THE BRIDGE

タグ Rebright Partners

リブライト・パートナーズが24億円規模の2号ファンドを組成、インドのモバイル・スタートアップ投資を強化

SHARE:

日本のインターネット企業を LP に持ち、東南アジアのスタートアップを中心に投資を展開してきたリブライト・パートナーズは今日、新ファンドとなる2号ファンド(正式名称:Rebright PartnersII投資事業組合)を設立し、主としてインドのモバイル・ファースト、モバイル・オンリーのスタートアップ向けの投資を強化していくと発表した。ファンドの規模は24億円。2011年にインドネシアの金融グループ…

rebright-partners-india-fund_featuredimage

日本のインターネット企業を LP に持ち、東南アジアのスタートアップを中心に投資を展開してきたリブライト・パートナーズは今日、新ファンドとなる2号ファンド(正式名称:Rebright PartnersII投資事業組合)を設立し、主としてインドのモバイル・ファースト、モバイル・オンリーのスタートアップ向けの投資を強化していくと発表した。ファンドの規模は24億円。2011年にインドネシアの金融グループ「コルフィナ」と設立した Batavia Incubator としての0号ファンド、2013年に設立した1号ファンドに続くものとなる。

インドの人口は15年以内に中国を抜き世界1位に、また2016年にはスマートフォンユーザの人口もアメリカを抜いて世界2位の2億人に達することが予想されている(2014年12月 eMarketer による)。Flipkart、Amazon India、Snapdeal などインドのEコマース・プロバイダは順調な成長を続けており、Google Capital、Tiger などアメリカの主要VCが、今年に入って続々とインドに現地オフィスを開設し始めた。

日本の大手企業では、ソフトバンクがインドへの投資強化することを発表し、Snapdeal のほか、タクシー配車の Ola、 不動産仲介サイト Housing.com を運営する Locon Solutions に出資したのは記憶に新しい。

リブライト・パートナーズでは今回の新ファンド組成にあわせ体制強化のため、インド駐在のインベストメント・マネージャーとしてバンガロールのアクセラレータ GSF 出身の Brij Bhasin 氏を起用、東南アジアにおけるインベストメント・マネージャーには、元デロイトトーマツ・シンガポール駐在の河合巧氏を迎えた。

インド国内において、これまでにリブライト・パートナーズは、ビッグデータ解析の Tookitaki、ニュース配信アプリの Newsinsorts を含むスタートアップ4社に投資を実行しており、さらに複数のEコマースアプリ分野への出資を検討している。

リブライト・パートナーズ代表の蛯原健氏によれば、Smartnews やメルカリなど日本のモバイルアプリは世界的にも好調で、リブライト・パートナーズは投資機会を通じて、日本が持つモバイルアプリのノウハウを、東南アジアのみならずインドのスタートアップ・エコシステムにも還流させていきたいとしている。

<関連記事>

takeshi-ebihara
リブライト・パートナーズ代表・蛯原健氏
----------[AD]----------

【#StartupAsia Tokyo 2014予告】リブライト・パートナーズが、東南アジアに明るい未来を見出す理由とは?

SHARE:

THE BRIDGE のメディア・パートナーである Tech in Asia では、2014年9月3日〜4日、東京で初開催となるスタートアップ・カンファレンス「Startup Asia Tokyo 2014」を開催する。 この予告シリーズでは、開催日当日に向け、登壇者やイベント内アトラクションの紹介を中心に、イベントの全容をお伝えする。これまでシンガポールおよびジャカルタで、通算5回にわたって開催…

startupasia_tkyTHE BRIDGE のメディア・パートナーである Tech in Asia では、2014年9月3日〜4日、東京で初開催となるスタートアップ・カンファレンス「Startup Asia Tokyo 2014」を開催する。

この予告シリーズでは、開催日当日に向け、登壇者やイベント内アトラクションの紹介を中心に、イベントの全容をお伝えする。これまでシンガポールおよびジャカルタで、通算5回にわたって開催された Startup Asia については、ここから関連記事を閲覧できる。


takeshi-ebihara-batavia-incubator-252x300

東南アジアのスタートアップにとって、イグジットがより当たり前のものになりつつある。若い企業は時を待たず、開業すると同時に将来の計画を始めるべきだろう。少なくとも、リブライト・パートナーズの蛯原健氏はそう語っている。

ベテランのベンチャーキャピタリストで、スタートアップ・メンターでもある蛯原氏は、東南アジアから生まれた偉大なスタートアップの一つとして、日本の楽天が2億ドルで買収したビデオ・ストリーミングのスタートアップ Viki の話をしばしば引用する。

リブライトのチームは、一国での成功を求める企業には興味が無い。むしろ、できるだけアジアの多くの市場を獲得しようとする熱烈な起業家を探している。蛯原氏によれば、現在、ディスラプティブなプロダクトを作るのに最も適した場所は、その大きな消費力と差し迫る人口爆発に裏打ちされたインドネシアだ。

