タグ renren(人人)

FacebookのIPO申請によって、RenRen(人人網)の株価が50パーセント急騰

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 RenRen(人人網)の株価が、過去2日間にわたりニューヨーク株式市場で50パーセントを超えて急上昇したことをウォールストリートジャーナルが報じた。これはFacebookのIPOを見込んで、その莫大な市場価値に便乗したものだ。最終的には5.55米ドルで取引を終え、RenRenの時価総額は21億8千万米ドルとなった。(本文掲載日2月1日) ニュースレターの購読…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

RenRen(人人網)の株価が、過去2日間にわたりニューヨーク株式市場で50パーセントを超えて急上昇したことをウォールストリートジャーナルが報じた。これはFacebookのIPOを見込んで、その莫大な市場価値に便乗したものだ。最終的には5.55米ドルで取引を終え、RenRenの時価総額は21億8千万米ドルとなった。(本文掲載日2月1日)

RenRenは、今や中国のFacebookと言える。聞いた話によると、Facebookの最初のバージョンでは「A Mark Zuckerberg Production」というソースコードが現れたという。中国では何でもありだ。

Facebookは、2004年のGoogle以来最も期待されるインターネット関連のIPOで、これまでも騒ぎを巻き起こしてきた。その価値は、噂によると750億から1,000億米ドルに達すると言われ周りは熱狂している。資産管理アドバイザーのDevish Makan氏などを含む当初からの従業員や投資家は思いがけない大金を得ることになる。これを受けた投資家たちは、RenRenが中国のFacebookであり、インターネットユーザが増え続ける巨大中国市場で展開する限り、きっと大金をもたらすと信じてしまっている。

だが、この2つを同じように比較することはできない。Facebookはすでにターゲット広告を始めており利益を出している。2009年から2011年までに127パーセントの大幅な増収を達成した。収益である38億米ドルのうち、営業利益は15億米ドルである。RenRenはまだ損益分岐点を超えておらず、競合が多いソーシャルネットワーク市場において激しい争いをしている。RenRenの若いユーザーたちは、より新しいソーシャルアプリに移行しているようだ。TwitterのようなマイクロブログであるSina Weibo(新浪微博)や Tencent(騰訊)のWeixin(微信)などが選ばれている。

実際のところ、RenRenはかなり前から存在しているが、他のソーシャルネットワークよりもかなりユーザーが少ない。そのユーザ数は1億3700万人で、Sina Weiboは2億5000万人、Weixinは噂によると2億人を超えたとのことだ。ただこの数字について注意が必要なのは、どれだけのユーザが実在しどれだけが偽者なのかの判断がつかないことだ。

ウォールストリートジャーナルが書いているように、「投資家はRenRenを友達として受け入れる前に、本家であるFacebookと同じくらいの見込みがあるのかを考えるべきだ」ということだ。一見同じように見えるかもしれないが、同一のマーケット環境では運営はされていないのだから。

【via Technode】 @technodechina

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


ヘイ、ベイビー!一緒にやろう:MSN ChinaとRenrenが提携へ

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 ニュースレターの購読 注目すべき記事、世界のスタートアップシーンの話題、BRIDGE 主催のイベントに関する情報をお届けします! Sign Up 本日(訳注:8月24日の記事です)、Renren(人人)とMSN Chinaは提携する計画を発表した。2つの企業のソーシャルネットワークのプラットフォームを統合するのが提携戦略であろう。 リリースは下記の通り 戦略…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

本日(訳注:8月24日の記事です)、Renren(人人)とMSN Chinaは提携する計画を発表した。2つの企業のソーシャルネットワークのプラットフォームを統合するのが提携戦略であろう。

リリースは下記の通り

戦略的にRenrenとMSN Chinaは、ログインアカウントの統一、コンテンツのシンクロ、友達の発見やコミュニケーション、これらを含む広域にわたるアプリケーションとサービスを2つのプラットフォームを越えて共有する。

