THE BRIDGE

タグ rovio

アングリーバード開発元のRovio、IPOで3,600万米ドルの増資計画を発表

SHARE:

フィンランド企業 Rovio が劇的な転換期を迎えようとしている。同社はモバイルゲーム事業の拡大と買収強化に向けて新規株式公開(IPO)の申請を行ったことを本日(原文掲載日:9月5日)発表した。 3,600万米ドル相当の新株が発行される見込み。また、数名の既存株主には、投資資金を一部回収するために公募期間中に株式の売出しを行うことが認められるようだ。 Rovio が本日公開した財務開示資料によると…

フィンランド企業 Rovio が劇的な転換期を迎えようとしている。同社はモバイルゲーム事業の拡大と買収強化に向けて新規株式公開(IPO)の申請を行ったことを本日(原文掲載日:9月5日)発表した

3,600万米ドル相当の新株が発行される見込み。また、数名の既存株主には、投資資金を一部回収するために公募期間中に株式の売出しを行うことが認められるようだ。

Rovio が本日公開した財務開示資料によると、2017年上半期の収益は2016年上半期の約2倍に増加している。2016年の収益は2015年比で30%以上跳ね上がっている。

アングリーバードが世界的なセンセーションを巻き起こしたおかげで、Rovioは 地球上で最もホットなゲーム企業の一つとなった。しかし、2014年にはそのヒットを生み出す能力も壁にぶつかってしまう。同年12月、同社は状況悪化を防ぐために従業員110人を解雇し、ゲーム開発スタジオの一つを閉鎖した。

アングリーバードをもとにした独自のアニメーション映画を創るチャンスを得て、この試みが成功を収めた。ブランドライセンスからの収益のおかげで、2017年上半期の収益は約3倍の4,100万米ドルに増加した。とはいえ、同期間におけるゲームからの収益についても2倍の1億3,900万米ドルに増加している。Battle Bay と Angry Birds Evolution の2タイトルが収益を押し上げたようだ。Rovio はまだまだ新タイトルをローンチできるゲーム会社であるということを、同社はしきりに強調している。

Rovio で CEO を務める Kati Levoranta 氏は声明の中でこのように語っている。

ゲーム主軸戦略を通じて、ゲームのラインナップを強化することで、主要業績評価指標を改善することができました。

以前にローンチされたRovioゲームに比べて、Angry Birds Evolution、Battle Bay、Angry Birds Match などの最近ローンチしたタイトルは、主要業績評価指標において優れたパフォーマンスを示しており、このことは、さらなる成長の可能性を示唆しています。

だが、IPO から最も利益を得るのは Kaj Hed 氏だろう。同氏は Rovio の元会長で、自身の投資会社 Trema International Holdings を通じてRovio 株の69%を保有しているとも言われている。「特定の株主たち」と共に Trema は保有株式(株数は非公開)を売却する予定であると Rovio は本日の申請の際に述べている。Rovio は公開価格を決めていなかったため、同社のバリュエーションも不明。

しかし、Kaj Hed 氏の存在はRovioのクリエーションにとって不可欠だった。同社は Niklas Hed 氏、そのいとこのMikael Hed 氏、Kim Diker 氏、Jarno Väkeväinen 氏によって設立された。2005年に最初のラウンドで Mikael Hed 氏の父親である Kaj Hed 氏から資金調達を行い、その時に Rovio という社名が決まったのだ。

Mikael Hed 氏は2009年に CEO に就任し、同年後半にアングリーバードの最初のバージョンをリリースした。 2011年には Accel Partners と Atomico が Rovio に対して4,200万米ドルの投資を行っており、現在両社は Rovio 株の20%を保有していると言われている。Atomico と Accel が株式を売却する予定があるかどうかについて、 Rovio は明らかにしていない。

IPOの日程についてもまだ決まっていないようだ。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

パズドラとのコラボで、日本ユーザへの浸透を深めるアングリーバード

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから。 先日、ガンホー・オンライン・エンターテイメントが、Rovio のアングローバードとパズドラのコラボレーションを始める予定だと伝えた。このコラボが今日(原文掲載日:11月18日)、パズドラのアプリ上「ピギー島」を披露するゲームイベントの形で実現した。 上のビデオを見てもらえばわかるが、このスペシャル版には、我々がよく知…

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

先日、ガンホー・オンライン・エンターテイメントが、Rovio のアングローバードとパズドラのコラボレーションを始める予定だと伝えた。このコラボが今日(原文掲載日:11月18日)、パズドラのアプリ上「ピギー島」を披露するゲームイベントの形で実現した。

上のビデオを見てもらえばわかるが、このスペシャル版には、我々がよく知る同じ顔をしたアングリーバードが多く現れる。中でも私が面白いと感じたのは、アングリーバードのテーマソングがコラボの中で使われている点だ。これは驚くべきことだ。[1]

