THE BRIDGE

タグ Recruit Media Technology Lab.

孫泰蔵氏・伊地知天氏・麻生要一氏が語る、オープンイノベーションの現在と未来〜SENSORS IGNITION 2016

SHARE:

26日、日本テレビの情報番組「SENSORS(センサーズ)」のイベント「SENSORS IGNITION 2016」が東京・虎ノ門で開かれた。一般的なスタートアップ・イベントに比べると、テクノロジーやハードウェアを使って〝体験で魅せるサービス〟を披露するチームが多く集まっていたように思える。 本稿では、イベントの終盤に設けられたパネルディスカッション「大企業×スタートアップ オープンイノベーション…

sensors-ignition-2016-open-session-panel-all-panelists-moderator
左から:佐々木紀彦氏(NewsPicks 編集長)、孫泰蔵氏(Mistletoe 代表取締役兼 CEO)、伊地知天氏(Creww ファウンダー兼 CEO)、麻生要一氏(リクルート Media Technology Lab)

26日、日本テレビの情報番組「SENSORS(センサーズ)」のイベント「SENSORS IGNITION 2016」が東京・虎ノ門で開かれた。一般的なスタートアップ・イベントに比べると、テクノロジーやハードウェアを使って〝体験で魅せるサービス〟を披露するチームが多く集まっていたように思える。

本稿では、イベントの終盤に設けられたパネルディスカッション「大企業×スタートアップ オープンイノベーションがもたらすインパクト」を取り上げる。気鋭のプレーヤーを招いたこのセッションは、SENSORS や SENSORS IGNITION が追っている、ものづくりにフォーカスしたスタートアップ・エコシステムの形成に軸足を置いたものとなった。

このセッションのパネリストは(登壇順)

また、モデレータは、ニューズピックス取締役で NewsPicks 編集長の佐々木紀彦氏が務めた。


アクセラレータか VC か——これまで全容がわからなかった Mistletoe だが、先ごろ今後の運営方針を孫氏自らが発表。東京・青山を拠点に、「1.5歩〜2歩くらい先を行く」スタートアップの起業を共同創業という形で支援していくことを明らかにしている。

sensors-ignition-2016-open-session-taizo-son-with-mistletoe-diagram

オープンイノベーション・コミュニティを運営する Creww は、大企業とスタートアップをつなぐ3ヶ月間の協業プログラムを現在進行中のものを含め、これまでに60本程度運用しており、伊地知氏によれば、これまでにプログラムから日の目を見た共同プロジェクトの総数は150件ほどになるという。

リクルートの新規事業部門である MTL(Media Technology Lab)室長を務める麻生氏は、渋谷の会員コミュニティスペース TECH LAB PAAK、今年10年目を迎えるハッカソン・イベント「MashUp Awards」、三井不動産や千葉県柏市と共に取り組む Smart City Innovation Program など、同社が手がけるオープンイノベーションに向けた活動の事例を説明した。

オープンイノベーションの今と昔

佐々木氏は日本のオープンイノベーションの置かれている状況を3人のパネリストに尋ねた。

麻生氏は、MashUp Awards を手がけてきた10年を振り返り、当初はハッカソン参加者が自由に使える API を提供してくれる協力企業が少なく、MashUp Awards から出てきたアウトプットは「Google Map の上に何かを置いたくらい」のものが多かったが、回を重ねるごとに使える API の数が増え、さまざまなサービスとの連携が可能になり、行政との取り組みも増えてきたと語る。特に大企業側の姿勢として、元来、新規事業開発というのは外部秘であることが一般的だったが、最近ではプロジェクト着手当初から情報をオープンにし、スタートアップとの組み方を探すアプローチが増えているのだという。

sensors-ignition-2016-open-session-yoichi-aso

伊地知氏は、Creww を創業した当初はマネタイズ方法を考えていなかったこともあり、「オープンイノベーションでマネタイズします」と宣言したところ、周囲からはブーイングの嵐だったと数年前を振り返る。2013年以降、安倍政権の後押しにより、銀行・監査法人・証券会社らが表立ってベンチャーを育てようという活動を行うようになり、これが日本でオープンイノベーションに火がつく契機になったと語る。昨年末以降は、フィンテックブームの影響で金融機関、さらにはメーカーや公共交通機関などからの問い合わせが増えているのだという。

孫氏は、オープンイノベーションの概念は新しいものではなく、インターネットを構成するオープンソースがオープンイノベーションを具現化した形の一つであり、その視点に立てば、インターネットの歴史は、オープンイノベーションの歴史そのものだと述べた。ただし、ここ数年、本質は変わらないものの、オープンイノベーションのあり方がラディカル(急進的)になってきていて、例えば、Google Glass や Oculus などもそうであるように、完成度は高くない段階でもプロダクトを披露してしまい、協業の可能性を模索しながら開発を進めていく、というアプローチが増えているという。