Renrenは勿論、1億2000万人の利用者を抱える中国最大のソーシャルネットワーキングサイトである。一方MSNはインスタントメッセージ機能であるMSNメッセンジャーで最も知られている。この2社による提携の知らせは、インスタントメッセージのトップシェアを誇るTencent QQ(騰訊QQ)などにとっては脅威であろう。

同サービスは昨今既にユーザー数の伸びに不安を抱えているところに、新興の強力なライバルたちの出現が重なっているの。RenrenのSNSの仕組みの中に、シームレスにMSNのメッセンジャー機能を組み込むことが実現すれば、ユーザーはQQのような別サービスを立ち上げる手間を省けるようになるかもしれない。

ここ数ヶ月の間で、我々はRenrenが中国のユーザーにより充実したSNSサービスを提供すべく、次々に他の事業者と提携関係を結ぶのをみてきた。パートナー企業の数例は下記である。

・ウェディング分野/日本のリクルートとウェディング情報のソーシャルプラットフォームを展開

・ゲーム/RenrenのゲームサイトにPopcap社のPlants vs. Zombiesを統合

・マネー/招商銀行との連携のもと、ソーシャルクレジットカードの発行

俯瞰するとRenrenはかなり事業が散漫としており、現時点で明確な製品の方向性がないように見える。しかし、企業は財政的に上手くいっており、最も新しい財政リポートは去年から損益を78.5%減少したと示している。IPO前、純収益は46.6%上昇のUS$2060万で、オンライン広告収益は100.5%上昇のUS$810万であった。

この明確な成長にもかかわらず、市場は中国のソーシャルネットワークのパフォーマンスに納得しているようにはみえない。ごらんのように株価は落石のように急落している(訳注:チャートは8月30日現在のスクリーンショット。現在の状況はリンク先を確認頂きたい)。

とは言っても、この提携がどのように展開していくのかは分からない。プレスリリースでは、RenrenとMSN Chinaの前途は全て明るく、おいしく、おとぎ話のように語られているが、プレスリリースとはそういうものである。現実は常に別ものだ。

いずれにしても、我々は進捗状況を逐次報告していくつもりだ。

【via Penn Olson 】 @pennolson

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


[翻訳News] 中国のRenren(人人網)がリクルートと提携してソーシャルウェディングサービスに乗り出す

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 ニュースレターの購読 注目すべき記事、世界のスタートアップシーンの話題、BRIDGE 主催のイベントに関する情報をお届けします! Sign Up Renren(人人网)が新規株式公開を果たした後、この人気のあるソーシャルネットワーク上には植物やゾンビが動きだした。そして今回は日本最大級の人材と求人広告のメディアグループであるリクルートと提携し、ソーシャルウェ…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

Renren(人人网)が新規株式公開を果たした後、この人気のあるソーシャルネットワーク上には植物やゾンビが動きだした。そして今回は日本最大級の人材と求人広告のメディアグループであるリクルートと提携し、ソーシャルウェディングサービスに乗り出したというニュースを発表した。

この二つの巨大メディアによるジョイントベンチャーに期待されているのは、結婚式関連のオンラインソーシャルコンテンツと雑誌や披露宴などのオフラインメディアを完全に一体化するマルチメディアプラットフォームを生み出すことだ。

Renrenがオフラインビジネスに関わることは、インターネットビジネスとは外れてるような気がするのが面白い。

新しいウェブサイトは、中国の主要なウェディングオンラインメディアになることを目指してこの冬に公開される予定だ。提携先のリクルート中国子会社会長Patrick Thamは次のようにコメントしている。

「我々のパートナーシップはRenrenのソーシャルネットワーキングにおける強みとリクルートのウェディングビジネスにおける強みを結集し、より多くの中国のカップルが幸せな結婚式をおこない、楽しむことができるようになると(我々は)信じている」

ウェブサイトは「結婚式の計画、結婚サービスのオンライン予約に必要な情報」とその他にいくつかのものを提供する予定であるとRenrenの広報担当者は話してくれた。さらにウェブサイトは、ソーシャルネットワークのメインサイトから分離しているが「Renren.comと連携して(ネットワークの)活用を売りにするだろう」とも語っている。

