THE BRIDGE

タグ Refcome

リファラル採用支援プラットフォーム運営のリフカム、スタートアップ向け特化の「Refcome Teams(リフカムチームズ)」をローンチ

SHARE:

リファラル採用を支援するプラットフォーム「Refcome(リフカム)」を運営するリフカムは16日、スタートアップ向けに特化した新たなサービス「Refcome Teams(リフカムチームズ)」をローンチした。Refcome Teams の開発にあたっては、メルカリで人事を担当する石黒卓弥氏と、個人投資家として複数のスタートアップに出資する ReBoost の河合聡一郎氏がパートナーとして協力。また、…

リファラル採用を支援するプラットフォーム「Refcome(リフカム)」を運営するリフカムは16日、スタートアップ向けに特化した新たなサービス「Refcome Teams(リフカムチームズ)」をローンチした。Refcome Teams の開発にあたっては、メルカリで人事を担当する石黒卓弥氏と、個人投資家として複数のスタートアップに出資する ReBoost の河合聡一郎氏がパートナーとして協力。また、河合氏はリフカムに出資したことも明らかになった。

リフカム CEO の清水巧氏によれば、Refcome はローンチ当初、メガベンチャーに多く使われることを想定していたものの、実際には、スタートアップは言うまでもなく、外食産業や飲食業のパートタイマーやアルバイトのリファラル採用に使われることも多いのだという。一方で、スタートアップにおいては、そもそもリファラル採用の対象となるターゲット人材の数が、時間の流れと共に鈍化する傾向があることを清水氏は痛感。

スタートアップの場合は特に、リファラル採用のために「友人や知人を紹介してください」とお願いしてみても、社員の皆は、自分が口説けそうな人、今すぐ転職しそうな人にしか声をかけない傾向がある。つまり潜在的な転職層が拾えていなかった。

リフカムの中でも、潜在的な転職層にアプローチできていなかった昨年までは34人(リフカムの社員一人当たりの紹介人数1.3人)にしかアプローチできていなかったが、それを今年から潜在層にまで広げたら248人(リフカムの社員一人当たりの紹介人数9.9人)にまでアプローチできた。

その248人のうち、アプローチを続けたら4人がリフカムに転職してくれた。でもさらに、Facebook や Eight など公開されている情報でリフカムへの潜在的な転職層248人のその後を追ったところ、なんと34人が転職していたことがわかった。この34人を拾えないかと考えたのが Refcome Teams だ。

スタートアップにとって、リファラル採用の成否が現れるのは社員20〜30名あたりの規模から。ちょうど、会社が成長して人事部が生まれるあたり。この頃に、経営陣がリーダーシップを発揮して、人事部の有無に関係なく、全社一丸となって採用に注力するカルチャーを作り出せるか、あるいは、採用を人事部に丸投げしてしまうかによって、明暗が大きく分かれてしまう。

そこで Refcome Teams では、潜在的な転職層のトスアップのみを社員に委ね、その後のフォローアップはマネージャーが、そして、クロージングは経営陣が担当、ターゲットとする人材毎の進捗管理を全社的にチームで行えるようになっている。導入にあたっても、Sequoia Capital が実践するリファラル採用の活性化メソッド「メモリーパレス」にヒントを得て、導入先でリフカムがワークショップを行い、社内での使い方をアドバイスするという。

Refcome Teams は3ヶ月ほど前にクローズドβとしてスタートし、既に Fringe81、タイミー、ZEALS、Spready といった有名スタートアップが導入している。今後、各社やリフカムでの運用実績を見ながら機能改善を続け、スタートアップ向けとそれ以外の企業向けとで、「Refcome」および「Refcome Teams」とプロダクトラインを二分していく計画だ。

----------[AD]----------

リファラル採用の「Refcome(リフカム)」、オペレーション設計から運用代行までを〝丸投げ〟できる「Referral Success Partner」をローンチ

SHARE:

リファラル採用を支援するプラットフォーム「Refcome(リフカム)」を運営するリフカムは15日、リファラル採用の制度設計から施策案作成、運用代行までを一貫してサポートするコンサルティングサービス「Referral Success Partner」を開始した。Refcome 導入企業がリファラル採用の成果を最大化し、運用工数を削減できるよう支援する。 新サービスでは、運用面でのいわゆる〝丸投げアウ…

Referral Success Partner
Image credit: Refcome

リファラル採用を支援するプラットフォーム「Refcome(リフカム)」を運営するリフカムは15日、リファラル採用の制度設計から施策案作成、運用代行までを一貫してサポートするコンサルティングサービス「Referral Success Partner」を開始した。Refcome 導入企業がリファラル採用の成果を最大化し、運用工数を削減できるよう支援する。

新サービスでは、運用面でのいわゆる〝丸投げアウトソース〟の需要を取り込む一方、他社サービスを含めリファラル採用を試してみたものの、想定したような成果を出せなかった企業も対象にするようだ。コンサルティングサービスという位置付けの通り、従業員満足度(エンゲージメント)を測定しリファラル採用で成果が出ない要因を分析、Refcome を使った改善案を提案することが可能だ。またリファラル採用の長期的ロードマップ策定も支援する。

Image credit: Refcome

リフカムは2014年3月、スタートアップが仲間を集められるウェブサービス「Combinator」で創業。その後ピボットし、2016年1月にはリファラル採用ツール「Refcome(リフカム)」をローンチした。第9回 Incubate Camp で1位(2016年)、B Dash Camp 2016 Fall in Sapporo のピッチコンペティションで準優勝(2016年)、TechCrunch Tokyo 2016 で IBM Blue Hub 賞(2016年)を獲得。2016年10月にシードラウンドで5,000万円、2017年11月にシリーズ A ラウンドで2億500万円を調達している。

----------[AD]----------

リファラル採用の「Refcome(リフカム)」、ITV・BEENEXT・ANRI・Draper Nexusから約2億円を調達——登録社員数はローンチ時の10倍超

SHARE:

リファラル採用を支援するプラットフォーム「Refcome(リフカム)」を運営するリフカムは6日、直近のラウンドで2億500万円を調達したことを明らかにした。このラウンドのリードインベスターは伊藤忠テクノロジーベンチャーズ(ITV)が務め、BEENEXT、ANRI、Draper Nexus が参加した。これは同社にとって、創業期における Movida Japan からの調達、2016年10月に実施し…

リフカムのチームと投資家の皆さん
Image credit: Refcome

リファラル採用を支援するプラットフォーム「Refcome(リフカム)」を運営するリフカムは6日、直近のラウンドで2億500万円を調達したことを明らかにした。このラウンドのリードインベスターは伊藤忠テクノロジーベンチャーズ(ITV)が務め、BEENEXT、ANRI、Draper Nexus が参加した。これは同社にとって、創業期における Movida Japan からの調達、2016年10月に実施した5,000万円の資金調達(シードラウンド)に続くものだ。BEENEXT、ANRI、Draper Nexus は前回ラウンドからのフォローオン、ITV は今回が初めてのリフカムへの出資となる。

なお、リフカムは創業以来 Combinator の社名で活動してきたが、今回の調達を受け、社名もサービス名にあわせリフカムに変更したことを明らかにした。

同社は、2014年3月にスタートアップが仲間を集められるウェブサービス「Combinator」で創業。その後ピボットし、2016年1月にはリファラル採用ツール「Refcome(リフカム)」の試験運用を開始、同年7月に正式サービスをローンチした。

Refcome はリファラル採用(社員や関係者からの紹介を入り口とする採用手法)の「活性化」に着目したサービスで、採用ページの掲載などの一般的なATS(アプリカント・トラッキング・システム)の機能提供に加えて、運用効果測定に重きを置いた点が特徴になっている。社員採用のための Refcome に加え、今年2月には、社員満足度の可視化で今いる社員の離職率低下を支援するプラットフォーム「Recome Engage(リフカム・エンゲージ」を発表している。

