タグ Rehab for JAPAN

介護事業所向けリハビリSaaS「リハプラン」運営、サイバーダインなどから7億円を資金調達

SHARE:

介護事業所向けリハビリSaaS「リハプラン」を運営する Rehab for Japan は24日、直近のラウンドで7億円を調達したと発表した。このラウンドに参加したのは、CYBERDYNE(東証:7779)、CEJ キャピタル、MTG Ventures、SMBC ベンチャーキャピタル、名古屋を拠点とする繊維専門商社の豊島が運営する CVC、三菱 UFJ キャピタル、小野薬品工業(東証:4528)、…

左から:Rehab for Japan 代表取締役 CEO 大久保亮氏 取締役 COO 池上晋介氏
Image credit: Rehab for Japan

介護事業所向けリハビリSaaS「リハプラン」を運営する Rehab for Japan は24日、直近のラウンドで7億円を調達したと発表した。このラウンドに参加したのは、CYBERDYNE(東証:7779)、CEJ キャピタル、MTG Ventures、SMBC ベンチャーキャピタル、名古屋を拠点とする繊維専門商社の豊島が運営する CVC、三菱 UFJ キャピタル、小野薬品工業(東証:4528)、KIRIN HEALTH INNOVATION(KIRIN とグローバル・ブレインが運営)、キャピタルメディカベンチャーズ。

キャピタルメディカベンチャーズ、SMBC ベンチャーキャピタルは、過去ラウンドに続くフォローオン。今回ラウンドは Rehab for Japan にとって、2017年に実施したシードラウンド、2018年に実施したシリーズ A ラウンド(シードとシリーズ A で約1億円を調達)、2020年に実施したラウンド(約1.6億円を調達)に続くものだ。同社では、今回ラウンドを含めた累計調達総額は約11億円としている。同社では調達資金を使って、既存プロダクト強化と新規事業の創出、事業拡大に伴う組織拡充・採用強化を行う。

Rehab for JAPAN は2016年6月に創業、2018年2月にリハプランをローンチした。2021年5月時点でリハプランを導入する介護事業所は900に達し、これまでに6.6万人の高齢者データを保有している。リパプランではリハビリ訓練計画の立案工程を自動化しており、要介護者の身体状況や自宅での生活課題、本人の意志などに関する項目をチェックするだけで最適なリハビリメニューが自動提案されるため、リハビリ指導経験のないスタッフでも、簡単に効果的な介護リハビリを提供できるようになる。

via PR TIMES

介護事業所向けリハビリSaaS「リハプラン」運営が約1.6億円を調達

SHARE:

介護事業所向けリハビリSaaS「リハプラン」を運営するRehab for JAPANは2月3日、SMBCベンチャーキャピタル、マネックスベンチャーズ、キャピタル・メディカベンチャーズらを引受先とする第三者割当増資の実施を公表している。調達した資金は約1億6000万円で、出資比率や払込日などの詳細は非公開。 介護事業所向けリハビリSaaSリハプランは、機能訓練業務を効率化させるクラウドサービス。高齢…

Screen Shot 2020-02-04 at 1.34.02 AM

介護事業所向けリハビリSaaS「リハプラン」を運営するRehab for JAPANは2月3日、SMBCベンチャーキャピタル、マネックスベンチャーズ、キャピタル・メディカベンチャーズらを引受先とする第三者割当増資の実施を公表している。調達した資金は約1億6000万円で、出資比率や払込日などの詳細は非公開。

介護事業所向けリハビリSaaSリハプランは、機能訓練業務を効率化させるクラウドサービス。高齢者データベースをもとに2,200種類、500セットの目標・運動プログラムから最適な計画・訓練を自動で提案する。2018年2月にリリースしてから導入事業所を拡大しており、2019年12月時点での有効事業所数は407事業所となっている。

via PR TIMES

リハビリ計画効率化SaaS「リハプラン」が1億円を調達、約半年で利用介護事業者は100件に

SHARE:

介護事業所向けのSaaS「リハプラン」を提供するRehab for JAPANは8月10日、第三者割当による増資の実施を公表した。引受先となったのはI​F Lifetime Venturesとキャピタル・メディカベンチャーズの運用するファンドで、調達した資金は約1億円。 2017年2月から今年7月までの期間に実施した増資で、調達したラウンドはシードとシリーズAの2回に分かれている。それぞ…

rehaplan.png

介護事業所向けのSaaS「リハプラン」を提供するRehab for JAPANは8月10日、第三者割当による増資の実施を公表した。引受先となったのはI​F Lifetime Venturesとキャピタル・メディカベンチャーズの運用するファンドで、調達した資金は約1億円。

2017年2月から今年7月までの期間に実施した増資で、調達したラウンドはシードとシリーズAの2回に分かれている。それぞれの詳しい日付や出資比率などは公開されていない。

同社が提供するリハプランは介護事業者向けのサービスで、個別機能訓練加算に必要な機能訓練のプログラムや計画書の作成支援をしてくれるもの。

デイサービス(施設に通いながら要介護者が受ける食事や機能訓練などのサービス)の機能訓練指導員が手がけるリハビリプログラムの内容を、要介護者ごとの身体状況や生活内容に応じて自動的に提案してくれる。用意されている運動プログラムは1800種類以上で、グラフ化するなどして状況を把握しやすくしてくれる。

rehaplan_001.jpg

また、同社にはリハビリを専門職とする人員を配置しているため、リハビリ職が不在のデイサービス事業者も個別機能訓練加算に必要なサポートを受けることができる。月額利用のモデルで事業所の規模に応じて1万4800円から5万4800円の利用料金がかかる。

リハプランの公開は2018年2月。導入実績は7月時点で100事業所を超えており、サービスを通じて利用している要介護者の数は5000名に到達してる。同社は今回の調達で組織体制の強化を進める。