孫氏はセッションの冒頭、Mistletoe が関わる「1.5歩〜2歩くらい先を行く」スタートアップのことについては多くのことを開示できないと述べたが、前出の Google Glass や Oculus のラディカルなアプローチの事例から「一切の情報はコンフィデンシャル…というようなことではダメ」と自戒し、情報を出すことによるリスクよりもコラボレーションの可能性のメリットに視点を置いて、情報を全部出せるようにしたいと述べ、聴衆の笑いを誘った。

オープンイノベーションのポテンシャル(可能性)とハードル(困難)

sensors-ignition-2016-open-session-sorato-ijichi

伊地知氏は、オープンイノベーションにおけるハードルとして、

  1. 大企業が自社に適したパートナー(スタートアップ)をどう見つけるか(ソーシング)
  2. 発注側/下請けの関係ではなく、両者にとってメリットのあるモデルをどうやって作るか
  3. そのモデルをどのようにエグゼキューションするか

…という3つの課題があると述べた。特にエグゼキューションのプロセスにおいては、大企業側で中長期的に窓口になるのは経営企画室や新規事業室だが、ここから実際にアクションをする現場部門にどうつなぎこむか、実施にあたってスモールテストをどう重ねるかなど、さまざまな困難が伴うという。

麻生氏は、スタートアップを受け止める側の立場として、自社のアセットと組み合わることでどういう価値が生み出せるのか、スタートアップとコラボレーションすることで生まれるプロジェクトを、自社にとっての価値に変換して社内に説明することが重要だと主張。説明できる価値を思いつくのが難しく、一方で、まずはコラボレーションを始めてみたいと価値を思いつけないという、〝にわたま〟的なハードルがあるという。しかし、何よりも大企業の担当者は、社内でコミュニケーションを粘り強く続けることが肝要であると述べた。

孫氏は、シリコンバレーには世界の叡智が集まっていることは事実だが、IoT (Internet of Things)分野では、日本に大きなアドバンテージがあり、インターネット産業のみならず、建築・土木・自動車産業・農業技術など、IoT がつながるあらゆるセクターでイノベーションを起こす契機になるだろう、と述べた。

特に再生医療の分野では、薬事法の改正により承認までの期間が最短2年にまで短縮され(孫氏の話によれば、多くの先進国では10年)、このことが拍車となって、世界中の再生医療の企業が日本に本社を移し始めたのだそうだ。孫氏は最近会った再生医療分野の企業経営者との話を引用し、例えば、再生医療の応用事例の一つである美容の新しいアプローチを、一般の女性消費者にうまく伝えられるように、再生医療の企業にとってモバイルアプリの開発が得意なスタートアップとの協業が求められると述べ、多くのビジネスチャンスが存在することを示唆した。

<参考文献>

sensors-ignition-2016-open-session-all-panelists

----------[AD]----------

オープンイノベーションの新しいカタチ〜三井不動産とリクルートらが市民参加型「柏の葉ッカソン」を開催

SHARE:

8月の最終土曜日、柏の葉スマートシティのイノベーション拠点「KOIL」で、市民参加型のハッカソン・プログラム「柏の葉ッカソン」が開催された。 このイベントにはリクルート・ホールディングス傘下各社(以下、リクルートと略す)の社員80名、三井不動産の社員4名、柏市の市職員5名、市民活動団体から8名が参加。リクルートの社内新規事業制度 Recruit Ventures で集まった30件のビジネスアイデア…

kashiwa-no-hackathon-broaderview

8月の最終土曜日、柏の葉スマートシティのイノベーション拠点「KOIL」で、市民参加型のハッカソン・プログラム「柏の葉ッカソン」が開催された。

このイベントにはリクルート・ホールディングス傘下各社(以下、リクルートと略す)の社員80名、三井不動産の社員4名、柏市の市職員5名、市民活動団体から8名が参加。リクルートの社内新規事業制度 Recruit Ventures で集まった30件のビジネスアイデアを、アイデア考案を考案したリクルートの社員自らが街へ出て披露、市民にアイデアを叩いてもらおうという試みだ。

このイベントに先立ち、一般応募(リクルート社内以外の一般市民からの応募)から最優秀賞、優秀賞の受賞者表彰が行われた。

kashiwa-no-hackathon-ceremony

  • 最優秀賞「子育てコンシェルジュチルドレンズセンターの開設」 加藤裕希氏
  • 優秀賞 「Kids Scout(キッズ・スカウト)—学びの基地—」 水上哲也氏
  • 優秀賞 「ルイーダの酒場」 大串寿人氏
  • 優秀賞 「柏の葉ベビランプロジェクト」 平岡健次氏