【via Penn Olson 】

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


[翻訳News] IPOしたばかりのRenren(人人網)はやくも値を下げる

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 わずか、取引日数4日(訳注:5月11日時点)でRenren(人人網)は株価をほぼIPO価格を下回る数値まで下げた。昨日、その株価はさらに8%下回る14.75ドルを記録、それはほぼIPO価格の14ドルに並ぶ数値である。 ニュースレターの購読 注目すべき記事、世界のスタートアップシーンの話題、BRIDGE 主催のイベントに関する情報をお届けします! Sign U…


【翻訳 by Conyac】 【原文】

わずか、取引日数4日(訳注:5月11日時点)でRenren(人人網)は株価をほぼIPO価格を下回る数値まで下げた。昨日、その株価はさらに8%下回る14.75ドルを記録、それはほぼIPO価格の14ドルに並ぶ数値である。

いわゆる中国版Facebookはその輝かしさを失いつつある。我々が以前書いたとおり、その企業には周りからの過剰評価やその他もろもろの問題が存在する。それが本当に中国版Facebookなのかということも疑い深い。

第一にRenrenを含むその中国インターネット株をその根源を越え押し上げているのは、その馬鹿げた過剰評価ではないのか?わたしは株式取引におけるアメリカの人気ウェブサイト”SeekingAlpha”でこのコメントを読んだ。おそらくこれは代表的なUS取引企業からの投稿であろう。

中国のIPO銘柄の反落は買いのチャンス。確かにそれはゾッとしそうだが…しかし正しい売買はいつもゾッとするもんだからね。
ベースが11~12ドルになるまで待とう…それから前の高値を更新するのをみよう。

私は実際このゴミのような会社は知らないし、知りたいとも思わない…しかし前にも(株式)チャートでこんなやつをみたことがある。YOKU(訳注:Youku (優酷網) )は28ドルから48ドルに上がり、60ドルに突進する前に…50ドルで売った後には手元にたくさん残ったね。

空売りする人は評価額や他のナンセンスを心配していればいい…私はただ稼ぐだけ。
NFLX, PCLN, OPEN, LULU…これらの空売りが叫び出すまで絞り続ければいい!!!

「勝者より」

「勝者」という名のトレーダーは「私はゴミのようなRenrenなんか知らない」と毒づき、過去の経験から(以前チャートでこのような状況をみたことがある)彼はRenrenが立ち直って再び高値になると信じている。

明らかにRenrenが今一体何をしているのか、このアメリカのトレーダーは全く気にしていない。ただ気運でトレードしているだけだ。以前の中国のインターネット株で儲けたようにRenrenも勝者になると信じている。

私が信じるに、アメリカ人で中国のインターネット株トレーダーの多くは「勝者」によく似ている。そしてこのことが彼らの企業に対する評価額を収益の基盤ではなく分かりやすい理解(例えば中国のYoutube、中国のfacebook、中国のTwitterなど)や取引の雰囲気できめる理由になっているのである。

要点はトレーダーの次の言葉に最もよくでてるんじゃないだろうか。「空売りする者はや他のナンセンスを心配していればいい…私はただ稼ぐだけだ」。

【via Technode】 @technodechina

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


[翻訳News] Renren(人人網)の感動的な新規株式公開(IPO)は、それほど素晴らしくはない

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 ニュースレターの購読 注目すべき記事、世界のスタートアップシーンの話題、BRIDGE 主催のイベントに関する情報をお届けします! Sign Up 中国最大手のソーシャルネットワークサービス「renren(人人網)」の新規株式公開(IPO)の初日が型破りなやり方で幕を下ろした。14ドルで始まった初日の株価は、最高値が21.78ドル、結局、終値は22%の上げ幅で18.01…

【翻訳 by Conyac】

中国最大手のソーシャルネットワークサービス「renren(人人網)」の新規株式公開(IPO)の初日が型破りなやり方で幕を下ろした。14ドルで始まった初日の株価は、最高値が21.78ドル、結局、終値は22%の上げ幅で18.01ドル。

renrenの新規株式公開自体は成功を収めたが、フェイスブックの1ユーザーあたりの収益と比べてどうなかという問題が残っている。フィナンシャル・タイムズ紙は、フェイスブックは1ユーザーあたり4ドルの収益があるが、人人網はそれに比べてたったの0.80ドルであると報じている

