THE BRIDGE

タグ ricult

MITのインキュベーションプログラム「Inclusive Innovation Challenge」の東南アジア予選ファイナリスト5チームをご紹介

SHARE:

先週(8月第4週)バンコクのタイ商工会議所大学で開催された MIT Inclusive Innovation Challenge(MIT IIC)のアジア予選において、インドとバングラデシュの4つのスタートアップが最優秀賞に選ばれた。受賞したのは、iMerit、ftcash、Plastics for Change、SOLShare の4社。 この4つのスタートアップは、11月8日に開かれるマサチュ…

mit_inclusive_innovation_challenge.jpg
Image Credit: MIT Inclusive Innovation Challenge

先週(8月第4週)バンコクのタイ商工会議所大学で開催された MIT Inclusive Innovation Challenge(MIT IIC)のアジア予選において、インドとバングラデシュの4つのスタートアップが最優秀賞に選ばれた。受賞したのは、iMerit、ftcash、Plastics for Change、SOLShare の4社。

この4つのスタートアップは、11月8日に開かれるマサチューセッツ工科大学の MIT IIC 世界グランプリにアジア代表としてエントリーし、優勝賞金100万米ドルの獲得に挑戦する。今回優勝に輝いたスタートアップ4社は、アジア25ヶ国、165以上の応募の中から絞り込まれた12のファイナリストから選出された。今回は南アジアのスタートアップが受賞を独占したものの、東南アジア地域のスタートアップ5社も最終候補にノミネートされている。

以下では、東南アジア5社のショートプロフィールを紹介しよう。

ClicknCare by Simple Motion Sdn Bhd(マレーシア)

Simple Motion Sdn Bhd は、遠隔医療モバイルプラットフォーム「ClicknCare」を開発している。その目標は、移民労働者が距離や言葉の壁を感じずに、母国語を話す医師に現地で相談できるようにすること。2014年に Abu Hasnat Sultanur Reza 氏が設立し、現在、マレーシアでベンガル語を話す医療従事者と出稼ぎ労働者とを結びつけている。

Connected Women(フィリピン)

Connected Women は、事務職、カスタマーサービス、マーケティング、編集などのリモートワークを探しているフィリピンの女性を、世界各地の女性起業家と結びつけるプラットフォームを提供している。女性起業家の事業の成功を後押しするとともに、フィリピンの女性が直面する深刻な失業問題の解決を目指す。

Gnowbe(シンガポール)

Gnowbe は、企業や学術団体など信頼あるトレーニング機関と提携して教育コンテンツを提供しており、それによってユーザの雇用可能性を高めることを目標としたモバイルプラットフォームである。企業向けには、クライアントごとにカスタマイズされたモバイルベースのトレーニングソリューションを提供している。

Ricult(タイ)

Ricult は、発展途上国の小規模農業者の生産性と収益性の向上を目指している。同社のプラットフォームは、オンラインマーケットプレイス、クレジットへのアクセス、データインサイトや解析など様々なサービスを提供している。現在パキスタンとタイ、アメリカにおいて事業展開中。

STORM(フィリピン)

STORM は、包括的な「福利厚生マーケット」を通じて、より自分に適した福利厚生を選択することを可能とし、労働者の生活向上を目指している。提供されている製品は次の2つ。1)労働者が自分の福利厚生をマーケットプレイスで使えるポイントに変換できるオンライン福利厚生管理システム「STORM Flex」 2)リーダーボードやコンペ、リアルタイム評価とポイントベースの報酬を用いて労働者のモチベーションアップを図る報奨・評価プラットフォーム「STORM Ace」

MIT IIC は、MIT デジタルエコノミー・イニシアチブのメインプログラムである。

これは、「仕事の未来をイノベートする」「斬新かつ革新的な」ハイテクソリューションのパイオニア企業を見つけ出し、プロモートすることを目標に掲げている。

【via e27】 @E27co

【原文】

----------[AD]----------

タイのキャリア大手運営アクセラレータdtac Accelerateのデモデイ、参加スタートアップからトップ12社を紹介

SHARE:

dtac Accelerate は本日(8月18日)、バンコクにおけるアクセラレーションプログラム第5バッチのデモデイイベントを開催した。 このイベントでは、5月~8月実施の短期集中ブートキャンプに参加したスタートアップが紹介され、その中から優勝者が発表される予定。 参加スタートアップのラインナップは以下の通り。 1. Cookly アジアで「トップ」の料理教室予約プラットフォームを自負するスター…

