タグ REV-1

自律走行自転車「REV-1」:ミシガン大発Refraction AI、420万米ドルをシード調達(2/2)

SHARE:

(前編からのつづき)REV-1の知覚システムは、豊富なレーダーと超音波センサーに加えて、12台のカメラで構成されている。同社はパッケージのコストが競合他社の使用するLiDARセンサーの数分の1しかかからないと主張している。ロボットは雨や雪などの悪天候でも運行でき、ナビゲーションは高解像度のマップに依存しない。 ミシガン州アナーバーに拠点を置くProduce Stationとの提携に先立ち、REV-…

Image Credit: Refraction AI

前編からのつづき)REV-1の知覚システムは、豊富なレーダーと超音波センサーに加えて、12台のカメラで構成されている。同社はパッケージのコストが競合他社の使用するLiDARセンサーの数分の1しかかからないと主張している。ロボットは雨や雪などの悪天候でも運行でき、ナビゲーションは高解像度のマップに依存しない。

ミシガン州アナーバーに拠点を置くProduce Stationとの提携に先立ち、REV-1は3ヶ月のパイロットプログラムの一環として、ランチタイムにMiss KimやTio’s Mexican Cafeなどのアナーバーのレストランから独占的な配達を行なった。レストラン側には一律7.50ドルを請求し、事業に賛同した500名を超えるRefractionの顧客は料金の一部を支払う(チップはRefractionのパートナーへ直接支払われる)。

2020年5月時点で、Refractionはアナーバーにおいて8台のロボットを稼働させている。今後数週間以内に20台を超えると予想されている。今回の資金調達によって総調達額はこれまでで1,000万ドル以上となった。

RefractionのCEOであるLuke Schneider氏は2020年秋のプレスリリースでこのように述べている。

ラストマイルデリバリーは、進化するテクノロジー、人口統計学、社会的価値および消費者モデルの強力な合体によってイノベーションが完成したセクターの典型例です。環境が変化し、伝統的なアプローチはレガシーインフラストラクチャのコスト、規制、ロジスティクスの課題に悩まされ、急増する需要への対応に悪戦苦闘しています。企業や消費者には選択肢がほとんどありません。

私たちのプラットフォームは現代に存在するテクノロジーを革新的な方法で利用し、人々が必要な商品を必要な時に、生活している場所で手に入れることができるようにします。さらに、私たちは企業コストを削減し、道路の混雑を緩和し、二酸化炭素排出量を低減させることのできる方法でこれを実現しています。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


自律走行自転車「REV-1」:ミシガン大発Refraction AI、420万米ドルをシード調達(1/2)

SHARE:

準自動運転配達ロボットを開発するRefraction AIは本日(3月8日)、Pillar VCが主導するシードラウンドで420万ドルを調達したと発表した。同社によると、この資金は来年にかけて顧客獲得、地域拡大、製品開発に活用される。 COVID-19による医療危機は米国の多くの地域で悪化しており、自律走行ロボットやドローンによる商品輸送の採用を早めているようだ。それらには消毒が必要で、Kiwib…

Image Credit: Refraction AI

準自動運転配達ロボットを開発するRefraction AIは本日(3月8日)、Pillar VCが主導するシードラウンドで420万ドルを調達したと発表した。同社によると、この資金は来年にかけて顧客獲得、地域拡大、製品開発に活用される。

COVID-19による医療危機は米国の多くの地域で悪化しており、自律走行ロボットやドローンによる商品輸送の採用を早めているようだ。それらには消毒が必要で、KiwibotStarship TechnologiesPostmatesなどの企業は清掃チームが手作業で行っている。だが場合によってはRefractionのような配送ロボットは病気の感染拡大のリスクを最小限に抑えることができると考えられる。Allied Market ResearchおよびInfinitiの最近の市場レポートでは、ラストマイルデリバリー業界の年間成長率は今後10年間で14%を超え、自律型配送部門は2021年の119億ドルから2031年までに全世界で840億ドル以上へ24%以上成長すると推測されている。

Refractionは、2019年7月にMatt Johnson-Roberson氏とRam Vasudevan氏によって共同設立された。2人ともミシガン大学の教授だ。提携する複数の小売業者から半径数マイル以内の人々がRefractionのロボット「REV-1」による配達を注文できる。顧客が専用webサイトで注文すると、Refractionの従業員が店舗で車両に商品を積み込み、受取人にはテキストメッセージが送信される。メッセージにはロボットが到着した時に収納コンパートメントを開くためのコードが添付されている。

REV-1は電動自転車とほぼ同じ大きさで、法的には電動自転車に分類される。重さは約100ポンド(約45キログラム)、高さは3つの車輪を含めて約4フィート(約122センチ)だ。平均して時速10〜15マイル(時速約16〜24キロ)の速さで進み、停止距離は非常に小さい。コンパートメントには6袋ほどの商品を入れることができる。(後編につづく)

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録