これは、収益効率の大きすぎる違いであり、また、ここ数日間多くの指摘があったように、renrenは(結局)フェイスブックではないのである。

最新の(米国)証券取引委員会(SEC)へのIPO申請においてrenrenは、第1四半期前年同期比ベースで、オンライン広告収入が100.5%増、オンラインゲームに関しても11.3%の収益増加にもかかわらず、1,1百万ドルを失ったと報告。

損失については、人人網のCEOであるJoseph Chenがインタビューで以下のように説明している。

「この損失は、我社の最も大きな投資元であるソフトバンクの新株引受権の行使に関する金融費用・・・ようは我々は三年前、あまりに安く株式を売ってしまった・・・だから、それ故に私たちは多額の費用が・・・今後はそれらに関するすべてのコストはなくなるだろう・・・」

renrenのユーザー数は約1億1700万人であるが、月間アクティブユーザーは3100万人しかいない。これは、5億人のアクティブユーザーと、どの日でもその内半分がログインしているFacebookと比べると、それほど優れていない。私は、ユーザー統計値にあまり明るい未来をみることができないので、renrenのIPOについてはあまり興奮してない。

少なくとも私の意見では、renrenはソーシャル・ネットワークで必要なスティッキネス(常習性)やおしゃれなユーザーインターフェースが欠けている。私はこのサイトをずいぶん前に使うのをやめている。

ソーシャルネットワークサービスを成長させるのはコミュニティーの力強さだ。そして、renrenはFacebookのようにそれができるとは思えない。中国のミニブログ、Sina Weiboでさえもだ。ところが、誰ができるだろうか?私は、renrenのIPOで印象的だったできごとはせいぜい、NYSE(ニューヨーク証券取引所)に上場した初のソーシャルネットワークサービスであったことと、投機的な急騰であったと思う。あなたはどう考える?

【via Penn Olson 】

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


[翻訳News] 中国の2大ソーシャルWeibo(新浪微博)とRenren(人人網)を使ったメイベリンの中国マーケティング戦略

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 ニュースレターの購読 注目すべき記事、世界のスタートアップシーンの話題、BRIDGE 主催のイベントに関する情報をお届けします! Sign Up この記事はロンドンのソーシャルメディアの調査会社、WaveMetrixで公開されたものである。 Sina Weiboは中国の消費者とのエンゲージメントのためのソーシャルメディアプラットフォームとして、ほとんどのブランドに好ん…

【翻訳 by Conyac】

この記事はロンドンのソーシャルメディアの調査会社、WaveMetrixで公開されたものである。

Sina Weibo中国の消費者とのエンゲージメントのためのソーシャルメディアプラットフォームとして、ほとんどのブランドに好んで利用されているようだ。一方、Facebookに似たソーシャルネットワークのRenrenを活用しているブランドはそれよりも少ない。

メイベリンの場合は2本柱のマーケティング手法をとっており、Sina Weiboをブランドのメインのプラットフォームとして使用しつつ、RenrenをBBクリームのような製品用のキャンペーンを行うための補完的なハブとして使っている。

WaveMetrixの分析によると、メイベリンの手法はタイプの異なるユーザーにアプローチするのに有効であることが明らかだ。製品使用者とのエンゲージメントにおいては、Sina Weibo上が最も上手くいくことがわかる。

一方、RenrenのBBクリームのページの場合は、製品に興味を持つユーザー(見込み顧客)を引き付けている。しかし、WaveMetrixの分析では、Renren上のメイベリンのページでは、Sina Weibo上よりも製品に対する高いエンゲージメントが生まれている一方で、メイベリンが投稿した写真の有名人の話題が大半を占めている。

製品使用者とのエンゲージメントでは、Sina Weiboが最も有効:


Sina Weibo上のメイベリンのページは、Renren上のページと比べてより多くの製品使用者を引き付けている。Sina Weiboのページで交わされる話の75%にメイベリン製品使用者が関わっており、既存の顧客に対するエンゲージメントの成功を反映している。

