THE BRIDGE

タグ Realm

エンドユーザーは10億人を突破、過去1年間で最速成長のモバイルDB「Realm」が1.0をついに正式リリース

SHARE:

モバイルアプリ開発のインフラとして急成長してきたモバイルDB「Realm」。毎日、10万人の開発者にアクティブに活用され、エンドユーザの数は10億人に及びます。ベータ版の運用を開始してから2年が経った先月5月末に、iOSとAndroidプラットフォームにおいて正式版(1.0)をリリースしました。 日々リリースされるモバイルアプリにおいて、IBM、Microsoft、Amazon、Googleなどが…

Realm-growth

モバイルアプリ開発のインフラとして急成長してきたモバイルDB「Realm」。毎日、10万人の開発者にアクティブに活用され、エンドユーザの数は10億人に及びます。ベータ版の運用を開始してから2年が経った先月5月末に、iOSとAndroidプラットフォームにおいて正式版(1.0)をリリースしました。

日々リリースされるモバイルアプリにおいて、IBM、Microsoft、Amazon、Googleなどが提供する競合製品よりも一番多く利用者が増加(SourceDNAの解析結果)。この12か月間で最速で成長したモバイルプラットフォームであると言えます。例えば、Microsoft社のXamarin や Adobe社のPhoneGap、Unityなどと比べると、Realmは2倍の速度で成長しています。

今回正式リリースされたバージョン1.0には、以下のような主要機能が含まれます。

  • エレガントな変更通知。リアクティブなアプリケーションを簡単に書くことが可能
  • プログラミング言語Swiftの機能を完全サポート
  • Javaプログラミング言語における直感的で柔軟なモデル定義

導入企業や開発者にとっての魅力の一つに、ユーザー体験の向上があります。Realmは、サーバーサイドではなくユーザのiPhoneやタブレットなどの端末で直接動作するため、ユーザーにとってアプリの応答待ち時間が減り、オフラインでもデータにアクセスすることが可能になります。Realmはまた、開発や事業面でもさまざまな利便性を提供してくれます。

例えば、学習コストが極めて低いため、SQLiteやCoreDataを使った場合に比較して開発時間が大幅に削減されます。また、昨今ではiOSとAndroidの両プラットフォームでのアプリ展開が一般的ですが、Realmなら全く同じデータモデルとファイルを各プラットフォームで利用することができるため、ビジネスロジックの移植が非常に簡単になります。そのほか、暗号化や複雑なクエリ、アクティブなUIサポートなど、現代のモバイルアプリに求められる高度な機能を初めから備えていることなどが挙げられます。

Realmを導入するのは、Fortune 500企業や Global 2000 に掲載される企業など。Twitter、Starbucks、Alibaba、Amazon、Google、アメリカ合衆国国土安全保障省などが活用しています。今年4月には、NikeやCisco、NFLなども参加。日本国内の導入企業には、AWA、日本経済新聞社、Sansan、マネーフォワード、ヤフー、LINE、サイバーエージェントなどがあります。

今回の正式版リリースをうけて、Realmの成長が今後さらに加速していくことが期待できそうです。

----------[AD]----------

ネイティブUIアプリ開発の要望に応えるべく、RealmがFacebookと協力してReact Native対応版を提供

SHARE:

2014年にリリースされたモバイルデータベース「Realm」。スマートフォンやタブレットで動作する組み込みデータベースなら、iOSとAndroidの両プラットフォームで、同じデータモデルとロジックを簡単に共有することができます。この利便性が買われ、これまでに数百万台のデバイス上で使われています。 サービス開始から1周年を迎えた2015年7月時点から、日本のRealmユーザー数は1.9倍ほどに増加。…

Realm-website

2014年にリリースされたモバイルデータベース「Realm」。スマートフォンやタブレットで動作する組み込みデータベースなら、iOSとAndroidの両プラットフォームで、同じデータモデルとロジックを簡単に共有することができます。この利便性が買われ、これまでに数百万台のデバイス上で使われています。

サービス開始から1周年を迎えた2015年7月時点から、日本のRealmユーザー数は1.9倍ほどに増加。中国が急速に追いつきつつあるものの、相変わらずアジアでは日本のユーザー数が最多で、利用企業にはLINE、Yahoo、サイバーエージェント、日経新聞社、Wantedlyなどが含まれます。

この度、Realmが公開したのが、React Native向けの新たなデータベース。React NativeはFacebook社が提供する、JavaScriptによるiOSおよびAndroid用ネイティブアプリケーション作成のためのプラットフォームです。JavaScriptに合わせてデザインされたシンプルで直感的なAPIを通して、ネイティブアプリの良質なユーザー体験に欠かせない高速なデータ保存と検索を提供します。

