営戦略部が中心となって、飲料購入後にスマートフォンでポイントが貯められる「Smile STAND」というサービスをリリースしている。しかし、自動販売機は地域に密着していて、さまざまな場所に設置されているという性質をかんがみ、「もっと、情報発信に利用できないか? 技術力が高く、サービスを提供できる会社がないか」とパートナーを探していたところ、Reaktor を紹介してもらったのだという。

Reaktor のチームは、大阪にあるダイドードリンコの本社にあるプロジェクトルームに詰め、ダイドードリンコの経営戦略部のメンバーと共にサービス開発に没頭、そうした苦労の末に生まれたのが、今年9月にローンチした「Smile Town Portal」というサービスだ。Smile Town Portal では、先に書いた Smile STAND に対応した自動販売機(スマートフォンと Bluetooth 通信ができる機能を持った自動販売機)で利用でき、自動販売機の半径1キロ県内にある飲食店や美容院などの店舗情報を、スマートフォン上の専用アプリ「DyDo Smile STAND」に配信する。配信される情報は、リクルートの「ホットペッパーグルメ」や「ホットペッパービューティー」から情報の提供を受けているのだそうだ。

Image credit: Dydo Drinco

(サービス開始の)9月の段階で3万台、来年の1月20日までに5万台、最終的には15万台にもっていくのが目標。将来的には、自動販売機がそこにあるからこそできること、というサービスを追求し実現していきたい。

現在はサービスをリリースし、自動販売機を増やしているという状況。もともとダイドーの客層は40〜50代の方が多いのだが、リリースしたアプリを通じて次第に30代のお客も取れて来ている。どんな商品をどの時間に買ったか、性別や年齢などの情報も蓄積できるようになり、顧客の囲い込みにも使えることがわかってきた。(ダイドードリンコ 経営戦略部 事業開発グループ アシスタントマネージャー 西佑介氏)

Smile Town Portal 対応の自販機
Image credit: Dydo Drinco

東京では山手線の駅などで、前に立ったお客の出で立ちなどから判断して飲料製品をお勧めするインテリジェントな飲料自動販売機を時折見かける。JR 東日本ウォーターサービスが展開している自動販売機で、カメラなども備わっているのでマーケティングデータも取得できるようだが、まさに「時折見かける」という普及程度だ。一方、ダイドードリンコの場合、Reaktor と取り組んだプロジェクトについて、構想から実行、そして導入までのスピードが速く、同社の自動販売機の2台に1台の割合で、数年以内に Smile Town Portal に対応することになる。大手企業のクオリティアシュアランスや、全国展開する手間を考えれば、このタイムラインはなかなか驚異的である。

今回のプロジェクトで Smile STAND のしくみづくりはダイドードリンコが、Smile Town Portal のサービス開発やソフトウェア開発は Reaktor が担当したとのことだ。Smile Town Portal の立ち上げに要した期間は3ヶ月程度で、「自動販売機に対して面白いよねというイメージを持ってもらえば、それが成功になるのではないか(西氏)」と革新的なサービスに対して、社内での KPI の設定についても柔軟なようだ。Reaktor がフィンランド企業であること、また、ダイドードリンコがモスクワ市内に700台程度の自動販売機を展開していることもあり、Smile Town Portal のアイデアが海外進出する可能性についても期待が持てそうだ。

ただ、今回のプロジェクトの成果について、西氏は Smile Town Portal というアウトプットだけでなく、そのプロセスについても大きな学びがあったと、オープンイノベーションの意義について強調する。

ダイドードリンコにとって、今回ほど他社と3ヶ月間ガッツリ一緒にプロジェクトに取り組むということは無かった。ユーザが気に入ってくれそうなものを、アジャイルなやり方でソフトウェア開発し、それを大阪のプロジェクトルームでラピッドサイクルで回すという、当社にとっては極めて新しい方法。

当初、会社としては「どういうことが起こるの?」という不安もあったが、IoT の領域に入っていくと、プロダクトの開発はこういうことになっていく、というのが我々もわかったし、他の社員にもわかってもらえたように思う。

