THE BRIDGE

タグ recme

イケてる社員から会社を探すーー学生の就活アプリ「レクミー」のアップデートが興味深い

SHARE:

テクノロジー界隈でも本当によく耳にするのが「いい人いないか」という言葉だ。 大きく俯瞰すると人というのはそれ自体が経済であり、その獲得と成長でこの社会が回っていると言っても過言ではない。 だからこそそのマッチングーーつまりは仕事をする側と依頼する側の出会いというのは難しい。よい出会いに恵まれず、人生の大切な時間を無駄にしてしまう人も多い。(無駄だと認識できればそれはそれで財産なのだが) 特に難しい…

screenshot

テクノロジー界隈でも本当によく耳にするのが「いい人いないか」という言葉だ。

大きく俯瞰すると人というのはそれ自体が経済であり、その獲得と成長でこの社会が回っていると言っても過言ではない。

だからこそそのマッチングーーつまりは仕事をする側と依頼する側の出会いというのは難しい。よい出会いに恵まれず、人生の大切な時間を無駄にしてしまう人も多い。(無駄だと認識できればそれはそれで財産なのだが)

特に難しいのが社学生から社会人になる時のタイミング、つまり就活時期でのマッチングだろう。学生の多くは否応なく就職活動というルールに則って入る先を探し、採用側は大量の原石の中から「当たり」を探そうとやっきになる。

この学生の就活分野で頭角を現しつつあるスタートアップがリーディングマークだ。

12307987_10203780196025255_8297129242703747157_o
写真:25人に拡大したリーディングマーク

就活や採用支援事業というアナログなビジネスでスタートアップし、2013年から動画での面接採用というちょっと変わったアプローチで「レクミー」というサービスを立ち上げ、現時点で5万人の学生たちが登録するプラットフォームとなった。

創業者で代表取締役の飯田悠司氏によれば、年次での売り上げも170%成長(残念ながら具体的な数字は非公開)と順調に成長を続けており、彼らが開催する学生向け就活イベントでは1000人規模を集めるまでとなっている。現在、飯田氏と一緒に働くメンバーは25人となり、オフィスも新たに移転したということだった。

そんなレクミーがアップデートをするということで話を聞いたのだが、動画に引き続きなかなか面白いアプローチだったのでご紹介したい。一言で言えば「人で人を惹きつける」採用方法だ。

人からの紹介をうまく活用した手法で有名なものにリファラル採用があるだろう。

米Jobviteや国内のWantedlyなど、ソーシャルリクルーティングなどの文言などでも説明されることもある。米Wikipediaには「Referral recruitment is the development of a recruitment strategy that is dependent on referrals by existing employees」と簡潔な説明がある。つまりは現在在籍している人材による紹介採用、というものだ。

12307609_10203780198825325_3330461382996567366_o 12291038_10203780197425290_2363567881837070485_o

レクミーのアップデートはこのリファラル採用に似ているようで少しだけ違う。アップデートされた画面を見てもらったらわかるのだが、会社を説明するにあたって、そこに在籍している「人」にフォーカスを当てているのだ。

「就活生にとって入る先の企業がどういう会社なのか、事業内容は分かってもどういう仕事ができるのか、どういう人がいるのか分からないことが多く、それが課題でした。大手広告代理店や商社などの説明会には2000人というような人が集まるのですが、知名度の低いベンチャーなどにはほとんど集まらないのが現状です。自分自身の人生をどうするかという点に於いて、どういう人と働けるのかということは大切な情報になるのです」(飯田氏)。

リファラル採用は人のつながりがあって初めて採用につながる仕組みになる。そういったつながりが乏しい就活生にもオープンに情報を提供することで価値のあるマッチングをしたいというのが飯田氏の考え方だ。

企業側にはどういう学生がいるのか、それを動画などのより深い情報で提供を続け、同時に企業側にもどういう人材と一緒に働けるのかという情報を公開してもらう。結局はお互いの情報開示が効果的なマッチングにつながるというのは非常に単純ではあるのだけれど、理にかなった方法のように思える。