Image credit: Refcome

同社は契約社数を公表していないが、リフカム CEO の清水巧氏によれば、契約社の合計登録社員数は、サービス開始時の2,700人から現在その10倍以上の3万人にも拡大しており、人数ベースの 月次成長率(MoM growth)は20%ほどで、月間定額収益(MRR)はサービス開始時の15倍に達しているとのことだ。

また、ローンチ直後の1年前に比べると、Refcome の利用形態が次のような変化してきていると教えてくれた。

  • <利用業種の変化> IT ベンチャーが使うことが多かった → 派遣会社の募集で、スタッフが別のスタッフを呼んでくる、動物病院の募集で獣医が獣医を呼んでくる事例が増加。不動産やアパレル事業者などでも利用。
  • <採用フェーズの変化> 新卒募集15%、アルバイト+派遣募集10% → 新卒募集10%、アルバイト+派遣募集で40%、中途採用募集で50%が利用。

さらに面白い傾向としては、はなまるうどん、ドン・キホーテなどに人材を派遣するチェッカーサポート、大丸などに人材を派遣するディンプルなどが Refcome を利用しているが、中国人やインド人のユーザは特に、ユーザが Refcome を通じて友人に声かけを行う傾向が顕著なのだそうだ。清水氏によれば、中国やインドでは職場に友人を呼ぶのは日常的な行為として行われており、そのような文化的背景も影響しているのではないかと分析する。

Image credit: Refcome

リフカムはこれまでに第9回 Incubate Camp で1位(2016年)、B Dash Camp 2016 Fall in Sapporo のピッチコンペティションで準優勝(2016年)、TechCrunch Tokyo 2016 で IBM Blue Hub 賞(2016年)を獲得している。

今回調達した資金をもとに、チーム人数を10人から13人に拡充予定。さまざまな業種からの利用があるため、同社ではユーザの事業形態に応じたカスタマーサクセスの実現を支援するスタッフを増員し、マーケティング活動も強化していく。また、今後、中長期的なタイムスパンでは、人材プールだけでなくタレントマネージメントも含めた機能拡充を視野に、新サービスの開発を進めたいとしている。

----------[AD]----------

リファラル採用のCombinator、社員満足度の可視化で今いる社員の離職率低下を支援するプラットフォーム「Refcome Engage(リフカムエンゲージ)」を発表

SHARE:

リファラル採用プラットフォーム「Refcome(リフカム)」を運営する Combinator は15日、社員満足度を可視化するプラットフォーム「Refcome Engage(リフカムエンゲージ)」の開設を発表し、ティザーページを公開した。Combinator 代表取締役の清水巧氏によれば、3月〜4月のサービスローンチを予定しているとのことだ。 Combinator は、2014年3月にスタートアッ…

リファラル採用プラットフォーム「Refcome(リフカム)」を運営する Combinator は15日、社員満足度を可視化するプラットフォーム「Refcome Engage(リフカムエンゲージ)」の開設を発表し、ティザーページを公開した。Combinator 代表取締役の清水巧氏によれば、3月〜4月のサービスローンチを予定しているとのことだ。

Combinator は、2014年3月にスタートアップが仲間を集められるウェブサービス「Combinator」で創業。今から遡ること約1年前、2016年1月にはリファラル採用ツール「Refcome(リフカム)」の試験運用を開始した。創業期の MOVIDA Japan からのエンジェル出資に続き、昨年10月には、BEENEXT、ANRI、Draper Nexus から5,000万円を調達している。

Combinator はこれまで主に採用のためのツールを提供してきたが、一方で、社員の離職率の原因やリファラル採用に協力してもらうための「従業員の会社に対する内なる声」を可視化するしくみは提供していなかった。Refcome で採用というユーザ企業の社外への〝攻め〟を促す一方で、Refcome Engage で今いる社員が仕事しやすくなるための、いわば〝守り〟のしくみを提供しようというわけだ。