Reaktoro からは、最初に出してもらったもの(プロトタイプ または MVP)が、我々がやりたいことにすごくフィットしたもので出てきた。このアウトプットのおかげで、上職にプロジェクトのことを納得してもらうのも比較的スムーズに進んだ。(西氏)

ダイドードリンコ本社内に設けられたプロジェクトチームで、Smart Town Portal の開発に余念の無い、同社経営戦略部と Reaktor の皆さん
IMage credit: Dydo Drinco

Reaktor の日本法人である Reaktor Japan 代表取締役の Aki Saarinen 氏は、デザインと開発作業を組み合わせながら進める方法、ソフトウェア開発とクオリティアシュアランスをステップバイステップで進めていく方法がとれたからこそ、今回の短期間でのプロジェクトが実現できたと話す。このようなアプローチを通じて、日本の大企業がスタートアップからベネフィットを得られる機会を、他のスタートアップにも体現してほしいと、高まるオープンイノベーションの可能性について期待感を示した。

----------[AD]----------

博報堂とデザインスタジオのReaktor日本法人が提携、大企業にスタートアップ的手法を適用する「Innovation Generator」をローンチ

SHARE:

博報堂は1日、ヘルシンキを本拠地とするデザインスタジオ Reaktor の日本法人 Reaktor Japan と業務提携し、大企業に対して、デジタルテクノロジーを用いた企業の新規事業開発や既存事業のデジタル化の統合支援サービス「Innovation Generator(イノベーション・ジェネレーター)」の提供を開始すると発表した。 Reaktor はヘルシンキで2000年に設立されたデジタルプロ…

noda-saarinen-inoue
左から: 博報堂テクノロジービジネスセンター 野田耕平氏、Reaktor Japan 代表取締役 Aki Saarinen 氏、Reaktor アカウントマネージャー 井上準之介氏

博報堂は1日、ヘルシンキを本拠地とするデザインスタジオ Reaktor の日本法人 Reaktor Japan と業務提携し、大企業に対して、デジタルテクノロジーを用いた企業の新規事業開発や既存事業のデジタル化の統合支援サービス「Innovation Generator(イノベーション・ジェネレーター)」の提供を開始すると発表した。

Reaktor はヘルシンキで2000年に設立されたデジタルプロダクトのデザインスタジオだ。ヘルシンキ本社のほか、ニューヨークや東京の拠点をあわせて400名のエンジニア・デザイナー・プロデューサーらを擁し、代表的な作品には、アメリカのケーブルテレビ大手 HBO のストリーミングサービス、ニューヨークにある NASDAQ のインタラクティブウォール、フィンランドのナショナルフラッグキャリア Finnair の機内エンターテイメントシステムやモバイルアプリなどがある。近年では、スタートアップ・カンファレンス「Slush」を通じてスタートアップ・コミュニティに関与し、Reaktor Ventures というシードステージ向けの投資ファンドも運用している。

innovation-generator-logo

今回の提携の意図について、プロジェクトを担当する博報堂テクノロジービジネスセンターの野田耕平氏に聞いたところ、オープンイノベーションでは実現できない、大企業のデジタルトランスフォーメーションに焦点を当てているようだ。

昨今のオープンイノベーションに対する期待感の高まりから、大企業の新規事業部門などでは社内のイノベーションの活路をスタートアップとの提携に求める傾向が生まれている。これ自体は素晴らしい兆候だ。しかし、そもそも、大企業には大企業の、スタートアップにはスタートアップのビジョンがあるため、双方の思惑を完全に一致させることは難しい。スタートアップが目指すビジネスというのは、極論するなら、大企業が痛手を被る可能性があるほどディスラプティブ(破壊的)であるか、大企業が商機を見出せないほどニッチな領域であることが多いからだ。

innovation-generator-diagram
「Innovation Generator」において、各プロセスで博報堂と Reaktor が提供可能なサービス内容