蛯原氏に、東南アジアに自信を持たせているものは何だろう? リブライトの投資戦略は? 蛯原氏は Startup Asia Tokyo 2014 に登壇し、新しいテックベンチャーにとって、東南アジアが世界の中心になる理由を解説してくれる。彼がジャカルタの Batavia Incubator で得た経験、iMoneyIndoTradingAdskomQraved に Skype 共同創業者 Toivo Annus と共に投資した経験についても振り返ってくれるかもしれない。

Startup Asia Tokyo 2014 の入場チケットはここから購入可能。
THE BRIDGE 読者向けの割引コード「readthebridge」の入力で入場料が25%割引になります。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

----------[AD]----------

日本のリブライト・パートナーズが、インドネシアの企業向けマーケットプレイスIndoTradingに出資

SHARE:

先月、インドネシアの企業向けマーケットプレイス IndoTrading について取り上げたばかりだが、彼らは素晴らしいニュースを引っ提げて戻って来てくれた。IndoTrading は、日本のリブライト・パートナーズからシード資金を調達した。調達金額は明らかにされていないが、同社はこの資金を使って、インドネシア国内5都市に販売チームや作業チームを展開する見込みだ。 IndoTrading は会員4,…

Indotrading-website

先月、インドネシアの企業向けマーケットプレイス IndoTrading について取り上げたばかりだが、彼らは素晴らしいニュースを引っ提げて戻って来てくれた。IndoTrading は、日本のリブライト・パートナーズからシード資金を調達した。調達金額は明らかにされていないが、同社はこの資金を使って、インドネシア国内5都市に販売チームや作業チームを展開する見込みだ。

IndoTrading は会員4,410社を抱え、3万点以上のプロダクトを扱う。有料会員は400社以上を数え、毎月50社が新しく加入している。リブライト・パートナーズの蛯原健氏は、今回の投資について次のようにコメントを寄せた。

IndoTrading は、インドネシアのB2B取引プラットフォームの分野では卓越した存在です。国境を越えて、東南アジアのプラットフォームになれるでしょう。同社の創業者 Handy 氏は、優れた販売管理スキルとグロースハック方法を身につけており、かつて、マレーシアの会社に数十万ドルで会社をバイアウトした経験があります。

Handy 氏は、IndoTrading を創業する前、不動産広告サイト RumahdanProperti.com を経営していた。後に同社は、iProperty.com に買収されている。

IndoTrading は、ジャカルタの Founders Institute が運営するインキュベーション・プログラムの直近の回を、優秀な成績で卒業した。これまでに、リブライト・パートナーズはインドネシアで、AdskomQraved に出資している。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

----------[AD]----------

インドネシアのレストラン予約サイトQravedが、日本のRebright Partners、500 Startupsなどからシード資金を調達

SHARE:

インドネシアのソーシャル・ダイニング・サイト Qraved が公式にリリースされたのはまだ10日前のことだが、同社の共同創業者 Adrian Li 氏からビッグなニュースが届いた。同社は、創業ラウンドをリードしたRebright Partners、500 Startups、Skype 共同創業者の Toivo Annus 氏からシード資金を調達した。調達金額は明らかにされていない。以前書いたように…

Qraved-4

インドネシアのソーシャル・ダイニング・サイト Qraved が公式にリリースされたのはまだ10日前のことだが、同社の共同創業者 Adrian Li 氏からビッグなニュースが届いた。同社は、創業ラウンドをリードしたRebright Partners500 Startups、Skype 共同創業者の Toivo Annus 氏からシード資金を調達した。調達金額は明らかにされていない。以前書いたように、Qraved はレストランのポータルサイトであり、食事の愛好家のためのソーシャルネットワークである。インドネシアと中国の、30人のチームメンバーで構成されている。

Adrian によれば、調達資金は、まもなく公開されるユーザ向けのモバイルアプリ、目下開発中のベンダーパートナー向けのアプリの開発に使われる。

飲食業界への関心を持って、Qraved の投資家はインドネシアにより多くのビジネス機会を作ろうとしている。500 Startups にとっては、Qraved がインドネシア初の投資となる。500 Startups の Dave McClure 氏は、オンライン飲食/飲料業界には、多くのビジネス機会が残されていると考えている。Rebright Partners の蛯原健氏は、「マネタイズ戦略が明確であること、飲食分野が未開拓であること、創業者の持つ経験が豊富であることから、彼らに投資すべきだと確信した」と述べている。

Qraved は、月極プレミアムサービスを契約するレストランからの料金でマネタイズする。プレミアムサービスの契約により、レストランは Qraved 上で予約や宣伝が管理しやすくなるのだそうだ。Adrian Li が次のように説明してくれた。

プレミアムサービスでは、レストランが Qraved のサイト上でのフィーチャーのされ方を制御できます。例えば、レストランの紹介ページや検索結果をサイト上の特設コーナーに表示することができ、より多くの顧客を誘導できます。ユーザ・エクスペリエンスを追求し、Qraved をレストラン探しのサイトとしてユーザに頼りにしてもらえるよう、現在も細かい部分を開発中です。