彼らの理想がうまくワークするのか、注視してみたい。

----------[AD]----------

就活動画「レクミー」運営会社が1.7億円を調達、就活情報アプリも公開

SHARE:

学生の就活情報、採用支援事業を展開するリーディングマークは2月6日、日本ベンチャーキャピタル(NVCC)、みずほキャピタル、リンクアンドモチベーション、SMBCベンチャーキャピタル、EastVentures、および個人投資家数名に対する第三者割当増資の実施を発表した。 調達金額は1億7100万円で払い込み日や割当した株式の比率などの詳細は非公開。2013年11月に実施したサイバーエージェント・ベン…

IMGP2101

学生の就活情報、採用支援事業を展開するリーディングマークは2月6日、日本ベンチャーキャピタル(NVCC)、みずほキャピタル、リンクアンドモチベーション、SMBCベンチャーキャピタル、EastVentures、および個人投資家数名に対する第三者割当増資の実施を発表した。

調達金額は1億7100万円で払い込み日や割当した株式の比率などの詳細は非公開。2013年11月に実施したサイバーエージェント・ベンチャーズからの調達と合わせてこれまでの累計調達額は2億2100万円となる。

また同社はこれに合わせて就活情報をまとめた情報アプリ「レクミー」も公開している。ネット上に公開されている就職情報をまとめて検索、閲覧できるアプリで、就職活動中の学生向けに85種類のタグから最適な採用情報を検索、配信してくれる。利用は無料でiOS7以降とAndroidに対応。

recme
就活情報アプリ「レクミー」

リーディングマークの創業は2008年。企業の採用コンサルティングと就活生の母集団形成(募集事業)で事業を作り、現在約200社のクライアントを抱えるまでに成長している。

「創業時はテレアポで営業してましたね。とにかく手伝わせてくださいっていうのをやりまくって。ある日、大手のクライアントさんがじゃあということで就活イベントに参加してくださったんです。絶対に成功させようと頑張った結果、継続して発注して貰えるようになって」(代表取締役の飯田悠司氏)。

噂は広がり、事業は順調に拡大。しかし時期はリーマンショックと震災という未曾有の大災害が日本経済を襲った時期と重なる。当然企業は採用から縮小していく。

「2011年には私とアルバイトだけになってました。会社たたんだ方がいいのかなって思った時期もあったんですけどね。ただ、物は溢れてるけど、本当に人々は幸せになってるのか、やりがいある仕事につけているのかって思って」(飯田氏)。

recme_レクミー____レクミーLIVE応募受付中

人材関連の事業は数年続けていて数字の作り方はある程度理解していた飯田氏。しかし就活の仕組みはどうも効率が悪い。沢山エントリーしないと儲からない大手の就活サイトや、高額の手数料を要求することになる人材紹介、そのどちらでもない「中庸」がないか検討した結果が動画で就活生と企業をマッチングさせるレクミーだった。

結果、開始1年でユーザー数は目標だった1万人を超えている。

動画による就活生情報の提供により、利用企業の採用にかかる工数が15%から70%に圧縮できた一方、レクミーには就職先の情報が少なく、圧倒的な量を誇る大手にはまだまだ遠く及ばない。そこで準備したのが今回公開された就活情報をまとめたアプリ「レクミー」だった。

「採用情報をネット上から集めています。求職者はタグを選ぶだけでマッチする採用情報やセミナー情報を受け取ることができます」(飯田氏)。

著作権などの課題については一通り検討済みということで、さすがに大手採用サイトが集めた情報などはクローリングの対象外になっている。ただ、最近よくあるニュースキュレーションのような情報収集と違い、採用情報の検索には米Indeedなどの例もあるので、企業側はこの窓口によって応募者が増えるのであれば大きく問題になることはなさそうな気がした。