Innovation Generator では、イノベーションやデジタルトランスフォーメーションを求める博報堂のクライアント企業に対して、敢えて受託という形で Reaktor とともに、ラピッドプロトタイピング、アジャイル開発、ユーザバリデーションなどのスタートアップ的なアプローチを提供する。これらの努力を通じて、クライアント企業においては、プロジェクトの成功可能性が高まり、社員は擬似的にスタートアップ的な働き方を体験できることで、スタートアップに対する理解も深まるのではないかと、野田氏はプログラムへの期待を話してくれた。

2年前に東京で営業を開始した Reaktor Japan では、プロジェクト着手から MVP(必要最低限の機能を備えたプロダクト)を出すまでを90日間で完遂する「Innovation in 90 Days」という手法を確立しており、Innovation Generator には、このような手法が積極的に取り入れられると考えられる。博報堂の野田氏によれば、クライアント名は明かせないとのことだったが、すでにある大企業がこのプログラムのもと、ワークショップでのアイディエーション、ユーザインタビュー、モバイルアプリのペーパープロトタイピングなどを始めており、確かな手応えを感じているとのことだった。

すべてのイノベーションの必要性にオープンイノベーションだけで応えることはできないし、オープンイノベーションにおいて、大企業側のニーズが一方的に強い場合は、コラボレーションするはずのスタートアップが下請業者のように扱われてしまう可能性さえある。今回の動きは、大企業がイノベーションを進める上での新たな選択肢として興味深い。

innovation-in-90-days-at-slush-asia
Slush Asia に参加した、Reaktor Japan のチーム。最左は、Rovio Entertainment の Mighty Eagle こと Peter Vesterbacka 氏。 Image credit: Reaktor Japan
----------[AD]----------

フィンランドのReaktorとSupercellが、世界プログラム選手権「Hello World Open」へのエントリ募集を開始

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから。 Hello World Open は、バーチャルなレースによる世界プログラム選手権だ。世界中からチームが参加している。フィンランドのクリエイティブ企業 Reaktor とゲーム開発会社の Supercell による主催で、レースを速く勝ち抜くために、参加チームは人工知能をプログラムすることが求められる。できれば、クラ…

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

Hello World Open は、バーチャルなレースによる世界プログラム選手権だ。世界中からチームが参加している。フィンランドのクリエイティブ企業 Reaktor とゲーム開発会社の Supercell による主催で、レースを速く勝ち抜くために、参加チームは人工知能をプログラムすることが求められる。できれば、クラッシュ事故は避けたいところだ。[1]

チームは同じ国出身の1〜3名で構成される必要があるが、一人の人物は一つのチームにしか参加できない。

登録申込は昨日19時(日本時間)に開始され、4月7日まで募集中だ。実際にコーディングするのは 4月15日〜29日の間で、地域別の予選は5月に開催される(以下の地図を参照)。6チームが決勝に選ばれ、フィンランド・ヘルシンキに招待される(旅費は主催者負担)。

日本からも多くの人が参加することを期待したいが、そうなるかどうかはよくわからない。[2]

しかし、Reaktor の人々が募集告知の日本語訳を送ってくれたので、それを以下に掲げておく。Finnish Line(ゴールとフィンランドをかけた言葉)で勝ちたい人は、チェックしてサインアップしてほしい。

hello-world-open-620x342


ハローワールドオープン : 史上初のコーディング世界選手権への申し込み受付が始まります。

この春は、コード裏に隠れた未来のスーパースターを見い出すチャンスです。ハローワールドオープンでは、史上初のコーディング世界選手権にて、トップコーダー達が自国の名誉をかけて挑みます。

創造力に富んだテクノロジー企業 Reaktor社およびモバイルゲームデベロッパーのSupercell社が企画するハローワールドオープンは、一風変わったコンテキストの中でプログラミング能力に国際的な脚光を当てます。まず、希望に燃える参加者は1~3名のトップコーダーによるチームを作ります。最高の人材がそろったら、各チームの課題はバーチャルカーレース用の人工知能を制作することにあります。申し込み受付は3月31日に始まります。