インドネシア人にはレストランを予約する習慣が無いため、このサービスについて我々は懐疑的だが、Adrin は Qraved の便利な予約機能によって、インドネシア人の習慣さえ変えてしまうことを期待している。

レストランに電話してみたら、話し中だったり、応答が無かったり、あるいは、深夜に予約しようと思い立ったり、これまで直面してきた多くの問題を解決すべく、簡単な予約方法を Qraved では提供します。レストランへはグループで食事に出かけることが多いですから、レストランに情報を伝え、食事に参加する人にメールで詳細を伝えるだけでなく、友人にも簡単に予約の詳細を送信できれば、時間の節約につながります。レストランの予約を簡単かつ迅速にすることで、我々のサービスを使ってもらえると思っています。

ちなみに、Rebright Partners はこれまでに、Adskom などのインドネシア・スタートアップに投資している。一方、Tovio Annus 氏は、インドネシアでプリペイドのモバイル・クレジットを使って、デジタルコンテンツを購入できるサービス Coda Payments に投資している。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

----------[AD]----------

日本のリブライト・パートナーズが、東南アジアのスタートアップ投資に特化したファンドを設立

SHARE:

起業家だった蛯原健氏が率いる、日本のシード・インベスターのリブライト・パートナーズは、最近、東南アジアのインターネットやモバイル・ビジネスに特化した投資ファンドを設立した。 最近、我々は蛯原氏にインタビューする機会を得、新しいファンドで何を目指すかについて話を聞くことができた。 新しいファンドはどのようなものですか? 新しいファンドは、東南アジアのスタートアップへの投資を意図したものです。我々の観…

rebright_partners_logo起業家だった蛯原健氏が率いる、日本のシード・インベスターのリブライト・パートナーズは、最近、東南アジアのインターネットやモバイル・ビジネスに特化した投資ファンドを設立した。

最近、我々は蛯原氏にインタビューする機会を得、新しいファンドで何を目指すかについて話を聞くことができた。

新しいファンドはどのようなものですか?

新しいファンドは、東南アジアのスタートアップへの投資を意図したものです。我々の観点では、東南アジアとは、インドネシア、マレーシア、フィリピン、ベトナム、タイ、シンガポールの6カ国を指します。ファンドのLPは、東証上場企業の創業者やイグジットに成功した人など、主に日本の投資家や成功している起業家です。

インドネシアの Corfina Group とのジョイント・ベンチャー、Batavia Incubator で、インドネシアのスタートアップに投資をされています。新しいファンドは、これまでの投資と何が違うのでしょうか。

ebihara_vertical
リブライト・パートナーズ代表
蛯原健氏

Batavia Incubator は、インドネシアの未熟ながらも高い可能性を持ったスタートアップへの投資を目的としていて、投資というよりはインキュベーションです。新しいファンドは全アジア地域にフォーカスしており、経験豊かな起業家による、比較的将来を約束されたスタートアップへの投資をします。

新しいスタートアップからは、既にスタートアップに投資をしていますか。

はい、約2週間位前にファンドを構築しましたが、既に2つのスタートアップに投資をしています。その一つは、経験豊かな2人の起業家が創業したインドネシアのアドテク・スタートアップ Adskom です。彼らは、オンライン広告ネットワークのRTB(リアルタイム落札)を管理するソリューション、supply-side platform(SSP)を提供する計画です。もう一つはシンガポールのスタートアップですが、まだ名前を開示することはできません。彼らは新しいサービスがローンチするタイミングでアナウンスしたいからです。

他の投資ファンドと比べて、新ファンドのユニークな点を教えてもらえますか。

ファンドのユニークさは、4つの点に整理することができると思います。

  1. 東南アジアのマルチ市場にフォーカスしています。したがって、我々の投資先は自国でビジネスすることで満足せず、東南アジア全域でビジネスを広げようとするスタートアップです。
  2. ローカル市場に多くのコネクションを持つ、経験豊かなシリアル・アントレプレナーによって創業された、将来を約束されたスタートアップへの投資を見込みます。
  3. ユーザ獲得コストが安い市場にフォーカスします。今のところは、その市場とは東南アジアです。この地域のユーザ獲得コストは、アメリカや日本の約10分の1です。そのため、新ファンドに参加したいと考えているアメリカのファンドやエンジェル投資家も居ます。
  4. 消費者のためのインターネット・サービスへの投資にフォーカスします。この領域は、デジタルコンテンツや商品を消費しようとする人々の欲求が反映されるからです。

複数の日本のVCは、特にここ数ヶ月、東南アジアのテックスタートアップへの投資を強化しようと、新ファンドの構築に積極的だ。これらの努力によって、日本と東南アジアのスタートアップが、これまでよりも密接にコラボレーションするようになれば喜ばしいことだ。

【原文】

----------[AD]----------