クリックして拡大

日本国内の HRTech を見てみると、社員の目標達成評価という文脈では先ごろ資金調達した「HRBrain」などが記憶に新しいが、中小企業やスタートアップ向けの従業員エンゲージメントの可視化に特化したツールはあまり例を見ない。エンタープライズ向けには IBM Kenexa、海外では Peakon や Glint のような従業員エンゲージメントの可視化ツールが存在するが、いずれも社員満足度の向上や離職率の低下よりは、従業員エンゲージメントから生産性向上へとつなげる意図が強いように思える。

ティザーページの URL からもわかるように、Refcome Engage では、eNPS(empoloyee Net Promoter Score)という指標を採用している。Refcome Engage では eNPS に基づいたアンケートを定期的に従業員に送信し答えてもらう。その回答をもとに社内の推奨者を可視化し、エンゲージメントが低い社員を事前察知し、雇用主の働きかけにより、望まない退職を未然に防ぐことが可能になる。実装される機能としては、「アンケート配信」「ダッシュボード」「タイムライン分析」「推奨派社員ビジュアライズ」「Engage レーダーチャート」など。

1〜2ヶ月後に期待されるサービスローンチを楽しみにしたい。

世界における、従業員エンゲージメント可視化ツール(クリックして拡大)
HR Trend Institute から転載
----------[AD]----------

年内100社導入目指すーーリファラル採用活性化「Refcome」が5000万円の資金調達

SHARE:

リファラル採用活性化サービス「Refcome」を運営するCombinatorは10月6日、BEENEXT、ANRI、Draper Nexusの3社を引受先とする第三者割当増資の実施を公表した。調達した資金は5000万円で払込日や株式比率などの詳細は非公開。今回調達した資金でサービスの開発推進および導入企業サポート人員の強化を実施する。 Refcomeはリファラル採用(社員や関係者からの紹介を入り口…

_dsc1952

リファラル採用活性化サービス「Refcome」を運営するCombinatorは10月6日、BEENEXT、ANRI、Draper Nexusの3社を引受先とする第三者割当増資の実施を公表した。調達した資金は5000万円で払込日や株式比率などの詳細は非公開。今回調達した資金でサービスの開発推進および導入企業サポート人員の強化を実施する。

Refcomeはリファラル採用(社員や関係者からの紹介を入り口とする採用手法)の「活性化」に着目したサービスで、採用ページの掲載などの一般的なATS(アプリカント・トラッキング・システム)の機能提供に加えて、運用効果測定に重きを置いた点が特徴になっている。

人事担当でない一般の社員や友人が紹介する場合に役立つよう、社内の募集ポジションを可視化したり、Slackなどで社内に紹介依頼を通知したりするなどのアイデアを盛り込んでいる。公開後、3カ月でネット大手を含む約30社が導入しており、これまでに150名の応募者獲得に繋がったと成果も公開している。

採用を社員みんなでやる仲間集めにーーCombinatorが提供するリファラル採用サービス「Refcome(リフカム)」

代表取締役の清水巧氏に今回参加した株主にどのような点を評価されたか尋ねたところ、このように回答してくれた。

「実は最初の起業で失敗して、そこから復帰する2年前から知っていただいていた方々なんです。彼らの視点としてはまず、日本が抱える労働人口減少や、そこから発生する有効求人倍率増が今後も見込まれると予想する中、潜在転職者層の囲い込みを行える手段として有効と考えた部分があります。また、リリース時点でネット大手含めて複数の導入事例があったのもよかったようです」(清水氏)。

清水氏によれば、直近のトラクションは順調で、ここ3カ月の有料契約企業数は200%成長、社員ユーザー数についても180%と積み上げが進んでいるという。清水氏は今後の目標をこう語った。