そこでは、既存の顧客らはメイベリン製品を使用した感想を共有したり、製品の使用法に関する情報を他の人に提供するように促されている。メイベリンは商品ラインナップを共有したり、キャンペーンを展開することにより、ユーザーとのエンゲージメントのハブとしてSina Weiboを上手く使いこなしている。

既存顧客と見込み顧客によって生み出された話はわずか4分の1:

メイベリンのRenren利用法は時期を計算に入れており、新製品の発売開始に焦点を置いている。メイベリンは新発売のBBクリームについて「良さそう」とか「試してみたい」などと話している製品の見込み客とのエンゲージメントを生み出すことができている。しかし、見込み顧客や既存の顧客による話はわずか25%にとどまっており、大半のエンゲージメントは一般消費者からとなっている。

Renren上のメイベリンページでの会話は、ブランドや製品などに特化した話より、もっと一般的な話題:

メイベリンとRenren上の消費者のエンゲージメントは一般の話題が中心:見込み顧客や既存の顧客数の割合が低いことを反映し、Renren上のメイベリンのページでは製品やメイベリンに関する話は非常に少ない。

Renrenのページでは、消費者らは有名人の写真やメイベリンが投稿したエンターテイメント関連の話題について話しており、話の90%を一般的な話題が占めている。このことは、メイベリンが特定の製品に関するユーザーとのエンゲージメントにおいて、期待できる成果を上げていないことを如実に示している。

【via Penn Olson 】

 

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


[翻訳News] 人人網がNY証取に上場、5億8千4百万ドルを調達の見込

スタートアップ・デイティングでは、アジアのテックニュースを日本語でお届けできるよう努めています。先頃、試験的にシンガポールの「ペン・オルソン」の一部記事の翻訳転載を開始しましたが、加えて、中国のテックブログ「テックノード」記事の翻訳転載に向けて調整中です。 今回は、「テックノード」記事の翻訳転載を試験的に配信します。短い記事ですが、映画「ソーシャル・ネットワーク」の中国版を彷彿させます。 ニュース…

スタートアップ・デイティングでは、アジアのテックニュースを日本語でお届けできるよう努めています。先頃、試験的にシンガポールの「ペン・オルソン」の一部記事の翻訳転載を開始しましたが、加えて、中国のテックブログ「テックノード」記事の翻訳転載に向けて調整中です。

今回は、「テックノード」記事の翻訳転載を試験的に配信します。短い記事ですが、映画「ソーシャル・ネットワーク」の中国版を彷彿させます。


【翻訳:池田 将】

また一つ、中国のインターネット巨大企業が米国に上場する。中国の主要SNS「人人網」がニューヨーク証券取引所に上場する最終準備に入った。5億8千4百万ドル(約478億円)を調達する予定だ。

このところ、中国のインターネット企業の上場の多くは、調子がいい。今回の人人網の上場も、明るい話題となるだろう。私は以前、自著「レッドワイヤード:中国のインターネット革命」で、人人網の陳一舟(Joe Chen) CEO にインタビューしている。彼が立ち上げた最初のスタートアップは、中国の学生SNS「ChinaRen」で、2000年のネットバブル崩壊後、捜狐(Sofu)に売却された。以下は、私の本からの引用だ。

2000年のネットバブル崩壊後、ChinaRen は中国2番目のポータルである捜狐に、3300万ドル(当時のレート換算で約36億円)で売却された。陳氏はしばらくを捜狐で過ごした後、米国に戻り、光通信の会社を立ち上げることになるが、そこでは無情な努力を強いられた。通信業界は、バブル崩壊と9・11事件の余波を受けており、彼にとっては、これ以上の悪い状況はあり得なかっただろう。

2002年11月、陳氏は再び中国に戻り、新しい会社「千橡互動集団(Oak Pacific Interactive)」を設立して、さまざまなネットビジネスを仕掛けた。2004年には、「猫扑(Mop.com)」を買収し、エンターテイメントに特化したオンライン・コミュニティへと育て上げた。翌年にはテックブログ「DoNews」を買収している。