一般応募の受賞者表彰の後、ワールドカフェの方式により、リクルートのアイデア考案者がアイデアを聞いてくれる人のテーブルをまわる形でハッカソンが開始された。各テーブルにはグラフィックレコーダーが待機し、考案者とテーブルホストの間の対話を迅速にまとめていった。

先にも書いた通り、Recruit Ventures のプログラムからは30件のアイデアが披露されたが、そのすべてをここで紹介するのは難しいので、興味深かったアイデアを5つばかりピックアップしてみたい。

Si-star

kashiwa-no-hackathon-si-ster

大病院に通う「軽症患者」と、経験豊富な「大病院出身のクリニック医師」をつなぐサービス

  • 大病院が混雑し、重症患者の対応が遅れている。
  • 姉妹病院制度で、大病院から軽症患者を地域のクリニックへ送客する。
  • 紹介状を書くのが手間。医師が簡単に紹介状を作れる仕組みが必要。

カシポ

kashiwa-no-hackathon-kashipo

空き時間を何かに使ってもいいよという人が福祉をお手伝いし、Rポイントや柏の葉ポイントを得るサービス

  • 人材不足、社会保障に関わる財政不足の解消が目的。
  • 介護に求められるのは排泄と入浴。それをやってもらうことができるのか?

リクルートエナジー

kashiwa-no-hackathon-recruitenergy

再生可能エネルギー設備または再生可能エネルギーの一括購入、および、そのシェアを提供するサービス

  • 再生エネルギーを導入するためにかかるコストが高く踏み切れない。興味はあるが価格がボトルネック。
  • 1軒の屋根でできる発電量で分配までできるか?

OpenKids

kashiwa-no-hackathon-openkids

子供を学童保育に通わせられない家庭と、近隣住民で時間を提供できるカスタマ(シニアや専業主婦)を結びつけ、子供の学童保育を地域で代替するプラットフォーム

  • シニア層が子供と付き合いが増えることで、アクティブなまちづくりができる。
  • 共働き世帯は学童保育に支払う費用の増加に悩む。

every delivery

kashiwa-no-hackathon-everydelivery

新聞配達業者によるITサービスと連動した日常的な消費財の配送サービス
(例えば、Cookpad で検索した料理の食材を予約すると、翌朝届けてくれる)

  • 一人で住んでいる人の確認連絡サービスは提供できるか?
  • 新聞を読む人が減っているとは言え、さらに荷物を持てるか?
  • ネットスーパーと戦えるのか?

kashiwa-no-hackathon-discussion

今回の市民らからのフィードバックを受けて考案者はアイデアをブラッシュアップ、リクルートでは9月16日に一次審査会を実施し、実証実験を経て2016年4月1日に事業化の可否が決定される。晴れて事業化が決定されたときには、考案者はそのビジネスに異動・配属となる見込みだ。

比較的よく見かけるオープン・イノベーションの形としては、大企業が持つアセットとリソースを拠出し、そこにスタートアップが持つアイデアを掛け合わせるというものだ。リクルートは大企業ながらもアイデア創出の社風を伝統的に持っている組織であるため、今回のような試みが可能だったのかもしれない。市民から先進的なアイデアに活発な意見が上がったのも、東京と学研都市つくばの中間に造された、柏の葉という街の土地柄が深く関与しているのだろう。今後このような試みがが、日本各地からも生まれてくるのを楽しみにしたい。

kashiwa-no-hackathon-graphic-boards

----------[AD]----------

蜷川実花氏のiPhoneカメラアプリ、ローンチ直後に大ヒットを記録

SHARE:

【原文】 日本最大の人材および地域広告会社の研究機関であるリクルート・メディア・テクノロジー・ラボは、先週、多くのフィルター効果を備えた iPhone カメラアプリをリリースした。名前は Cameranといい、特筆すべきは、リリースから3日間で50万ダウンロードを記録したことだ。日本、香港、台湾のアップストアの無料セクションではトップにランクインしている。 このカメラアプリは、花、金魚、風景に満ち…

【原文】

日本最大の人材および地域広告会社の研究機関であるリクルート・メディア・テクノロジー・ラボは、先週、多くのフィルター効果を備えた iPhone カメラアプリをリリースした。名前は Cameranといい、特筆すべきは、リリースから3日間で50万ダウンロードを記録したことだ。日本、香港、台湾のアップストアの無料セクションではトップにランクインしている。

このカメラアプリは、花、金魚、風景に満ちた作品で知られる女性写真家で映画監督の蜷川実花氏の監修で開発された。23種類のフィルターを実装しており、ユーザは自ら撮影した写真に効果を加えることができる。

ソーシャルメディアやブログ界の反応を見てみると、Cameran は特に20代〜30代の女性に人気を得ているようで、彼女たちは蜷川氏の審美的なスタイルを愛する層のようだ。

以下のデモをチェックしてみよう。映像は、AppBank の手によるものだ。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------