「まず、セールス組織の組成によって2016年内に導入企業数100社、社員ユーザ数3万人を目指します。また、カスタマーサクセスの組織化で、導入企業に適した運用コンサルも検討しています。今後はリファラル採用ツールとしてだけでなく、社員満足度の可視化など、入口から社内の最適化を図るソリューションへのステップアップも推進していきたいですね」(清水氏)。

----------[AD]----------

採用を社員みんなでやる仲間集めにーーCombinatorが提供するリファラル採用サービス「Refcome(リフカム)」

SHARE:

Combinatorがリファラル採用ツール「Refcome(リフカム)」を正式にリリースした。Combinatorは、2016年1月に同サービスの試験運用を開始。すでに、サイバーエージェント、コロプラ、オープンハウスグループ アサカワホームなどがRefcomeを利用している。 Combinatorは、2014年1月に創業。MOVIDA JAPANから出資を受け、2014年3月からウェブサービス「C…

Combinatorのオフィスにて
Combinatorのオフィスにて

Combinatorがリファラル採用ツール「Refcome(リフカム)」を正式にリリースした。Combinatorは、2016年1月に同サービスの試験運用を開始。すでに、サイバーエージェント、コロプラ、オープンハウスグループ アサカワホームなどがRefcomeを利用している。

refcome top

Combinatorは、2014年1月に創業。MOVIDA JAPANから出資を受け、2014年3月からウェブサービス「Combinator」の運営を開始した。同サービスは、スタートアップのプロジェクトを掲載し、現在転職活動を行っていない人でも、仲間として集められるようなサービスだった。

当初のサービスはなかなか起動にのらずに閉鎖、会社も一時的に撤退した。Combinator代表取締役の清水巧氏は、地元の石川県に拠点を移し、コストを極力抑えながら、活動を続けていた。ウェブサービスの運営を停止した同社が当時実施していたのは、ミートアップイベントの開催だ。

2015年1月から半年ほどの期間、月一ほどのペースでミートアップイベントを開催。イベントのテーマは、スタートアップの仲間集め。企画や集客は石川県から行っていたという。多いときには数百人が集まるイベントを主催しながら、Combinatorはキャッシュを蓄積していった。

半年ほどでキャッシュが溜まってきたCombinatorは、改めて拠点を東京に移した。再度、サービスを作ろうとした清水氏は、リファラル採用に着目した。ちょうど、日本でもリファラル採用が注目し始めたころ。2015年8月11日に、Combinatorはリファラル採用を活性化させるサービス「Refcome」のティザーを公開した。

当時公開されたティザーサイト
当時公開されたティザーサイト

ティザーサイトのオープンから、ユーザヒアリングや仮説の検証を重ね、1年弱の期間を経て「Refcome」を正式にリリースした。

「Refcome」は、リファラル採用を活性化するための施策設計から、運用・効果測定をシンプルに仕組化するサービス。リファラル採用に取り組みたい採用担当者の課題を、Combinatorが抱えるノウハウとシステムの両面から解決する。

13639824_1056818437745343_2130204397_o

「Refcome」では、まず現場から求人のニーズを吸い上げ、採用担当が依頼を作成する。サービス上から周知機能を用いて全社に効果的に紹介を依頼。依頼された社員は「招待ページ機能」を用いて、URLを知人に送る。

Refcome

招待URLを受け取った人は、ページを開き、求人情報が気になるようであれば、応募をクリックする。同サービスを通じた紹介や応募はダッシュボード上で管理されるため、施策の効果測定や応募者管理を行うことが可能だ。

13632712_1056818434412010_808851791_o

「Refcome」はどうしたら社員が紹介に協力してくれるか、紹介された人は応募しやすくなるかを考え、設計されているという。現状、招待ページから応募へのCV率は、6割ほどとなっているそうだ。

今後「Refcome」は、リファラル採用領域のみならず、採用管理ツールの領域に乗り出すことも視野に入れながら、まずはリファラル採用ツールとして、運用や施策の提案等のシステム化も進めていく。同サービスは、年末までに100社に導入することを目指す。

----------[AD]----------