ベンチャーキャピタルから4800万ドルを調達後、彼はこのような買収が容易に行えるようになり、さらにビジネスを拡大することになった。2006年、校内網(Xionei)を買収し、彼は再び、自分のこだわりであった大学生のためのコミュニティ・サイトの世界に戻ってくる。

「大学生活は、私に大きな影響を与えました。どんなインターネット製品が学生にアピールできるか、私には常によい直感があると思います。フェースブックを見たとき、このモデルは成功するだろうと確信しました。だから同じことを始めたんです。」

ChinaRen は、卒業生同士が互いにメッセージを交換できるサイバーフォーラムだった。クラスごとに、会話のための掲示板が用意されていた。フェースブックの掲示板が、ユーザ毎に用意されているのと対照的だ。

「情報を連携させるには、この方が効果的だったんです。まさに、情報と情報を引き合わせる糊の役割ですね。」(2009年、フェースブックに居た世界2億人のユーザのうち、約半数が毎日フェースブックを開いていた。)

校内網の最初の経験は、フェースブックより大きなものだった。立ち上げ当初、中国の10ある大学の学生達の間で人気となり、サイバースペースやキャンパスでのプロモーションによって、やがてその動きは、全国の短大などにも広がっていった。陳氏はさらに、この人気を高校生やホワイトカラーの労働者にまで広げたいと思った。

2008年4月、日本のソフトバンクが千橡互動(Oak Pacific)の株式14%を9600万ドルで取得し、陳氏の中国ウェブ2.0王座への道はさらに加速した。(ソフトバンクは、それから1年以内に、追加で2億8800万ドルを出資し、出資比率を40%までを引き上げるオプションを保持していた) 最終的には、ナスダックの平均的な資金調達額を上回る、4億3000万ドルを調達することに成功した。

2009年までに、校内網は4000万人のユーザを擁し、そのうち、2200万人のユーザは毎日サイトを訪問するようになった。2009年8月、陳氏のふくらむ野心を反映して、校内網は中国語で「みんな」を意味する「人人網」に名前を替えた。「校内網」という名前は、もはやふさわしいものではなくなってしまったのだ。

陳氏は、フェースブックと比較して、人人網のユーザの違いを次のように説明する。「米国に比べれば、中国ではまだデジカメは普及していないから、人人網のユーザは多くのブログを書くものの写真は多用しないようですね。」

さらに重要なのは、フェースブックは基本的に広告収入に頼っているのに対し、人人網にとってはオンライン・ゲームの収入が大きい点だ。

「中国では、オンライン・ゲームが大きな市場です。人人網では、ソーシャル・ゲームやウェブゲームが、売上を上げる重要な役割を果たすでしょう。有料ユーザは少人数だけでも十分です。」

オンラインゲームでのバーチャルアイテム販売は、大きなビジネスになっており、多くの中国のオンライン・ゲーム会社がそれを経験している。中国のトップ・ネット企業10社のうち6社は、売上の多くをオンライン・ゲームで稼ぎだしている。

陳氏は2008年中頃、ウェブゲーム開発会社「Peagame.com」を買収した。今後、さらなる買収を計画している。「我々は、中国で最大のウェウゲーム開発会社にもなりたいのですよ。」と陳氏。

開心網(kaixin001)」のもたらしたSNS人気の波は、ゲームのサービスを備えたSNSこそが進むべき道であると、陳氏に確信させた。開心網は、ベンチャーキャピタルの支援を受け、新浪網(Sina)の元役員らによって設立された。”Friends for Sale” や “Parking Wars” などのソーシャルゲームを備え、人気を急上昇させている。

陳氏は、開心網(Kaixin001)に対抗して、開心(Kaixin)をスタートさせている。

(訳注:非常に紛らわしいのですが、「開心網(Kaixin001)」に対抗した「開心(Kaixin)」は、名前は似ていますが全く異なるサービスです。また、詳細な経緯は不明ですが、その後、開心(Kaixin)は人人網(RenRen)に統合されているように見受けられます)

【via Technode】(@technodechina)

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録