これまでも、React Native版への要望を多数受けていたというRealm。今回のリリースについて、プロダクト責任者のTim Angladeさんは、こうコメントしています。

「React Nativeは“ネイティブUIの良い体験を実現する、高速なクロスプラットフォーム機能を提供することで、開発プロセスを加速し開発者をサポートする”という、Realmにおける最も重要な考えを反映しています。今回、初のサードパーティベンダーとしてReact Nativeに貢献できて、社内は非常に活気に満ちています。」

RealmとFacebookは、今後も急速にニーズが高まるクロスプラットフォームとネイティブ開発のためのツール需要に応えるために協力していきます。まずは、ReactNativeに絞って公開されるJavaScript版ですが、近い将来には、それ以外のプラットフォームでも動作するようにしていくとのことです。

また、技術コミュニティをサポートするためのRealmミートアップも毎月開催しており、毎回50〜60人が参加。今年は、主にRealmに初めて触る方を対象にしたハンズオンをiOS、Androidともに開催する予定も。関西や名古屋などでのミートアップ希望も聞かれており、今年は東京以外の場所へもコミュニティ活動の幅を広げていく考えです。

大型イベントでは、先日開催された「DroidKaigi」にはRealmのエンジニアのEmanuele Zattinさんが来日して講演。来月開催されるSwiftカンファレンス「try! Swift」では、ダイアモンドスポンサーとして、カンファレンス自体の運営とセッションの録画・配信をサポートする予定です。

 

----------[AD]----------

サービス開始1周年ーー稼動デバイス数は5億台、アメリカに次いで日本市場が伸びるモバイルDB「Realm」

SHARE:

今年3月末に、シリーズBで2,000万ドルを調達したモバイルデータベース「Realm」が、サービス開始から1周年を迎えました。前回取材時には1億台だった稼働デバイス数は、4ヶ月後の今では5億台に。Realmを使うユーザー数は4倍に。日本でも2.5倍に成長し、アメリカに次ぐ2番目の市場となっています。 今回お話をうかがったのは、Realmでエンジニアを勤める岸川克己さん。岸川さんがRealmに参加し…

モバイルデータベース「Realm」
モバイルデータベース「Realm」

今年3月末に、シリーズBで2,000万ドルを調達したモバイルデータベース「Realm」が、サービス開始から1周年を迎えました。前回取材時には1億台だった稼働デバイス数は、4ヶ月後の今では5億台に。Realmを使うユーザー数は4倍に。日本でも2.5倍に成長し、アメリカに次ぐ2番目の市場となっています。

今回お話をうかがったのは、Realmでエンジニアを勤める岸川克己さん。岸川さんがRealmに参加した当時は、スタートアップの新規プロダクトで使われることが多かったと言います。それが現在では、既存データベースを置き換えたり、AndroidとiOSの両方で使われる例も増えているとのこと。

Realmを選ぶ理由は、より良いユーザー体験の提供

Objective-C、Swift、Android全てのアプリのうち、およそ10個に1つで使われているRealm。具体的な企業では、Pinterest、Intel、BuzzFeed、ZipCar、Groupon、また複数の銀行などがRealmを選択。日本国内でも、LINE、バンダイ、AWA、リクルート、Sansanなど、日本の数百本のモバイルアプリにRealmが組み込まれています。

Realmがモバイルアプリのデベロッパーに選ばれる理由には、APIがシンプルなこと、特定のクラウドサービスに規制されることなく、好きなサーバーでデータをホストができることなどが挙げられます。でも、その理由を突き詰めると、それは「より良いユーザー体験が提供できる」からに他なりません。

「モバイルデバイスがよりパワフルになるにつれ、アプリデベロッパーはより多くのデータをサーバーではなくデバイス側で扱うようになっています。デバイス側でデータを持つことで、時間のかかるサーバーからのデータ取得を最小限にし、オフライン時でも使えるようになる。その結果、より快適なユーザー体験が提供できるからです」

デベロッパーコミュニティこそ最大の資産

2014年6月のRealmミートアップの模様
2014年6月のRealmミートアップの模様

Realmが急速に成長している背景には、その積極的なコミュニティづくりがあります。彼らにとって、デベロッパーとの良い関係こそ最大の資産。そのため、Realmに直結しないSwiftやAndroid関連のイベントを主催したり、記事の発信や動画配信に力を入れてきました。

日本でも、毎月のRealmミートアップの他に、Swift勉強会などを主催しています。これまでに4回開催した定期ミートアップには、毎度60人ほどが参加。こうして日本のモバイルデベロッパーとの交流を深めることは、単純にRealmをプロモーションするだけでなく、もっと広義な意義があると岸川さんは話します。