「コーディングのような掴みにくいコンセプトを簡潔化することによって、コーディングにアピール力を与え、一般の人々も楽しめるレベルに持ってくるのが意図です」と語るのはハローワールドオープンの主催者、Reaktor社の Ville Valtonenです。「我々の狙いはコーディングにおけるセバスチャン・ヴェッテルやジェフ・ゴードン、つまり尊敬に値する国民的スーパーヒーローを作り上げることです。観客の皆さんには自国の競合者に誇りをもち、勝利に向かって彼らを応援していただきたいのです。」

決勝戦は6月5日、フィンランドのヘルシンキにて、ケーブルファクトリーで行われます。当日このイベントの前には、Supercell社が第2回年次ゲーミングサミットを開催します。

しかし、決勝進出チームがヘルシンキまでたどり着く前にはまだ長い道のりがあります。スポーツがいつもそうであるように、これら世界選手権でも観衆が大きな役割を果たします。誰もが何千というトップコーダー達の試合をオンラインで見守るチャンスがあります。

約1万チームが仮想バトルで競い合うことが予想されます。選手権は世界地図を3大地域に分けて行い、各地域で5月に予選が繰り広げられます。

最終的に6チームがヘルシンキでの決勝戦に進出します。決勝進出チームによるヘルシンキまでの渡航費用はすべて支払われます。彼らは自国を代表してその卓越したコーディング能力を披露し、総額1万ユーロという驚くべき賞金を獲得するチャンスを手にします。

申し込み受付は3月31日に始まります。あなたもエキサイトしてみませんか。

ハローワールドオープンの導入スケジュールは以下の通りです :

3月31日 – 申し込み受付開始。競技への参加は無料です。
4月7日 – 申し込み受付終了

オンライン予選ラウンド。試合をフォローするのは次のサイトです。 helloworldopen.com

  • 5月6日 – ハロー地域1
  • 5月7日 – ハロー地域2
  • 5月8日 – ハロー地域3
  • 6月5日 – コーディング世界決勝戦 : 世界で最もタフなコーディングチーム6組がフィンランド、ヘルシンキで出会います。

Reaktor社は2012年に初回フィンランドコーディング選手権を開催しました。目標はポンボット用の人工知能をコーディングし、卓球で他のすべてのチームを打ち負かすことでした。このイベントは大成功でした
– 200以上のチームが競技に関与および参加しました。選手権は24時間で百万人のフィンランド人に達しました – 人口5百万の国でありながら。

詳細は以下にお問い合わせください
Veera Voutilainen
Head of Communications
+358 50 343 8608
veera@helloworldopen.com

Reaktor 社について
Reaktor社は卓越して機能性に優れたサービスを生み出す、創造力に富んだテクノロジー企業です。250名のプロフェッショナルからなるReaktor社のチームは、サービスデザイナー、インタラクションデザイナー、アートディレクター、ソフトウェアアーキテクト、デベロッパー、コーチを擁しています。当社オフィスはフィンランドのヘルシンキ、および東京にあります。当社は世界でベストなソフトウェア会社となるよう日々努めています。Reaktor社に関する詳細は、次をご覧ください。 www.reaktor.fi

Supercell 社について
2010年設立の Supercell社はフィンランドのヘルシンキに本社を置くモバイルゲーム開発会社で、サンフランシスコ、東京、およびソウルにオフィスを持ちます。Supercell社のゲーム、クラッシュオブクランおよびヘイデイは iOS および Android デバイスでどうぞ。新作タイトル Boom Beach が間もなくiOS でリリース。Supercell 社に関する詳細は次をご覧ください。 www.supercell.com


  1. 以前、私もクラッシュ事故を起こしたことがある。 
  2. THE BRIDGE 以外にも英語のニュースサイトを定期的に訪問していなければ、日本のプログラマがこのイベントのことを知る機会はあまりないのかもしれない。  ↩
----------[AD]----------