採用情報も(こちらは採用支援の)レクミーを既に使っている企業は、既存サービスとリンクして就活生はそのまま動画による応募エントリーも可能になる。それ以外の単純なクローリング情報の場合はそのまま大元の採用ページへ誘導されることになる。

----------[AD]----------

リーディングマークが動画就活サイトrecme(レクミー)をローンチ、サイバーエージェント・ベンチャーズから5,000万円の調達を発表

SHARE:

東京に拠点を置くリーディングマークは5日、ユーザが動画をアップロードすることで、就職活動・採用プロセスを簡素化できるサイト「recme(レクミー)」のアルファ版をローンチしたと発表した。recme の立ち上げに際し、同社はサイバーエージェント・ベンチャーズから 5,000万円を調達したことも明らかにした。 リーディングマークは2008年創業者兼代表取締役の飯田悠司氏が東京大学在学時に設立したベンチ…

写真は、アメリカHireVue社のイメージビデオから。
写真は、アメリカHireVue社のイメージビデオから。

東京に拠点を置くリーディングマークは5日、ユーザが動画をアップロードすることで、就職活動・採用プロセスを簡素化できるサイト「recme(レクミー)」のアルファ版をローンチしたと発表した。recme の立ち上げに際し、同社はサイバーエージェント・ベンチャーズから 5,000万円を調達したことも明らかにした。

リーディングマークは2008年創業者兼代表取締役の飯田悠司氏が東京大学在学時に設立したベンチャーで、年間、日本や中国の有名大学出身の就活生15,000人、一イベントあたり約1,000人の学生を就活イベントに集客している。大手企業を顧客に持ち、各社の新入社員採用のコンサルティングなども手がける。

調査によれば、就活生の内定保有者が内定先に満足している割合は82.6%(マイナビ2012年調べ)であるのに対し、就職後の雇用満足度は16.6%(労働白書2008年度版)と極めて低水準の値を示している。また、平均的な就活生の訪問企業数は100社を超えており、企業の面接官にとっては、目の前に居る学生が自社に入社してくれる可能性は1%未満ということになる。リーディングマークは、動画を使って学生に自身をアピールしてもらうことで、就職活動における需給のミスマッチを無くし、面接におけるムダなプロセスを省こうとしている。

yujiIida_portrait
代表取締役 飯田悠司氏

動画を使った就活のことを、当社ではドー活と呼ぶことにしました。ドー活で、すべての面接プロセスを代替できるとは思っていません。最終面接は Face-to-Face でしょうが、一次面接や二次面接はドー活で置き換えられると考えています。動画を使えば、面接官は書類選考ではわからない応募者の人物像が把握できるでしょう。学生は自分をアピールする動画を撮って、それを複数の企業に提出することもできますし、それぞれの企業からの題目に基づいて、それに対応する動画を撮影し投稿してもらうこともできます。

料金については、企業が recme 上で就活生の採用を募る場合は、完全成功報酬型で1人の採用につき60万円(年内はキャンペーンにより、先着50社は1人目の採用が無料)、企業がホワイトラベルでASP利用する場合は、システム料として月額3万円(年内は無料)で提供するとしている。就活解禁日となる12月1日からサービスの運用を開始し(ベータ版をローンチ)、 この時点でベンチャー50社、大手企業25社を recme 上に揃える計画だ。

海外における動画を使った就活の導入事例を見てみると、アメリカでは HireVue が広く利用されており、同社は2009〜2013年の4ラウンドで総額5,300万ドルを資金調達している(HireVue の詳細については、このブログの記述が詳しい)。日本では、世界展開を図る楽天を筆頭に、動画を使った採用面接が頻繁に行われていると聞くので、この分野の成長の可能性には大いに期待することができるだろう。

リーディングマークでは、recme における初年度の取扱企業数100社、取扱就活生1万人を目指している。

recme_screenshot
recme の画面(アルファ版)
----------[AD]----------