「シリコンバレーや世界のモバイルスタートアップは、日本から多くのことを学べると思っています。モバイルゲームはもちろんのこと、世界で最大のモバイルカンパニーLINEがあり、モバイル社会と経済は世界でも最先端です。その知見を世界に届けるためにも、日本のデベロッパーと繋がり、多くのことを学びたいと考えています」

半年弱でチームは倍の大きさに

Realmは、今年後半にはバージョン1.0のリリースを予定。バックグラウンドクエリのサポート、きめ細やかな通知など、多数の機能が追加されるとのこと。また、JavaScriptやC++、.NETなど対応プラットフォームの追加にも着手しています。

今年3月時点からRealmのメンバーは増え続け、今では40人ほどのチームになりました。Appleで8年間、SafariとWebKitの開発に携わって来た人物など、一流のキャリアと実力を持つ人材が次々にジョインしています。またリモートでは、中国と韓国にもメンバーを採用。グローバルに広がるユーザー層と共に、チームもまた広がりを見せています。

アメリカに次いで大きな市場である日本には、今後いっそう投資していく構え。サンフランシスコ本社に日本人インターン生を迎え入れ、その他にも岸川さんのエンジニアリング以外のタスクをサポートするメンバー、Androidのエキスパートなどの人材を探しています。 Realmのデモ動画はこちらをご覧ください。

----------[AD]----------

BuzzFeedやチャットワークも導入、1億台のデバイスで動作するモバイルDB「Realm」がシリーズBで2000万ドルを調達

SHARE:

モバイルに特化して開発された、iOS/Android組み込みで動くデータベース「Realm」。一般公開から9ヶ月経たずして、Realmは世界で2番目に多く導入されるデータベースへと成長しています。 2011年の夏のY Combinatorプログラムを卒業した同社は、Khosla Venturesを筆頭とするシリーズBで新たに2,000万ドルを調達したことを発表しました。Greylock、Redpo…

Realm

モバイルに特化して開発された、iOS/Android組み込みで動くデータベース「Realm」。一般公開から9ヶ月経たずして、Realmは世界で2番目に多く導入されるデータベースへと成長しています。

2011年の夏のY Combinatorプログラムを卒業した同社は、Khosla Venturesを筆頭とするシリーズBで新たに2,000万ドルを調達したことを発表しました。Greylock、Redpoint、Andreessen Horowitzなどから、これまでに総額2,900万ドルを調達したことになります。

BuzzFeedやZynga、日本ではチャットワークなどが導入

Realmは、OracleやMySQL、MongoDBに類似したデータベースですが、現代のスマートフォンに最適化されて開発されました。サーバーサイドではなく、ユーザーのiPhoneやタブレットなどの端末で直接動作するデータベースで、これまでに1億台を超えるデバイスで稼働しています。

Realmを使うことでエンジニアにもたらされるメリットはいくつもあります。まずは、SQLiteなどと比べて、大量のコードを書くことから解放され、iOSとAndroidなどクロスプラットフォームで一つのデータモデルを構築できること。またサーバー台などのコスト削減や、ユーザーの個人情報を自社サーバーに保存せず、個々の端末上で扱えるといったセキュリティ面での利点もあります。

導入企業には、GrouponやBuzzfeed、Rite Aid、Zynga、Expensifyなどが名を連ねます。日本国内でも、「チャットワーク(ChatWork)」がそのAndroidアプリで、また転職相談アプリ「JOBKUL(ジョブクル)」がiOSとAndroidで導入するなど、導入企業が増えています。

日本人エンジニアも参画

Realmのチームにジョインした岸川克己さん
Realmのチームにジョインした岸川克己さん

データベースが端末への組み込みで動くことは、ユーザーにとってもよりスムーズなユーザー体験を約束します。アプリの応答待ち時間が減り、またオフラインでも必要なデータにアクセスできるため、モバイルネットワークやWi-Fiがない状態でもアプリを使うことができます。

今回の資金調達についてお話を伺ったのは、Realmのエンジニアである岸川克己さん。同社のエンジニアが日本に来日した際に、知り合いを通じて彼を囲むミートアップを開催。その後、そのエンジニアから連絡が来て、何度かSkypeでの面接やプログラミングの課題を経てジョインすることに。現在は、日本にいながらリモートで仕事をし、Realmを活用する日本のエンジニアをサポートしています。

現在、20名強のメンバーから成るチームですが、2015年中にグローバルに採用し、人数を倍に増やすとのこと。また、iOSとAndroidに加えて、その他のモバイルプラットフォームにも対応していく予定です。

2月20日に開催されたという「Realm Tech Talk」の模様がこちらでレポートされているようなので、併せてご覧ください。

 

 

----------[AD]----------