Image credit: dtac/Techsauce

dtac Accelerate は本日(8月18日)、バンコクにおけるアクセラレーションプログラム第5バッチのデモデイイベントを開催した。

このイベントでは、5月~8月実施の短期集中ブートキャンプに参加したスタートアップが紹介され、その中から優勝者が発表される予定。

参加スタートアップのラインナップは以下の通り。

1. Cookly
アジアで「トップ」の料理教室予約プラットフォームを自負するスタートアップ。

2. CREDEN
e クレジットスコアリングとブロックチェーンのテクノロジーを組み合わせたフィンテックソリューションによって、迅速かつ簡単な与信審査プロセスの提供と、顧客確認(KYC:know-your-customer)義務への対応を実現するスタートアップ。

3. DriveMate
タイでトップのピアツーピアカーシェアリングプラットフォームを自負するスタートアップ。

4. Globish
タイのオンライン英語学習プラットフォーム。生徒はビデオ通話で海外の講師からレッスンを受けることができる。

5. Indie Dish
健康食品のデリバリーマーケットプレイス。Indie Dish によると、バンコクで健康食品や健康飲料、健康菓子など2万8,000品以上のデリバリー実績がある。

6. ricult
タイの農家が少額融資を受けやすくなり、農場の作物生産量を改善できるように、機械学習と衛星画像を利用してクレジットスコアの代わりとなるような評価を行うスタートアップ。

7. Scout Out
「誰でもヘッドハンターになれる」というアイデアのもと、友人を憧れの職場に紹介すれば ScoutOut から報酬をもらえるという仕組みをつくったスタートアップ。

8. Seekster
建物の清掃とメンテナンスの大手プラットフォーム。

9. Senseino
あらゆる人のライフスタイルに合わせることができるインテリジェンス教育プラットフォーム。

10. Shiftspace
簡単に多くの場所で商品を販売できる方法を1分以内に提供するスタートアップ。

11. tixget
旅行業界向けの総合的なチケットソリューションを提供するプラットフォーム。

12. Tourkrub
海外ツアーパッケージを扱うタイ最大のオンラインマーケットプレイスを自負するスタートアップ。

dtac Accelerate Batch 5は、Google Developer、Facebook、Muang Thai Life Insurance や Thai Wah などの CVC(コーポレートベンチャーキャピタル)といったパートナーと連携して運営を行っている。

前回のバッチからの変更点は、2つの異なるトラック(コース)が設けられたことだ。インキュベーショントラックは、情熱的なチームとアイデアはあるがビジネスを軌道に乗せるにはまだ支援が必要な企業向けのトラック。

一方、アクセラレートトラックは、明確なビジネスモデルと商品を持っているが成長に向けた開発段階での支援が必要な企業向けのトラック。

また、dtac は「Global Expansion Track」という新サービスも導入している。同サービスの狙いは、タイなどの東南アジア諸国からシリコンバレーまで広がるグローバルなパートナーシップを活用して、スタートアップが海外展開の機会を見出せるよう支援すること。

dtac の CEO を務める Lars Norling 氏は以前、2020年までに、アクセラレーションプログラムのポートフォリオを構成するスタートアップのバリュエーション総額を50億タイバーツ(1億4,300万米ドル)まで拡大させることが目標、と語っている。また、同氏は13ヶ国でグローバル展開を支援し、プログラム卒業企業から1社でもユニコーン企業を育てたいと考えている。

Norling 氏によると、現在のポートフォリオは2016年で20億タイバーツ(6,000万米ドル)の収益を上げ、1万人以上の雇用を創出しているという。

【via e27】 @E27sg

【原文】

----------[AD]----------