言うまでもなく、日本で最も人気のあるゲーム上でアングリーバードがフィーチャーされることは、同社が日本の儲かるモバイルゲーム市場でより露出できることを意味する。これまでのところ、このコラボはうまく行っているようで、私が本稿を書いている時点では、日本の iOS アプリストア全カテゴリでアングリーバードは69位につけている。昨日の同じ時間には432位(下図参照)だった。[2] この種のコラボレーションは一時的な結果に終わることが多いが、Rovio に関しては、日本のファンにつながる新たなチャンネルを見出せたことでハッピーだと思う。

フィンランドに本拠を置く Rovio は、他の手強いマスコット・キャラクターが多くいる日本は他市場よりも制覇するのが難しいと以前から分かっていたようだ。今年初めの Rovio の担当者とのインタビューで、市場展開はゆっくりと進めて行きたいと強調していた。日本の市場に食い込むのは難しいが、これはよい第一歩だろう。

angry-birds-puzzle-dragon-collab-620x330
出典:AppAnnie

angry-birds-puzzle-dragons-280x483 angry-birds-puzzle-dragons-collab-2-280x480


  1. これまでのパズドラのコラボでは(Batman: Arkham OriginsClash of Clans の記事を参照)、プレーヤーはパワーアップし進化するために、スペシャルテーマのモンスターを収集できた。以前ほどでもモンスターもいるが、私が集めたアングリーバード・キャラクタは、これまでのところ、つまらないものではない。 
  2. 日本時間の11月18日午後9時現在。 
----------[AD]----------

Angry Birdsが日本であえてスピード展開しない理由

SHARE:

【原文】 大人気のモバイルゲーム Angry Birds を展開するフィンランドの会社 Rovio の面々と話すのは、しばらくぶりだ。今春、同社は東京にオフィスを構える予定であり、その関係でメンバーの数名と東京で話をする機会を得た。Rovio が日本に対して猛烈な市場攻勢をかけていると思われるかもしれないが、実はそうではない。むしろ、それはゆっくりと進められており、それこそが Rovio のやり方…

【原文】

sd_rovio_3
左から順に:Peter Vesterbacka、Antti Sonninen、Henri Holm

大人気のモバイルゲーム Angry Birds を展開するフィンランドの会社 Rovio の面々と話すのは、しばらくぶりだ。今春、同社は東京にオフィスを構える予定であり、その関係でメンバーの数名と東京で話をする機会を得た。Rovio が日本に対して猛烈な市場攻勢をかけていると思われるかもしれないが、実はそうではない。むしろ、それはゆっくりと進められており、それこそが Rovio のやり方なのだ。

マリオブラザーズがゲーム界を席巻して以降、Rovio の Angry Birds ほど、ポップカルチャーの象徴的な存在は無かったのではないか。しかし、〝超カワイイ〟の文化があり、ハローキティー、アンパンマン、そして、もちろん、任天堂のマリオブラザーズなど強力なブランドがあふれる日本に参入するには、長期に及ぶ作戦計画が必要だと Rovio は認識しているのだ。Rovio の Mighty Eagle[1](訳注:Angry Birds に現われるキャラクタ)こと、Peter Vesterbacka は次のように説明してくれた。

我々は、向こう数年とかではなく、最終的に確固たる地位を手に入れるにはどうすればよいか知りたいのです。エンターテイメント・ブランドのトップに立ちたい。そう、日本の多くのどのブランドよりも、より日本らしいブランドに。

ローカル市場から学ぶ

しかし同時に、日本のビジネスモデルは、その多くがイノベーションやディスラプション(市場革新や市場変化)に向かっていることを忘れてはならない。日本で、Rovio はローカルパートナーと積極的に協業を進める一方、今まで積極的なマーケティング展開をしてこなかった。多くのインターネット企業がやるように、日本でテレビ広告を打つことを考えなかったのかと尋ねたところ、Peter は別なやり方を考えていると語った。彼によれば、Rovio は少し変わったマーケティング・アプローチを取ることが多く、日本においても同様の展開を考えているようだ。既に開始している、ハローキティーのメーカー、サンリオ社との物販協業に関して、Peter は次のように説明してくれた。

ローカルパートナーは、いつだって、我々にとっては重要だ。彼らからは実に多くを学ぶことができる。StarWars[2] のゲーム制作に際し、LucasArts と協業することにしたのも同じ理由からだ。

angry-birds-japan-240x300日本には、スマートフォンユーザーの普及にはまだ伸びる余地があるため、AngryBirds のダウンロード数がお隣りの韓国のそれに追いつくまでには、まだまだ時間がかかると Rovio は見ている。Rovio が日本では時間をかけて作戦を進行した方がよいと考えるもう一つの理由が、まさにこれだ。現段階では、強力なマーケティング展開を一気に行うには時期尚早だからだ。

Rovio や Angry Birds のアイデアを日本人にもわかってもらうため、最近、同社は Angry Birds について書かれた日本語版の入門サイトをリリースした。Rovio の日本のカントリー・ディレクター Antti Sonninen は、このサイトが立ち上がって、まだ数週間しか経っていないことを指摘した。Twitter、Facebook、LinkedIn なども同じようなこと(入門サイトの立ち上げ)をしている。ゲーム上のアイテムはもとより、他の鳥の紹介なども含めて、Angry Birds に関する基本的な質問は、このサイト上に回答が用意されている。

世界市場の攻め方

ところで、中国では、既に Angry Birds は完全な離陸を遂げた。中国人1,000人に聞いたところ、94% が Angry Birds のことを知っていたという最近の調査報告もある。Rovio は、中国でよく起こる知的所有権の侵害(ニセモノが出回ること)にも怒らない。それは、Angry Birds へ傾けられた情熱の産物だからだ。Peter は、中国で今後展開する計画の詳細には触れず、笑みを浮かべて「中国では多くのことが進んでいるよ」とだけ語った。

Rovio には550人の従業員が居て、その9割はフィンランド勤務だ。Rovio は適時適所にエネルギーを集約し、メッセージを広めることに熟練していると言えるだろう。Peter は最近までロシアに滞在していた。ロシアでは、Rovio が2014年にテーマパークを開園する予定で、現在は Angry Birds ブランドのコーラが販売されている。

対して、他のトップ・モバイル・ゲームに目を転じてみると、Angry Birds ほど特徴的で目立つブランド構築をしているところは多くない。日本のみならず世界中で、長期に及ぶ計画が Rovio にとって吉と出るかどうか、結果を見るのが楽しみである。


  1. 念のために言っておくが、これが実際に彼の名刺に書いてある肩書きだ。なかなか面白い。 ↩
  2. LucasArts との共同発売で、開発は Rovio と Disney Mobile の手による。  ↩
----------[AD]----------

Rovio、ジャカルタでFacebook 向けAngry Birdsを立ち上げる

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 Rovioエンターテイメントは、ジャカルタのMal Kelapa Gadingでローンチイベントを行った。ジャカルタは、アクティブな利用者数からFacebookの首都とも呼べる。Rovio は本日、ついにFacebook上にAngry Birdsを立ち上げた。ソーシャル的要素、パワーアップ、Facebook専用レベルの設定など、特別仕様が追加されている。 F…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

Rovioエンターテイメントは、ジャカルタのMal Kelapa Gadingでローンチイベントを行った。ジャカルタは、アクティブな利用者数からFacebookの首都とも呼べる。Rovio は本日、ついにFacebook上にAngry Birdsを立ち上げた。ソーシャル的要素、パワーアップ、Facebook専用レベルの設定など、特別仕様が追加されている。

Facebook 用のAngry Birdsの新しいソーシャルな機能を使えば、友達と競ったり、スコアを自慢したり、誰もが欲しがる金・銀・銅の王冠をゲットしたりできるようになる。パワーアップできるのは、Facebook 版での大きな追加仕様だ。非常に強力なマイティイーグルに加え、ゲームをプレイして「ミステリーギフト」を友達からもらったり買ったりすることでもっと強力になる機能も追加された。4つのパワーアップ機能が使えるようになっている。スリングスコープ(投石用範囲を見る道具)、キングスタイル、スーパーシード(強力な種)、バード・クウェイク(鳥の地震)である。

#Free power-ups for those who try #AngryBirds on Facebook today! http://t.co/K6lQLsrP Chirp!

@AngryBirds

Angry Birds

Rovio アジアの副社長であるヘンリ・ホルムに、なぜ今まで製品を発表してきたジャカルタの他の場所ではなくこのモールを選んだのか尋ねてみた。彼はこう説明した。

ファンがいる場所を選びたいのです。私たちは報道機関向けの制作発表を行いません。先日お会いしたときは制作発表の場でしたね。私たちはなるべく自由な発想を持ち、こういったイベントでファンに接することができるようにしているのです。この良き日に、家族で楽しんでいる様子をあなたもご覧になってください。

このFacebook 版で8億人以上のユーザーへのリーチが可能になり、Rovio の目標である10億人のファンの獲得も十分視野に入るだろう。もう1つの重要な発表は、パシフィック・ライセンシング・スタジオがAngry Birdsをコンシューマー用製品として取り扱うというものである。パシフィック・ライセンシング・スタジオは東南アジアやインドで公式ライセンスを発行する代表機関として活動しており、地元の企業等と手を組んで、Angry Birdsを洋服やおもちゃ、その他グッズの製品にして売り出す活動を支えている。

ジャカルタのFacebook版Angry Birdsはコンテストも行う。Air Asia がスポンサーになり、Rovio が Kompas と主催する写真コンテストである。5人の幸運な受賞者にはバンコク行きの旅行が商品として用意されている。

また、忘れてならないのは、#AngryBirdsID という未来のバージョンである #MightyGaruda という新しいキャラクターの1つを Facebook やTwitter で Robio に作るようにリクエストするキャンペーンである。 まだAngry Birdsがピンクの鳥や赤いバラを爆発させるのを見てはいないが、Rovio は本当にとても楽しい午後のひとときをジャカルタにもたらしてくれた。

【viaTech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------